汗をかくことは運動中や高温下でも体温を保つために行われる体の自然な営みです。汗をかきすぎるのは恥ずかしいものですが、腋窩多汗症(脇の過剰な発汗)を患う人はごくわずかで、アメリカ人では2.9%の割合です[1] 。この症状に当てはまらない人なら、家庭でもできる簡単な手順で発汗とそれに伴う体臭を抑えることができます。

方法 1 の 2:
脇の汗を抑える

  1. 1
    制汗剤を使いましょう。発汗は様々な状況において体温を下げるための自然な働きです。発汗そのものは自然で健康的ともいえますが、デート中や大事な発表の間など、汗をかきたくない場面もあるでしょう。 制汗剤に含まれるアルミを原料とした化合物は毛穴を閉じることで汗を防ぎます[2]
    • 市販の制汗剤では足りないと感じる方は医師に相談してより効果の強い制汗剤を処方してもらうと良いでしょう[3]。それを毎晩使用しましょう。効果を感じるまでには一週間ほどかかる場合があります。
    • 化学物質を含む制汗剤に代わる自然由来の方法をお探しなら、生のジャガイモを脇にこすりつけるといいでしょう。ジャガイモに含まれるデンプンにも同じように毛穴を閉じて汗を抑える働きがあります[4]。脇にコーンスターチを振りかけるのも効果的です[5]
  2. 2
    健康的でバランスの良い食生活を心がけて、適切な体重を維持しましょう。動作に必要なエネルギーが違うため、肥満の人のほうがより汗をかきやすい傾向にあります。また、皮膚がたるむと湿気がたまってバクテリアが繁殖しやすくなり、体臭が悪化します[6]
  3. 3
    通気性の良い素材を身につけましょう。化学繊維などの脇の通気を阻害する素材は汗の量を増加させます。コットン、ウール、シルクなどの天然素材の方が皮膚の呼吸を妨げません[7]
    • 例外として、運動着などに使われる特定の化学繊維は肌の汗を吸収もしくは水分を逃すように開発されています[8]。汗を抑えるためにこのような高機能素材の服を購入するのも良いでしょう。
  4. 4
    ストレスを減らしましょう精神的であれ身体的であれ、ストレスを感じる環境で身体は汗を出します。ヨガ瞑想、プラス思考、音楽鑑賞、十分な睡眠、健康的な食事など、ストレスを減らす術を生活に取り入れましょう。
    • また、職場や人間関係などにストレスの要因がある場合はなるべく減らしましょう。
  5. 5
    発汗を促進する飲食物を避けましょう。カフェイン、アルコール、辛いもの、ニンニク、カレー、タマネギなどは全て発汗の量を増やすことがあります[9] 。これらを含む飲食物の摂取量を減らすようにしましょう。
  6. 6
    身体が火照るような場面や食事を減らしましょう。特に更年期の女性ではカフェインや睡眠不足などの特定の引き金によって身体が急に火照ることが多く、汗をかきやすくなります[10]。このような発熱の原因を避けることで発汗を抑えましょう。
  7. 7
    多汗の要因となる潜在的な疾患について医師に相談しましょう。発汗量の増加は、もっと注意を必要とする健康上の問題の兆候かもしれません。医師の診断を仰ぎましょう[11]
    • 糖尿病(またそれ以外の血糖値異常)
    • 心内膜炎
    • 全般性不安障害
    • HIV
    • 多汗症
    • 機能亢進症(甲状腺機能亢進症)
    • 結核病
    • 白血病
    • 非ホジキンリンパ腫
    • 薬の服用が汗の分泌を促進することもあります。新しい投薬に伴い発汗量が増加した場合は、医師に相談して発汗を促進しない類似薬に変えてもらいましょう。
  8. 8
    皮膚科で受診しましょう。上記の手順を行っても汗の問題に改善が見られないようなら、皮膚科で医学的な治療を行うのが良いでしょう。多汗症と診断された患者に対しては、医師や皮膚治療の専門家は医学的な解決の方法を探るでしょう。下記の例の通り、選択肢はいくつかあります[12]
    • ボトックス注射は、ボツリヌス毒素を利用して脇汗の生成量を削減します。アセチルコリンの放出を阻害して発汗量を一時的に減らすこの治療は効果的ですが、高額です。
    • 局所麻酔を用いた手術を外来で受けて汗腺を切除することもできます。
    • マイクロ波熱分解と呼ばれる、マイクロ波のエネルギーで汗腺を破壊する方法もあります。通常は20分~30分のセッションを2回、三ヶ月ほど間を空けて行います。
    • イオントフォレーシスとは電流を使って発汗量を減らす方法です。
    • 医師の処方による経口薬にも汗の量を制限する効果があります。グリコピロレート、オキシブチニン、ベンズトロピン、プロパンテリンなどの抗コリン薬がこれに当たります。
    • 交感神経切除という汗腺への神経伝達を止める方法もありますが、これは入院を伴う大手術です。脇の感覚の喪失、低血圧のほか、熱への耐性が弱まったり、不整脈が起きたりするなどの副作用を伴う可能性があります。
    広告

方法 2 の 2:
脇の臭いを抑える

  1. 1
    脇の臭いの原因を知りましょう。人間の汗腺にはエクリン腺とアポクリン腺の二種類があり[13]、脇には毛包が密集する部位に分布するアポクリン腺が集中しています[14]。ただし、どちらの汗腺もそれ自体が臭いを発することはありません。汗は基本的には水分と塩分の化合物であり、臭いが生じるのは汗と皮膚に寄生するバクテリアの自然発生が組み合わさった結果です[15]
  2. 2
    汗に伴う臭いが発生するのはどういう時でどんな場面かを、特定しましょう。汗自体は悪臭を放たないので、汗をかいても臭いはしないということもあります。反対に汗に伴う悪臭がきつかったという場面を割り出してみましょう。
  3. 3
    シャワーは毎日欠かさないようにしましょう。毎日のシャワーは身体に生息するバクテリアの繁殖を抑制し、臭いの元を絶つのに役立ちます[17]。汗を過剰にかいた後の身体はバクテリアの温床となるので、スポーツ後やジムから帰った後など、激しい運動を終えたらシャワーに入りましょう。
  4. 4
    毎日着替えましょう。毎日のシャワーに加え、服を替えることも大事です。シャツの脇の部分など、バクテリアは触れたものに広がっていくので、同じシャツを何日か着ると臭いが発生します。
  5. 5
    消臭剤を使いましょう。消臭剤は、身体が発汗によって熱を下げるのを遮ることなく臭いだけを抑える市販の製品です[18] 。アルコール由来のものが多く、使用した部分が酸性になるため、バクテリアが生息しにくくなります[19]
    • 消臭剤の代わりとなる天然由来のものをお求めでしたら、穀物酢やリンゴ酢、それらがなければレモンを脇につけると、脇のpH度が変化してバクテリアの繁殖が阻害されます[20][21]。ただし、これらは強い臭いを放つことがあるので、特に酢を使うときは、お好みのエッセンシャルオイルを数滴混ぜると良いでしょう。
  6. 6
    脇毛を剃りましょう。ほとんどの男性は脇毛を剃ることを敬遠しますが、毛深い脇は臭いの元となるバクテリアの繁殖を促進します。バクテリアの数を減らせば臭いも減ります。
    • 脇毛を全て剃ることに抵抗を感じる方は毛を短く刈るだけでも何もしないよりは効果があります。
  7. 7
    体臭につながるような飲食物を避けましょう。私たち一人一人の体臭は飲食物から影響を受け、汗をかいたときにその影響はより顕著になります。きつい体臭の原因として知られているのはニンニクやタマネギ、カレー、アルコールやカフェインを含む飲み物などです[22]。食生活から一時的にこれらをとりのぞくか、それが難しければ最小限に抑えることで体臭に変化が表れるかを見てみましょう。
  8. 8
    緑の野菜を摂取しましょう。特定の食べ物を避けることに加え、きつい体臭を抑える効果がある食べ物を摂取するようにしましょう。緑の野菜に多く含まれる葉緑素には体臭を抑える効果があることが知られています[24]
  9. 9
    水分をこまめに補給しましょう。身体の水分が不足すると、体臭への食べ物による影響がより強く出ます。水を十分に飲むことで、体臭を悪化させることなく身体が老廃物を排出する能力を高めます[25]
    広告

ポイント

  • 過剰な発汗や臭いの原因を特定し、除去しましょう。

広告

注意事項

  • 現在受けている投薬が体臭の原因だと思われる場合でも、内科医に相談することなく中断しないようにしましょう。
広告

関連記事

How to

靴の音鳴りを止める

How to

生理を早める

How to

洗濯機で衣類を縮める

How to

全身をマッサージする

How to

防犯タグを外す

How to

縮んだ服を伸ばす

How to

髪に付いたガムを取る

How to

爪を噛むのをやめる

How to

えくぼを自然に作る

How to

絆創膏の粘着剤を落とす

How to

お酒の臭いを消す

How to

ジーンズについた血液のシミを落とす

How to

布地からマニキュアを落とす

How to

革に付いた油染みを落とす
広告

このwikiHow記事について

Chris M. Matsko, MD
共著者
家庭医(かかりつけ医)
この記事の共著者 Chris M. Matsko, MD. クリス・M・マツコ医師はペンシルバニア州ピッツバーグ在住の元内科医です。25年以上にわたって医学研究を続け、コーネル大学最優秀指導者賞を受賞しました。テンプル大学にて栄養科学の学士号を取得後、同大学医学部にて2007年に医学博士号を取得。2016年にha この記事は2,119回アクセスされました。
このページは 2,119 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告