PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

牛ひき肉は、ハンバーグ、タコスの具、スパゲッティソースをはじめとした様々な料理に幅広く使える食材です。冷蔵庫に入れたまま時間が経ってまだ使えるかわからない場合は、腐っているか確認する簡単な方法がいくつかあります。牛ひき肉が傷んでいたら食べないようにしましょう。

方法 1
方法 1 の 2:
牛ひき肉の状態を確認する

  1. 1
    くすんだ茶色や灰色に変色していないか確認します。[1] 新鮮な牛ひき肉は鮮やかな赤色ですが、牛の様々な部位の肉を挽いているので、中には茶色い部分が少しあるかもしれません。牛ひき肉は時間が経つほど灰色に変色していきます。牛ひき肉全体が赤色や茶色ではなく灰色に変色している場合は、捨てたほうが良いでしょう。[2]
  2. 2
    においを嗅いで酸っぱいにおいがするか確認します。[4] 新鮮な牛ひき肉にもかすかなにおいがありますが、傷み始めると腐ったにおいや酸っぱいにおいがします。このにおいは、牛ひき肉に棲むバクテリアから発生するガスによるものです。においが強い場合は、食べないようにしましょう。[5]
    • 食中毒の原因となるサルモネラ菌などのバクテリアの多くは、においで有無を確認できませんが、新鮮な牛肉にも棲んでいる可能性があります。バクテリアを死滅させるために、しっかり火を通しましょう。牛ひき肉を食べることに不安を感じたら捨てましょう。
  3. 3
    ひき肉に触れてぬめりを確認します。2本の指の間でひき肉を潰して感触を確かめましょう。新鮮なひき肉を指で潰すと、簡単に千切れてポロポロと崩れます。ひき肉がべたべた、またはぬるぬるしている場合は、傷んでいる可能性が高いでしょう。[6]
    • バクテリアの拡散とキッチンの汚染を防ぐために、生の牛肉を触る前と触った後は必ず手を洗いましょう。
  4. 4
    消費期限を確認しましょう。生の牛ひき肉は、消費期限まで安全に調理できます。今日の日付をカレンダーで確認し、消費期限を過ぎている場合は捨てましょう。[7]
    広告

方法 2
方法 2 の 2:
牛ひき肉を適切に保存する

  1. 1
    生の牛ひき肉は冷蔵庫に入れ、4℃未満で保存します。すぐに調理する場合は、冷蔵庫で保存しましょう。室温で放置すると、2時間以内に有害なバクテリアが繁殖します。牛ひき肉を室温で放置するのは2時間まで、室温が32℃を超える場合は1時間が限度です。
    • 牛ひき肉をすぐに調理しない場合は、冷凍庫で保存しましょう。
  2. 2
    消費期限までに調理しましょう。牛ひき肉を常に冷蔵庫で保存していた場合は、消費期限までは新鮮さを保てるので安全に調理できます。牛ひき肉を購入したら、無駄にならないようにできるだけ早く調理しましょう。[8]
  3. 3
    生の牛ひき肉を冷凍すると、4か月まで保存できます。フリーザーバックに牛ひき肉を入れ、パックに記載されている消費期限を書き写しましょう。中の空気をきちんと抜き、密封して冷凍庫で保存します。[9]
    • 冷凍庫で数か月保存すると、冷凍焼けによって部分的に白くなるかもしれません。白い部分が少しなら取り除いて使えますが、そうでなければ捨てましょう。
  4. 4
    冷凍した牛ひき肉は、冷蔵庫、または水を張ったシンクで解凍します。冷凍した牛ひき肉を調理前に完全に解凍するために、1、2日前には冷蔵庫に移しましょう。水を張ったシンクで解凍することもできます。ひき肉を水に浸け、完全に解凍するまで30分ごとに水を変えましょう。[10]
    • 水に浸けて解凍した場合は、すぐに調理する必要があります。
    • 冷凍した牛ひき肉を室温で放置して解凍するのはやめましょう。
    • 牛ひき肉を電子レンジで解凍してもかまいませんが、傷みやすくなるのですぐに調理する必要があります。
  5. 5
    牛ひき肉を保存、または食べる前に、内部温度が71℃になるまで加熱しましょう。牛肉に棲むバクテリアを死滅させる唯一の方法は、しっかり火を通すことです。調理した肉の内部温度を肉用温度計で確認しましょう。[11]
  6. 6
    調理した牛ひき肉を冷蔵庫や冷凍庫で保存します。調理した牛ひき肉は、冷蔵庫で7日間まで傷むことなく安全に保存できます。冷凍庫では8か月まで保存できます。必ず密封容器に入れて保存しましょう。
    広告

注意事項

  • 冷たい食品は4℃未満、温かい食品は60℃より高い温度に保ちましょう。4℃から60℃までは、バクテリアの繁殖が始まる危険な温度です。
  • 生の牛肉を扱った後は、周りにバクテリアを拡散しないように手を洗いましょう。
  • 牛肉を調理する際は、内部温度が71℃になるまで火を通しましょう。
広告

出典

  1. Abyssinia Campbell. エグゼクティブ・シェフ. 専門家インタビュー. 31 August 2021.
  2. https://youtube.com/ccIIKEtI1DM?t=29s
  3. Abyssinia Campbell. エグゼクティブ・シェフ. 専門家インタビュー. 31 August 2021.
  4. Abyssinia Campbell. エグゼクティブ・シェフ. 専門家インタビュー. 31 August 2021.
  5. https://www.thespruceeats.com/is-your-ground-beef-spoiled-4049538
  6. https://www.eatbydate.com/proteins/meats/beef-shelf-life-expiration-date/
  7. https://www.eatbydate.com/proteins/meats/beef-shelf-life-expiration-date/
  8. https://www.eatbydate.com/proteins/meats/beef-shelf-life-expiration-date/
  9. https://www.eatbydate.com/proteins/meats/beef-shelf-life-expiration-date/

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者 ::
wikiHow Staff Writer
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。 この記事は64,608回アクセスされました。
カテゴリ: 食・おもてなし
このページは 64,608 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告