使うつもりで買ったけれど結局使わなかった、あるいは多く買いすぎて冷蔵庫に入れたままになっている牛ひき肉はありませんか。この記事では、牛ひき肉の鮮度を見分ける方法をご紹介します。

パート 1 の 2:
鮮度を見極める

  1. 1
    においを嗅ぐ 疑わしければ自分の鼻を信じましょう。この方法で間違えることはほとんどありません。牛乳と同様に、牛肉も腐っていればにおいですぐにわかります。それでも判断がつかない場合はおそらく腐ってはいません。もう一度言いますが、腐っていればわかります。
    • 少しでも悪臭や異臭がする肉は腐っている可能性があります。酸っぱいにおいがする場合がほとんどです。鼻をつく嫌なにおいを目安にしましょう。
    • においがしないからといって、食べても安全というわけではありません。これはあくまでも腐っていないというだけです。新鮮な牛肉でも、内部に生息しているバクテリアによって健康障害を引き起こすこともあります。
  2. 2
    触れてみる べたつきや粘つき、ぬめりのある肉は腐っている可能性があります。誰しも一度は新鮮なひき肉を触ったことがあるでしょう。その感触と異なるようならば処分しましょう。
  3. 3
    見た目で判断する 一般に人は鮮やかな赤色をした牛ひき肉を好みますが、本来の色はそうとも限りません。茶色の牛肉は売れないため、店側は少々人工的な方法を使ってでも、牛肉を赤色に保とうとあらゆる手を尽くしています。茶色や灰色に変色しかけた牛肉でも安全性には問題ありません。[1]ただし、緑色に変色しているものは処分しましょう。
    • 通常は内側から茶色や灰色に変色し始めます。これは中心部まで酸素が届かず、ミオグロビンが赤色に発色しないためです。購入直後にもかかわらず、内部が茶色をした肉を見たことがある人も多いでしょう。これはごく普通のことなのです。
    • 繰り返しますが、ここで言う「安全」とはあくまでも「腐っていない」という意味です。肉に大腸菌がいる場合もあり、これは鮮度とはまったく関係ありません。
  4. 4
    空気にさらす 酸素不足により変色した可能性もあります。肉を空気にさらすと色素を形成するミオグロビンが活性化するかもしれません。[2]灰色のままで一向に赤くならない肉はおそらく腐っています。あきらめる前に15分間空気にさらしてみましょう。
    • これは「本当に」わからない場合にのみ、最後の手段として試みましょう。最近のパッケージは、最小限の酸素が肉に届くようにプラスチック製のフィルムを使用したものがほとんどです。[1]自分でパック詰めをし直して完全に密封したのでない限り、あまり影響はないでしょう。
  5. 5
    品質保証期限を確認する これは販売店が肉の品質を保証する日付を示すもので、一般的なガイドラインにすぎません。品質保証期限の数日後ならば、通常はまだ安全に食べられます。[3]
    • これはもちろんずっと適切に保管されていた場合のことです。棚に置かれていた肉はそれほど長くは持ちません。冷凍肉であれば数カ月は大丈夫でしょう。
    広告

パート 2 の 2:
肉を腐らせないために

  1. 1
    品質保証期限が迫った牛肉は調理する 生の牛ひき肉は、冷蔵保存していた場合で品質保証期限後1、2日は持つでしょう。調理済みのひき肉であれば1週間は大丈夫です。[4]予定通りに料理できなかった場合でも、とにかく肉は調理してしまいましょう。後でいろいろなレシピに使うことができます。
    • 調理後は必ず密封容器に入れて冷蔵庫で保存しましょう。調理済みであろうとなかろうと、室温で放置した肉をその後使うことは賢明ではありません。
  2. 2
    冷凍する お金と質問をする時間の節約のために、牛肉は(調理済みでも生でも)冷凍しましょう。冷凍すれば肉は6〜8カ月持つため、ぎりぎりになってスーパーに駆け込む必要はもうなくなります。
    • 0℃を維持できるのなら、どのような食材も無期限に保存できます。味は落ちるかもしれませんが、食べる分には問題ありません。
  3. 3
    牛肉の保存期限を知る 今後同じ問題に直面した場合に備えて、以下のことを覚えておきましょう。
    • 常温で放置した肉の消費期限はおよそ2時間です。これ以上放置しないようにしましょう。[3]
    • 冷凍保存した肉を解凍した場合の期限は、冷蔵庫で1、2日です。ただし、電子レンジや水を使って解凍した場合はすぐに調理しましょう。[3]
    • 繰り返しますが、牛ひき肉は品質保証期限後も冷蔵庫で数日、調理した場合で1週間は保存がききます。冷凍庫であれば6〜8カ月保存できます。もちろん、これはすべて密閉容器で適切に保存した場合です。
  4. 4
    室温で放置しない 品質保証期限内の肉でも室温で放置しておいたのでは腐ります。4~60℃の間であればバクテリアは雑草のように繁殖します。[3]うっかり冷蔵庫に入れ忘れたとしても、購入後2時間以内であれば問題ありません。そうとはいえ、なるべく早いうちに冷蔵庫で保存するのが一番です。
    広告

ポイント

  • 冷凍肉は、購入後4カ月以内に使えばおいしく食べられます。

広告

注意事項

  • 心配ならば処分しましょう。用心するに越したことはありません。
広告

関連記事

How to

牛乳からクリームを作る

How to

自家製ワインを造る

How to

傷んだ卵を見極める

How to

ベーコンが傷んでいるか判断する

How to

アボカドを熟成する

How to

鶏肉を解凍する

How to

ビールをショットガン飲みする

How to

オートミールを作る

How to

パンをおいしく温め直す

How to

野菜を蒸す

How to

水の浄化

How to

オーブンでステーキを調理する

How to

アルカリ水を作る

How to

スイカウォッカを作る
広告

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。 この記事は30,819回アクセスされました。
カテゴリ: 食・おもてなし
このページは 30,819 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告