PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

誰でも腕に毛が生えていますが、中には毛の色や生え方が濃い人もいます。腕の毛が目立つ場合は、見た目が悪いという理由で除去したいと思うかもしれません。幸い、安全に腕の毛を除去したり減らしたりする方法が数多く存在します。自信をつけたい人または見た目を変えたい人は、様々な毛の除去方法を試してみましょう。

方法 1
方法 1 の 2:
家で手入れをする

  1. 1
    剃る 他の体の部位と同じように、安全かみそりで腕の毛を剃っても良いでしょう。一時的な処置なので、数日で毛が生え始めます。この方法を続ける場合は、1週間に数回毛を剃る必要があるでしょう。[1]
    • 切れ味の悪いかみそりを使うと埋没毛が生成され、逆に目立ってしまいます。また、再び生えた毛が濃く見えることもあります。[2] 腕の毛を剃るときは、こういった副作用があることを念頭に置いておきましょう。
  2. 2
    切る 腕の毛は皮膚に沿うように生えているので、切ると薄く見えます。仕上がりの長さが調節できる電動のバリカンを使って、腕の毛を切りましょう。毛は短いほど薄く見えますが、深剃りしないように注意しましょう。[3]
  3. 3
    除毛クリームを使う 除毛クリームは根元から毛を溶かすので、使用すると約1週間は滑らかな肌を保つことができます。除毛クリームを使った後は、剃った後に生えてくる毛よりも柔らかい毛が生えます。使用前には必ずパッチテストを行いアレルギー反応がないことを確認し、説明書に沿って使用しましょう。[4] 使用後は、クリームを落として肌に残った毛を取り除きましょう。[5]
    • 除毛クリームを使う前後24時間は、日光を避けることが推奨されています。[6]
    • 除毛クリームを使用した後に抑毛ローションを使うと、後に生えてくる毛をより薄く柔らかくすることができます。[7]
  4. 4
    脱色する 肌の色が白く腕の毛が薄い場合は、脱色しても良いでしょう。[8] 脱色剤に含まれる過酸化水素水が、毛の色素を取り除く役目をします。[9] 色が薄くなることで、腕の毛が目立たなくなるでしょう。[10]
  5. 5
    ワックスをする ワックスをすると、4週間ほど滑らかな肌を保つことができます。自宅で使用できるワックス剤は、効果が長時間持続し比較的出費を抑えられるのが特徴です。使用前に温めるワックスがほとんどですが、温めずに使えるタイプを使うとやけどを防ぐことができます。商品の説明書に従って使用しましょう。
    • 毛の長さが6ミリほどないと、ワックスがきちんと毛を掴むことができません。ワックスをする前は、数週間かけてある程度毛を伸ばしておきましょう。[11]
    • 砂糖と水を使って、自家製のワックスを作ることもできます。小さめの鍋に砂糖1カップ、酢・水を各大さじ2を加えて混ぜ、沸騰させます。沸騰後は中火にして薄い茶色になったら、ガラス容器に移して少し冷ましましょう。その後、バターナイフで肌に塗ります。下から上に向かってしっかりと剥がすと、毛を除去することができます。事前に片栗粉を肌に振りかけて、余分な水分を取り除いておきましょう。[12]
    広告

方法 2
方法 2 の 2:
脱毛サロン・皮膚科で脱毛する

  1. 1
    ワックスをする 脱毛サロンの多くはワックスの取り扱いがあり、温めたワックスを使用して毛包(毛根を包む組織)から脱毛します。サロンでは完璧な脱毛が可能ですが、自宅で行う脱毛よりも費用がかかります。専門店によっては個人の毛の生え方に合わせて、ひじ下や腕全体など脱毛箇所を選ぶことができます。[13] 衛生的で、経験豊富な施術者がいるサロンを選びましょう。
  2. 2
    レーザー脱毛をする レーザー脱毛は、毛包を貫通するように光を集中的に当て毛を破壊する治療方法です。永久的に毛を減らすことが出来るとアメリカの政府機関FDA(アメリカ食品医薬品局)により認可されています。毛の成長を抑制し、一度治療を行うと数年間は完全に毛が消滅した状態が続きます。再び毛が生えてこないようにするには、何度か通院が必要でしょう。永久的に毛を消滅させる治療ではありませんが、効果は数年持続します。治療後に傷みを伴うことがありますが、副作用はほとんどありません。この傷みは一般的に市販薬で抑えることができます。[14]
    • レーザー脱毛は皮膚科医で治療を受けましょう。経験豊富な熟練した医師から治療を受けるようにしましょう。
  3. 3
    電気で永久脱毛をする 電気脱毛はFDAと米国医師会から認められた、永久脱毛ができる唯一の方法です。皮膚に電極を差し込み、毛の成長を司る毛包に電流を流します。[15] 傷みは伴いませんが、治療後に皮膚が赤くなることがあります。一回の治療は15~20分程度で、数回の通院が必要です。[16]
    • 電気脱毛の施術をするには医師免許が必要です。治療前には、必ず施術者が医師免許を持っているかを確認しましょう。
    広告

関連記事

靴の音鳴りを止める靴の音鳴りを止める
軽石を活用する軽石を活用する
タトゥーシールをはがす
洗濯機で衣類を縮める洗濯機で衣類を縮める
生理を早める生理を早める
ワンピースのウエストを詰める
防犯タグを外す防犯タグを外す
縮んだ服を伸ばす
革に付いた油染みを落とす
アロエベラジェルでニキビを消すアロエベラジェルでニキビを消す
ジーンズについた血液のシミを落とす
ポリエステル製の服を縮めるポリエステル製の服を縮める
速くヒゲを生やす速くヒゲを生やす
ドライヤーなしで髪の毛を素早く乾かすドライヤーなしで髪の毛を素早く乾かす
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む14人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。 この記事は20,684回アクセスされました。
このページは 20,684 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告