PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

腹痛が起こると不快であり、気になって好きなことができなくなる場合もあります。幸いインターネットには腹痛についての情報がたくさんあるので、まずは情報を漁り、トイレに行くなどの応急処置に頼りましょう。その後で家庭療法を試しましょう。また、慢性的な消化不良に悩んでいる場合は、食事と薬で長期的に対応する必要があるかもしれません。最後に、できるだけ腹痛が起こらないように予防策を講じましょう。

方法 1
方法 1 の 4:
簡単な応急処置

  1. 1
    トイレに行きましょう。多くの場合、腹痛や吐き気は排便の必要があるときに起こります。とにかくまず初めにトイレに行き、膝を胸に引き付けるように前屈みになりながら数分間座りましょう。これは、過度な負担をかけることなく便通を促す姿勢です。[1]
    • 力を入れたりいきんだりして無理に排便するのはやめましょう。無理に力を入れると、痔などの深刻な合併症を引き起こす恐れがあります。
    • 便や吐瀉物に血が混じっている場合は、直ちに医療機関で診察を受ける必要があります。これらはそれぞれ血便そして吐血と呼ばれる症状です。
  2. 2
    腹部に湯たんぽをあてましょう。胃の周りを温めると筋肉の緊張がほぐれ、圧迫感やけいれんが軽減します。[2] お湯を入れたボトル、電子レンジで温めるタイプの湯たんぽ、電気毛布などを腹部に数分間あてましょう。
    • 上記のものがなければ枕カバーや清潔な靴下に生米を入れ、電子レンジで1~2分過熱して使いましょう。
  3. 3
    立ち上がってつま先に触れましょう。軽い消化不良は、胃や腸に溜まったガスを抜くと治まることがよくあります。つま先に触れたり同じように簡単な他の運動で、ガスの排出を促すことができます。
    • 足を高くして仰向けになるか、仰向けになって体をやさしく揺すりながら膝を胸に引き付けましょう。足を持ち上げると腹部にかかる圧力が下がり、溜まったガスが排出されて痛みが和らぎます。[3]
  4. 4
    嘔吐します。ひどい吐き気を覚える場合は、嘔吐する必要があると体が訴えているのかもしれません。嘔吐は不快で気分が悪くなるかもしれませんが、実際は胃の中に入ってしまった細菌、ウイルス、胃の炎症を起こす食べ物を体内から取り除くために体が起こす自然な反応です。ただし、嘔吐が数日間続く場合は深刻な病気の恐れもあるので、医師の診察を受けましょう。
    • 吐き気があっても嘔吐できない場合はソーダクラッカーを少しずつかじるか、磁気がついた酔い止めリストバンドを手首につけて吐き気を和らげましょう。
    • 嘔吐すると脱水症状が起こりやすいので、2回以上嘔吐した場合は電解質を含むスポーツ飲料を飲みましょう。体が病気と闘うためには、失われた塩分とカリウムを補充する必要があります。
  5. 5
    温かいお風呂に入りましょう。お湯に浸かると、血行が良くなり筋肉の緊張がほぐれます。腹痛も和らぎ、ストレスも緩和するかもしれません。少なくとも15~20分間湯船に浸かりましょう。炎症を抑えるために、エプソムソルト1~2カップをお湯に入れましょう。[4]
  6. 6
    腹部をマッサージしましょう。筋肉の収縮によって胃けいれんが起こる場合があります。やさしくマッサージをして筋肉の収縮を和らげましょう。腹部と背中の様々な部分を軽く押し、特に痛みを感じる部分を意識しながらマッサージを施します。強く押したりこすったりするのはやめましょう。[5]
    • マッサージの間は、息を鼻から吸って口から吐き出します。深呼吸をすると筋肉の緊張がほぐれ、痛みから注意をそらすことができるでしょう。
  7. 7
    市販の薬を服用します。よくある吐き気や消化不良、胃けいれんに効く市販薬はたくさんあります。このような薬にいつも頼るのは問題ですが、適度に服用する分には一般的に安全で効果があります。用量と用法を慎重に確認し、購入する薬についての注意やアドバイスを薬剤師に求めましょう。
    • 消化不良の場合は、ビスマスか炭酸カルシウムが配合された薬を選びましょう。これらの成分は胃の粘膜を覆って痛みを軽減し、副作用や禁忌がほとんどまたは一切ありません。[6]
    • ビスマス配合の薬を服用しても痛みが続く場合は、アスピリンやイブプロフェンではなく、アセトアミノフェンを低用量で服用しましょう。ただし、アセトアミノフェンを服用しすぎると、最終的には肝障害を引き起こす恐れがあるので注意が必要です。[7]
    広告

方法 2
方法 2 の 4:
家庭療法を試す

  1. 1
    プルーンや食物繊維が豊富な食品を食べましょう。腹痛の一般的な原因は便秘で、必要な便通が妨害されている状態です。食物繊維が豊富なプルーンやふすま、ブロッコリーを飲食すると便秘の緩和に効果があります。中でもプルーンは天然の下剤として作用するソルビトールを含み、便秘によく効く食物繊維も豊富なので優れた効果があります。[8]
    • 食物繊維が豊富な飲食物をとった後も便秘が続く場合は、水溶性食物繊維粉末やセンナ茶など、効き目の穏やかなもので便通を促しましょう。
    • コーヒーを飲むと消化管の筋肉が刺激されるので便通を促す可能性がありますが、一日中ごくごく飲むのはやめましょう。コーヒーには利尿作用があり、飲みすぎると脱水や便秘の悪化につながります。[9]
    • プルーンジュースは腸を刺激し、便通を促す効果があることが広く知られています。午前中に小さなグラス1杯分を飲み、午後にも小さなグラス1杯分を飲むと便秘に効くでしょう。
  2. 2
    ペパーミントティー、カモミールティー、しょうが紅茶を飲みましょう。これら三種類のハーブには吐き気や一般的な腹痛を緩和する効果があることが研究で示されています。しょうがには消化を整える作用があり、ミントとカモミールには特にけいれんした筋肉を鎮める作用があります。
    • これらのハーブで作ったお茶を飲むのではなく、しょうが湯を飲んだり茹でたミントの葉を噛んだりするのも良いでしょう。熱湯にしょうが数片を浸けてしょうが湯を作り、濾してから飲みましょう。
  3. 3
    重曹と水を混ぜます。市販の制酸薬のほとんどには主成分として重曹が含まれています。薬局に行く手間を省いて家で制酸薬を作りましょう。グラス1杯のお湯に大さじ1杯の重曹を溶かし、それをゆっくりと飲みましょう。
    • 消化不良や吐き気が治まるまで、数時間ごとに繰り返します。
  4. 4
    アップルサイダービネガー(りんご酢)を飲みましょう。普通のホワイトビネガーとは異なり、アップルサイダービネガーは胃の中の不要な栄養素を吸収するので吐き気の緩和に効果があります。グラス1杯のぬるま湯にアップルサイダービネガー大さじ2、3杯を混ぜましょう。酸味がそれほど気にならなければ、吐き気が治まるまで数時間おきに飲みましょう。[10]
    • 「the mother」が含まれていると明記された、低温殺菌されていないオーガニックのアップルサイダービネガーを選びましょう。腸の健康に特に役立つ生の酵素と細菌が含まれています。[11]
  5. 5
    アロエベラジュースを飲みましょう。アロエベラジュースには胃けいれんの痛みを軽減する効果があることが示されており、便秘や消化不良にも効き目があります。以前は取り扱いが専門店や健康食品店に限られていましたが、近年人気が高まっているので取り扱う店が増えています。[12]
    広告

方法 3
方法 3 の 4:
慢性的な消化不良や胸やけに対処する

  1. 1
    食べるものに注意しましょう。消化不良や胸やけが頻繁に起こる場合は、単にその症状に対処するのではなく、原因に注意を払いましょう。まずは、食べるものや食事の習慣を見直します。急いで食べる、口に詰め込む、一度の食事で食べ過ぎるなどの一見小さな習慣でも、消化不良を悪化させる可能性があります。[13]
    • 悪い食習慣に気付いたら、時間をかけて少しずつ食べるように修正しましょう。ゆっくりと食べれば、胃に消化する時間を与えることができます。また、少しずつ食べれば胃への負担も少なくなるでしょう。
    • 食後の胃の不調は非潰瘍性消化不良と呼ばれる症状で、機能性胃腸症としても知られています。
  2. 2
    水は食後に飲みましょう。飲み物は最長で食後1時間経つまで待ったほうが、胃が食べ物を消化しやすくなります。逆のように感じるかもしれませんが、食事をしながら水をごくごく飲むと胃の中の胃酸が希釈され、働きが弱くなる可能性があるためです。[14]
    • 炭酸飲料やコーヒー、アルコールは胃の粘膜を刺激して症状が悪化する可能性があるので、水や牛乳を飲みましょう。[15]
  3. 3
    脂っこい食べ物や辛い食品を避けましょう。消化の悪い食べ物は痛みの悪化を招いて胃酸の分泌を促進し、それが原因で消化不良が起こることがよくあります。消化不良を抑える最も簡単な方法の一つは、消化不良を引き起こす食品を突き止めてそれを一切食べないようにすることです。[16]
    • 代わりに、オートミール、澄んだスープ、トースト、アップルソース、クラッカー、米など、刺激の少ないものを食べましょう。これらの食品は消化されやすいので、消化器系に負担がかかりません。
  4. 4
    ウエスト周りがゆったりした服を着ましょう。些細なことだと思うかもしれませんが、実際は服が消化不良と胃酸の逆流に大きな影響を与える可能性があります。ウエストがきつすぎるパンツやスカートは腹部に食い込み、下部食道括約筋を圧迫します。その結果、正常な消化機能が妨げられ、胃酸が食道に逆流する可能性があります。[17]
    • かといって、お気に入りのスキニージーンズを捨てる必要はありません。ボリュームのある食事の前にはゆったりとした服に着替えましょう。
  5. 5
    消化を促進するサプリメントを摂りましょう。消化酵素サプリメント、塩酸サプリメント、腸溶性カプセル入りのペパーミントオイルは消化不良に大きな影響を与える可能性がある三種類のサプリメントで、広く取り扱われています。例えば、腸溶性のジェルカプセル入りのペパーミントオイルを毎日摂取してもらったところ、最大で75%の使用者に消化不良の改善や解消が見られています。[18]
    • 多くの場合、消化不良は胃酸過多が原因だと考えられていますが、逆に胃酸不足が原因である可能性もあります。胃酸不足の可能性を医師に確認し、医師が勧めるのであれば塩酸サプリメントを摂りましょう。
    • 摂取するサプリメントの種類にかかわらず、必ず用量と用法を守り、副作用が起こった場合には医師の診察を受けましょう。
  6. 6
    食事にプロバイオティクスを取り入れましょう。プロバイオティクスは胃で成長し、消化を助ける体に良い細菌です。研究では、プロバイオティクスが過敏性腸症候群や感染性下痢症など、特定の慢性的な消化器系の問題を改善することが示されています。ヨーグルトをはじめとした発酵乳製品を毎日食べるとプロバイオティクスが増加しますが、表示を確認して生きた微生物を含む食品を選びましょう。[19]
    • ヨーグルトが好みでなければ、カプセル入りのプロバイオティクスサプリメントを水と一緒に摂る方法もあります。プロバイオティクスサプリメントにはフロラストールとアラインなどがあり、胃腸の健康に効果があります。
  7. 7
    アーチチョーク葉エキスを1日3回摂りましょう。アーティチョークは、胆汁の分泌と胆汁が胃に流れるのを促進するので、食べ物が消化管内を速く移動するようになります。最近の研究では、アーティチョークエキスを摂ると、鼓腸や早期膨満感などの消化不良の症状を大幅に緩和できることが示されています。[20]
    • アーティチョークエキスはドイツでは広く使用されていますが、他の国では見つけるのが難しいかもしれません。健康食品店や宅配してくれるオンラインショップで探しましょう。
  8. 8
    硝酸塩と抗炎症薬を服用しているか確認しましょう。よく処方される薬や一般的に服用されている薬が原因で、消化不良や胸やけが起こる場合もあります。消化不良や胸やけの原因となる可能性がある薬を服用していないか確認しましょう。ただし、そのような薬があったとしても自分の判断で服用を中止してはいけません。薬の服用をやめることや代替薬について、必ず医師に相談しましょう。 [21]
    • 硝酸塩は血管を拡張するために心臓病によく用いられ、アスピリンやイブプロフェンなどの一般的な非ステロイド性抗炎症薬は、通常痛みに対処するために服用されます。
  9. 9
    食後は休みましょう。食べたものを消化するためには、体を動かす前に休む時間が必要です。食後すぐに運動をすると、使っている筋肉や肺に血流とエネルギーを供給するために体は消化機能を中断します。その結果、消化が遅れて腹痛が起こる可能性があります。[22] 食後1時間は、上体を起こした姿勢で座るか、もたれかかってゆったりと座りましょう。
    • 脂肪分の多いボリュームのある食事をとった場合は、激しい運動をする前に2、3時間休む必要があるかもしれません。[23]
  10. 10
    処方薬について医師に相談しましょう。消化不良を治療できる処方薬はたくさんありますが、これらの多くは、長期間にわたって服用すると不快な副作用があります。食事の見直しやサプリメントの摂取では消化不良が治まらない場合は、症状を改善する薬があるか医師に相談しましょう。[24]
    • 例えば、プロトンポンプ阻害薬やヒスタミンH2受容体拮抗薬を医師が処方するかもしれません。これらの薬には胃酸の分泌を抑制する作用や胃酸の量を抑える作用があります。[25]
    広告

方法 4
方法 4 の 4:
腹痛を予防する

  1. 1
    ストレッチや瞑想でストレスを抑えましょう。ストレスが多いと吐き気や消化不良といった胃腸の問題が起こりがちです。ストレスを抑えるためにゆっくりとストレッチをして、瞑想しましょう。 ストレッチと瞑想のどちらにも、心身の緊張を和らげて腹痛の発生を抑える効果があります。[26]
    • 最近の研究は、深呼吸にも軽度の胸やけを軽減する効果があることを示唆しています。ほとんどの予防薬とは異なり深呼吸には副作用の心配もないので、軽い胸やけが起こった時に試しても害はないでしょう。[27]
  2. 2
    定期的に運動しましょう。頻繁に運動すると代謝が良くなり、便秘の予防にもなります。定期的な運動を長く続ければ消化器官も強くなり、老廃物の除去と排泄がより効率的かつ着実に行われるようになるでしょう。[28]
    • 長距離のランニングを行う場合は、持続的な振動と腸への血流の低下によって下痢の発作が起こりやすくなるかもしれません。このような症状を抑えるためには、ランニングを始める前にはカフェインや砂糖の代用品の摂取を控えましょう。[29]
  3. 3
    食事日記をつけましょう。毎日食べたものをすべて記録すると、消化不良の原因になる食品を特定して避けることができます。長期間にわたって記録する必要はありませんが、少なくとも1週間は続け、食べたすべての食品とその量、腹痛が起こったタイミングとどのような痛みだったのかを書きましょう。[30]
    • 例えば、単に「ピザを食べたあと腹痛」と書くのではなく、「ペパロニピザ2切れを食べた30分後に激しい胸やけが起こり、症状が1時間続いた」などと詳細に記録します。
  4. 4
    体重を管理しましょう。研究では、体重が少しでも増えると、痛みを伴う胸やけの可能性が高くなることが示されています。体重の増加と胸やけの関係性は明らかになっていませんが、医師は腹の周りの脂肪が胃を圧迫することによって起こる可能性があると推測しています。この圧力によって胃酸が食道に逆流し、結果的に胸やけが起こります。[31]
    • 減量するには、定期的な有酸素運動、頻繁な水分補給、筋力トレーニングを行い、健康的な食事を作って食べましょう。
  5. 5
    1日あたり2.2リットルの水を飲みましょう。効果的な消化と規則正しい排便には、十分な水分が必要です。水分が不足すると腸は蓄積した老廃物を排泄できなくなり、痛みを伴う便秘、ポリープ、痔になる恐れがあります。
    • 常温の水を飲みましょう。冷たい水を飲むと体の器官が衝撃を受け、消化の遅れや軽い腹痛を引き起こす可能性があります。
  6. 6
    体を十分に休めましょう。ウィルス性胃腸炎を発症している場合は、体がウィルスと闘うためにエネルギーを使う必要があるので、休息が大切です。また、胃酸が逆流している場合は、睡眠が不足すると食道が酸にさらされる時間が増えるので、症状が悪化する恐れがあります。[32]
    • 腹痛で夜も眠れない場合は、睡眠を促進する薬やホメオパシー療法について医師に相談しましょう。
    広告

注意事項

  • 海外に旅行した時に腹痛を起こす人は少なくありません。ボトル入りの水を飲む、ボトル入りの水で歯を磨く、汚染されている可能性のある氷を避ける、などの方法でこのリスクを大幅に下げることができます。皮をむいた果物やサラダなど、他の人が手で触れる生の食品も避けましょう。
  • 最近の怪我が原因で腹痛が起こった場合や胸の痛みと圧迫を感じた場合は、直ちに救急相談センターに電話しましょう。
  • 肉と魚はしっかりと加熱してから食べましょう。内部までしっかりと火を通さないと、肉や魚に寄生する有害な微生物が死滅しません。十分に加熱されていない食品を食べると、厄介な食中毒を起こす恐れがあります。
  • アロエベラジュースは、大量に摂りすぎると毒性がある可能性があるので注意が必要です。
  • 痛みがひどくてじっと座っていられない場合や痛みを和らげるために体を丸めなくてはならない場合は、誰かに救急外来に連れて行ってもらいましょう。また、胃の腫れや圧痛、血便、吐血といった症状がある場合や皮膚が黄色い場合、吐き気や嘔吐が数日間続く場合にも救急外来に行きましょう。[33]
広告

関連記事

お酒の酔いを早く覚ますお酒の酔いを早く覚ます
爪が割れたときの対処
自分で身長を測定する自分で身長を測定する
勃起を抑える勃起を抑える
吐き気を止める
声を低くする声を低くする
割れた足の爪を処置する割れた足の爪を処置する
二重関節かどうか見分ける二重関節かどうか見分ける
キスマークを偽造するキスマークを偽造する
生理をはやく終わらせる生理をはやく終わらせる
2週間でお腹周りの脂肪を落とす2週間でお腹周りの脂肪を落とす
自分が酔っているかどうかを知る自分が酔っているかどうかを知る
胸骨をポキッと鳴らす胸骨をポキッと鳴らす
体温計を使わずに熱があるか知る体温計を使わずに熱があるか知る
広告
  1. http://www.wisebread.com/12-natural-remedies-for-stomach-pain
  2. http://gerson.org/gerpress/8-amazing-uses-for-apple-cider-vinegar/
  3. http://everydayroots.com/heartburn-remedies
  4. http://www.webmd.com/heartburn-gerd/indigestion
  5. http://www.prevention.com/eatclean/why-you-shouldnt-drinking-water-with-meals
  6. http://www.webmd.com/heartburn-gerd/indigestion?page=2
  7. http://www.drdeborahmd.com/solutions-acute-indigestion
  8. http://www.healthguidance.org/entry/14903/1/Tips-to-Get-Rid-of-Indigestion.html
  9. http://www.care2.com/greenliving/4-ways-to-relieve-indigestionnaturally.html
  10. http://www.nhs.uk/Conditions/probiotics/Pages/Introduction.aspx
  11. http://www.prevention.com/health/health-concerns/artichoke-and-indigestion
  12. http://www.nhs.uk/conditions/indigestion/pages/introduction.aspx
  13. http://www.manhattangastroenterology.com/exercise-affects-digestion/
  14. http://www.manhattangastroenterology.com/exercise-affects-digestion/
  15. http://www.huffingtonpost.com/andrew-weil-md/indigestion-natural-remedies-for-relief_b_812458.html
  16. http://www.nhs.uk/conditions/indigestion/pages/introduction.aspx
  17. http://nccam.nih.gov/health/stress/relaxation.htm
  18. http://www.huffingtonpost.com/2011/12/16/breathing-heartburn-mild-exercises_n_1152156.html
  19. http://www.manhattangastroenterology.com/exercise-affects-digestion/
  20. http://www.manhattangastroenterology.com/exercise-affects-digestion/
  21. http://www.refluxmd.com/keeping-food-diary-identify-acid-reflux-foods-to-avoid/
  22. http://www.webmd.com/heartburn-gerd/features/weight-gain-loss-heartburn
  23. http://www.aboutgerd.org/sleep-gerd.html
  24. http://www.mayoclinic.com/health/abdominal-pain/MY00390/DSECTION=when-to-see-a-doctor

このwikiHow記事について

David Schechter, MD
共著者 ::
家庭医
この記事の共著者 : David Schechter, MD. シダーズサイナイ医療センターの指導医デビット・シェチター医師は、カリフォルニア州カルヴァ―シティに住む家庭医及びスポーツ医です。25年以上の医療経験を持ち、心・身体医療、予防医療、慢性疼痛の治療を専門としています。ニューヨーク大学にて医学博士号を取得。Los Angeles MagazineとMen's Health Magazineより最優秀医師賞に選ばれました。「The MindBody Workbook‐心身練習ブック」ほか、健康に関する本を数書出版しています。 この記事は140,171回アクセスされました。
カテゴリ: 注目記事 | 健康
このページは 140,171 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告