腹筋を鍛える(十代女子向け)方法

少女達は、自分の身体はそのままで完璧なのだよと言い聞かされます。でも、もう少しお腹が引っこんでいたらもっと素敵な気分になれるのに、と思ってしまう子もいるはずです。特に夏目前、新しいビキニで気どって歩く事を考えている時には!この記事を読んで、望み通りの引き締まったお腹を手に入れましょう。でもお腹の肉を落とすには時間がかかるので、そのことを忘れないようにしましょう。一度に脂肪は無くなりません!

ステップ

  1. 1
    プランクをやりましょう。出来るだけお尻を引っ込めて平らにして、プランクをやりましょう。プランクのやり方が分からなかったら、グーグルで検索しましょう。心配しなくて大丈夫です!最初はなかなか出来なくても、5秒から始めて徐々に時間を延ばしましょう!
  2. 2
    腹筋を鍛えましょう。朝起きた後あるいは寝る前に、50回腹筋をしましょう。お腹の肉が落ちるだけでなく目も覚めて、胃腸も少しずつ鍛えられます。
  3. 3
    腕立て伏せをしましょう。腕立て伏せでは、お腹よりも腕の方により力がかかりますが、筋肉が縮こまらないように気をつけましょう。ゆっくりと慎重に行います。
  4. 4
    健康的な食生活を心がけましょう。毎日、果物と野菜を取りましょう。
  5. 5
    極端な食事制限は避けましょう。良い事は何もありません。短期間で行う極端なダイエットは、身体に悪影響しか与えません。インターネット上で見かける極端なカロリー制限の「ミラクル・ダイエット」は、あなたの身体にとって害でしかありません。
  6. 6
    毎日欠かさず朝食を取りましょう。体重を減らそうとしているのに食べる事は一見、逆効果のようにも思えます。しかし、起床後1時間以内に朝食を取るとインシュリンの値が安定し、またLDL(悪玉)コレステロールの値も抑えられるという研究結果があります。
  7. 7
    1日1万歩を目標に歩きましょう。歩数計を使って毎日少しでも多く歩くようにしましょう。エレベーターに乗る代わりに階段を上りましょう。車に乗る代わりに徒歩で移動しましょう。また30分ごとに立ち上がって、30歩歩きましょう。 FitBitなどの活動量計や歩数計で毎日の歩数を記録すれば、きっと目標に辿り着く手助けとなる事でしょう!
  8. 8
    有酸素運動をしましょう! ただしやり過ぎないようにしましょう。 初めは週3回にして、間の日は身体を休ませます。慣れてきたら、週4回に増やしましょう。頑張って毎日運動すると、身体を休ませる時間が足りずに筋肉が鍛えられないので、かえって怪我をしやすくなってしまいます。
  9. 9
    ウエストとヒップのサイズの比率を計算して、体重を少しづつ減らしてモチベーションを保ちながら、値が改善するように頑張りましょう。
  10. 10
    1日に8から10、あるいは12杯の水を飲みましょう。 1時間ごとにグラス1杯分の水を飲むようにします。 これぐらいのペースが安全です。一度に大量に飲むことのないようにしましょう。

ポイント

  • 朝起きぬけに、少なくともグラス2杯分の水を飲みましょう。新陳代謝が良くなります。
  • 運動を開始してから最初の20分間は、身体に残っているエネルギー源を消費しているのだという事を覚えておきましょう。脂肪が燃え始めるのはその後です。そのため、運動は40分間行うのが良いでしょう。
  • あまり急激な、激しい運動をしないようにしましょう。次の日の朝、筋肉痛で起き上がれなくなってしまいます。
  • クランチだけをやっていても、減量は出来ません。カロリーをもっと燃やすためには、全身運動が効果的です。クランチ以外にも様々な運動を行って、理想的な身体を目指しましょう。
  • 炭酸飲料は止めて、飲むのは水だけにしましょう。たくさん水をとった上でなら、緑茶を飲むのもお薦めです。
  • シャワーを浴びたり洗面所を使う度に、ジャンピング・ジャックを何度かやってみましょう。
  • 毎日ウォーキングまたはジョギングをしましょう。
  • カールアップ腹筋を毎朝50回、そして放課後あるいは夜にも50回行いましょう。
  • 炭水化物や脂肪の多い食べ物は避けましょう。
  • コンパウンド(複合)種目の筋トレを行いましょう。同時に使う筋肉が多いほど、より脂肪も燃えます。信じられないかもしれませんが、腹筋以外の運動をするとお腹の脂肪が落ちていきます。腹筋自体はどても小さな筋肉で、他の筋肉に比べるとそれほど脂肪を燃やすことが出来ません。他の筋肉も鍛えた方が体重を減らすことが出来ます。
  • 朝食は必ず食べましょう。朝食を抜くと食欲が余計に出て食べ過ぎてしまいます。

注意事項

  • 休みもしっかりと取りましょう。身体を休ませることも大事です。
  • クランチや腹筋のやり過ぎは腰を痛める原因にもなるため、気をつけましょう。
  • 運動の前にストレッチを行うのも良いでしょう。
  • 腹筋だけをやり続けないようにしましょう。腹筋の筋肉はとても小さいので、腕や脚の筋肉を鍛えるのに比べると、効果が限られます。より多くの筋肉を動かすと、より多くの脂肪が燃えます。
  • 急激なダイエットは止めましょう。
  • 運動に無理は禁物です。筋肉が縮こまってしまわないように、運動の10分前にはウォーミングアップをしましょう。
  • 時々、行うエクササイズの種類を変えましょう。身体は同じ運動の繰り返しに慣れてしまうため、効果が出づらくなってしまいます。
  • 絶食は体重を増やすだけです。筋肉は脂肪よりも先に燃えるため、絶食をしても体重を増やしてしまうからです。最良の結果を得るためには、運動とダイエットの理想的なバランスを取ることが不可欠です!

記事の情報

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む73人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。

カテゴリ: ティーン | フィットネス

他言語版:

English: Lose Belly Fat (Teen Girls), Español: eliminar la grasa del vientre (para chicas adolescentes), Italiano: Perdere il Grasso della Pancia (Ragazze Adolescenti), Русский: избавиться от жира на животе (для девочек подростков), Deutsch: Bauchfett abbauen (für Teenagerinnen), Français: perdre du ventre (pour les adolescentes), Bahasa Indonesia: Menghilangkan Lemak Perut (untuk Gadis Remaja), العربية: فقدان دهون البطن (للفتيات المراهقات), Tiếng Việt: Giảm mỡ bụng (dành cho thiếu nữ), ไทย: ลดไขมันหน้าท้อง (วัยรุ่นผู้หญิง), 中文: 减去腹部赘肉(少女版), Nederlands: Buikvet kwijtraken (voor meisjes), 한국어: 뱃살 빼는 법 (십대 여자)

このページは 324 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?