膣を洗う方法

2 パート:日常的に洗うフレッシュな匂いをキープする

「アソコの臭い」に敏感になる人は多いものです。「匂い」を「臭い」と思い込んで気にしているのはあなた一人ではありません。実は膣の匂いは人それぞれ異なります。つまり、特定の性的パートナーがいる場合、相手はその匂いを全く不快に思わないということです。それを理解してもなお、少しでも不安があるのであれば、股間を洗うときに万全を期しても害はないでしょう。清潔な股間で不安を拭い去りましょう。

パート 1
日常的に洗う

  1. 1
    マイルドなナチュラル石鹸をタオルやスポンジにつけて、ぬるま湯でよく泡立てます。強い香料が入った石鹸、ジェル状のソープ、殺菌効果のある石鹸は使わないようにしましょう。これらの石鹸は膣内のバクテリアのバランスを崩し、陰部の敏感な肌を刺激する恐れがあります。[1]
    • 膣内は「自浄作用」があるため、内部を洗う必要はありません。逆に膣内を石鹸で洗うと刺激されて不快感を感じる可能性もあります。つまり、膣内を洗う必要はなく、その周辺の部分(外陰部)を洗うだけで十分ということです。その際はプレーンな無香料石鹸を使い、下記の手順で洗います。[2]
  2. 2
    クリトリス周辺を洗います。手の指を使って陰唇を広げて、クリトリスの両側をタオルなどを使って優しく拭きます。
  3. 3
    外陰部と膣口を洗います。またビキニラインも洗うようにしましょう。
  4. 4
    会陰を洗います。会陰は膣と肛門の間の部位です。
  5. 5
    最後に肛門とその周辺を洗います。肛門を洗ったあとのタオルで陰部や膣を触らないようにしましょう。こうすることで腸内細菌が陰部から膣内に侵入するのを防ぎます。腸内細菌には尿路感染症を引き起こすものがあるので注意しましょう。[3]
  6. 6
    陰部と膣周辺は少なくとも1日1回は洗いましょう。セックスをした後に陰部を洗って清潔にするのもよいでしょう。ただし、セックスの後で陰部を洗ったからといって避妊効果はありません。[4]

パート 2
フレッシュな匂いをキープする

  1. 1
    好みで陰毛を整えたり、ワックス脱毛や剃毛をしてみてもよいでしょう。陰毛が濃い場合は陰部に汗をかきやすくなり、これが臭いの原因となることがあります。ただし、陰毛を除去すると、陰部の肌を刺激し、微細な傷ができて毛包に炎症を引き起こすことがあります。陰毛を放置して嫌な気分になるよりも、頻繁に陰毛を除去して滑らかにした方がよいと思う人もいるでしょうが、剃毛やワックス脱毛によって肌が荒れることがあります。陰部特有の暖かくて湿った環境にこの肌荒れが起きると、いくつかの質の悪い細菌性病原菌にとって住み心地の良い場所となってしまいます。A群レンサ球菌、黄色ブドウ球菌、黄色ブドウ球菌が突然変異したMRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)などがそれです。これらの球菌が原因の腫れ物や膿瘍を治療するためには、患部を切って内部の膿を出す必要があるため、結果として陰部に目立つ傷が残ることもあります。剃毛した陰部に吹き出物や毛包炎のような炎症ができることは珍しくありません。陰部に陰毛があるのにはそれ相当の理由があります。陰毛の除去は個人の自由ですが、衛生学的な見地からは最良の選択とは言い難いものがあります。
    • 妥協案としては、陰毛をカットする選択肢があります。ただし、ハサミを使うときには陰唇を傷つけないように注意しましょう。
  2. 2
    生理中は清潔を心掛けましょう。製品の使用法に従って生理用ナプキンやタンポンを頻繁に交換します。生理中の臭いが気になる人は1日2〜3回陰部を洗ってみてもよいでしょう。
  3. 3
    綿100%の下着をつけましょう。通気性の高い生地は陰部に臭いが発生するのを防ぎます。
  4. 4
    布製パンティライナーを使ってみましょう。[5] 最初のうちは、パンティライナーを洗って再使用することは奇妙に思えるかもしれません。しかし、おりものを吸収しつつ陰部の通気性も保つのが、この布製パンティライナーです。使用してみて使用感を気に入れば、月経用の布ナプキンや月経カップも使ってみましょう。
    • 注意が必要な点は、布製パンティライナーはおりものを吸収しますが、そのため陰部の湿度が上がり、膣が十分に呼吸できなくなり、陰部の温度が上がることです。これは真菌や悪玉バクテリアにとって最適の環境となり得るので注意しましょう。
  5. 5
    セックスの前戯でお風呂に入りましょう。パートナーが自分の匂いを嫌っていると心配するのであれば、セックスの前に二人一緒にシャワーを浴びるか、蒸し風呂に入ってみましょう。そこでパートナーに自分の陰部を洗ってもらいます。もしかしたら楽しい前戯になるかもしれません。思い切って試してみましょう。

ポイント

  • バクテリアの侵入を防ぐために常に前から後ろへと拭きます。
  • 優しく拭きましょう。とても敏感な場所なので、傷つけたり、細菌に感染しないようにしましょう。
  • 陰部や膣は注意深く洗います。せわしなく手を動かして強く擦らずに、肌に刺激を与えないようにゆっくり優しく洗いましょう。
  • 陰部の強い臭いが続くときには産婦人科医に診てもらいましょう。産婦人科医が炎症などの検査を行い、何らかの疾病がある場合には治療薬や治療クリームを処方してくれます。また、陰部の臭いが気になることを婦人科医に相談してもよいでしょう。
  • 臭いを防ぐには、尿を出したあとにトイレットペーパーでクリトリス周辺を拭きます。尿と膣分泌物はクリトリス周辺に蓄積することがあり、それを臭いと感じて気にしている可能性もあります。
  • 香水をふりかけて臭いをごまかすのは避けましょう。
  • 膣の匂いはベビーパウダーや花の香りとは別物です。どうしても陰部の匂いが気になるようであれば、パートナーに相談してみてもよいでしょう。相手に「取り越し苦労だ」と言われるかもしれません。また、清潔な陰部の匂いを相手が気に入らないのであれば、新しいパートナーを探した方がよい場合もあるでしょう。
  • トイレで用を足したあとはきれいな水で陰部を洗いましょう。
  • 自分の膣に異常を感じるのであれば、医者に相談して異常か正常かの判断を仰ぎましょう。
  • 陰毛を整えるときはハサミよりもヘアトリマーを使用する方が安全です。トリマーで整えると、剃毛した後のようなチクチク感もなく、痛みも伴いません。

注意事項

  • 膣内は洗わないで、膣壁のpHバランスを維持しましょう。また膣分泌物もすべて洗い流すのは避けましょう。膣分泌物は膣内を清潔に保つ自然の浄化メカニズムです。
  • 陰毛のワックス脱毛や剃毛をする場合には内生毛を防ぐために陰部のケアを十分に行いましょう。また実行前に十分な情報を得ておきましょう。
  • 石鹸を使って陰部を洗う前にかかりつけの産婦人科医に相談しましょう。また、ネット上で関連情報を探してみるのもよいでしょう。正確な情報を得るには複数の情報源に当たる必要があることを忘れないようにしましょう。
  • 膣洗浄用ビデや陰部のデオドラント・スプレーの使用は避けましょう。ビデは膣内のバクテリア・バランスを崩す恐れがあります。さらにビデと陰部のデオドラント・スプレーは陰部の敏感な肌を刺激して肌荒れを起こす可能性があります。[6]

必要なもの

  • タオルやヘチマスポンジ
  • マイルドな無香料石鹸

記事の情報

カテゴリ: 個人衛生

他言語版:

English: Wash Your Vagina, Français: laver votre vagin, Italiano: Lavare la Tua Vagina, Español: hacerte una limpieza vaginal, Deutsch: Seine Vagina reinigen, Português: Lavar Sua Vagina, 中文: 清洗阴部, Русский: подмывать вагину, Nederlands: Je vagina wassen, Bahasa Indonesia: Membersihkan Vagina, Čeština: Jak si umýt vagínu, हिन्दी: योनि को धोएँ, ไทย: ล้างน้องสาวให้สะอาด, العربية: غسل مهبلِك, Tiếng Việt: Vệ sinh Vùng kín, 한국어: 질을 씻는 올바른 방법

このページは 955 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?