PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

イースト菌感染症は「カンジタ・アルビカンス」という細菌が引き起こす、多くの女性に見られる疾病です。カンジタ菌は膣内の善玉細菌と同様、正常な細菌叢の一部ですが、普段は免疫機能により活動を抑制されています。ところが膣内のバランスが崩れると、カンジタ菌が増殖してイースト菌感染症(膣カンジタ症として知られている)を発症します。[1] これは世の中の殆どの女性が一生に一度は経験する感染症です。[2] 膣カンジタ症は酷い不快感をもたらすことがあるため、早めの治療を行うことが重要です。それにはまず自分が膣カンジタ症にかかっているか確かめましょう。

パート 1
パート 1 の 2:
症状を確認する

  1. 1
    症状を確かめる 膣カンジタ症の可能性を示すサインがいくつかあります。下記がその一般的な症状です。[3]
    • 痒み(特に外陰部や膣口の周辺)
    • 膣周辺のひりつき、充血、そして全体的な不快感
    • 排尿中や性行為中に生じる痛みや灼熱感
    • カッテージチーズ状の白くて濃い、無臭のおりもの(この症状が現れない患者もいます)
  2. 2
    感染原因を考える 膣カンジタ症にかかっているか判断できない場合は、カンジタ症を頻繁に引き起こす原因について考えてみましょう。下記がその例です。
    • 抗生物質:抗生物質を数日間服用した後に、膣カンジダ症を発症する女性が多くいます。これは抗生物質が持つ殺菌作用が、カンジタ菌の増殖を抑える善玉細菌を殺してしまうためです。[4] 膣のひりつきや痒みが始まる前に抗生物質を服用していた場合は、膣カンジタ症にかかっている可能性があります。
    • 月経:膣カンジタ症は月経前後に発症しやすくなります。月経期間中、エストロゲン(卵胞ホルモン)の働きにより、腟壁にグリコーゲン(細胞に含まれる糖質の一種)が蓄積されますが、大量のプロゲステロン(黄体ホルモン)分泌されると、膣壁の細胞が剥がれ落ちます。そしてカンジタ菌はこの細胞に含まれる糖質をもとに増殖します。したがって月経前後に上記の症状がみられる場合は膣カンジタ症を疑いましょう。[5]
    • 経口避妊薬:避妊ピルやモーニングアフターピル(緊急避妊ピル)がホルモン(主にエストロゲン)のバランスを崩して膣カンジタ症を引き起こす場合があります。[6]
    • 膣洗浄器の使用:膣洗浄器は主に月経後の洗浄に使われますが、定期的に使用すると、膣内の細菌叢の環境が乱れて酸性レベルが変化し、その結果、善玉細菌と悪玉細菌のバランスが崩れます。正常な酸性レベルを保てなくなった膣内には悪玉細菌が増殖して、膣カンジタ症の原因となります。このことは米国産科婦人科学会によって明らかにされています。[7]
    • 既往症:HIVや糖尿病のような持病を持っている場合は、膣カンジタ症にかかりやすくなります。[8]
    • 全般的な健康状態 :疾病、肥満、不規則な睡眠習慣、またストレスは膣カンジタ症にかかる可能性を高めます。[9]
  3. 3
    自宅でpH(ペーハー)測定をする 自宅で検査をして膣カンジタ症にかかっているか判断することが出来ます。正常時の膣内のph値は4前後で弱酸性の状態です。検査キットの説明書を参考にしましょう。[10]
    • 検査キットのpH試験紙を数秒間膣壁にあてます。そのあと試験紙の色と検査キットのカラーチャートを見比べましょう。試験紙の色に一番近いチャートの番号が膣内のpH数値です。[11]
    • 検査の結果、pH値が4以上である場合は、医師の診断を受けたほうがよいでしょう。膣カンジタ症の疑いはありませんが、別の感染症のサインかもしれません。[12]
    • pH値が4以下の場合、断定はできませんが、おそらくカンジタ症を発症しているといえます。
    広告

パート 2
パート 2 の 2:
病院で診断を受ける

  1. 1
    病院を受診する 今までカンジタ症に掛かったことがない場合や、自分で判断できない場合は婦人科を受診しましょう。カンジタ症の発症を確実に知る唯一の方法です。他の感染症との判別をするためにも医師の診断を受けることが必要です。カンジタ症は女性に大変多い感染症ですが、自分で正確に確かめることは簡単ではありません。膣カンジタ症にかかったことがある女性の中で、症状のみから判断出来たのは全体の35パーセントに留まるという調査の結果がでています。[13] [14] [15]
    • 月経中である場合、可能であれば月経が終わるのを待ってから医師の診断を受けましょう。症状が深刻な場合は、月経中でもできるだけ早めに受診しましょう。
    • かかりつけの病院以外を受診する場合は、今までの病歴を全て医師に伝える準備をしておきましょう。
    • 妊娠している場合は、医師の診断を受けずに自己治療してはいけません。[16]
  2. 2
    膣の検査を含む健康診断を受ける はじめに陰唇と外陰部の炎症状態を調べます。通常骨盤内診は必要としません。次におりものを綿棒で採取して、カンジタ菌やその他の疾病を見つける為に顕微鏡検査を行います。これは湿式マウントテストと呼ばれる確定診断で、膣カンジタ症を調べる基本的な方法です。場合によっては性感染症(STI)の可能性を除外するために、さらに別の検査を受ける必要が生じるかもしれません。[17] [18]
    • 顕微鏡検査では、細菌の形状(出芽と分裂)からカンジタ菌を特定することができます。[19]
    • イースト菌感染症の全ての原因がカンジタ菌(カンジタ・アルビカンス)であるとは限りません。イースト菌には他にも多くの種類があります。感染症を繰り返し発症する場合は、培養検査をする必要があります。
    • 細菌性膣炎やトリコモナス膣炎のような、膣カンジタ症以外の疾病が膣に不快感をあたえている可能性もあります。例えば性感染症の多くの症状は、膣カンジタ症の症状と非常によく似ています。[20]
  3. 3
    投薬治療を受ける 医師により、単回経口投与の抗真菌薬フルコナゾール(ジフルカン)が処方される場合があります。服用後12時間から24時間以内で症状が緩和し始めますが、これは最も効果的に短時間で膣カンジタ症を治療法する方法です。[21] [22] 他にも膣部分に塗るタイプの抗真菌クリームや軟膏、もしくは膣内に挿入するタイプの膣坐薬など、多くの市販薬や処方薬があります。[23] 医師に相談をして、どの薬を使った治療が自分に最も適しているか確かめましょう。
    • 以前に医師から膣カンジタ症と診断されたことがある場合は、自己診断をして、市販の治療薬を使い、早めの処置をとりましょう。[24] ただし、膣カンジダ症の感染歴をもつ患者でも誤った診断を下すことがあります。市販の治療薬で症状が改善されない場合は、病院を受診しましょう。
    • 3日を経過しても症状が改善しない場合や、変化(おりものの量が増える、色が変わるなど)がある場合は医師に相談しましょう。[25]
    広告

注意事項

  • 膣カンジタ症の疑いを持つのが初めての場合は、資格のある医療従事者の診断を受けましょう。2度目の発症からは(深刻なものや、合併症を起こしていない限り)自宅でも治療することができます。
  • 膣カンジタ症に頻繁にかかる場合は(1年に4回以上)、糖尿病や癌、HIV(エイズ)などの、より深刻な疾病を示すサインかもしれません。[26] [27]
広告
  1. http://www.fda.gov/MedicalDevices/ProductsandMedicalProcedures/InVitroDiagnostics/HomeUseTests/ucm126074.htm
  2. www.fda.gov/MedicalDevices/ProductsandMedicalProcedures/InVitroDiagnostics/HomeUseTests/ucm126074.htm
  3. www.fda.gov/MedicalDevices/ProductsandMedicalProcedures/InVitroDiagnostics/HomeUseTests/ucm126074.htm
  4. http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/8656170
  5. http://blog.doctoroz.com/oz-experts/gyno-myth-yogurt-on-tampon
  6. http://www.womenshealth.gov/publications/our-publications/fact-sheet/vaginal-yeast-infections.html
  7. http://www.webmd.com/women/yeast-infections-should-you-treat-yourself-or-see-a-doctor
  8. http://www.nlm.nih.gov/medlineplus/ency/article/001511.htm
  9. http://www.womenshealth.gov/publications/our-publications/fact-sheet/vaginal-yeast-infections.html
  10. http://www.ncbi.nlm.nih.gov/books/NBK288/
  11. http://www.webmd.com/women/yeast-infections-should-you-treat-yourself-or-see-a-doctor
  12. http://www.mayoclinic.org/diseases-conditions/yeast-infection/basics/treatment/con-20035129
  13. http://www.nlm.nih.gov/medlineplus/ency/article/001511.htm
  14. http://www.mayoclinic.org/diseases-conditions/yeast-infection/basics/treatment/con-20035129
  15. http://www.emedicinehealth.com/vaginal_infections/page7_em.htm
  16. http://www.emedicinehealth.com/vaginal_infections/page4_em.htm#when_to_seek_medical_care_for_vaginal_infection
  17. http://www.mayoclinic.org/diseases-conditions/yeast-infection/basics/symptoms/con-20035129
  18. Erika Ringdall MD.Treatment of Recurrent Vulvovaginal Candidiasis,American Family Physician, 2000 June 1 61 (11) 3306-3312

このwikiHow記事について

Lacy Windham, MD
共著者 ::
学会認定産婦人科医
この記事の共著者 : Lacy Windham, MD. ウィンダム医師はテネシー州在住の認定産婦人科医です。メンフィスにあるテネシー大学医学部に学び、2010年にイースタン・バージニア大学医学部にて臨床研修を修了。同大学より最優秀母体胎児医学科研修医賞、最優秀研修医賞、最優秀腫瘍学科研修医賞を受賞しました。
カテゴリ: 健康
このページは 935 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告