PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

膣感染症に感染したと思ったら、感染の種類について確認することが大切です。健康的な膣内にはバクテリアが多数共存しています。そして、有害なバクテリアやイースト菌、「トリコモナス」のなどの微生物を制御できるようにバランスが保たれています。それらのバランスが崩れると、細菌性腟炎のような膣感染症にいたります。それ以外の膣感染症としては、イースト菌によるカンジダ症や、トリコモナスという原虫によるトリコモナス症などがあげられます。トリコモナス症は性行為によって感染します。[1] 何と診断されるかによって治療法は変わります。かかりつけ医が抗生物質を処方してくれるか、もしくは市販薬での治療を勧めてくれるでしょう。

パート 1
パート 1 の 3:
診断を受ける

  1. 1
    細菌性腟炎の症状 膣感染症に感染したと思ったら、その症状によく注意しましょう。細菌性腟炎に罹患したすべての人に自覚症状があるわけではありませんが、よくある症状は以下のとおりです。[2]
    • おりものが生臭い
    • おりものが黄色い
    • 排尿中に不快感や痛みがある
    • 膣の内部や外陰部にかゆみや炎症がある
  2. 2
    カンジダ症の症状 カンジダ症の兆候は細菌性腟炎のものと似ています。よくある症状は以下のとおりです。[3]
    • さらさらしていて水っぽくて白かったり、カッテージチーズのように粘性があって白くかたまりになっている、異常なおりもの
    • 陰唇や膣のかゆみや痛み
    • 性交時の痛み
    • 排尿時の痛み
    • 外陰部の赤い腫れ
  3. 3
    トリコモナス症の症状 トリコモナス症に罹患しても自覚症状がない人も多いですが、よくある症状は以下のとおりです。[4]
    • 異臭がして気泡の入ったようなおりもの
    • 性器のかゆみ
    • 黄色か、緑がかったグレーのおりもの
    • 排尿時の痛み
  4. 4
    感染症の原因を探る 細菌性腟炎やカンジダ症について、バクテリアの共存のバランスが乱れていること以外に、その原因が見当たらないこともあります。トリコモナス症は原虫寄生体のトリコモナス原虫による性病です。たいていの女性は、少なくとも1つの細菌に感染しています。
    • 新しい性的パートナーができたときや、複数の性的パートナーがいるとき、膣洗浄を行うとき、コンドーム無しで性行為を行うときや、避妊リング(IUD)を装着している場合に細菌性腟炎になるリスクが高くなります。[5]
    • トリコモナス症と診断された場合は、性的パートナーが治療を受けられるように、知らせる必要があります。
    • 抗生剤を摂取するとカンジダ症や細菌性腟炎になることがあります。抗生剤が膣内の正常な細菌バランスを崩し、悪性の細菌やイースト菌が繁殖するようになるからです。
    • 締め付けのきつい下着や化繊の下着は性器周りの温度と湿度を上げ、細菌が繁殖しやすい環境をつくります。免疫力の低下、膣洗浄、香料入りの性器用のスプレーも性病の原因となります。性器にタンポンなどのものを入れたり、過激な性行為で性器にものを入れることによってできた性器の外傷も性病の原因となります。
    • 必ず必須というわけではありませんが、その他の膣感染症に罹患した場合は、性的パートナーに知らせるべきでしょう。
  5. 5
    治療を受けるタイミングを知る 感染症の種類が違っても、同様の症状が出る場合があります。正しい治療を受けるためには、医師に診断してもらうことがとても大事です。少しでも膣感染症の症状が見られたら医師に相談しましょう。医師による診療を受けて3日間たっても何の改善も見られず、熱が出たり、おりものの状況が悪化したり、体にできものができたりした場合、すぐに医師に再診してもらいましょう。[6]
    • カンジダ症を繰り返す場合、糖尿病、がん、もしくはHIVなどの疾病が進行している可能性があることを覚えておきましょう。カンジダ症を頻発するということは免疫力が低下している可能性もあります。
  6. 6
    検査を受ける 病院ではおりものの検査や尿検査を受けることができ、膣の状態を検査してもらえます。検査を受けるのは気持ちのいいものではありませんが、大抵の場合、時間はかからず、すぐに完了します。検査により、バクテリアやイースト菌、トリコモナスの有無を調べます。
  7. 7
    感染症の再発に対処する 膣感染症の種類に応じて治療方法が異なるため、治療を受ける前に医師から正しい診断を受けることが重要です。一度でも膣感染症に罹患すれば、そのあとは症状が出ればすぐに、膣感染症にかかったことがわかるようになりますが、感染症の種類を理解するのが何より重要です。
    • 感染症を治療せずに放置したり、間違った治療を受けたりすると、骨盤感染症などの合併症や、早産、胎児の低体重につながることがあります。またHIV、ヘルペスウィルス、クラミジアや淋病などの性病に罹患するリスクが高まります。
    • トリコモナス症を治療せずに放置したり、間違った治療を受けたりすると、HIVに罹患するリスクが高まります。[8]
    広告

パート 2
パート 2 の 3:
膣感染症の治療

  1. 1
    投薬を受ける 膣感染症と診断されたらすぐに、治療を受けることになるでしょう。 治療は膣感染症の種類と、罹患範囲、深刻度やいつから発症しているかによって異なります。それぞれの性病ごとの典型的な薬を挙げます。
    • 細菌性腟炎:メトロニダゾールかクリンダマイシンのような抗生剤で治療します。妊娠していても影響がないと考えられている薬です。[9] 性的パートナーが男性である場合、男性の治療は必要ありませんが、女性である場合は、診断名を伝え検査を勧めましょう。[10]
    • カンジダ症:抗真菌剤クリームや軟膏, 経口薬のフルコナゾール、膣用の坐剤で治療します。[11] ブトコナゾール、クロトリマゾール、ミコナゾールおよびテルコナゾールを用いるのがこれらの治療の一例です。これらは医師により処方されますが、市販薬としても入手可能です。
    • 複雑な、または再発を繰り返すカンジダ症:処方される薬の量が増えるか長い期間薬を飲むように指示されるでしょう。性的パートナーが感染源である可能性もあるため、パートナーとともに治療を受ける必要がある場合もあります。[12]
    • トリコモナス症:メトロニダゾールかチニダゾールを一回処方されるでしょう。 妊娠していても影響のないと考えられている薬です。トリコモナス症は性病なので、性的パートナーも同様に治療を受ける必要があります。治療を受けてから、性行為を再開するまでは7日間は待ちましょう。 [13]
  2. 2
    膣の洗浄をしない 水やその他の液体で膣の中を洗浄することはやめましょう。膣は自浄作用があるため、膣の中を洗浄をすることで、かえって細菌の感染リスクを高めます。
    • 膣内洗浄は細菌をとりこみ、膣内感染症や骨盤感染症を引き起こすことがあります。これらのリスクを下げる方法は知られていません。[14]
  3. 3
    ヨーグルトを食べる 細菌の感染症を繰り返すようであれば、ヨーグルトを食べてプロバイオティクスを摂取してみましょう。プロバイオティクスは感染予防に役立ちます。毎日150gのヨーグルトを食べれば、40〜50億のコロニー形成単位を摂取することができます。ヨーグルトの成分表をよく読んでみましょう。
    • さらなる調査が必要な分野ではありますが、良性の細菌が培養されているヨーグルトやプロバイオティクスのサプリメントを食べると、膣の中によい細菌を定着させることができるという研究結果もあります。[15]
    • 膣の中にヨーグルトを入れないようにしましょう。
    広告

パート 3
パート 3 の 3:
膣感染症の回復と予防

  1. 1
    再診のタイミングを知る 症状が改善しなかったり、熱が出たり、排尿の際の違和感や痛みがあったりする場合は医師に相談しましょう。性行為の際の痛みや腹痛を感じる際も同様に医師に相談しましょう。[16]
    • 民間療法を試した場合は必ず医師に報告しましょう。
    • 民間療法を試す場合も、経口薬と同時並行で進める場合が大半です。
  2. 2
    膣を清潔に保つ 性器は、刺激の少ない石鹸と温かいお湯で洗います。清潔なタオルで拭くか、自然に乾燥させます。ドライヤーの冷風で乾かしてもよいでしょう。
    • 泡風呂やバスオイル、滑石や特にコーンスターチなどの粉の入った風呂にはいるのをやめましょう。これらは、性器を刺激し、感染を引き起こす微生物に餌を与えかねません。[17]
  3. 3
    香料や刺激物を避ける 刺激が少なくて香料が入っていない石鹸で下着を洗うようにしましょう。洗浄成分が完全に落ちるよう水で2回以上すすぎましょう。性器を刺激しかねない化学成分が入っているため、柔軟剤を使わないようにします。
    • 外陰部に刺激を与えかねないので、性器を清潔に保つことをうたった製品の使用は控えましょう。防臭効果のある生理用ナプキンや、性器にふりかけるスプレー、 ワセリンやオイルなどの原材料を含む製品の使用を避けましょう。[18]
  4. 4
    性器を清潔に保つ トイレにいったら、白くて柔らかいティッシュを使い、前から拭くことで性器が腸の細菌に感染するリスクを最小限にします。1日中タンポンを使用する必要があれば、数時間ごとにタンポンを交換し、香料つきのタンポンの使用は控えましょう。[19]
    • タンポンを一晩中つけっぱなしにするのはやめましょう。代わりに生理用ナプキンを使いましょう。
  5. 5
    刺激のない下着をはく 綿100%の白い下着を選びましょう。綿を選ぶことにより性器のまわりを通気性よく保つことができます。[20] 白い下着を選ぶのは刺激となりうる染料が使われていないからです。ナイロン、アセトンなどの化繊の下着は避けましょう。ティーバックや紐パンツも性器を刺激する可能性があるので、できるだけ避けましょう。
    • おりものの量が通常に戻ったと感じたら、下着をつけずに寝てみるのもよいでしょう。細菌性腟炎を再発している場合は特に、有効な方法です。
    • 性器をひっかいたりこすったりするのは避けましょう。
    • パンティーストッキングは履かないようにしましょう。通気性が悪く蒸れるので、細菌、イースト菌、微生物が繁殖しやすい環境を作ってしまいます。かわりにナイロンのストッキングと綿のパンツを組み合わせて履きましょう。
    広告

ポイント

  • 性病の兆候は月経周期のどのタイミングにあるかによって変わります。ホルモンの変化が膣内の細菌の構成や性質(pHなど)に影響を及ぼすからです。[21] [22]
  • 細菌性腟炎やトリコモナス症には抗生剤が処方されますが、カンジダ症には抗生剤が効きません。カンジダ症の薬は市販されていますが、必ず自分がどの種類の性病に罹患しているかを明らかにした上で治療を開始しましょう。
  • ヨーグルトを使った治療などの民間療法は長年多くの人の間で用いられていますが、すべての人に有効な治療法ではないため、3〜4日で改善が見られない場合は医師に相談しましょう。
  • ニンニクを1片、膣内に挿入して治療する民間療法もあります。4時間ごとにニンニクを取り替えることを症状が消えるまで1週間をめどに続けてみましょう。[23] ちなみにこの方法は、効果が科学的に証明されたものではありません。[24]
  • 0.5%のシクロヘキサジエンを含む口内感染症の治療用のジェルは膣感染症やカンジダ症、細菌性腟炎にも有効です。膣の中や周りに塗りましょう。[25]
広告
  1. http://womenshealth.gov/publications/our-publications/fact-sheet/bacterial-vaginosis.html
  2. http://www.cdc.gov/std/trichomonas/treatment.htm
  3. http://www.mayoclinic.org/diseases-conditions/yeast-infection/basics/treatment/con-20035129
  4. http://www.cdc.gov/std/trichomonas/treatment.htm
  5. Jenny L. Martino and Sten H. Vermund. Vaginal Douching: Evidence for Risks or Benefits to Women's Health. Epidemiol Rev. 2002; 24(2): 109–124.
  6. http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3249696/
  7. http://www.mayoclinic.org/diseases-conditions/yeast-infection/basics/symptoms/con-20035129
  8. http://www.nhs.uk/Livewell/vagina-health/Pages/keep-vagina-clean.aspx
  9. http://www.publichealth.va.gov/infectiondontpassiton/womens-health-guide/vaginal-yeast-infections.asp
  10. http://www.publichealth.va.gov/infectiondontpassiton/womens-health-guide/vaginal-yeast-infections.asp
  11. http://www.publichealth.va.gov/infectiondontpassiton/womens-health-guide/vaginal-yeast-infections.asp
  12. http://womenshealth.gov/publications/our-publications/fact-sheet/bacterial-vaginosis.html
  13. Barousse MM, Theall KP, Van Der Pol B, Fortenberry JD, Orr DP, Fidel PL Jr. Susceptibility of middle adolescent females to sexually transmitted infections: impact of hormone contraception and sexual behaviors on vaginal immunity. Am J Reprod Immunol. 2007 Aug;58(2):159-68.
  14. Watson CJ, Pirotta M, Myers SP.Use of complementary and alternative medicine in recurrent vulvovaginal candidiasis--results of a practitioner survey.Complement Ther Med. 2012 Aug;20(4):218-21.
  15. http://www.scientificamerican.com/article/fact-or-fiction-a-clove-of-garlic-can-stop-a-vaginal-yeast-infection/
  16. http://www.mayoclinic.org/diseases-conditions/yeast-infection/basics/treatment/con-20035129

このwikiHow記事について

Carrie Noriega, MD
共著者 ::
学会認定産婦人科医
この記事の共著者 : Carrie Noriega, MD. ノリエガ医師はコロラド州に住む産婦人科医・医療ライターです。女性の健康、リウマチ学、肺臓学、感染症、胃腸病学を専門にしています。ネブラスカ州オマハのクレイトン大学医学部で医学修士号を取得、2005年にミズーリ大学カンザスシティ校において臨床研修を修了。 この記事は1,575回アクセスされました。
カテゴリ: 健康
このページは 1,575 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告