PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

膣感染症は非常に一般的で、ほとんどの女性が人生で一度は経験するものです。恥ずかしがる必要はありません。不快で鬱陶しいものですが、治療により治すことができます。しかし、中には再発するものもあり、人によっては複数回感染することや持続感染に見えることもあるかもしれません。膣の状態に注意し、異常な症状に気づくことが重要です。

方法 1
方法 1 の 2:
症状を見分ける

  1. 1
    正常な状態を知る 透明、少し濁ったもの、またときには白色の分泌物(おりもの)があるのはごく当たり前のことです。膣は自己洗浄するため、分泌物はその一環として放出されます。生理中に臭いがきつくなることはよくありますが、正常な場合強い臭いはなく、痒くなることもありません。[1]
    • 分泌物の量と継続期間は月経周期によって異なります。また、分泌物は濃いものから水っぽい薄いもの、量が多いときもあれば少ないときもあります。
    • 体は人それぞれ異なります。自分にとって正常な分泌量だとしても、他の人にとってはそうでないかもしれません。正常な状態を判断するためには、自分自身の正常な分泌量に注意を払うことが大切です。[2]
  2. 2
    よくある原因を知る 最も一般的な膣感染症は、細菌性膣炎と膣カンジタ症です。[3] 両方の膣感染症の原因は共に、膣内に自然に発生する微生物です。膣カンジタ症は膣内に過剰な量の酵母が発生することにより起こり、細菌性膣炎は膣内細菌の正常なバランスが崩れた際に起こります。
  3. 3
    異常な分泌物に注意する 異常な膣分泌物は最も一般的な膣感染症のサインです。色、継続期間、分泌量に変化がある場合、感染しているかもしれません。[8]
    • 膣から魚のような臭いがした場合は、細菌性膣炎の可能性があります。カッテージチーズのような分泌物が出ている場合は膣カンジタ症かもしれません。
    • 分泌物に異常がある場合は、クラミジアや淋病の可能性があります。[9] [10]
    • 緑がかったもの、泡状の分泌物はトリコモナス症によくある症状です。
  4. 4
    痒みやヒリヒリした痛みに注意 痒みやヒリヒリした痛みがある場合は正常な状態ではなく、膣感染症であることを示しています。[11] 頻尿の症状、また排尿時にヒリヒリ痛む場合も感染している可能性を示すサインとなります。
  5. 5
    痛みや腫れに注意する 下腹部や骨盤の辺りの痛みや腫れ、ヒリヒリした痛み、または陰部周辺の赤みは何らかの膣感染症に感染しているサインかもしれません。[12]
    • 性交渉中の痛みも膣感染症のサインという可能性もあります。[13]
  6. 6
    医師に連絡する 膣感染症の自己診断や、自己治療をしてはいけません。何か正常でない点に気付いた場合は、医師に連絡しましょう。似た症状を持つ感染症はたくさんありますが、それぞれ違った治療が必要になるため、正しく診断することが大切です。[14]
    • 分泌物の色、臭い、継続期間、症状が出てからの期間、使用している製品(例:洗剤、香水、陰部用スプレー、殺精子剤、膣洗浄器等)を医師に伝える準備をしておきましょう。[15] 詳細な情報を提供することで、医師も診断しやすくなります。
    • 症状を伝えた後、医師により婦人科検診が行われる可能性があります。また、分泌物と尿を採取し、感染しているか検査することもあります。[16]
    • およそ90%の膣感染症が2週間以内に治ります。治療されないで放置された膣感染症は何年も続くこともあり、さらに不妊や骨盤内炎症性疾患を引き起こす可能性もあります。[17] [18]
    • 膣カンジタ症には市販薬がありますが、使用する前に病院に行きましょう。例えば、細菌性膣炎を発症しているのに膣カンジタ症の治療薬であるモニスタットを使用しても、症状は改善されません。
    広告

方法 2
方法 2 の 2:
膣感染症を予防する

  1. 1
    定期検診を受ける 女性は年に一度婦人科検診を受けましょう。婦人科医が何か病気の兆候がないかを確認してくれますので、その際に質問し、不安要素や心配な症状などを話しましょう。[19]
    • 産婦人科検診に行く2日前からは、膣洗浄器の使用、タンポンの使用、性交渉、また薬や膣用のクリームの使用は避けましょう。[20]
    • 検査は10分程度で終了します。
    • 活発に性交渉している場合、性感染症検査も医師にお願いしましょう。クラミジアや淋病、HPVに感染している人の多くに自覚症状がありません。[21] [22] [23] 年に一度の検査を行うことで、症状が長引く前に発見し治療することができます。
    • 活発に性交渉を行なっている場合は、性感染症を予防するためにコンドームを使用しましょう。コンドームを使用していても検査は定期的に受けるようにしましょう。
  2. 2
    正しい服を着る 陰部が蒸れない下着を着用しましょう。特に綿素材のものがよいでしょう。また、陰部に熱がこもり蒸れてしまうため、タイトな服の着用は避けましょう。トレーニングやスイミングをする人は、できるだけすぐに濡れた服を着替えるようにしましょう。[24]
    • 生理中は定期的にタンポンとナプキンを取り替えるようにしましょう。
    • 綿素材でない下着、レギンス、トレーニングウェア、パンティーストッキングは、必ず股の部分に綿素材のパットがあるものにしましょう。[25]
  3. 3
    膣を正しく洗う 膣は自己洗浄をする器官です。感染に繋がる可能性があるので、膣内の自然のバランスを崩さないようにしましょう。[26]
    • プレーンで無香料の石鹸を使用して膣を洗い、たくさんの水で洗い流しましょう。[27]
    • 膣洗浄器やフェミニンスプレー、香り付きのタンポンの使用は避けましょう。これらの使用により、膣内のバクテリアの自然バランスが崩れ、炎症が起きる可能性があります。膣には自己洗浄機能があることを覚えておきましょう。
  4. 4
    活発な培養菌のあるヨールグルトを食べる 新鮮食材や活発な培養菌は、膣内のPhバランスを整えます。これらの培養菌は、別名プロバイオティクスと呼ばれます。ヨーグルト、キムチ、ザウアークラウト、それに味噌などはプロバイオティクスを含む良い食材です。ヨーグルトはラベルに「生きている培養菌」と書かれているものを選びましょう。[28] 1日1カップのヨーグルトで十分です。
  5. 5
    正しく拭き取る トイレに行った後は、必ず前から後ろに拭き取るようにしましょう。後ろから前に拭き取ると、酵母菌や細菌が肛門から膣、または尿路へと拡がってしまいます。[29] 間違った方法で拭き取ると、細菌性膣炎や膣カンジタ症になる可能性があります。
    広告

ポイント

  • 水分補給を毎日しっかり行いましょう。体の他の部分と同様、膣も乾燥してしまい、分泌物の匂いや量が変わってしまうことがあります。乾燥状態では尿路感染の影響を受けやすくなり、結果膣カンジタ症などを引き起こしてしまう可能性があります。
  • 膣を空気に触れさせる時間を作るため、下着を履かずに寝ましょう。
  • 細菌を死滅させるため、下着は毎回熱湯で洗いましょう。また、アレルギーや炎症を引き起こし感染につながるため、柔軟剤の使用は避け、無香料の洗剤を使用しましょう。
  • 人によってはお湯に浸かると感染が増えることがありますが、これはお湯の熱と水中に含まれる細菌によるものです。
  • 他の人よりも分泌物の量が多い人もいますが、これは正常なことだと理解しておきましょう。とても痒い、不快感がある場合は頻繁に下着を替えるか、軽めのナプキンにして何度も替えるようにし、蒸れないようにしましょう。
広告

このwikiHow記事について

Carrie Noriega, MD
共著者 ::
学会認定産婦人科医
この記事の共著者 : Carrie Noriega, MD. ノリエガ医師はコロラド州に住む産婦人科医・医療ライターです。女性の健康、リウマチ学、肺臓学、感染症、胃腸病学を専門にしています。ネブラスカ州オマハのクレイトン大学医学部で医学修士号を取得、2005年にミズーリ大学カンザスシティ校において臨床研修を修了。 この記事は1,615回アクセスされました。
カテゴリ: 健康
このページは 1,615 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告