デートをする時、不安を抱くのはよくあることです。特に、デートで何度か苦い経験をした人は、デートに抵抗を感じるでしょう。自分に自信があって相手に与えられるものが明確であれば、もっと簡単にデートを楽しむことができるのは事実です。幸い、自分と相性のいい相手を探しながら、自尊心を高め、素晴らしい気分になるためにできることはたくさんあります。

方法 1 の 10:
ありのままの自分を出す

  1. 1
    無理をして自分を偽る必要はない 興味のあることを率直に話したり、ユーモアのある冗談を言ったりして、自分には素晴らしい魅力があることを思い出しましょう。[1] スターウォーズ愛好家であることやミュージシャン関連品の収集家であることは、自慢話にしていいのです。デートの相手に合わせて、自分の興味を変えるのは避けましょう。自分に満足で幸せだと思えることは、大きな魅力の1つであり、飾らない自分とデートしたいと思ってくれる相手を見つけるべきです。[2]
    • 人にはそれぞれ独自の習慣や欠点があります。自分を大切にし、他人に優しく接し、できる限り自分らしさをだすことに焦点を当てましょう。相性の良い相手を見つけるために、完璧な人間になる必要はありません。
    広告

方法 2 の 10:
自分が付き合う相手に求めているものを考えてみる

  1. 1
    自分が何を求めているのかを知ることで、安心してデート することができる デートに何を求めているのか自分に問いかけてみましょう。長期的な相手を求めているのか、軽く遊べる相手を探しているのか。それとも、最近、真剣に付き合っていた人と別れたばかりで、今は自分の周りにどんな機会があるのか模索しているのか。自分にとって何が最善なのかを判断すると、自分の求めていることに対して自信を持って行動することができるはずです。
    • 付き合っている人と別れた後は、少し時間を空けてから新しい相手とデートをすると良いかもしれません。幸せな気分になれることに専念し、自尊心を高めましょう。再びデートをする心の準備が整ったら、積極的に行動しましょう。

方法 3 の 10:
気分が良くなる服を着る

  1. 1
    見た目をよくすると気分も上がる 自分が特別男前になったような気分にさせてくれる襟付きシャツや人の目を惹きつけるドレスを着ましょう。化粧をする場合は、自分の好きなところを強調するように工夫します。例えば目を際立たせるようにアイライナーを入れてみましょう。さらに自信がつくように、自分の1番好きな色を身につけたりもしてみましょう。デートの時にすごく緊張していても、気分が良くなる服を身につけていることで、気分がほぐれて安心して過ごすことができます。[3]
    • 自分が良いと思う服を着ましょう。派手なドレスやスーツが苦手な人は、無理して着る必要はありません。可愛いコーデュロイの服や素敵なジーンズを代わりに着用しても良いのです。
    広告

方法 4 の 10:
デート前に自分に対する励ましの言葉を考える

  1. 1
    励ましの言葉のおかげで、大切なデートの前に自尊心が高まる 「私は美しくて、頭が良くて、素晴らしい人間だ。私とデートしたくない人なんていない」と言った具合に、爽快な気分になれる呪文を考えましょう。その呪文を大きな声で言ったり、日記に書いたりするとよいでしょう。[4] デートする相手も緊張しているかもしれないと考えてみることで、少し気が楽になるでしょう。[5]
    • 馬鹿げてると思うかもしれませんが、デートをする前に、このように前向きに考えることで自信が湧いてきます。
    • 他にも「自分はユニークな存在で愛される価値がある人間だ」「私は自分自身が大好き」「絶対にできる」など自分に言い聞かせると良いでしょう。

方法 5 の 10:
自分の価値を明確にする

  1. 1
    自分自身に満足するために他人に頼らない[6]  自分の長所をすべて念頭に置き、自分を大切にし、粗末な対応を受けた時にはその場から離れるように心がけ、自分を高めていきましょう。真の自信は他人からどう思われているか気にせず、自分自身を肯定的に捉えることから始まります。[7]
    • デートに出かける前に、自分の長所をできる限り振り返りましょう。例えば、最近、理想の仕事を手に入れた、かなり困難な曲をギターで弾けるようになったなど、自慢話があるでしょう。どれだけ自分が素晴らしい人間なのか、忘れずに伝えなければなりません。
    広告

方法 6 の 10:
相手に対する自分の感情を認識する

  1. 1
    相手が自分に好意を持っているかどうか、考えすぎない 相手もあなたに良い印象を与えようとしていることを忘れてはいけません。相手と相性が合っているのかどうか考えてみましょう。一緒にいて居心地のよい相手なのか、2人の間に繋がりを感じるのかどうか、検討するべきです。相手のことをより深く知って、より親密な関係になりたいという気持ちになっていってるのか。お互いの冗談を笑い合えているのか。相手が自分に好意を持っているか尋ねる代わりに、このような側面を考えるとよいでしょう。[8]
    • だれにでも起こりうることですが、相手が自分のことをどう思っているのか心配で落ち着かない場合は、相手も同じ気持ちになっているかもしれないことを思い出しましょう。そうすると、少し気が楽になります。

方法 7 の 10:
積極的になる

  1. 1
    素っ気ない態度を示さない 駆け引きは、未熟さや不安の表れかもしれません。楽しかったデートの後、数日待ってからショートメッセージを送るのではなく、翌朝に送りましょう。デートの相手を本当に気に入ったけれど、まだ次のデートの予定を入れていないのであれば、相手から誘われるのを待つのではなく自分から誘うのです。もっと一緒に時間を過ごしたいと思っているのであれば、それを明確にするべきです。[9]
    • 盛り上がったデートの翌晩に「昨夜は楽しかったよ。素晴らしい土曜の夜をありがとう」といったメッセージを送りましょう。
    • また相手を誘いたければ「元気?先週は本当に楽しかったよ。今週末、暇かな?」とメッセージを送ってもいいでしょう。
    広告

方法 8 の 10:
デート以外の生活も大切にする

  1. 1
    常に楽しい生活を送っている人は、とても魅力のある恋人 昇進するための努力や大学院での勉強など、付き合い始める前に目標にしていたことは達成できるよう努力し続けましょう。スポーツや音楽、アートなどの趣味も継続するべきです。友達や家族との時間も大切にしましょう。自分の持っているエネルギーを全部、デートに注ぎ込んでしまってはいけません。[10]

方法 9 の 10:
危険信号や相性の問題を見逃さない

  1. 1
    相手と相性が合わないかもしれない手がかりを無視しない デートの相手が「子供は欲しくない」とか「真剣な交際は考えていない」と言った場合は要注意です。その両方を自分が望んでいるのであれば、その相手と相性が合っているのか検討する必要があります。相手が素敵な人で惹かれていても、相性が合わない現実を受け入れることもデートにつきものです。[11]
    • 相手を変えられると考えないようにしましょう。今のありのままの相手を見てデートしましょう。
    広告

方法 10 の 10:
デートで拒否されることを受け入れる

  1. 1
    あいにく、拒否されることを避けられない時がある[12]  個人に対する攻撃と捉えるのではなく、学ぶ時であり自分に適切な相手に出会う機会であると考えましょう。悲しみに浸りながらも自分を見失ってはいけません。自分により適切な相手を見つける機会であると捉えましょう。[13]
    • 個人の性格が原因で拒否されるのではなく、相性や個人の好みに関係していることが多いので、自尊心を傷つけられないようにしましょう。
    • 気分がひどく落ちこんでしまった場合は、自分の長所を全て思い浮かべて書き出し、悲しくなった時にはいつでも書き留めたものを読み返します。

関連記事

壁の向こう側の会話を聞き取る壁の向こう側の会話を聞き取る
ソシオパスかどうかを見抜くソシオパスかどうかを見抜く
げっぷするげっぷする
すぐに涙を出すすぐに涙を出す
キスが上手になるキスが上手になる
復讐する復讐する
他者に依存しない他者に依存しない
笑ってはいけない時に笑いを止める笑ってはいけない時に笑いを止める
友達がゲイかどうか見分ける友達がゲイかどうか見分ける
恋人からの信頼を取り戻す恋人からの信頼を取り戻す
泣いている人を慰める泣いている人を慰める
彼女が浮気をしているか知る彼女が浮気をしているか知る
恋に落ちたか判断する恋に落ちたか判断する
敬意を持って人に接する敬意を持って人に接する
広告

このwikiHow記事について

Imad Jbara
共著者 ::
デートコーチ
この記事の共著者 : Imad Jbara. イマッド・ジバラはニューヨーク市を拠点に出会いの仲介、サポート係の派遣、個別コーチング、そして週末ブートキャンプを提供している会社「NYC Wingwoman LLC」のデートコーチです。男女問わず100人を超えるクライアントを抱え、信頼性のあるコミュニケーション能力をもとに、クライアントのデート活動の改善に取り組んでいます。マサチューセッツ州立大学ダートマス校にて心理学の学士号を取得。
このページは 90 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告