PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

自傷行為の傷跡がある場合、出かける前に隠したいと思う時があるかもしれません。そうであれば、傷跡を目立たなくするいくつかの方法があります。現在も自傷行為が続いている場合は、健全な方法で問題に対処するために、精神医療の専門家に相談することを検討しましょう。

方法 1 の 10:
ファンデーションやコンシーラーを試す

  1. 1
    外出する際、化粧品を使って一時的に傷跡を隠すことができます。グリーン系のコンシーラーなどのコントロールカラーを傷跡にのせ、指で軽く叩きながら伸ばします。カバー力の強いファンデーションやコンシーラーをブレンディングスポンジや指を使って伸ばし、小さな円を描きながら肌になじませましょう。[1]
    • 盛り上がっていない小さく平らな傷跡を隠すには、化粧品が最適です。

方法 2 の 10:
へこんだ傷跡にはダーマフラージ(補修剤)を塗布する

  1. 1
    傷跡がへこんでいる場合は、この製品を使うと傷のへこみが補修されてスムーズになります。ダーマフラージをアプリケーターから押し出し、2種類のシリコン剤を付属のミキシングチップで混ぜ合わせます。次に、混合した補修剤を指または塗布スティックで傷跡に充填し、周囲の肌になじませます。そして、そこに付属のテクスチャーパッドを押し当ててスムーズにすると、傷跡は目立たなくなります。[2]
    • ダーマフラージは、インターネットで6,000~12,000円で販売されています。
    • ダーマフラージの色は普通肌の1色のみですが、上からファンデーションを塗ることもできます。
    • ダーマフラージは柔軟性があるため、皮膚の動きに合わせてフィットします。

方法 3 の 10:
小さな傷跡には肌色の絆創膏を貼る

  1. 1
    1日持つように、防水効果のある絆創膏を選びましょう。肌の色に合った絆創膏を貼り、小さな傷跡を隠しましょう。絆創膏を貼っていても気に留める人はいないため、見えていても問題ありません。[3]
    • 防水効果のある絆創膏は、水泳やビーチに行く際に便利です。

方法 4 の 10:
腕の傷跡はブレスレットで隠す

  1. 1
    常に長袖の服で傷跡を隠せるわけではありません。手首に傷跡がある場合は、ブレスレットやバングルを束にしてつけ、傷跡を隠すことができます。ブレスレットをしていても、誰も不思議に思う人はいません。鮮やかな色を組み合わせてみましょう。[4]
    • 太めのカフブレスレットを使うと、傷跡を広範囲に隠せます。男性用のレザーのカフブレスレットから女性用のシルバーやゴールドのデザイン入りのものまで、様々なスタイルから選べます。
    • ブレスレットで傷跡全体を隠せなくても、小さく目立たない傷跡であれば、鮮やかな色のブレスレットが人々の目をそらせてくれるでしょう。

方法 5 の 10:
衣服で傷跡をカバーする

  1. 1
    最も一般的な方法ですが、時には難しい場合もあります。ビーチに出かける際、脚の傷跡を隠すには、ボードショーツや男性用のトランクスタイプの水着を試しましょう。気温が高く通常の長袖の衣服を着られない場合は、メッシュやシルクの長袖のシャツを着用しましょう。胸に傷跡がある場合は、スカーフやステートメントネックレス(大ぶりのネックレス)をつけてもよいでしょう。[5]
    • ショートスカートを履く場合、脚の傷跡にはタイツも効果的です。
    • 長いスカートやマキシワンピースは全身を覆い、夏でも比較的涼しく過ごせます。

方法 6 の 10:
メディカル(医療用)タトゥーで修正する

  1. 1
    メディカルタトゥーで傷跡を修正し、周囲の皮膚と目立たなくさせる方法もあります。この施術を行っている皮膚科・形成外科を探して予約をし、傷跡の修正について相談しましょう。この方法では、医療用のタトゥー機器を使い、傷跡の色を修正して周囲の肌になじませます。メディカルタトゥーは、3~5年おきに施術し直す必要があります。[6]
    • メディカルタトゥーは、傷跡を自然な皮膚に近づけることを目的としています。うまく施術をすると、一般的なタトゥーとは異なり、まったく目立ちません。
    • 大抵のメディカルタトゥーは保険が適用されないため、高額な費用がかかる場合があります。

方法 7 の 10:
一般的なタトゥーで傷跡を隠す

  1. 1
    一般的なタトゥーで永久的に傷跡を隠すこともできます。信頼できるタトゥーアーティストを探し、傷跡を隠したいことを伝えましょう。予約を入れてデザインを決め、タトゥーで傷跡を隠します。[7]
    • 通常はタトゥーで傷跡を隠せますが、傷跡の大きさや位置によって状況は異なります。タトゥーアーティストが可能かどうかを判断します。

方法 8 の 10:
皮膚科で永久的な施術を受ける

  1. 1
    皮膚科で医療処置を受けて傷跡を目立たなくすることができます。傷跡の大きさや位置によって、レーザー、ダーマペン、切除縫合術などの施術を行います。傷跡を永久的に目立たなくさせたい場合は、この方法が最適かもしれません。[8]
    • ダーマペンと呼ばれる機器を使い、微細な針で皮膚に穴をあけます。この傷が回復する過程で細胞分裂が活性化され、皮膚の再生能力により傷跡が目立たなくなります。
    • レーザー治療はほとんどの傷跡に効果的であるため、最も一般的に使われる方法です。傷跡にレーザーを照射して徐々に傷跡を消していきます。[9]
    • 切除縫合術は傷跡部分を切除し、周囲の皮膚を小さな縫い目で縫合する手術です。早く治癒するように切除部分を小さくし、元の傷跡より小さくするのが目的です。

方法 9 の 10:
傷跡を隠さない

  1. 1
    自傷跡は強さや意思力の証にもなります。自傷行為を克服したのであれば、もう隠す必要はないかもしれません。時には他人から何か言われたり、質問されたりするかもしれませんが、大抵の場合は誰も気づかないでしょう。[10]
    • 身近な人に質問されたら、真実を話すこともできます。
    • 見知らぬ人に傷跡について聞かれた場合は、何が起こったかを話す必要はありません。昔の出来事であり、話す気はないことを伝えましょう。

方法 10 の 10:
他の対処法を試みる

  1. 1
    ネガティブな感情を好転させたり、問題を解決したりするために自傷行為をするのは良い方法とは言えません。強い感情やトラウマに向き合っている場合は、精神医療の専門家が健康的な方法で問題を克服する手助けをしてくれます。自傷行為に心が傾いたら、散歩やエクササイズをする、風味の強い食べ物を食べる、または冷たいシャワーを浴びてみましょう。[11]
    • 時間はかかるかもしれませんが、自傷行為を克服することは可能です。専門家に助けを求めると、さらに早く乗り越えられるでしょう。

ポイント

  • 自傷行為に悩んでいたら、信頼できる大人に相談し力になってもらいましょう。

注意事項

  • 自殺願望がある場合は、信頼できる大人またはいのちの電話に相談しましょう。日本に居住している場合は、0120-783-556(日本いのちの電話連盟)に電話するか、各都道府県にも窓口があり、24時間相談を受け付けている所もあります。また、インターネットでも相談できます。

このwikiHow記事について

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。 この記事は5,334回アクセスされました。
このページは 5,334 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?