デートアプリをスワイプしていると、マッチングした相手から「恋愛に求めるものは何ですか?」と聞かれることがあるかもしれません。返事の内容を考えることで、その相手と相性が良いか、そうでないかを判断しやすくなるでしょう。この記事では、自分が恋愛に何を求めているのかを相手に伝える方法を紹介します。また、相手と相性が良いかを見極める方法や、パートナーを選ぶ際にチェックすべき資質なども説明します。

知っておくべきこと

  • 明確かつ簡潔に、そして正直に答えましょう。自分にとって本当に大切だと思うことを伝えます。
  • 恋愛に求めることの例として、情緒的成熟、相互信頼、相互尊重、友情、身体的魅力、明確な意思疎通などが挙げられます。
  • 相手にも同じ質問をして、お互いの相性が良いかどうか見極めましょう。

方法 1
方法 1 の 3:
「恋愛に求めることは?」と聞かれた時の答え方

  1. 1
    自分にとって何が大切なのかを考えましょう。パートナーに求めるトップ3の資質は何でしょうか?誠実であること、正直であること、ユーモアのセンスなどかもしれません。相手が自分と同じようなライフスタイルを送っていることが理想だと感じる場合もあるでしょう。完璧なパートナーを思い浮かべ、そのパートナーはどんな人か3、4語で表してみましょう。[1]
    • 「一緒に笑えて楽しい時を過ごせるパートナーを見つけたいと思っています」
    • 「一緒にいて楽しい人、誠実な人を探しています」
  2. 2
    正直かつ誠実に答えましょう。相手はあなたとの相性が良いかを判断するために、あなたの正直な答えが聞きたいのです。自分がパートナーに求める資質は何なのかをよく考え、相手に伝えましょう。その人との相性は良くないという判断に至る場合もあるかもしれませんが、後で分かるよりも、今知っておいたほうがよいはずです。[2]
    • 「似たような趣味や関心事がある人を探しています」
    • 答えるのにもっと時間が欲しければ、「いい質問だね!まずはあなたの答えが知りたいな!」といったように、少し思わせぶりに、ふざけて返してみてもよいでしょう。
  3. 3
    短く簡潔に答えましょう。相手はあなたの正直な答えを求めているとはいえ、ないと生きていけないものを20個挙げられても困るでしょう。パートナーに求める理想を全て挙げるのではなく、これだけは譲れないという点を3つ答えます。
    広告

方法 2
方法 2 の 3:
恋愛に求めるべきこと

  1. 1
    情緒的成熟 精神的に成熟していて、自分の考えや感情を話してくれるパートナーを探すことが大切です。成熟度が異なると、不満や混乱につながることがあるため、パートナーには自分と同じ成熟度であることを求めるとよいでしょう。成熟している人は、他人に頼ることなく自分の感情を自覚し、管理する能力があります。[3]
    • 怒っている時は毎回あなたを無視してくる人や、腹を立てると怒鳴り散らす人と付き合った経験はありますか?このような人は感情的に「未熟」であり、自分の感情を自覚することはできても、その感情と向き合おうとしたり、感情を調節しようとしたりすることはありません。
    • 成熟している人は、怒っている時でも会話をし、あなたと一緒に問題解決できるよう努めます。
  2. 2
    相互信頼と誠実さ 健全な関係は信頼のもとに成り立ちます。信頼がなければ、お互いに心を開くことはできません。 あなたを不安にさせず、嘘をつかれていると感じさせない人を探しましょう。[4]
    • 些細な事に関しても本音を言ってくれるパートナーは信用できると考えてよいでしょう。出会ったばかりの頃に、小さな嘘をつくパートナーの場合、ゆくゆくは大きな嘘をつかれる可能性が高いと言えるでしょう。
  3. 3
    自立心 恋愛中であっても、友人関係や趣味を楽しむことはできます。パートナーと時間を過ごすのは良いことですが、それだけになってしまうのはよくありません。あなたのために時間を割いてくれるだけでなく、自分の時間も大切にするパートナーを探しましょう。 [5]
    • 相手には趣味がたくさんあったり、多くの友人がいますか?あなたに会いたがるのは、最後に会ってから数日経ってからですか?そうであれば、相手は自立していると言えるでしょう。
    • あなたが友達に会ったり、自分の趣味を楽しむのを止めさせようとするようであれば、それは支配欲の表れであり、危険信号だと捉えたほうがよいでしょう。
  4. 4
    相互尊重 ありのままのあなたを受け入れてくれるパートナーを探しましょう。相手があなたの趣味を完全に理解できなくても、あなたが好きなテレビ番組を嫌いでも全く問題ありませんが、常にあなたを敬う気持ちがあることが大切です(逆もまた然り)。 [6]
    • あなたの話を否定するのではなく、しっかりと耳を傾けてくれるパートナーにはあなたを敬う気持ちがあると言えます。また、あなたが成し遂げたことを誇りに思い、自分の夢(たとえ相手にはよく分からないことであっても)に向かって努力することを応援してくれるでしょう。
  5. 5
    コミュニケーション  何事についても気兼ねなく話をできる仲でいることが望ましいでしょう。恋愛には問題がつきものですが、冷静かつ明確に話し合えることが大切です。問題をうやむやにするのではなく、しっかりと話し合いに努めてくれるパートナーを探しましょう。 [7]
    • 相手は自分が話しにくい内容についても話してくれますか?機嫌が良くない時はそう伝えてくれますか?そうであれば、その人はコミュニケーション能力に長けていると言えるでしょう。
    • ケンカをする時でも公平な姿勢を保てるのは、素晴らしい資質です。そういった人は、たとえ怒っていても、怒鳴ったり、悪口を言ったり、罵ったりしません。
  6. 6
    友情 パートナーは友達でもあるべきです!何をしようとも、一緒にいて楽しいと思える相手を見つけましょう。揺るがぬ友情は時間が経つにつれて2人の関係を強固なものにします。[8]
    • どれくらいの頻度で相手と一緒に笑い、ただ楽しい時を過ごしているかに注目してみましょう。相手のそばで心地良くいられればいられるほど、良い関係だと言えます。
  7. 7
    身体的魅力 身体的に魅力を感じるパートナーを見つけ、性生活に満足できるようにしましょう。身体的魅力やセックスは人によって様々な考え方があり、正しい答えというものはありません。あなたとパートナーがお互いにセックスの頻度や性生活に満足していることが大切です。[9]
    • 付き合い始めたばかりであれば、性生活に100%満足するには時間がかかるかもしれませんが、それでよいのです!2人にとって良いと思えることとそうでないことを、時間をかけて見極めましょう。
    広告

方法 3
方法 3 の 3:
相手との相性はどう見極めるのか

  1. 1
    相手との相性が良いかを知るために、相手がパートナーに求めるものは何かを尋ねましょう。相手にも尋ねられたのですから、あなたも同じ質問をしてみましょう。自分がパートナーに求める資質を挙げたら、相手にも恋愛に何を求めるのか聞きましょう。相手もあなたと同じ価値観を持っているのが理想ですが、そうでなくとも、その人との相性が良いか悪いかが分かるでしょう。[10]
    • 夜は何時まで起きているか、夕飯は何時に食べたいかなど、小さな事柄に対して意見が食い違うことは多々あるでしょうが、大した問題ではありません。
    • しかし、将来子供がほしいかなど、大きな問題について意見が異なる場合は、その人との恋愛は始まらないかもしれません。

関連記事

このwikiHow記事について

Cherlyn Chong
共著者 ::
リレーションシップコーチ
この記事の共著者 : Cherlyn Chong. シャーリン・チョングは、恋愛関係破綻後のケアとデートコーチングを通じて、成功意欲や責任感の強い女性が失恋から立ち直り、新しい恋愛関係を築けるようサポートしています。デートアプリ「The League」のオフィシャルコーチも務めており、その業績はAskMen、Business Insider、Reuters、そして HuffPostで取り上げられました。
カテゴリ: 人間関係
このページは 113 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告