PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

スケートを練習するのに、先生は必要ありません。自分でスケートリンクの上に立って基本的な滑走やブレーキなどを練習してみましょう。上達すれば、より速く、自信を持って滑ることができるようになります。また、いざという時に安全を確保できるように、止まったり転んだりする練習をしておきましょう。

方法 1
方法 1 の 3:
道具を選び準備運動をする

  1. 1
    軽くて着心地の良い服を着ましょう。アイススケートをする時には、素早く、かつ安全に滑るために体を自由に動かしやすくしておく必要があります。そのため、冬用の重いコートは避けましょう。代わりに、軽いジャケットやフリース、セーターを着ましょう。また、スケート中に暑くなったら脱げるよう、重ね着をしましょう。[1]
    • マフラーをする場合には、邪魔にならないようにセーターやジャケットの中に入れ込みましょう。
  2. 2
    マイクロファイバー素材の靴下やタイツを履きましょう。スケート用のタイツやマイクロファイバー素材の靴下を用意しましょう。靴下なしでは、靴擦れによる水ぶくれや、(スケートリンクでスケート靴を借りる場合は)感染症の恐れがあります。また、足元が不安定になるような厚い靴下は避けましょう。[2]
    • マイクロファイバー素材の靴下は水分を吸収し、足を温かく保つことができるため、綿やウールの靴下よりアイススケートに適しています。
  3. 3
    けがを防ぐために、高品質で状態の良いスケート靴を購入しましょう。安いスケート靴はブレーキがかかりやすく、足首を捻挫しやすくなります。インターネットでアイススケート用品のブランドを調べ、評価の良いものを選びましょう。中古のスケート靴を購入する場合は、なぜその靴を売りに出したのか元の持ち主に尋ねましょう。
    • 購入する前には試し履きをしましょう。
    • スポーツ用品店に行けば、ぴったりなスケート靴選びを従業員が手伝ってくれます。
  4. 4
    スケートリンクに立つ前に体をほぐしましょう。アイススケートはかなり体力を使う運動なので、事前に準備運動をすることで、筋肉痛やこむら返りを防ぐことができます。まず、リンクの手すりに足をかけて伸ばします。そして、腕を肩の高さで横に伸ばし小さな円を描くように回してストレッチします。準備運動を5〜10分したら、スケートを始めましょう。 [3]
    • 準備運動はスケート靴を履く前に行いましょう。
  5. 5
    スケート靴はしっかりと締めましょう。スケート靴が緩んでいると、転んだり足首を捻挫したりする恐れがあります。スケート靴についているのがバックルでも靴ひもでも(もしくはその両方でも)、きつく締めましょう。足が曲がる部分を締めることが最も重要です。足首は特に注意して固定しましょう。[4]
    • スケート靴の締め方が分からない場合は、スケートリンクの従業員に手伝ってもらいましょう。
  6. 6
    初めは手すりの近くに立ちましょう。初めは、手すりをしっかり握って滑っても構いません。手すりは初心者や熟練者がまっすぐ立てるように作られたものです。楽に立てるようになり、ツルツルのスケートリンクに慣れるには手すりが役に立つでしょう。
    広告

方法 2
方法 2 の 3:
基本的なテクニックを練習する

  1. 1
    滑るときには膝を曲げてバランスを取りましょう。膝を曲げることで、重心を取りやすくなります。空気イスに座るように、腰の位置を低くして中腰の姿勢を取りましょう。そして重心を保つために前傾姿勢を取り、ふらつく場合は腕を45度の角度で腕を伸ばしましょう。[5]
  2. 2
    徐々に手すりから離れましょう。慣れてきたら、手すりから手を離してみましょう。転倒の危険性を最小限に抑えるには、膝を曲げて前傾姿勢になります。初めは腕が手すりに届く範囲で滑り、必要な時に手すりを掴めるようにしておきましょう。[6]
  3. 3
    滑走で前に進んでみましょう。滑走とはスケートで前進する基本的な方法で、ゆっくり進むことも速く進むこともできます。腕を広げたまま、何歩か踏み出してみましょう。初めはゆっくり進み、勢いが出てきたらより速く滑ってみましょう。難なく滑ることができるようになるまでは、片足で滑るときにはもう片方の足は浮かせておきましょう。
    • バランスを崩しそうになったら、手すりを掴みましょう。
  4. 4
    膝をより深く曲げてより速く滑りましょう。完全に空気イスに座るくらいの角度まで膝を深く曲げてスピードをつけます。力強く踏み込んで滑走に推進力を与えます。転倒した時に頭部を打たないように、速く滑るときほど前傾姿勢を取りましょう。 [7]
    • 焦らずに練習しましょう。スケート初日にフィギュアスケート選手のように速く滑る必要はありません。
  5. 5
    利き足を使ってターンをしましょう。利き足を前に出して、体をスケートリンクの中央に向かって倒します。ターンをするときには、膝を曲げて勢いを保ちます。ターンが終わるまでこの姿勢を保ち、体を起こして再び滑走に戻ります。 [8]
  6. 6
    エッジの平らな部分を使って止まりましょう。氷が削れているのを感じる程度にスケートリンクにエッジの平らな部分を押し当てます。そして膝を曲げながら片足を上げて、平らな部分に再び圧力をかけます。こうすると、徐々に止まることができます。 [9]
    • これは「八の字ストップ」と呼ばれる基本的なブレーキ技術で、初心者に適しています。スケートを継続して練習する時には、より高度なテクニックに挑戦してみましょう。
    • いざという時に備えて、安全に止まる練習をしておきましょう。
    広告

方法 3
方法 3 の 3:
安全対策について学ぶ

  1. 1
    ヘルメットとリストガードを着用しましょう。アイススケートは頭部へけがの危険性が高いスポーツですが、ヘルメットを被るとけがを防止することができます。ヘルメットは窮屈で、さらにはバカバカしく思えるかもしれませんが、脳振とうの危険性を大幅に軽減できます。リストガードも、不意に転倒した時に手首を挫くのを防ぐのに重要な道具です。[10]
    • 幼い子どもや初心者は追加で膝当てや肘当てを使用しても良いでしょう。
  2. 2
    周囲の環境に気を配りましょう。周りの人をよく見て、練習するスペースを十分に確保します。視線はしっかり前に向け、周辺視野を使って周りで何が起きているのかを把握しておきましょう。特にスケートリンクが込み合っている時には目を閉じないようにしましょう。 [11]
    • 特に初めての場合、スケート中にはヘッドホンをつけないようにしましょう。スケートをする時には、聴覚は視覚と同じくらい重要です。
  3. 3
    スケートをする時には、頭を上げましょう。足元ばかり見ているのは初心者にありがちな間違いです。足元を見ると、周りの状況に集中できないだけではなく、重心も崩れてしまいます。自分が下を見ていると気づいたら、頭を上げて視線を水平に合わせましょう。[12]
  4. 4
    スケートリンク上に安全に転ぶ練習をしましょう。いつ転ぶか分からないため、重大な事故が起こる前にどう転ぶとよいのか練習しておきましょう。膝を曲げて前方にしゃがみ、手首を痛めないように横に転びます。[13]
    • 周りの状態を見て、安全にリンクから起き上がれそうなときは、両手の間に足をついて力を入れて起き上がりましょう。
    • スケートリンクの外の安全な環境下で、スケート靴有り無し両方で転ぶ練習をしましょう。[14]
    広告

ポイント

  • 他のテクニックは少しずつ練習しましょう。スケートの習得には時間がかかります。スケートリンクに慣れるまでには何回か通う必要があるでしょう。
  • 自分のスケート靴を購入した場合は、スケートをする前にエッジを専門業者に研いでもらいましょう。
  • 軽いけがに備えて救急箱を持参しましょう。
  • 疲れた時、寒い時には5〜10分休憩しましょう。
  • スケートリンクに立つのに自信が出てきたら、上級テクニックを学べるアイススケート教室を探してみるのも良いでよう。
  • 初心者のうちはスピードを出さないようにしましょう。
  • 自転車用やスノーボード用、その他スポーツ用のヘルメットではなく、ホッケー用のヘルメットを着用しましょう。スケートリンクで転倒した場合に備えて作られたものではないヘルメットは、適切に頭部を保護できないため、正しい規格のホッケー用のヘルメットを着用しましょう。大抵の場合、スケートリンクでは、不適切なヘルメットの着用を許可せず、ホッケー用ヘルメットの着用を全員に義務付けています。
  • スケートリンクやインターネットで他の人の滑りを見て、テクニックを学びましょう。
広告

注意事項

  • 激しい転倒に備えましょう。スケートリンクではどんな事故が起きるか分かりません。
  • 基本的なスケートのテクニックを習得するまでは、スケートリンクなどの整備された場所でのみ滑り、また同伴者と一緒に滑りましょう。
  • 頭部にけがを負った場合には、直ちにスケートリンクの従業員に知らせ、処置を受けましょう。脳振とうは、専門的な処置をしなければ命に係わる場合があります。
広告

関連記事

素手の喧嘩に強くなる素手の喧嘩に強くなる
短期間で筋肉をつける短期間で筋肉をつける
お尻を大きくするお尻を大きくする
ボクシンググローブの手入れをする
ゴルフのハンディキャップを計算するゴルフのハンディキャップを計算する
肺活量を増やす肺活量を増やす
手首を鍛え太くする
腰を強化する腰を強化する
手首をポキポキ鳴らす
立ち泳ぎをする
最大酸素摂取量(VO2 Max)を測る最大酸素摂取量(VO2 Max)を測る
懸垂バーなしで懸垂をする懸垂バーなしで懸垂をする
サンドバッグを詰めるサンドバッグを詰める
プラナヤマで呼吸するプラナヤマで呼吸する
広告

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者 ::
wikiHow Staff Writer
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
このページは 415 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告