PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

乳房の充血を和らげて母乳の量の減少を防ぎ、後に使用するために自ら搾乳する女性は多くいます。また、母乳搾り器を使うよりも自分の手で搾乳する方が良いと感じる女性もいます。手での搾乳は場所を選ばずに行うことができ、特別な道具や装置も必要ありません。さらに、搾乳によって母乳の出が良くなることもわかっています。プラスチックのポンプを使って絞るよりも、肌同士が触れ合うようにすると母乳が良く出る場合もあります。手を使った搾乳法について、ステップ1から紹介します。

パート 1
パート 1 の 2:
搾乳の準備をする

  1. 1
    手を洗いましょう。手を使って搾乳をするときは、事前に手を洗う必要があります。冷たい水で手を洗った場合は、胸に触れる前に手を温めましょう。冷たい手で行うと、温かい手を使った場合よりも時間がかかってしまいます。初めてでやり方に自信が持てないなら、看護師またはパートナーに手伝ってもらうこともできます。
  2. 2
    温かいお湯で湿らせたタオルを2分間胸に乗せましょう。母乳を絞りやすくする効果があります。必ずしなければいけないわけではありませんが、害になることもありません。
  3. 3
    胸にマッサージをしましょう。手で搾乳する準備のために、手または柔らかいタオルを使って優しくマッサージしましょう。両方の乳首の近くをもんでマッサージし、胸をリラックスさせて母乳を出させる準備をします。
    広告

パート 2
パート 2 の 2:
手で搾乳する

  1. 1
    座って前かがみになりましょう。母乳が絞りやすく快適に感じられる姿勢です。立ったままや寝た状態では母乳の出が劣るでしょう。
  2. 2
    乳房の上に指を置きます。乳首の上または下に、手をCの形にして添わせましょう。次のことをします。
    • 乳首の上に親指を付けます。乳首から2.5cmほどのところに親指を置きましょう。
    • 親指の一直線上に、人差し指と中指を乳首下2.5cmのところに置きます。
    • 胸の大きさと感覚によって、指はちょうどよい位置に調整します。
    • この体制ではカッピングをしないようにしましょう。
  3. 3
    胸壁に向けて内側に圧をかけていきます。圧をかけるときは優しくしっかりと行いますが、乳房を絞るような感覚が無いようにします。乳輪の肌が伸びたり縮んだりすると搾乳がしづらくなるため、気を付けましょう。親指と人差し指を、胸壁側の胸部組織の裏側に押し込みます。次のことに気を付けましょう。
    • 引っ張るのではなく押し戻すようにし、指は滑らせるのではなく包み込むようにします。
    • 乳輪の下、乳首の下の母乳がたまっている部分から絞り出せるように、親指と2本の指を前方向に動かします。
    • 指同士はくっつけたままにしましょう。広げてしまうと効率が悪くなります。
    • 圧をかける前により大きな方の胸を持ち上げましょう。
  4. 4
    搾乳をします。親指と2本の指を前方に動かしていきます。この動きで胸を圧搾します。例えに言うように、押して、圧搾して、開放します。慣れると、まるで乳児が吸っているようなリズムをつかむことができ、より簡単に搾乳できるようになるでしょう。
    • 胸は人それぞれに異なります。最も搾乳がしやすい姿勢を見つけられるとよいでしょう。
    • 試しに、搾乳、マッサージ、搾乳、マッサージというように交互にしてみるのもよいでしょう。
  5. 5
    絞った母乳は容器に入れましょう。胸の不快感を取り除くためだけに搾乳をする場合は、タオルまたはシンクに直接出しましょう。後に使えるように母乳を保存したい場合は、次のような方法があります。
    • 絞った母乳を入れる母乳バッグを使う
    • 後のために哺乳瓶に直接搾乳する
    • 必要であれば、選んだ容器に母乳を入れるためのじょうごを使う
    • コーヒーカップや小瓶など、口の大きな容器を使い、容器がいっぱいになったら、保存容器に母乳を移す
  6. 6
    反対側の胸でも同じことをくり返します。それぞれの胸に合わせて姿勢を変え、完全に絞り切るようにしましょう。左右の胸を交互に絞ると、搾乳をさらに促進するでしょう。
    広告

ポイント

  • 漏れたりこぼれたりした母乳を拭き取ることができるように、手元にはタオルを準備しておきましょう。手で搾乳をすると、母乳が思いがけないところにこぼれることがあります。肌や衣服についた母乳を拭き取ることができる用意をしておきましょう。
  • 手を使って搾乳する方法は、数回やってみないとマスターできないかもしれません。初回で思ったようにうまくできなくても、再度試してみましょう。
  • 片方の手を使って搾乳しましょう。自分の利き手を使う人が多いようです。右手でも左手でも、最も効果的に搾乳ができる方の手を使いましょう。
広告

注意事項

  • 胸を押しつぶさないようにしましょう。授乳期間中は胸が柔らかくなり、押しつぶすと痛みを与えてしまう可能性があります。
  • 搾乳のために乳首を引っ張らないようにしましょう。たまった母乳が出るようにするには、乳首の周りに圧をかける必要があります。
広告

関連記事

タバコを吸う
生理を早める生理を早める
好きになった人が既婚者かどうかを確かめる好きになった人が既婚者かどうかを確かめる
家庭での陣痛促進家庭での陣痛促進
子供にゲームをやめさせる子供にゲームをやめさせる
母乳を自然に止める母乳を自然に止める
子供の自閉症を見分ける子供の自閉症を見分ける
居候している友人や親せきに出て行ってもらう居候している友人や親せきに出て行ってもらう
彼氏がいることを両親に打ち明ける彼氏がいることを両親に打ち明ける
毒親の心理的虐待に対処する毒親の心理的虐待に対処する
自閉症の子供を落ち着かせる自閉症の子供を落ち着かせる
お尻を叩いて叱るお尻を叩いて叱る
母乳の分泌量を増やす母乳の分泌量を増やす
自分の妻が浮気しているか見抜く自分の妻が浮気しているか見抜く
広告

このwikiHow記事について

Julie Matheney, MS, CCC-SLP, CLEC, IBCLC
共著者 ::
国際委員会認定ラクテーション・コンサルタント
この記事の共著者 : Julie Matheney, MS, CCC-SLP, CLEC, IBCLC. 母乳育児の支援者として8年以上の経験を持つ国際委員会認定ラクテーション・コンサルタント(IBCLC)のジュリー・マセニーは、カリフォルニア州のロサンゼルスにある母乳育児相談所「The LA Lactation Lady」の設立者です。カリフォルニア大学サンディエゴ校にて認定母乳育児指導者(CLEC)の資格を取得しました。また、オハイオ州立マイアミ大学にて言語聴覚療法学の修士課程を修了しており、認定臨床言語聴覚士(CCC-SLP)の資格を保持しています。 この記事は6,064回アクセスされました。
カテゴリ: 家族
このページは 6,064 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告