最近では選ぶのに迷うほどカッコよくお洒落なメガネがたくさんあります。メガネフレームを選ぶルールの一番目は自分の好みに合い、かけた時に自信ある自分になれるかどうかです。自分の特徴を強調するフレームを選ぶには、顔の形や肌の色を引き立たせ、自己主張できるかどうかを考えると良いでしょう。この記事では自分の顔に合ったメガネフレームの選び方を紹介します。上手にメガネを選んで自分の魅力を最大限に引き出しましょう。

パート 1 の 3:
自分の顔の形を見極める

  1. 1
    基本的な顔の形を知る 人はそれぞれに顔の形が異なりますが、基本的には次の7つに別れます。丸型、ハート型(逆三角形)、三角形、正方形、長方形、卵型、楕円形です。
    • 丸型は頬にふくらみがあり、額と顎も丸い傾向があります。[1] 丸型の有名人として、キルスティン・ダンス、クリスシー・テイゲン、レオナルド・デカプリオなどが挙げられます。
    • 「ハート型」という言葉が誤解を招く恐れがありますが、ハート型とは実際に逆三角形で、額が広く顎にかけて細い顔立ちです。[2]ハート型は面長で優雅な印象の場合と丸型に近い場合がありますが、どちらも高い頬骨が特徴的です。ハート型の顔を持つ有名人には、リース・ウィザースプーン、クリスティーナ・リッチ、ジェニファー・アニストン、ライアン・ゴズリング、ブラッドリー・クーパーなどがいます。
    • 三角形の顔には、額が狭く顎がガッシリと広い特徴があります(顎の両端が張り出し輪郭が角ばって見えることがよくあります)。 三角形の顔形の有名人の例としては、クイーン・ラティファ、ミニー・ドライバー、ケリー・オズボーン、クリス・パインなどがいます。
    • 正方形型は広く強そうな額と、同じように広い顎が特徴で、顔の縦幅と横幅がほぼ同じ長さです。[3] 正方形の顔形の有名人には、オリヴィア・ワイルド、ロザリオ・ドーソン、ジョシュ・ハッチャーソン、ニック・ラシェイなどがいます。また、長方形も正方形によく似ていますが、顔の縦幅が横幅よりも長いのが特徴です。長方形の有名人としては、デミ・ムーア、ブラッド・ピット、アンジェリーナ・ジョリーなどが挙げられます。
    • 卵型と楕円形型も非常に似ています。両方共丸みがあり、縦幅と横幅の比率がほぼ同じと言えますが、楕円形は顎が尖っています。卵型の有名人には、キム・レイバー、サラ・ジェシカ・パーカー、ジュード・ロウなどが挙げられます。楕円形の有名人には、リヴ・タイラー、キム・カーダシアン、アダム・レヴィンなどがいます。
  2. 2
    鏡で自分の顔の形を確認する 顔全体がはっきり見えるように髪の毛を後ろに引き上げるかピンで留めましょう。
    • 1つの形に完璧にフィットするのは珍しく、ほとんどの場合2つ以上の形の特徴を備えています。あなたがそのタイプなら、フレーム選びの範囲が広がるため色々なタイプから選べて便利です。
  3. 3
    ホワイトボードマーカーで鏡に映った自分の顔の輪郭を描く 顔の輪郭を慎重になぞりましょう。顔をリラックスさせ、額から両側の頬、顎へと輪郭をなぞりましょう。耳は除きます。
    • 次に、描いた輪郭から顔を動かさずに大きく口を開けて笑顔を作り、再度輪郭を描きましょう。既に描いてある輪郭に上書きします。
    • 2通りの輪郭を書くことで、笑顔で顔の形が変化するかどうか、またどのように変化するかが分かります。リラックスした状態では楕円形でも、大きく笑うとハート型になる場合があります。キム・カーダシアンなどはその例です。 ジェニファー・ローレンスなどはリラックス時には強そうなイメージの長方形型かもしれませんが、大きな笑顔を見せるとハート型に変わります。
  4. 4
    角張っているか丸みがあるかを見極める この2つの特徴のどちらかを見極めことがメガネ選びで一番重要です。顔の正確な形状を理解するよりも重視すべき点です。角張っているか丸みがあるかは、鏡に描いた輪郭で確認できます。
    • 角張った印象の人の多くはこめかみや顎の両端にその特徴が出ますが、鋭く尖ったあごも角張った顔だと言えます。長方形、正方形、ハート型、楕円形の一部は角張った顔に分類されます。
    • 丸型、三角形、卵型、楕円形の一部はソフトで丸みのある顔に分類されます。
    広告

パート 2 の 3:
自分の顔の形を引き立てるフレームを選ぶ

  1. 1
    自分の顔の形を引き立てるフレームを選ぶ 一般的に、顔の形と正反対の特徴を持ったメガネフレームを選ぶと見栄えが良く、漫画っぽい印象になりません。つまり、丸みのある顔には角張ったメガネが、角張った顔には丸みのあるメガネが最も映えます。
    • ソフトなイメージの丸顔には、正方形や長方形など角のあるフレームが最適です。顔を長く見せ、ソフトなイメージを相殺する効果があります。典型的な丸顔の場合は横長長方形のメガネをかけると、顔が細く見えます。
    • 正方形や長方形の顔には、角張った線を和らげる効果のあるフレームを選ぶと見栄えが良くなるため、円形または楕円形のフレームを探しましょう。強そうな顎の印象を和らげるには、細くて繊細なフレーム(ワイヤー製で肌の色に似た色)を選び、顔を大きく見せないようにしましょう。頬骨よりも高さのあるメガネを選ぶと顔にぴったり合います。[4]
    • ハート型には通常、フレームの下半分が幅広になっているデザインか、下半分に装飾があるものが映えます。フィット感を出すには額よりも少し幅の広いフレームを選びましょう。[5]
    • 三角形の顔形には、フレームの上半分が強調されたものが合います。下半分が縁なしのものやキャットアイメガネ、または上半分に暗い色を使い下半分が明るい色のフレームが良いでしょう。三角形の顔は両端が張り出した顎が特徴的なため、顎よりもわずかに広いフレームを選んで顔全体のバランスをとりましょう。[6]
    • 卵型は丸みのあるものか、曲線のフレームを選ぶと良いでしょう。横幅が強調されて顔の長さが相殺されます。フレームの上半分と下半分の形状が同じものを選びましょう。顔が分割されるため顔の長さが強調されません。 また、ブリッジの低いものを選んで鼻の印象を和らげましょう。
    • 楕円形の顔にはどんなフレームもよく似合うため、自分の個性に合ったものを選びましょう。気分に合わせて色やスタイルを変えたり、最新のファッションを試して自信をつけたり、長い間使えるようにクラシックなフレームを選びましょう。[7]
  2. 2
    顔の大きさを補うフレームを選ぶ 顔の大きさは様々ですが、メガネで覆われる部分と他の部分とが最適な比率になるように正しい位置にかけ、外見が損なわれたりメガネが顔全体を覆っている印象にならないように注意しましょう。
    • 人間は程よいものを選ぶ傾向があることを教える童話として「ゴルディロックスと三匹のくま」が有名ですが、この物語の主人公が物を選ぶ時のように、フレームも大きすぎず小さすぎず、ちょうどいいサイズを選びましょう。顔の特徴やサイズに比べて大きすぎるメガネは強烈な印象を作り、漫画のような滑稽さが出てしまいます。小さすぎるメガネは時代遅れに見えるか、不必要な注意を引く可能性があります。
    • フレームの上部が眉毛のカーブの下あたりにくる大きさを選びましょう。ほとんどの場合、眉毛がフレームの上に出ているとかっこよく見えます。眉毛がフレームに埋もれてしまうと、表情が見えにくくなります。
  3. 3
    肌の色を引き立たせる色を選ぶ 肌、目、髪の色によってフレームの色を変えると見栄えがよくなり、魅力を引き出すのに効果的です。
    • 肌のアンダートーンを見極めましょう。青い目、白い肌、浮き出る青い血管が特徴的なクール系のアンダートンの場合は、寒色系の色のフレームが最適です。寒色系の色には、シルバー、またはアメジスト、ルビー、エメラルド、サファイアなどのジュエリーの色が含まれます。茶色の目、日焼けした肌、緑の静脈に代表されるウォーム系のアンダートーンの場合は、暖色系の色が最適です。 暖色系には、ゴールド、またはベージュ、オレンジ、イエロー、マスタードなどのダークトーンの色が含まれます。ニュートラルのアンダートンの場合はどんな色でも合います。
    広告

パート 3 の 3:
ルールに反しても良い時があることを理解する

  1. 1
    必要性に応じてメガネを選ぶ メガネは優れたアクセサリーにもなり得ますが、肝心なのは物が鮮明に見えるようになることです。機能面の重要性を忘れてはいけません。必要な機能を果たさないメガネを選んでも意味がありません。
    • メガネ専門店のスタッフに自分の処方箋に合ったものを尋ねましょう。度数が高い場合はレンズをしっかりと固定できる幅広のフレームが必要なため、細いワイヤーフレームは機能しない場合があります
    • スタッフに頭の大きさを測ってもらい、自分に合うメガネとそうでないものを見せてもらいましょう。快適なフィット感があるものは自信を持って選べます。
  2. 2
    ルールに反して選ぶ場合でも個性を重視する 自分のスタイルや個性はメガネにも表れます。自分のスタイルにぴったりのメガネを見つけたら、あるいはルールに沿っていない形の方が自分の個性を表現できるなら、顔の形や肌のアンダートーンを元に決められた特定の色や形に囚われるのは避けましょう。
    • 大きな正方形の顔に同じく大きな正方形のメガネを選ぶことになっても問題ありません。オリヴィア・ワイルドはルールに反した選択をして成功を収めました。彼女は自分に自信があり、自分の顔と同じ形のメガネをあたかも自分のために作られたかのように見せたのです。
    • 同様に、ジニファー・グッドウィンは典型的な丸顔ですが、パパラッチが撮った数多くの写真を見ると、色々な場面で同じように丸いサングラスをかけています。問題があるどころか、逆にとても魅力的です。
    • ダニエル・ラドクリフは人気の映画シリーズ「ハリー・ポッター」のキャラクターとして丸いメガネを流行らせましたが、最初彼は丸顔の少年で登場し、後にエラが張った青年に成長しました。しかし、その丸いメガネを少年時代の丸顔にも、角張った男らしい青年の顔にもフィットさせて成功を収めました。
  3. 3
    折り合いをつける メガネのフレーム選びには顔の形を元に作られた一応の「ルール」がありますが、そのルールに100 パーセント従うのではなく、ルールの中で従うべき重要なものと、曲げたり無視したりしても問題なさそうなものとを見極めると良いでしょう。
    • たとえば、顔の形が丸型または角が丸みを帯びていても、丸いフレームを全て避けるのではなく、メガネのサイズに注意を払って、小さくて繊細な丸いフレームだけを避けるようにしましょう。小さなフレームは丸顔の中に埋もれてしまいますが、大きめのフレームは例え丸い形でも見栄えが良くなります。大胆なデザインの太いフレームを選んで趣を添えましょう。[8]
    • 角張ったがっしりとした印象の顔だからと、ゴツゴツしたメガネを全て避けるのではなく、細く繊細なフレームなら角張ったメガネでも問題ありません。ただし、厚いプラスチックの大きな正方形は避けた方が良いでしょう。ブロンズや銅などの色を選んで肌の色と調和させることもできます。[9]
    広告

ポイント

  • インターネットで顔形にあったメガネを選べるサイトを検索し、非公開で自分の写真をアップロードして、合ったフレームを選びましょう。
  • メガネを選ぶ際に誰かに付き添ってもらうと良いでしょう。
  • メガネを折ってはいけません。壊れる恐れがあります。

広告

注意事項

  • 買ったメガネを長期間楽しみたい場合は、カラフルなものや流行物を選んではいけません。
広告

関連記事

How to

Tバックショーツを履く

How to

翡翠(ヒスイ)が本物かを見分ける

How to

バンダナを巻く

How to

ブラジャーを外す

How to

テープを使って胸を大きく見せる

How to

重曹とアルミ箔でシルバーを磨く

How to

女性の体のサイズを測る

How to

リンゴ体型をカバーする

How to

Ray Banの偽物を見分ける

How to

ヒップを大きくする

How to

偏光サングラスを見分ける

How to

体型に合った服を選ぶ

How to

ルイ・ヴィトンのバッグの偽物を見分ける

How to

スーツの採寸
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む12人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
カテゴリ: ファッション
このページは 13 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告