自分に合ったファンデーションを見つける方法

共同執筆者 Camille Sanghera

この記事には:自分の肌をよく知る自分に合った色合いを見つけるファンデーションを自分で調整する13 出典

ファンデーションはメイクの基礎として肌の染みを隠し色を整え、肌の表面を均一にする働きをします。誤った色合いのファンデーションを用いると、化粧が濃く見えたり不自然な印象を与え、メイク全体の仕上がりにも影響を与えます。こうした理由もあり自分に合った色を見つけることはとても重要です。ファンデーションの色合いを選ぶ際は肌質、肌のトーン、顔色など、いくつか考慮すべき点があります。

パート 1
自分の肌をよく知る

  1. 1
    肌の「アンダートーン」を理解する ファンデーションを選ぶ前に自分の肌についてよく知る必要があります。例えば、自分の肌のアンダートーンが分かっていると役立ちます。肌の表面は多くの要因(ニキビの原因となる物質にさらされる、など)によって色が変わりますが、アンダートーンは変わりません。[1] つまり、自分の肌のアンダートーンを知っておくと適した色のファンデーションを選びやすくなります。アンダートーンには大きく分けて次の3つの種類があります。[2]
    • クール:青みがかった色、赤みがかった色、ピンクがかった色のアンダートーンを指します。
    • ウォーム:ゴールド、黄色、あるいはピーチ系の色合いのアンダートーンを指します。
    • ニュートラル:クールとウォームの混合のアンダートーンを指します。
  2. 2
    アンダートーンを自己判定する アンダートーンを判定する際は、いくつか確認すべき項目があります。これには髪や目の色、自分に最も似合う色、日光に対する肌の反応、血管の色が含まれます。
    • 自然な髪の色が黒、茶、ブロンドで、目の色が緑、グレー、あるいは青の人はクールの可能性があります。目の色がヘーゼル、茶、あるいは琥珀色で自然な髪の色が黒、赤褐色、あるいはストロベリーブロンドの人のアンダートーンはウォームの可能性があります。[3]
    • クールの人にはシルバージュエリーがよく似合います。ウォームの人にはゴールドのジュエリーがよく映えます。ニュートラルの人はどちらも似合うでしょう。[4]
    • クール肌は日に当たるとピンクになりやすい傾向にあります。対照的にウォーム肌は日に当たるとこんがりと焼けていきます。
    • 手首の内側の血管が青い人はクール、緑の人はウォーム、青みがかった緑の人はニュートラルです。[5]
  3. 3
    自分の肌質に合ったファンデーションを知る 乾燥肌かオイリー肌かを把握していてもファンデーションの正しい色合いを選ぶ際の参考にはなりませんが、正しい種類を選ぶうえで重要です。肌質はオイリー肌、乾燥肌、あるいは混合肌といった肌質に加え、標準肌に対して敏感肌といった種類に分けることができます。
    • オイリー肌の人はマットに仕上がるもの、オイルフリーのリキッドタイプのもの、あるいはパウダーファンデーションを選ぶと良いでしょう。
    • 乾燥肌の人は保湿、保水効果のあるクリームタイプのものやスティックファンデーションを選びましょう。
    • 敏感肌の人は、低刺激で無香料のファンデーションを選びましょう。
    • 混合肌の人はパウダーファンデーションが良いでしょう。[6]
    • 肌の色が不均一で、ほぼ全体的に塗りたいという人はカバー力の高いファンデーションを選びましょう。すでの肌の色合いが比較的均一の人は、カバー力が低めで薄塗りのファンデーションを選び、より自然な見た目に仕上げると良いでしょう。
    • SPFが含まれているファンデーションも賢い選択肢と言えるでしょう。有害な紫外線(UVAやUVB)から肌を守るための成分が少量含まれています。

パート 2
自分に合った色合いを見つける

  1. 1
    自分の肌を使い選択肢の幅を狭める 肌質を元にどのようなファンデーションを見つけるべきかは分かったので、今度はアンダートーンを元にしてファンデーションの色合いを選べるようになりましょう。ドラッグストアやデパートの化粧品売り場に行く前に、自分の肌のアンダートーンに対してどのようなファンデーションと色味が合っているのかを考えましょう。
    • アンダートーンがクールの人:ローズ、赤、青を基調としているもので、ローズ、サーブル、ポーセリンといった色味を検討してみましょう。
    • アンダートーンがウォームの人:ゴールドや黄色を基調としているもので、キャラメル、ゴールド、褐色(タン)、チェスナッツブラウン、ベージュ等の色味を検討してみましょう。
    • ニュートラルの人:淡黄色、ヌード、アイボリー、プラリーヌといった色味を検討してみましょう。[7]
  2. 2
    どのような店舗に行くかを決める ファンデーションを購入する際は美容部員がいる店舗を訪れ、アドバイスを受けながらファンデーションと色味を決めると良いでしょう。あるいは、店内にテスターが揃っている店舗を訪れ、合った色合いを自分で見定めて購入するようにしましょう。この選択肢も不可能な場合は、万が一誤った色合いの製品を購入してしまった場合に備えて、化粧品の返品を受け付けている店舗で購入しましょう。
  3. 3
    複数の色味を試す 自分のアンダートーンを元に最も合った色味を見つけ試しに塗ってみましょう。自分の肌の色味に最も近く見える色合いの製品を複数選びましょう。次に少量を下顎に塗ってみましょう。下顎は自然なアンダートーンに最も近い色であると同時に、首に対してファンデーションがどのように目に映るのかを確認することができる便利な部位です。
    • テスターが置かれていない場合はファンデーションの容器を首元と下顎にあててみましょう。
    • 下顎に塗った場合でも、容器をあてる場合でも、窓や扉の近くに行き自然光の下でどのように見えるのかを確認しましょう。[8] こうしている間に塗ったファンデーションが乾くので、時間が経過した時の見た目も想像がつきやすくなるでしょう。
  4. 4
    ファンデーションを選ぶ 最も合っているファンデーションは、塗った時に馴染んで消えていきます。本来ファンデーションは見せるものではなく、メイクをするキャンバスのような役割を果たします。下顎に塗ったテスターを元に、どの製品が最も馴染みが良いのかを見極めましょう。これが染みや赤みを隠しながら自然な見た目を作り上げる下地となります。[9]
    • 店頭にテスターがない場合は特に、異なる色味のファンデーションを複数購入し家で比べてみても良いでしょう。[10]

パート 3
ファンデーションを自分で調整する

  1. 1
    暗すぎるファンデーションを明るくする 間違った色味の製品を買ってしまったけれども返品ができない場合や、古いファンデーションが空になるのを待っている場合は、自分で色味を調整して肌の色に合わせてみましょう。その方法の1つとして、ファンデーションを塗る際、指でなく濡れたスポンジを使ってみましょう。また、下記のようなメイク用品を混ぜ合わせることで色味を明るくすることもできます。[11]
    • 保湿剤
    • プライマー
    • 薄塗りのファンデーション
    • コンシーラーあるいは仕上げ用パウダー
  2. 2
    明るすぎるファンデーションを暗くする 暗すぎるファンデーションを明るくすることができるように、明るすぎるファンデーションを暗くすることも可能です。下記のメイク用品を混ぜ合わせてみましょう。[12]
    • チークパウダーまたはコンシーラー
    • ブロンザー
    • 暗めのファンデーションや色のついた保湿剤
  3. 3
    ファンデーションの色を変える アンダートーンに合わないファンデーションの色も調整することができます。黄色がかったアンダートーンに合わせる場合はターメリックを混ぜ合わせましょう。ピンクあるいは青みがかったアンダートーンに合わせる場合はピンクがかったブラウンのチークパウダーを混ぜ合わせてみましょう。[13]ファンデーションに茶色を加える必要がある場合はココアパウダーを混ぜ合わせてみましょう。

ポイント

  • ファンデーションを塗る際にスポンジを用いている場合は、雑菌やバクテリアの繁殖を防ぐために定期的に好感しましょう。
  • 就寝前に必ずメイクを落とし肌を保湿しましょう。
  • 肌がきれいで色味も均一の人は、ファンデーションの代わりに色のついた保湿剤を使うことも検討するとよいでしょう。
  • 冬の時期はファンデーションの色を明るくし、夏の間はファンデーションの色を暗くすると良いかもしれません。夏の時期に多くの時間を屋外で過ごし、こんがりと焼けやすい人は特にこのように使い分けると便利です。

記事の情報

wikiHow共著者の一人、Camille Sangheraがこの記事を共著しています。wikiHow共著者は、可能な限り正確でわかりやすい記事を提供するため、wikiHow編集者と緊密に協力しあっています。

カテゴリ: メイク

他言語版:

English: Find the Best Foundation Color Shade for You, Italiano: Scegliere la Giusta Tonalità di Fondotinta, Español: encontrar el mejor color de base de maquillaje para ti, Deutsch: Den perfekten Foundation Ton finden, Português: Descobrir a Melhor Cor de Base para Você, Русский: правильно выбрать основу под макияж, Français: trouver la couleur de fond de teint qui vous va le mieux, Bahasa Indonesia: Menemukan Warna Foundation yang Pas untuk Anda, العربية: اختيار درجة لون كريم الأساس المثالية لك, Nederlands: De beste tint foundation kiezen, ไทย: หารองพื้นที่มีสีเข้ากับผิวของคุณมากที่สุด, Tiếng Việt: Chọn màu kem nền phù hợp với màu da, 한국어: 가장 잘 맞는 파운데이션 색조 고르는 방법

このページは 226 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?