片思いしていた相手に自分を好きになってもらえなかった、あるいは自分は彼を大切に想っていたけれど、彼が同じ気持ちになってくれることはなかった、などといった経験はありますか?恋愛において、拒絶されるのはよくあることであっても、立ち直るのはなかなか難しく、辛いものです。好意を寄せていた相手に好きになってもらえなかった、彼氏から大切に想われていなかったなど、どんな経験をしたにせよ、傷ついた心を癒すには時間がかかるでしょう。この記事で紹介するステップを参考に、物事の見方を変え、相手の男性を忘れて前に進む方法を学びましょう。

方法 1
方法 1 の 11:
自分の感情を認識する

  1. 1
    気持ちを楽にするための初めのステップは、自分の感情を認識することです。信頼している友人に打ち明けたり、日記に感情を書き出すなどして、全てを吐き出しましょう。相手の男性との関係がどれほど真剣なものであったかにかかわらず、自分の感情を認識することは悲嘆のプロセスにおいて大切なステップなのです。[1]
    • 何事もなかったかのように振る舞ったり、平然を装ってはいけません。「効果的に誰かのことを忘れるには、自分が置かれた状況を理解し、受け入れる必要がある」と心理学者は述べています。
    広告

方法 2
方法 2 の 11:
自分を責めない

  1. 1
    自分を責めても今以上に辛い気持ちになるだけです。自分自身の欠点を見つけるのは簡単です。しかし、あなたは人として悪いところなど何もないのだということを覚えておきましょう。忘れられずにいる男性がいるけれど、その人はあなたのことを大切に想っていなかったのであれば、2人の相性は良くなかったということです。[2]
    • アファーメーションを実践し、自分に非があるわけではないのだと言い聞かせると効果があるかもしれません。「私は愛される価値がある」や「今回のことは私のせいではない」などと言ってみましょう。

方法 3
方法 3 の 11:
自分ひとりの時間を大切にする

  1. 1
    自分だけで何か楽しいことをすると、気分が良くなるでしょう。アイスクリームを食べに行ったり、ドライブに出かけたり、自然の中で時間を過ごすなどしてみましょう。誰か他の人が一緒にいないと人生を楽しめないなどということはありません。1人でいても楽しい時間を過ごすことはできるのです。[3]
    • 自分1人ですること全て、そして自立していると思う点を挙げてみましょう。例えば、「自分は経済的に自立しているか」「自分の幸せのために、どのような行動を取っているか」といったことについて考えてみましょう。
    広告

方法 4
方法 4 の 11:
自分のポジティブな資質をリストにする

  1. 1
    自分の存在がいかに素晴らしいかを忘れてはいけません。自分の好きなところ(どんなに些細なことでも)をじっくりと考え、10個書き出してみましょう。真面目さ、ファッションセンス、他人に親切であること、友好的なところ、料理上手であることなど、何でも構いません。落ち込んでいる時に、このリストを見直して自分を励ましましょう。[4]
    • 拒絶されると自尊心が低くなることがありますが、この方法は、自分の魅力を覚えておくのに役立ちます。
    • 自分の長所を認識するのは難しい場合もあるため、親しい友人に意見を聞いてみるのもよいでしょう。

方法 5
方法 5 の 11:
時間をかける

  1. 1
    時間をかけることが最善の方法と言えるでしょう。相手を忘れるのに時間がかかり、失望感を感じるかもしれませんが、自分に厳しくならないようにしましょう。無理やり早く前に進もうとすると、さらに辛い気持ちになるかもしれません。[5]
    • その男性と正式に交際していなかったとしても、自分にとって大切だと想っていた人を失ったのですから、「早く前に進まなくては」と焦りながらではなく、ゆっくりと時間をかけて立ち直っていく必要があるでしょう。
    広告

方法 6
方法 6 の 11:
相手の男性と距離を置く

  1. 1
    辛い経験を思い出さないようにしましょう。早く立ち直るためには、相手の男性とのかかわりは最低限に留めるとよいでしょう。自分の日常から彼を締め出すのはあまり現実的ではないかもしれません。完全に彼を避ける必要はありませんが、立ち直るために必要だと思う行動は取るべきです。[6]
    • 行ったことのない場所で時間を過ごしてみたり、自分と似た境遇の人と新しい友好関係を築いてみるとよいでしょう。また、彼のSNSをブロックする、あるいは携帯電話にある彼の連絡先を削除することも検討しましょう。

方法 7
方法 7 の 11:
思い出を蘇らせる写真を削除する

  1. 1
    辛いと感じるかもしれませんが、前に進むために効果的な方法です。もちろん、携帯電話に保存されている全ての写真を削除する必要はありませんが(楽しんで振り返ることができる思い出もあるため)、相手の男性と2人だけで写っている写真で一杯ならば、削除してすっきりさせるべきです。削除したくないのであれば、USBメモリに保存して引き出しの中にしまっておくとよいでしょう。[7]
    • 家に飾ってある写真についても同様のことが言えます。処分したくない場合は、全てひとまとめにして箱やクローゼットの引き出しの中にしまっておきましょう。
    広告

方法 8
方法 8 の 11:
体を動かす

  1. 1
    エンドルフィンを放出させて元気を出しましょう。落ち込んでいる時に運動などしていられないと感じるかもしれませんが、運動は落ち込んだ気分を改善し、自信回復効果があるという研究結果が報告されています。ジョギング、水泳、サイクリング、ヨガなどを試してみましょう。[8]
    • さらに、運動することで、自分が置かれた状況を自分自身がコントロールしているという感覚になります。しっかりと運動を行うのと同じように、自分の人生に責任を持っているのだと考えるとよいでしょう。

方法 9
方法 9 の 11:
友人と時間を過ごす

  1. 1
    あなたを大切に想ってくれる人と時間を過ごしましょう。あまり何かをする気にならないのであれば、友人を数人誘い、一緒に映画を観たり、バーに飲みに行ったりするとよいでしょう。1人でいるとさらに気分が落ち込んでしまうかもしれないため、周囲のサポートに頼ることが大切です。[9]
    • 家族の支えも力になります。両親やきょうだい、親しい間柄の人たちにアドバイスや癒しを求めましょう。
    広告

方法 10
方法 10 の 11:
楽しい活動や旅行を計画する

  1. 1
    新しいことに挑戦して気晴らしをしましょう。ディナーを食べに行く、映画を観に行く、旅行の計画を立てる、スパへ行くなどしてみましょう。以前から始めてみたいと思っていた趣味に(友人と、あるいは1人で)挑戦することもできます。[10]
    • 嫌なことを考えないようにするのが難しい場合は、友人1、2人についてきてもらうとよいでしょう。友人が一緒ならば、余計なことを考えずに済むため、楽しい時間を過ごせるはずです。

方法 11
方法 11 の 11:
メンタルヘルスの専門家の力を借りる

  1. 1
    健全な方法で自分の感情と向き合う手助けをしてくれるでしょう。メンタルヘルスの専門家は、悲嘆プロセス、前進、今後の人間関係などにおける指導をするため、訓練を受けています。[11]
    • 自分のことを気にかけてくれない男性を忘れられず、鬱状態になっているのであれば、気分を改善するために、訓練を受けたメンタルヘルスの専門家に心理療法、サポートグループの集まり、医薬品などを推奨してもらうとよいでしょう。
    広告

注意事項

  • 薬物の使用、不適切な飲酒、不特定多数の人との性行為など、自滅的な行動を取ってはいけません。このような行動は誰かを忘れるのに効果的であるどころか、さらなる問題を引き起こすだけです。[12]
  • 鬱状態にあり、自傷行為に及びそうになったら、直ちに助けを求め、気分の改善に努めましょう。各都道府県・政令指定都市が実施している「心の健康電話相談」等の公的な相談機関に電話(こころの健康相談統一ダイヤル:0570-064-556)をして相談することができます。
広告

関連記事

げっぷするげっぷする
壁の向こう側の会話を聞き取る壁の向こう側の会話を聞き取る
ソシオパスかどうかを見抜くソシオパスかどうかを見抜く
すぐに涙を出すすぐに涙を出す
キスが上手になるキスが上手になる
他者に依存しない他者に依存しない
復讐する復讐する
友達がゲイかどうか見分ける友達がゲイかどうか見分ける
恋人からの信頼を取り戻す恋人からの信頼を取り戻す
恋に落ちたか判断する恋に落ちたか判断する
彼女が浮気をしているか知る彼女が浮気をしているか知る
笑ってはいけない時に笑いを止める笑ってはいけない時に笑いを止める
泣いている人を慰める泣いている人を慰める
敬意を持って人に接する敬意を持って人に接する
広告

このwikiHow記事について

Chloe Carmichael, PhD
共著者 ::
臨床心理学者
この記事の共著者 : Chloe Carmichael, PhD. 臨床心理学者のクロエ・カーマイケル博士は、自身で開業したニューヨーク市のカウンセリングオフィスにて、数十年にわたり人間関係の問題、ストレス管理、自尊心の向上、そしてキャリアについてのカウンセリングを専門的に行っています。また、 ロングアイランド大学での学部生の指導や、ニューヨーク市立大学での非常勤講師の経験もあります。ニューヨーク・ブルックリンのロングアイランド大学にて臨床心理学の博士号を取得し、レノックス・ヒル病院およびキングス郡病院にて臨床研修を修了。アメリカ心理学会公認。著書に「ナーバスなエネルギー:不安の力を役立てる」があります。
このページは 131 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告