自分のセクシーな写真を撮るのはとてもワクワクする体験で、あるがままの自分をより美しく感じ自信をつけるのに効果的でしょう。撮影の前にはヘアースタイルを整えメイクを施しエロティックに感じられる服を選び、撮影設定を適切に行いましょう。撮影中はできる限りリラックスし、大いに楽しみ、新しい自分を発見しましょう。

パート 1 の 3:
撮影の準備をする

  1. 1
    肌を見せたい場合はフルヌードかセミヌードを選ぶ エロティックな写真を撮るからといってヌードになる必要はありませんが、試したいと思っているなら思い切ってヌードになるのも1つの方法でしょう。そうは思っていても緊張が拭えないという場合は、服を纏ったまま撮影を開始して徐々に脱いでいく方法もあります。好きなだけ何枚も撮りましょう。あるいはシャワーの後で自撮りを1枚撮るだけでも十分かもしれません。[1]
    • ヌード写真を撮るのに体のサイズは関係ありません。自分の体に自信を持つことが大切です。じっくりと時間をかけて自分の体の美しさを堪能しましょう。「自分は美しい」と思えると自然に自信が湧きその気持ちが写真に反映されます。
  2. 2
    メイクでより劇的な印象を作る 写真という2次元の空間で自分の特徴が際立つように普段よりも少し派手なメイクをしましょう。従来のセクシーなピンナップ写真のようなメイクを考えているなら、つけまつげを付け、黒でアイライナーを引き、明るい赤色の口紅を付けましょう。ファンデーションで肌のトーンを均一にし、傷もカバーしましょう。[2]
    • より 自然なスタイルが好みでも、セクシーな写真は撮れます。アイライナーを軽く引き、マスカラで目を際立たせ、リップグロスを塗って唇を少しふっくらと見せましょう。

    ヒント: 顔を写すつもりがないならメイクの心配はありません。

  3. 3
    ボリュームのあるセクシーな髪にスタイルする セックスの直後を伺わせるような寝癖を作ると挑発的な雰囲気になります。少し髪を乱してみてはどうでしょうか。乾いた髪に逆毛を立て、スプレーで固めるとワイルドな仕上がりになります。髪を洗った後で頭皮にワックスやムースを付けてドライヤーで乾かしても良いでしょう。乱れた髪は、フェミニンあるいは男性的な印象の両方のスタイルを作るのに最適です。[3]
    • 浴室でセクシーな写真を撮りたい場合は、浴槽の中に髪が入らないような無造作お団子のスタイルにしてみましょう。
    • 自撮り写真を誰かに気軽に送りたい場合には、準備に多くの時間をかける必要はありません。乱れた髪を手で直し、歯に何も付いていないことを確認したらシャッターを押しましょう。
  4. 4
    写真に載せたくない体毛を処理する ムダ毛の処理をするかしないかはどんな写真を撮るかによります。顔をメインに撮る場合には、脚のムダ毛を剃る必要はなく、またビキニラインを処理する必要もありません。どれだけ処理したいかはあなた次第です!最高だと思う自分の姿を決めて撮影しましょう。[4]
    • 自然のままの姿が好きで体毛を剃りたくないなら、もちろん剃る必要はありません。
    • 男性のあごひげや無精ひげはセクシーに見えることがあります。ただし、撮影前にはひげを手入れしましょう。
  5. 5
    服を着て撮るならセクシーな服を選ぶ 服を着ていても、エロティックな写真は撮れます(実際、セクシーな服を着ている方がヌードよりも魅力的に見えることがあります)。 セクシーな服を着て撮ろうと決めたら、自分の魅力を引き出せる服を選び、そこを最大限に強調して自らの好奇心をそそることを目標にしましょう。どんな服でも自由に選べますが、体にフィットして着崩れしないものが良いでしょう。[5]
    • 男性であれば、ボタン付きのシャツを選び、上の方のボタンを外して胸を見せるとセクシーです。あるいはランニングや袖なしのTシャツで腕や肩の筋肉を見せるのも効果的です。
    • ビスチェ、ネグリジェ、スリップ、ストッキング、ガーターベルトなどのランジェリーはすべて着て楽しくなるものです。
    • レースのブラジャーやプッシュアップブラなどは胸の谷間を強調することができ、とても魅力的に見えます。
    • ダブダブのまたは着古した下着は避けましょう。Tバック、ボーイレッグショーツ、ビキニカットの下着を選びましょう。
    • ハイヒール、大きめのボタン付きシャツ、男性用ネクタイ、ロングネックレス、スカーフ、メガネなど自分の趣味に合うアクセサリーを加えましょう。

パート 2 の 3:
撮影場所を設定する

  1. 1
    撮影の場所選びには趣向を凝らす 撮影場所を浴室や寝室だけに拘る必要はありません(もちろん、ベッドに横たわっている姿やシャワーから出たばかりの姿はセクシーで素晴らしい写真になるでしょう)。ソファーや豪華な椅子を使ったり、装飾のない真っ白な壁に向かってポーズをとったりすると、特に照明を適切に使えば素晴らしい写真が撮れます。[6]
    • 公共の場所でもセクシーな写真を撮ることができます。素敵な背景を見つけて、ポーズを決めて自撮りしましょう。
  2. 2
    邪魔になるものや不必要な物を取り除く あなたが主役です。写真の背景から障害物や邪魔な物は除きましょう。雑然とした雰囲気にさせるものや大きな壁掛け、また写真のイメージに不適切な物は全て除去しましょう。[7]
    • ベッドの上で撮る時には、ナイトスタンドを片付け、クローゼットの引き出しはきちんと閉めておきましょう。浴室で撮るなら、洗面台をきれいに片付け、掛けてあるタオルなどは仕舞いましょう。

    ヒント:まずは自分を入れずに撮影場所の写真を撮りましょう。背景がどのように見えるかが確認できます。撮った写真から家具の配置を調整したり汚れを取り除いたり、散乱物を移動させましょう。

  3. 3
    写真に鏡を使う場合にはきれいに磨いておく エロティックな写真撮影では、鏡で魅力的に見える角度を作ることが多々あります。鏡に斑点や縞があると本来なら美しいはずの写真が台無しになってしまいます。クリーナーを吹きかけ糸くずの出ないきれいなタオルで鏡を磨きましょう。写真が文字通りピカピカになります。[8]
    • カメラのレンズもきれいにしましょう。実際のカメラを使用する場合でも、スマートフォンのカメラ機能を使う場合でも、レンズが汚れていては写真の質に悪影響が及びます。
  4. 4
    最も魅力的な写真を撮るには自然光を利用する 写真には太陽の光が最適です。被写体を柔らかい雰囲気で包み、より自然な美しさを作ります。「エロティックな写真の撮影には昼間の時間帯が一番」と聞くと、夜の方がいいのではと思うかもしれませんが、できれば日中に撮影の計画を立てましょう。ブラインドやカーテンを開けて自然の光を取り入れましょう。ただし外に誰もいないことを確かめることも重要です。特にヌード写真を撮る時には細心の注意を払いましょう。[9]
    • 自然の光を利用できない場合は天井に設置された照明ではなくランプを利用して写真に柔らかい光を演出しましょう。照明が強過ぎる場合には、薄いスカーフなどをランプに被せて明るさを抑えましょう。

パート 3 の 3:
写真を撮る

  1. 1
    カメラのタイマーと設定を上手く使う 最近では、スマホのカメラ機能を使用して自分の写真を撮るのが一般的かもしれません。スマホのカメラ機能でも実際のカメラでも、タイマー機能や焦点の合わせ方をしっかりと把握することで写真撮影が簡単に行えます。ほとんどのスマホのカメラにはフィルターが付いています。フィルターを使えば、撮った直後に編集を施してユニークな写真に変えてから誰かに送信することができます。[10]
    • 変わった角度から写真を撮りたい場合には三脚を準備しましょう。色々な種類がありますが、安いものなら1500円程度で買えるでしょう。
    • SNSアプリにはセクシーな自撮り写真に仕上げるためのフィルターが付いている場合があります。それを使えば見て楽しい写真に編集することができます。自身のスマホでInstagramやSnapchatなどをチェックしてみましょう。写真編集用のフィルター機能があれば、実際に使ってみましょう。
  2. 2
    エロティックな写真を撮る時はプライバシーを確保する 家族やルームメートと一緒に住んでいる場合は1人になれる場所と時間を選びましょう。独り住まいなら誰かに邪魔されることなく、リラックスして撮影を楽しめるでしょう。自宅で1人きりになれない場合には、寝室のドアをロックしてから撮影を開始しましょう。[11]
    • 撮影中はペットを部屋から出しておきましょう。もちろんペットは可愛い大切なものですが、撮影中に暴れまわったりジャンプしたりすることもあり、気が散ってしまうでしょう。
  3. 3
    自撮りをする前に気分をあげる 成人に達しているならお酒を少し飲んで気分を落ち着かせて撮影に臨みましょう。心も体も落ち着く官能的な音楽をかけましょう。鏡で自分の姿を見て自信のあるところや好きなところを再確認しましょう。緊張していたり、ネガティブな気持ちが少しでもあると写真に反映してしまいます。[12]
    • 撮影前の飲酒は少しの量に留めましょう。リラックスすることが目的です。誤って飲み過ぎ、目がどんよりとしてしまっては撮影が台無しになります。
  4. 4
    写真に納めたい自分のお気に入りの身体部位を強調させる プロの写真家ではない人は、モデルは魔法を利用して驚くほど素敵なプロポーションに見せているのではないかと思うことがあるかもしれません。しかし、大抵の場合は自分が最高に魅力的だと思う部分を強調して写真に納めればプロの写真家が撮ったような出来栄えになります。ただし、雑誌やグラビアなどに載っている写真に見られるように、胸、脚、身体の曲線、腹筋、引き締まった腕だけに焦点を当てる必要はありません。鏡に自分の姿を映してどの部分が一番好きか、どこが特徴的か、またどの部位が誇らしいと思うかを確かめましょう。[13]
    • 自撮りを撮る場合は、頭上から撮りましょう。つまりカメラを見上げる格好になります。そうすることで鼻筋が通って見え、体全体も含めることができます。
    • 肩越しに鏡に映った背中を撮りましょう。そうすると背中が強調される写真になり、背中の筋肉や曲線を見せたい場合に最適です。
  5. 5
    ポーズや撮る角度をいくつも試す もちろん、タイマーや三脚を使って角度を調整することもできますが、躊躇なく気軽に自撮り写真を撮ってみるのも楽しいでしょう(自分撮り棒を使えば、更に高い場所から撮れます)。完璧なポーズを見つけるまで少し時間がかかるかもしれません。まずは次のようなポーズや角度を試してみてはどうでしょうか。[14]
    • S字形のカーブを作りましょう。胸を前方に押し出し、お尻を突き出すようにして背中をアーチ型にします。身体の曲線が強調され、砂時計のような形になります。
    • あごを上げましょう。想像以上にあごを上げます。首が長くスリムに見え、鎖骨の上に影ができるのを防ぎます。
    • 肩を後ろに引きましょう。背中をアーチ型にするのと同様に、肩を後ろに引くと胸が前方に押し出されて魅力的に見えます。
    • 自撮りを撮る時にはスマホを真正面ではなく斜め上で持ちましょう。セクシーでより神秘的な表情を作ることができます。
    • ベッドの上で腹ばいになって写真を撮ると、胸、曲線、脚など体の強調したい部分を納めることができます。
  6. 6
    顔をリラックスさせて、自撮りタイムを楽しむ 写真を撮る時にはカメラのレンズを直視しない方が上手く行きます。遠くを見たり、目を閉じて魅惑的な表情を作りましょう。あるいは顔を横に向け陰影を最適化して劇的な表情を作りましょう。[15]

    ヒント:官能的な雰囲気を出したい場合には、唇を開き気味にしてそっと息をしましょう。閉じたままにしておくよりもセクシーに見えます。

ポイント

  • 素敵だと思うセクシーな写真のパネルを作成しましょう。そうすることで、自撮りを撮る時に使えそうなポーズやスタイル、顔の表情を学習し真似することできます。

注意事項

  • 写真を人と共有したいと思うことがあるかもしれません。特にインターネットに投稿したり携帯メールで送信しようと考えることがあるでしょうが、その前によく考えましょう。恋人やパートナーに送って喜ばせることはその一瞬良いアイディアに思えますが、別れることもあります。別れた後、パートナーがあなたのプライベートの写真を公開しないと確信できますか?
  • 18才未満の未成年の場合、自分のヌード写真やセミヌードの写真を撮って配布するのは違法行為です。児童ポルノ配布容疑で告発される可能性があり、またそれらの写真を入手した人は児童ポルノ所持で告発される可能性があります。

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。 この記事は4,339回アクセスされました。
カテゴリ: 趣味・DIY
このページは 4,339 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?