自分のサイズに合った巻きスカートを作る方法

次に紹介する簡単な方法で、自分のサイズに合った巻きスカートを作れます。多少の計算が必要ですが、新聞紙などに線を引いて自分のサイズに合った型紙を作れば、その型紙を繰り返し使ってスカートを作れます。

ステップ

  1. 1
    まず計測します。ウェスト回りや腰回りなどスカートの上限にする部分(この部分をXとします)を測ります。次に出来上がりのスカート丈(これをYとします)を測りましょう。
  2. 2
    次のA、B、Cを計算します。計算方法は次の通りです。
    • 腰回りの計測値Xが90㎝、スカート丈Yが76㎝の場合を例として計算します。
    • 台形の上辺となるAは、ウエスト回りの数値「X」に7.6 cm の縫い代を加えた数の1.5倍の30%です。方程式A = [1.5(X+7.6)] × 0.3を使って計算します。A = 1.5×(90+7.6)× 0.3=1.5×97.60× 0.3=146.4×0.3 =44㎝
    • 台形の長さ「B」は好みのスカート丈に縫い代分3.8cmを加えた長さです。方程式B=Y+3.8を使って計算します。B=76+3.8=80cm
    • 台形の底辺「C」は、ウエスト回りの数値「X 」に縫い代7.6cmを加えた数の1.5倍の40%です。方程式C =[1.5×(X+7.6)] ×0.4を使って 計算します。C=1.5×(90+7.6)×0.4=1.5×97.6×0.4=1.5×97.6×0.4=146.4×0.4= 58.5cm
  3. 3
    上記の方法で計 算した数値A、B、Cで新聞紙に台形を描きます。
  4. 4
    この型紙を使い、好みの布地から台形を3枚切り取りましょう。
  5. 5
    下図を参考に、台形の2辺(青線の部分)の縫い代を縫い合わせます。
  6. 6
    ウエスト部分、裾、表に重なる部分の端を好みに応じて処理します。先ほどの図に赤点で示された個所にボタンホールを作り、ボタンを取り付けます。左側の赤点がボタンホール、中央の台形端の赤点がボタンの位置になります。ボタンは内側の布地に取り付けましょう。
  7. 7
    図に緑色の曲線で示されているリボンを取り付けます。
  8. 8
    腰に巻きボタンをして、リボンを結んで身に着けます。

ポイント

  • 3枚の台形を縫い合わせてから、裾の始末をする方法もあります。こうすると、体形に合わせてスカート丈を調整できます。このスカートは日常着に最適で、暇なときに簡単に作れて楽しめます。

必要なもの

  • 裁縫用の巻き尺
  • 計算機
  • 物差し
  • 新聞紙
  • 布地約2m
  • ボタン1個
  • リボン

記事の情報

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、著者の皆さんがボランティアで執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。

カテゴリ: 裁縫・編み物・布地

他言語版:

English: Make a Wrap Skirt to Fit Any Size, Español: hacer que una falda envolvente sea de cualquier talla, Deutsch: Einen Wickelrock für beliebige Größen anfertigen, Русский: сшить юбку с запахом для любого размера, Français: faire une jupe portefeuille à sa taille, Bahasa Indonesia: Membuat Rok Lilit untuk Semua Ukuran, العربية: صنع تنورة ملفوفة تناسب جميع المقاسات, 中文: 缝制均码包裙, Tiếng Việt: Thiết kế chân váy quấn vừa với mọi khổ người, Nederlands: Een wikkelrok maken voor elke maat

このページは 109 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?