PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

毎日おしゃれに装うのは意外に簡単です。まずは、サイズがぴったりで自分の体型をカバーする服を揃えましょう。洗練されたコーディネートにするために、服を正しく組み合わせることも大切です。最初にトップスやボトムスなどの基本となるアイテムを選び、その色や形、スタイルにぴったり合う別のアイテムを組み合わせましょう。最後に、服装に合わせて靴やアクセサリーを選び、コーディネートを完成させます。

方法 1
方法 1 の 4:
体型をカバーする服を選ぶ

  1. 1
    体型をカバーする服を選ぶために、自分の体型を把握しましょう。体型は人それぞれですが、女性の体型のほとんどは、洋ナシ型、リンゴ型、長方形、逆三角形、砂時計型のいずれかにあてはまります。まず、胸の最も膨らみのある部分とウエストの最もくびれた部分、ヒップの最も広い部分を測りましょう。バスト、ウエスト、ヒップの測定値を比べ、大きい順に順番をつけます。[1]
    • バストとウエストがヒップより小さい場合は、洋ナシ型です。
    • バストがウエストやヒップより大きい場合は、逆三角形です。
    • バスト、ウエスト、ヒップの大きさが同じくらいなら長方形です。
    • ウエストがバストやヒップより大きい場合は、リンゴ型です。
    • ウエストがバストやヒップより小さい場合は、砂時計型です。
  2. 2
    リンゴ体型の場合はバストを強調します。リンゴ体型には、バストを強調して肩を際立たせるトップスを選びましょう。ウエストに張り付くような素材は避け、太いベルトではなく細めのベルトをつけます。通常、リンゴ体型にはごちゃごちゃした柄物より無地の服が適していますが、様々な服を気軽に試してみましょう。[2]
    • タイツやスカートをはいて、すらりとした脚を目立たせても良いでしょう。
    • これはあくまでも目安であって厳密な決まりではありません。いろいろと試して自分に合う服を見つけましょう。
  3. 3
    体型が長方形の場合は、体にぴったりとした服を着てウエストを強調しましょう。長方形の体型には、襟ぐりが広く体にぴったりとしたトップスを選び、体のラインに曲線を作ります。スキニージーンズやウエストを強調するワンピースも合うでしょう。[3]
    • 形がはっきりしないワンピースや肩パッド入りの服、コート、シルエットが四角形のトップスなどは避けましょう。
    • ゆったりした服を着る場合は、好みのベルトでウエストを締めて体のラインをはっきりさせましょう。
  4. 4
    体型が砂時計型の場合は、体の曲線に沿う服を選びましょう。砂時計体型には、体のラインに沿うトップスやパンツ、ワンピースなどを選んでウエストを目立たせます。ぶかぶかの服や形がはっきりしない服は避けましょう。[4]
    • バランス良く見せるために、ヒップやバストに余計な布がついている服は避けましょう。同様に、ウエストやヒップの周囲にフリルやプリーツがある服も避けたほうが良いでしょう。
    • サイズが合った補正下着をつけましょう。
  5. 5
    洋ナシ体型には、上半身を強調する服が適しています。洋ナシ体型の場合は鮮やかな色や柄のトップスを着て、上半身に視線を集めましょう。パンツやスカートは暗い色を選び、ヒップを小さく見せます。[5]
    • 腰やお尻にビーズなどの装飾がついていると、そこに視線が集まるので避けましょう。
    • 肩幅を広く見せてバストを強調するために、ボートネック、スクープネック、ハートネックなど、襟ぐりが広くあいた服を選びましょう。
  6. 6
    体型が逆三角形の場合は、ウエストと脚を強調します。逆三角形の体型には、縦縞のトップスやAラインのワンピース、ウエストと脚を目立たせるボトムスが似合います。横のラインを強調するはっきりした柄のワイドパンツやスカートをはいて、下半身を大きく見せましょう。[6]
    • ペンシルスカートやスキニージーンズ、裾が細くなっているボトムスなど、ヒップが小さく見える服は避けましょう。
    • 上半身が四角く見える肩パッド入りの服や肩に装飾がある服は、肩を目立たせるので避けましょう。
  7. 7
    着心地が良く、サイズが合った服を選びましょう。安くなっているというだけで服を購入するのはやめ、必ず試着してサイズが合うかを確認しましょう。試着したアイテムが長い、緩い、短い、小さい、大きすぎるなどの場合は棚に戻します。持っている服を確認し、サイズが合わないものは処分しましょう。[7]
    • 小さくなった服があれば慈善団体に寄付するか、妹や従妹などにあげましょう。小さくなった服を「いつか着られるようになるかも」と考えて取っておくのはやめましょう。
    • サイズがぴったり合うように直せる場合は除き、大きすぎる服も処分しましょう。ただし、通常お金をかけてまでサイズを直す価値のある服は、よほど素晴らしいアイテムに限られるでしょう。
    • ゆったりと、またはぴったりと着るように作られた服もありますが、引きずるほど長かったり動きが制限されるほど窮屈だったりする服は、サイズが合っていません。
  8. 8
    肌のアンダートーンに合う色の服を着ましょう。実際の肌の色にかかわらず、 肌のアンダートーンはクール、ウォーム、ニュートラルのいずれかに分類されます。自分の肌のアンダートーンがわかったら、それに合わせて服の色を選びましょう。簡単な方法ですが、全体がまとまって洗練された印象になります。
    • アンダートーンがウォームなら、赤、オレンジ、黄、アイボリー、茶、金が似合います。
    • クールには、緑、青、ピンク、紫、銀が似合います。
    • アンダートーンがニュートラルの場合は、ほとんどの色が似合います。どんな色でも中くらいの濃さを選び、パステルカラーは避けましょう。[8]
    広告

方法 2
方法 2 の 4:
おしゃれにコーディネートする

  1. 1
    さりげなくおしゃれに見せるために、組み合わせやすいベーシックなアイテムを購入しましょう。定番のアイテムは流行に左右されないので、いつでも自信を持っておしゃれに着こなすことができます。特に、単色の定番アイテムは手持ちのどんな服にも合わせやすいので、コーディネートがとても楽になります。[9]
    • 一般的な定番アイテムは白のTシャツ、黒のレギンス、ニュートラルカラーのカーディガン、長袖のボタンダウンシャツ、ブルージーンズ、黒のレザージャケットです。
    • 流行を追うのはほどほどにしましょう。流行は、通常ワンシーズンで終わります。流行のアイテムはアクセントとして使い、定番の服と合わせましょう。
  2. 2
    基本となるアイテムを選び、それに合わせてコーディネートを組み立てましょう。基本となるアイテムを選べば、それに合わせて全体をコーディネートするのは簡単です。最初に選ぶアイテムはトップスやボトムス、もしくは素敵な靴でもかまいません。コーディネートの中心になるアイテムを1つ選ぶと、残りを組み合わせるのが簡単です。[10]
    • たとえば、黒いスキニージーンズには、カラフルなホルターネックのトップスや柄物のセーターを合わせましょう。
  3. 3
    対照的な単色のアイテムを組み合わせると、目を引くコーディネートになります。対照的な色を組み合わせるとそれぞれの色が引き立つので、単調でつまらない印象になりません。対照的な色を組み合わせる場合は、同じ色合いの中から選びましょう。ニュートラルカラーには対照的なニュートラルカラーを合わせます。[11]
    • たとえば、宝石のような色合いのジュエルトーンには、ジュエルトーンの別の色を合わせましょう。基本のアイテムがパステルカラーなら、パステルカラーの中の対照的な色を合わせます。
    • 白いトップスに黒いジーンズの組み合わせはシンプルですが、おしゃれなニュートラルコーディネートになります。ニュートラルカラーはどんな季節にもぴったりです。
    • パステルピンクのスカートとパステルブルーのポロシャツの組み合わせは、可愛らしい春のコーディネートです。
    • フォレストグリーンのノースリーブのコーデュロイワンピースの下にワインレッドの長袖シャツを着ると、秋にぴったりのコーディネートになります。
  4. 4
    最初に選んだアイテムに柄や模様があれば、無地のアイテムを合わせます。柄や模様がある服同士を組み合わせるのはやめましょう。可愛らしいチェックのスカートを最初に選んだら、組み合わせるアイテムは必ず無地のものを選びましょう。基本となるアイテムの柄の中の1色を選び、その色の無地のアイテムを組み合わせると全体がまとまります。[12]
    • たとえば、チェックのスカートの大部分が濃紺で、フォレストグリーンと淡い茶色がアクセントとして使われている場合は、フォレストグリーンか淡い茶色のトップスを合わせると全体がまとまります。
  5. 5
    ゆったりとしたトップスにメリハリをつけるために、ハーフタックインを試しましょう。シャツの裾を完全にボトムスの中に入れてもかまいませんが、ゆったりとしたトップスをカジュアルに着こなす場合は、シャツの前の半分だけをパンツの中に入れてみましょう。こうするとゆったりしたトップスでウエストが隠れることがなく、少し洗練された印象になるでしょう。
    • たとえば、ゆったりとしたセーターをレギュラーフィットのブルージーンズにハーフタックインすればメリハリがつき、おしゃれで着心地の良いコーディネートになります。
  6. 6
    3枚目のアイテムとして、色と質感が同じまたは対照的なものを選び、重ねましょう。重ね着をするとどんな服でも一段上の着こなしになり、スタイリッシュな雰囲気が出ます。重ねるアイテムは一般的に、カーディガン、フード付きのパーカー、タイツ、ベスト、ジャケットなどです。すでに選んだ2つのアイテムに合う色や対照的な色を選びましょう。基本となるアイテムとは異なる材質のものを合わせます。[13]
    • たとえば、ワインレッドのシルクのトップスとダークウォッシュジーンズに、カボチャ色のケーブル編みのカーディガンを合わせましょう。
    • 白のTシャツとブルージーンズの組み合わせに黒いレザーのライダースジャケットを合わせて、コーディネートをレベルアップさせましょう。
    • 仕立ての良いブレザーや、対照的な色のふんわりしたカーディガンを羽織りましょう。
  7. 7
    重ね着をする場合は、形やスタイルを引き立て合うアイテムを組み合わせましょう。下に着る服の形やスタイルに合う服を重ねて、流れるようなラインを作ります。対照的なスタイルの服を合わせるのもおもしろいかもしれませんが、同じようなスタイルの服を重ねるとまとまりが出て、さりげない印象になります。
    • たとえば、ぴったりとしたトップスの上に、大きいまたはだぼっとした服を重ねるのはやめましょう。ぴったりとしたトップスとスキニージーンズのコーディネートには、細身のカーディガンやサイズに合わせて仕立てたブレザーを重ねると、洗練された雰囲気になります。
    • お気に入りのバンドのロゴが胸にプリントされたエッジの効いたTシャツには、レザージャケットとバイクブーツを組み合わせて恰好良くクールに仕上げましょう。
    広告

方法 3
方法 3 の 4:
小物を合わせてコーディネートを完成させる

  1. 1
    服装に合う色の靴を履きましょう。黒やヌードカラーの靴はほとんどの服装に合うので、迷ったら黒やヌードカラーを選びましょう。服に茶色が多く使われている場合は黒の靴は避け、茶色やヌードカラーの靴を選びます。派手な模様の服には無地の靴を合わせましょう。ヒョウ柄などの目立つ靴には、無地のトップスやボトムスを合わせます。[14]
    • スエードなど特徴のある素材の靴を合わせて、コーディネートにアクセントをつけましょう。
  2. 2
    靴とベルト、バッグを揃えると、洗練された印象になります。黒い靴を履く場合は、黒いベルトと黒いバッグを合わせれば全体がすっきりとまとまります。肌色や茶色の場合も同じです。金具の色も忘れずに揃えましょう。[15]
    • たとえば、ベルトに銀色のバックルがついている場合は、銀の部品がついたバッグや靴を選びましょう。
    • ブレスレットやネックレス、イヤリングなどのアクセサリーも色を合わせます。ベルトのバックルが金なら、金のイヤリングをつけましょう。
  3. 3
    個性をアピールするサングラスをかけてコーディネートを完成させます。素敵なサングラスをかけると、どんな服装でも一段レベルアップするでしょう。服装と同じまたは対照的な色で、顔型に合うサングラスを選びましょう。[16]
    • たとえば、定番のコーディネートには黒のキャッツアイサングラスを合わせましょう。大き目のサングラスやレンズが丸いサングラスは、ボヘミアンファッションにぴったりです。
  4. 4
    指輪を重ね付けして、おしゃれなストリートファッションの雰囲気を出しましょう。イージーグラム(セクシーでややカジュアルなファッション)または、ボーホー(都会的なボヘミアンファッション)が好みなら、指輪を重ね付けしてみましょう。一番大きな指輪をどちらかの人差し指につけ、普通の指輪とファランジリングを両手の薬指に重ねます。さらに、対照的なファランジリング2~3本を両手の中指につけましょう。
  5. 5
    メイクをする場合は、ナチュラルメイクですっきり整えましょう。メイクは必須ではありませんが、好きならメイクをしたほうが自信がつき、雰囲気もまとまります。顔の色に合う薄づきのファンデーションを塗り、少量のコンシーラーでシミやニキビを隠しましょう。バラ色のチークを控えめにつけてマスカラを薄く塗り、すっきりとしたナチュラルメイクに仕上げます。
    • 脂性肌の場合はパウダーを少量つけて、テカリを抑えましょう。
    • ヌードカラーやベリーカラーのリップグロスまたはリップステインを使いましょう。
  6. 6
    出かける前に髪をきちんと整え、シンプルなヘアスタイルにまとめましょう。ストレートヘアはブラシでとかして、髪のもつれをなくします。パーマヘアは、目の粗いくしや手ぐしでからまりをほどきましょう。髪は自然に下ろすか、顔にかからないように上でまとめます。ショートヘアは、髪にボリュームを与えて髪型の崩れを防ぐスタイリング剤をつけて、スタイリングしましょう。
    • 髪の広がりを抑えるヘアクリームやヘアセラムを少量つけて、浮き毛を直しましょう。
    • 朝の時間に余裕がない場合は、手入れが簡単でスタイリングしやすい髪型に変えても良いでしょう。
    広告

方法 4
方法 4 の 4:
セルフケアの習慣をつける

  1. 1
    1日2回顔を洗って、肌をきれいに保ちましょう。ぬるま湯で顔を濡らし、1円玉大の洗顔料を顔につけて指先でやさしく洗います。乱暴にこすらないように気を付けましょう。最後に温水で洗顔料を洗い流します。毎朝、毎晩この方法で顔を洗い、ひどく汗をかいた後も顔を洗いましょう。[17]
    • 乾燥肌や敏感肌の場合は、洗顔料の使用は1日1回、できれば夜だけに制限したほうが良いかもしれません。朝はぬるま湯だけで顔をきれいにすすぎましょう。
    • 肌の乾燥を防ぐために、成分にアルコールを含む強い洗顔料を使うのは避けましょう。
  2. 2
    洗顔後は保湿して、肌の潤いを保ちましょう。顔を洗ったら清潔なタオルで軽く叩いて乾かし、豆粒大の保湿剤を指で顔全体に塗り広げます。顔にクリームやローションを塗る際は、目の周りのデリケートな肌をやさしく扱いましょう。[18]
    • 朝はSPF20以上の保湿剤を塗って、日焼けによる肌のダメージを防ぎましょう。
    • 夜は日焼け止め効果がない濃厚な保湿剤を塗り、肌に潤いをたっぷりと与えましょう。
    • 必ず肌質に合った保湿剤を選びます。
  3. 3
    少なくとも1日2回は歯を磨き 、夜寝る前にはデンタルフロスを使いましょう。毎日身だしなみを整えて気持ち良く過ごすためには、口の中を清潔に保つことも大切です。最低でも、毎朝出かける前と毎晩寝る前には歯を磨きましょう。夜の歯磨きの後にはデンタルフロスを使って、歯に詰まった食べかすを取り除きます。品質の良いマウスウオッシュで口をすすぎ、口臭の原因となる細菌を死滅させましょう。[19]
    • 毎食後に歯を磨くのが理想的です。
    • 輝く笑顔のために、ホワイトニング効果のある歯磨き粉を使いましょう。
    • 少なくとも年に1回は歯科を受診し、歯のクリーニングと虫歯の検査を受けましょう。
  4. 4
    最低でも1日1回シャワーを浴びて体を清潔に保ちましょう。好みに応じて朝でも夜でもかまいませんが、ほとんどの場合は1日に少なくとも1回はシャワーを浴びる必要があります。また、汗をたくさんかいた後にもシャワーを浴びましょう。[20]
    • 髪のタイプや髪質によって異なりますが、少なくとも週に1回は髪を洗いましょう。髪を洗わない日にはドライシャンプーを使って、髪のべたつきを抑えることもできます。
  5. 5
    毎晩8~10時間の睡眠をとって、体を十分に休ませます。毎晩ぐっすり眠るとその間に体が修復し、毎日最高の気分と見た目で過ごせます。毎日同じ時間に起きて同じ時間に眠る習慣をつけましょう。週末でもこのスケジュールを守るようにします。[21]
    • 成人は7~9時間の睡眠で十分ですが、14~17歳の少年少女には8~10時間の睡眠が必要です。
  6. 6
    栄養価の高い食品を多く取り入れた健康的な食生活を心がけましょう。髪と爪の健康および輝く肌のためには、栄養価の高い食事が大切です。新鮮な果物と野菜を積極的に食べましょう。精白粉で作られたパンなどの精製穀物を避け、全粒穀物を食べます。シーフードや脂の少ない肉、卵、豆など、低脂肪のたんぱく質もたっぷりとりましょう。また、乳製品は無脂肪や低脂肪のものを選びましょう。[22]
    • 食事を抜くのはやめましょう。好みやカロリーの必要性、スケジュールなどに応じて、1日3回もしくは少しずつ5~6回に分けて食事をとりましょう。
  7. 7
    体型を維持するために、1日あたり最低60分の運動を目標にしましょう。毎日運動をすると気持ちも見た目もすっきりします。10代の少女には、毎日60分間の適度な運動が理想的です。心拍数が上がるのであれば、どんな運動でもかまいません。[23]
    • たとえば、ウォーキングやジョギング、スポーツ競技、ジムでのトレーニング、サイクリング、ダンスなどを行って、毎日体を動かしましょう。
    広告

関連記事

タトゥーシールをはがす
靴の音鳴りを止める靴の音鳴りを止める
ワンピースのウエストを詰める
眼鏡のレンズについた傷を消す
防犯タグを外す防犯タグを外す
革に付いた油染みを落とす
ジーンズについた血液のシミを落とす
自家製シュガーワックスを作る
声を変える声を変える
皮膚に付いた食品着色料を落とす
縮んだ服を伸ばす
洗濯機で衣類を縮める洗濯機で衣類を縮める
おへそのお手入れおへそのお手入れ
お酒の臭いを消すお酒の臭いを消す
広告

このwikiHow記事について

Stephanie Fajardo
共著者 ::
スタイリスト
この記事の共著者 : Stephanie Fajardo. ステファニー・ファハルドはオレゴン州ポートランド市で活躍するパーソナルスタイリストです。個人コンサルティングや、テレビ番組、写真、映画の撮影現場において17年以上活躍しています。その業績は雑誌エスクァイア、ポートランド・ファッション・ウィークイベントで取り上げられました。 この記事は2,218回アクセスされました。
このページは 2,218 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告