王子様のような、男性さえも羨むほどの整った容姿と素敵な笑顔を兼ね揃えていれば、ハンサムに見えるという訳ではありません。立ち振る舞いや個性も同じくらい大切なのです。結局のところ、振舞い方によって他人からどう見られるかが変わるのです。この記事を読めば、自分をハンサムに見せる方法だけでなく、ハンサムな人としての振舞い方も学ぶことができるでしょう。

パート 1 の 3:
態度や個性を示す

  1. 1
    自信を持つ 骨格でもなければ髪型でもなく、履きやすい靴でもないのです。自信に満ちたオーラを出すこと以上に、人からの見られ方に影響を与えるものはありません。ここで紹介する項目を参考にして自分に自信をつける努力をしましょう。見せかけの自信ではなく、内側から滲み出る自信でなくてはなりません。[1]
  2. 2
    背筋を伸ばして立つ  前かがみの姿勢でいると、背中に支障をきたすだけでなく、自信が無いようにも見えてしまいます。同じ理由から、座る時も背筋を真っ直ぐに伸ばして座りましょう。[2]
  3. 3
    笑顔でいる 笑顔でいると、 幸せそうで自信に満ちており、 社交的な人に見えるでしょう。笑顔でいれば、疲れていたり、何かに絶望しているように見えることはありません。[3]
  4. 4
    人の目を見る 誰かと話す時は、その人の目を見て話すのが礼儀正しいと言えるでしょう。じっと見つめるのではなく、時折相手の顔のパーツに目をやりながら、アイコンタクトを保つようにするとよいでしょう。そうすれば、自分に自信があるように見えます。[4]
    広告

パート 2 の 3:
ファッションセンスを磨く

  1. 1
    自分のスタイルを確立する あなたが着る洋服は、あなたそのものを映し出します。そして、どう着るかによって、人からの見られ方も大きく変わります。自分に似合わない服やあまりにもサイズが合わない服を着ていると、自分の見せ方に何のこだわりも無い人なのだと思われてしまいます。
    • どのようなスタイルの服を着るかは、「どう着るか」ほど重要ではありません。自分が着心地が良いと思うものであれば、トレンド、オルタナティブ、カジュアル、スポーティなど、どんなスタイルでも構いませんが、あなたに合ったスタイルを選びましょう。例えば、あなたが30歳だとして、15歳のような格好をしていると、流行に乗った15歳ではなく、若作りしているだけにしか見えないでしょう。これはどのようなスタイルにも言えることであり、自分自身を的確に表現することができない格好をしていると、無知な人で自分を偽っているのだと思われてしまいます。どちらもハンサムな印象を与えるものではありません。
  2. 2
    お洒落だと思う人に注目する ショッピングモールへ出かけたり、街を散歩している時など、ファッションセンスがあると感じる人に注目してみましょう。まず、その人のどんなところに目が行きますか?
    • 女性はよく靴に注目します。靴は男性が手を抜きやすい部分であり、多くの男性が靴に気を使いません。慎重に靴を選び、履き、素敵な1足を持ち合わせておけば、他人からの見られ方にも良い影響を与えるでしょう。
  3. 3
    パーソナルショッパーを雇う お金はあるけれど、ファッションセンスは全く無いという人は、手始めにパーソナルショッパーを雇ってみると良いかもしれません。パーソナルショッパーはあなたに合うスタイルを見極め、洋服を選び、今後そのような服をどこで買えばよいかというところまで手伝ってくれます。
    • お金が無ければ、お洒落な友達、または、知り合いに1日買い物に付き合ってもらうとよいでしょう。
    • 彼らの言うことに耳を傾けるのは大切ですが、彼らには彼らのスタイルがあり、それが必ずしもあなたに合うスタイルとは限らないということを頭に入れておきましょう。勧められたものに魅力を感じなければ、彼らのアドバイスに従わなくてもよいのです。買い物に付き合ってくれたことを感謝し、あなたのスタイルにより相応しいパーソナルショッパーを見つけましょう。
  4. 4
    特徴的な洋服を着る 何か1つでも特徴的な洋服を持っていると、周りから目立つことができ、あなたのスタイルに注目が集まるでしょう。スティーブ・ジョブズを例にとってみましょう。彼の定番のスタイルは黒いタートルネックに青いジーンズ、そして、ニューバランスのスニーカーでした。
    • 特徴的な指輪やネックレス、時計などのアクセサリーも効果的で役に立ちます。
    • 色付きのサングラスをかけるのもよいでしょう。サングラスをかけるのは外に出る時のみにすべきですが、格好良いアビエーターや色付きサングラスをかけると、顔に注目が集まるでしょう。
    • 香水をつけてみましょう。ありふれた香りの香水は避け、誰もつけていないような香りを見つけましょう。そうすることで、良い会話のネタにもなります。しかし、つけ過ぎには注意しましょう。香りを褒めてもらえるどころか、あなたの後ろでこそこそ話をされてしまうかもしれません。
  5. 5
    ボイストレーニングを受ける 話し方は誰でも知っていることでしょう。しかし、言葉をはっきりと発音し、話すことで、あなたの印象はさらに良くなるはずです。声自体が大きな印象を与えるということを覚えておきましょう。
    広告

パート 3 の 3:
身だしなみを整える

  1. 1
    手と爪を清潔に保つ 手は頻繁に洗いましょう。爪は切って長さを揃え、爪と皮膚の隙間に汚れがないようにしておきましょう。緊張していて神経質な印象を与えるため、爪や甘皮を噛んではいけません。
  2. 2
    髪をとかし、セットする よほどの理由(予想外の事態など)が無い限り、朝起きたままの状態で家を出るのは決してハンサムだとは言えません。髪を定期的に洗い、とかしましょう。時間と意思があるのなら、ペーストやジェル状のスタイリング剤を使ってみるとよいでしょう。その場合、つける量はほどほどにして、使い過ぎには注意しましょう。
  3. 3
    肌の手入れをする 肌の状態が悪い人は、清潔に保つための手入れをしっかりとしていないことが原因だと思われてしまうことがよくあります。特に、運動を行った後は顔をしっかりと洗いましょう。できるだけカミソリ負けをしないようにしましょう。ニキビや吹き出物などができやすい人は、皮膚科医に診察してもらい、良い肌状態を手に入れましょう。
  4. 4
    シャワーを浴びる 毎日シャワーを浴びましょう。爽やかで気持ちの良い1日を始めることができます。清潔な見た目で良い香りのする人は、他人に悪い印象を与えることはないでしょう!
  5. 5
    健康的な食生活を送る 健康的な食生活を送ると、体重管理が楽になったり、虫歯を防ぐこともできます。顔色も良くなり、精神的にも活発になるでしょう。
  6. 6
    良い睡眠をとる 毎晩8時間かそれ以上の睡眠をとることで、驚くほど顔色が良くなり、活気に満ち溢れ、全体的な見た目に効果が表れるでしょう。
  7. 7
    定期的に運動をする スタイルに気を遣うだけではハンサムにはなれません。定期的な運動は外見や自信、精神的活力を高めるだけではありません。運動することによってエンドルフィンが放出され、気分が良くなり、他の人の目にもあなたの姿はさらに魅力的に映るでしょう。
    広告

ポイント

  • 自分らしく振舞いましょう。自分らしくないと感じるスタイルや個性を取り入れる必要はありません。
  • ジャスティン・ビーバーのように頭を振って髪をなびかせるのはやまめましょう。間抜けな人であると思われてしまうことがあります。
  • 人から何と言われようと、自分自身でいることを忘れてはいけません!
  • 外見ばかりを気にするはやめましょう。見た目だけの美学ばかりに力を注いでしまっては、あなたの良さが失われてしまいます。
  • 自分を誇りに思い、前向きでいましょう。自尊心を持つことは大切です。
  • 2014年に行われた研究によると、あなたが感じる気分が外見に影響を与えるということが分かっています。前向きでいれば、女性から(あなたがゲイやバイセクシャルである場合は男性から)より魅力的に思われるでしょう。何か微笑ましいことを想像するなどして、できるだけ笑顔を絶やさずにいましょう。[5]

広告

関連記事

How to

2週間で10キロ痩せる

How to

10日間で5kg痩せる

How to

手術なしで二重を手に入れる

How to

1日のスケジュールに従って行動する

How to

ミントの葉からオイルを抽出する

How to

顔の角質を除去する

How to

自傷跡を隠す

How to

白い肌を手に入れる

How to

アニメ中毒を克服する

How to

土方焼けを目立たなくさせる

How to

自傷行為による傷跡を消す

How to

胸を小さくする

How to

体毛を減らす

How to

1ヶ月で痩せる
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む79人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
カテゴリ: 生活習慣
このページは 763 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告