自分が愛する人から愛してもらえないと、まるでこの世の終わりのような気持ちになるでしょう。あなたが感じている非常に辛い痛みは実在します。拒絶されると、脳の中にある痛みを感知する神経細胞が活性化されるということが科学的に証明されています。[1]自分の感情をコントロールすることはできませんが、失恋の痛みを乗り越えて、前に進むことはできるでしょう。

パート 1 の 4:
心に余裕を持たせる

  1. 1
    その痛みはごく普通だと認識する 自分を愛してくれない相手を愛するのは、辛いことでしょう。「傷心」は実に現実的な身体的感覚といえます。拒絶されることによって感じる痛みは副交感神経を活性化し、心拍数や筋緊張などに影響を与えます。[2]自分を愛してくれない人を愛するのは辛いと感じることは普通の感情です。それを受け入れることで心の中を整理することができるでしょう。
    • 失恋は、薬物依存症から離脱したときと同じ反応を脳内で引き起こします。[3][4]
    • 心理学者は私たちの98%は何らかの報われない恋を経験していると推定しています。苦しみは無くならなくとも、辛い思いをしているのは自分一人ではないのだと分かれば、苦しみに耐えることが少しは容易になるかもしれません。[5]
    • 失恋が原因でうつ病になることもあります。[6] 以下の点に気付いたら、直ちに精神医療の専門家に助けを求めましょう。[7]
      • 食習慣や睡眠習慣に変化が生じた
      • 絶望感や無力感を感じる
      • 普段の気分に変化が起きた
      • マイナス思考になる
      • 自分に危害を加えることを考えてしまう
  2. 2
    悲しみに浸る 嘆き悲しむことは何も悪いことではありません。そのままの状態で時間が止まってしまうのはよくありませんが、そのような感情は閉じ込めてしまうよりも、さらけ出したほうが健康的なのです。[8] 「大した事ではない」、「別に彼女のことなんて好きじゃなかった」などと言って自分の感情を否定したり、最小限に抑えてしまうのは、長期的に見れば状況をさらに悪化させることになるでしょう。[9]
    • 悲しみを整理する時間を設けるとよいでしょう。そうすることで悲しみと向き合い、癒しに変えるためのスペースが心の中にできるでしょう。例えば、この人は自分のことを愛してはくれないと気づいたら(もしくは言われたら)、たとえ仕事の休憩時間に15分間散歩するだけでもよいので、どこかで一人になる時間を作るとよいでしょう。
    • しかし、絶望感に浸るのは避けましょう。何週間も家から出ていなかったり、シャワーに入っていなかったり、本来なら捨てるべきであるボロボロのトレーナーを着て日々を過ごしているとしたら、度を越えてしまっているといえるでしょう。落ち込むのは自然なことですが、前に進むことに集中しなければ、延々と失恋相手のことを考えて忘れられない日々が続くでしょう。
  3. 3
    相手の気持ちはコントロールできないのだと知る 相手からは自分が愛するのと同じように愛してもらえないということが分かると、「好きにならせてやる!」と思うかもしれません。このように感じることは普通であると同時に、間違いであり、何の役にも立ちません。人生であなたが唯一コントロールできるのは、自分の行動と反応です。相手を説得したり、相手と話し合いをしたり、相手に嫌がらせをしたところで相手が持ちもしない感情を無理に感じさせることなどできないのです。[10][11][12]
    • 自分の感情でさえ常にコントロールすることは不可能であることを知っておきましょう。そのような感情への反応をコントロールできるよう努めることは可能です。
  4. 4
    相手と距離を置く 悲しみに浸り、前に進むために心に余裕を持たせるためには、相手と距離を置かなくてはなりません。完全に心の中から消す必要はありませんが、彼 / 彼女から一旦離れる必要があることは確かでしょう。[13]
    • 不親切にしたり、残酷になる必要はありません。ただ自分の気持ちを整理したいのだと相手に伝えましょう。もしも相手があなたのことを心から気にかけてくれるのなら、たとえそれが辛いことであろうと、あなたの言うことを聞いてくれるでしょう。
    • 忘れようとしている人が、精神面でかなり支えてくれるような人であったのなら、代わりの相手を見つけましょう。避けるべき相手に話をしたくなった時は、友達に話し相手になってくれるか聞いてみましょう。
    • SNSの友達リストから相手を削除するか、少なくとも相手の投稿は隠すようにしましょう。誘惑に負けて再び接触してしまわないよう、電話からも相手を削除しましょう。相手のことや、相手が何をしているのかを四六時中考えるのはよくありません。距離を置くのが余計に大変になってしまいます。
  5. 5
    自分の感情を吐き出す 自分の感情を押し殺して爆発するまで待つのではなく、感情を露わにしたほうが辛い経験を受け入れやすくなるでしょう。[14] 誰かを失った時や落ち込んでいる時、少なくとも初めのうちはそれに対処するのが難しいと感じることは自然です。このような感情を持っている自分を馬鹿にしたり、そのうち無くなる感情だと思って無視してはいけません。オープンに、正直に感情を吐き出しましょう。[15]
    • 泣きたければ泣きましょう。泣くことは、不安や怒りだけでなく、ストレスでさえも軽減することができるため、良い治療法といわれています。ティッシュを箱ごと用意して泣きたいだけ泣くとよいでしょう。[16]
    • 怒鳴る、叫ぶ、物に当たる、物を壊すなど、乱暴な行為はしないようにしましょう。最初は「スカッとする」かもしれませんが、ある研究によると、怒りを吐き出すために暴力的行為を利用することは、たとえ無生物に対してであっても、怒りの感情が大きくなるだけであるということが分かっています。[17]自分の感情と向き合い、怒りの原因を分析するほうがより健全であり、役に立つでしょう。[18]
    • 音楽や芸術、趣味なども気晴らしにはよいでしょう。しかし、デス・メタルなどの悲しみや怒りを引き起こすようなものは避けたほうがよいでしょう。さらに落ち込んでしまうかもしれません。[19]
  6. 6
    その相手と一緒にいないほうがかえって良いのだと知る その相手がどれほど素晴らしい人であるかは関係ありません。彼 / 彼女があなたのことを愛してくれないのなら、あなたはその相手と幸せになることはできないのです。彼 / 彼女を愛するのに物凄いエネルギーを費やしたのであれば特に、その相手を美化するのは簡単なことでしょう。残酷になったり批判的にならずに、現実を見るよう努力すれば、痛ましい失恋から距離を置くことができるでしょう。[20]
    • 「もしもあの人と付き合い続けていたら、こんな問題が生じていたかもしれない」などと考えるのも良い方法かもしれません。[21]
    • 例えば、相手が社会に対してかなり不安を抱いているがために、あなたが恋愛で必要としているものを与えてくれない可能性があります。
    • ある研究では、相手のマイナス面を受け入れることで、失恋をより早く乗り越えることができるとさえいわれています。[22]
    • だからといって相手の悪口を言って自分のうっ憤を晴らすようなことはしてはいけません。そのようなことをしていては、傷が癒えるどころか余計に辛くなり、怒りも増してしまいます。
    • 信じ難いかもしれませんが、拒絶されると一時的にIQが低くなります。理性的に自分の感情について考えることが難しいときは、「普通」に戻るには少し時間がかかるという事実を受け入れましょう。[23]
  7. 7
    責め合うことはしない あなたが相手に恋に落ちることをコントロールすることができないのと同じで、彼 / 彼女もあなたを愛せないという感情をコントロールできるわけではないのです。自分のことを恋愛対象として見てくれないからといって、彼 / 彼女のことを責めたり、悪者扱いするのは、相手にとって公平ではありません。このように恨みを露わにしていては、あなたの傷は癒えることはないでしょう。[24]
    • 相手に怒りの感情を持っても、その相手を責めることはしてはいけません。自分の友達にも、あなたのことを愛してくれなかった相手を責めるようなことをさせてはいけません。あなたの友達も、相手のことを悪者扱いしようとするかもしれませんが、もしそうなった場合は、サポートには感謝しつつ、「彼 / 彼女のことを責めても仕方ないよ。今は自分が早く失恋を乗り越えることに集中したい。」と言いましょう。
  8. 8
    思い出の品は捨てる 相手との思い出が詰まったものを捨てるのは辛いかもしれませんが、心の傷を癒すには必要な工程なのです。いつまでも思い出の品を持っていると、前に進むのが余計大変になります。あなたが望んでいるのはそんなことではないはずです!
    • それぞれの物に詰まった思い出に浸りながら整理していきましょう。そしてその後はその思い出を風船の中に閉じ込めることを想像してください。思い出の品を処分するときは、その風船が空へ飛んでいき、もう二度と見ることはないのだと考えるとよいでしょう。
    • まだ状態の良い物があるのであれば、リサイクルショップやホームレス施設に寄付することを考慮に入れてみるとよいでしょう。ヨレヨレになったトレーナー、くまのぬいぐるみ、CDが新しい持ち主のもとへ届き、新しい思い出が作られていくことを想像し、それをあなたが今経験している変化の象徴とするとよいでしょう。
    広告

パート 2 の 4:
短期間で忘れる方法

  1. 1
    酔って相手に電話やメールをしないようにする 特に初めのうちは、相手にどうしても連絡したくなってしまうかもしれません。[25] しらふの時はこの衝動を抑えることができるかもしれませんが、誰もがご存知の通り、アルコールは判断力を鈍らせます。[26] 酔った勢いで相手のことを非難したり、あたながどれだけ傷ついているかを言ったところで、恥ずかしい思いをするのは自分ですし、相手にとっても心地悪いものでしょう。その相手と後に友好関係を築けるかもしれないチャンスも逃してしまうことになるかもしれません。後から後悔しそうなことをしてしまいそうになったら、友達に相談するとよいでしょう。
    • 友達(運転者が好ましい)に電話を預け、あなたがどんなにお願いしようと、決して電話をあなたには渡さないよう頼んでおきましょう。
    • 電話から相手を削除しましょう。そうすれば、電話やメールをしてしまう心配もありません。
  2. 2
    気を紛らわす 何も考えないようにするのは無理かもしれませんが、行き詰ってしまった時は考えを別の方向へ持っていきましょう。思い出が頭をよぎったら、他のことを考えたり、他のことをして気を紛らわしましょう。[27]
    • 友達に電話してみましょう。夢中になれそうな本を読んだり、面白い映画を見るのもよいでしょう。ものづくりや庭仕事をしたり、数学の問題を解くのもよいでしょう。少しの間でも相手のことを考えなくて済むように、何か没頭できるものを見つけましょう。相手のことを考えないようにする癖をつければつけるほど、相手を忘れるのが容易になるでしょう。
    • 10-15分程度の時間を相手のことを考える時間として設けておくとよいでしょう。相手のことを考えてしまいそうになったら、「今はだめ。あなたのことは後で考えるから。」と心の中で言いましょう。「予約していた時間」がきたら、相手のことを考えてもよいでしょう。しかしその時間が終了したら他のことを考えたり、他の行動をするようにしましょう。
  3. 3
    失恋で傷つくのは自分だけではないことを知る 失恋した後は、辛い思いをしているのは自分だけだと思うかもしれませんが、あなたの気持ちには応えられない・応えない相手も恐らく辛い思いをしているということが研究から分かっています。人を傷つけるのが辛くないなんて人はそう多くはいません。[28]
    • 相手もあなたが望んだものを与えてあげることができず、申し訳なく感じているということを理解すれば、あなたも少し違ったものの見方ができるかもしれません。あなたのことを愛さないからといって、その相手があなたを嫌ったり、傷つけたいと思う意地悪な人間だというわけではないのです。
  4. 4
    自分の良いところをリストにする 失恋すると、自分の内面の駄目な部分を責めてしまうことがありますが、その相手に愛してもらえなかったからといって、自分は誰からも愛されないのだと決めつけるのはよくありません。自分は愛される価値のある人間なのだと自分に言い聞かせることで、後に失恋した時にもより早く立ち直れるのだと、ある研究は述べています。[29]
    • 自分の良いところを思いつくままに書き出してみましょう。なかなか思いつかないようであれば、友達に聞いてみるとよいでしょう。
    • 自分の良いところは大切にしましょう。「今はまだ強くはないけれど、私はローラースケートが凄く上手いし、それは自分の好きなところ。」などと自分に言い聞かせるとよいでしょう。[30]
    広告

パート 3 の 4:
立ち直り始める

  1. 1
    思い出に引きずられないようにする 常に相手のことを思い出していては、失恋の傷から癒えるのは難しいでしょう。一緒に過ごした時間や、相手を思い出させるような曲や場所を探したりするのはやめましょう。[31]
    • フェイスブックに投稿される相手の写真や、彼 / 彼女と過ごした楽しい時間を連想させる歌、そして匂い(例えば、過去に彼 / 彼女と一緒にアップルパイのコンテストに出たからという理由で)でさえも相手のことを思い出す引き金となります。
    • そのような思い出が不意に頭をよぎりそうになったら(恐らくよぎることでしょう)、その瞬間は受け止めて、すぐに気持ちを切り替えることです。こういった思い出を引きずるのはよくありません。例えば、思い出の曲がラジオでかかったら、ラジオを消すか、チャンネルを変えましょう。悲しみと後悔を認め、何かポジティヴなことや中立的なことに目を向けるようにするとよいでしょう。(今日の夕飯に何を食べるかを考えたり、もうすぐ行く予定の旅行について考えるなど)
    • この感情をずっと避け続けなければならないというわけではありません。できるだけ早く傷を癒したいのに、相手のことを考えてばかりではその過程は難しくなる一方でしょう。一度乗り越えてしまえば、相手のことを思い出したとしても、前ほど辛い気持ちになることはないでしょう。
  2. 2
    誰かに話を聞いてもらう 傷を癒すには、誰かに感情を打ち明けてすっきりしましょう。そのような感情は、いつまでも引きずっているとなかなか手放すことが困難になっていくでしょう。自分が感じている気持ちを打ち明けられる相手を見つけましょう。[32]
    • 話す相手は信用できる人を選びましょう。あなたの傷が癒えるまでゆっくりと時間をかけてくれる友達や、イライラしているときに電話をかけさせてくれる家族などでもよいでしょう。特に、大変な困難や他の問題を抱えながら相手と長い時間を共にしてきた場合には、セラピストに相談したほうがよいかもしれません。[33]
    • 誰にも話せない、話したくないと感じるのなら、日記を書くのもよいでしょう。これらの感情を日記に書くことの良いところは、失恋の傷が癒えるまでの過程を記録することで、失恋を乗り越えるのは可能であるということを証明できるところです。
    • 同じような経験をした人と話すとよいでしょう。彼らの経験や、その辛い思いをどのように乗り越えたのか、聞いてみましょう。
    • 同じ経験をした人は、あなたの気持ちをよく理解してくれるはずです。他の人より説明することが少なくて済みますし、他の人よりもあなたのことを理解してくれるでしょう。
    • 誰もが理解してくれると思わないほうがよいでしょう。似たような経験をしたことがない人にとっては、あなたに共感するのは難しいかもしれません。
    • 精神性を高めましょう。精神性が高まれば、自分の強い武器にもなりますし、困難な状況に陥っても早い回復が見込めるでしょう。[34]
  3. 3
    周囲のサポート体制を強化しておく どんな種類の拒絶であろうと言えることですが、特に恋愛において拒絶されることから生じる影響は、周囲から孤立してしまうことです。この相手とは理想の関係が望めなくとも、自分の人生で関わる人々と絆を深めることはできます。[35]
    • 自分が好きな人と関わることで、体の回復が早まるということがある研究により分かっています。精神的苦痛は身体にも影響を及ぼすことが多いので、自分が好きな人たちと楽しい時間を過ごすことにより、失恋から立ち直りやすくなります。
    • 楽しむことは、脳内でも良い働きをすることから、特に重要であるといわれています。楽しい時間を過ごせば怒りの感情が抑えられ、前向きな気持ちになります。[36]人は笑うと体内の気分を高めるエンドルフィンという物質を分泌することから、笑うことが最良の治療といわれています。痛みに耐える能力を高める働きさえもするのです。[37] 面白い映画を見に行ったり、酔っぱらってカラオケをしたり、大きなトランポリンで跳ねたりするなど、笑って楽しみ、傷を癒しましょう。
  4. 4
    立ち直るために不必要なことは考えない 同じようなことばかり考える癖がついてしまうと、立ち直るのに時間がかかり、前に進むのがさらに困難になります。[38][39]
    • 彼 / 彼女は完璧ではなく、その相手がいなくても自分は生きていけるのだということを忘れないでください。他の相手を愛することだってできるのです。
    • 人は変わることができ、状況は変えられるのだと自分に言い聞かせましょう。今感じている感情をこの先もずっと感じ続けるわけではありません。自分の気持ちを切り替えようと努力しているのなら、尚更です。
    • このような感情を抱く自分を情けないと思ったり、自分のことを責めたりする必要はありません。誰にでも起こりえることです。あなたはそれを乗り越えようとして頑張っているのですから、自分を褒めてあげるべきでしょう。
  5. 5
    この経験を教訓とする 傷つきたい人などいません。しかし、この失恋のおかげで自分は学び、成長するための良い経験になったと捉えることができれば、人生の悲しい思い出として終わることはないでしょう。この失恋を自分を成長させるためのモチベーションとして利用するとよいでしょう。[40]
    • 自分の経験において、高く評価できる部分を見つけてみましょう。確かに、あなたは心を捧げたのに相手はそれに応えてはくれませんでした。しかし、あなたは自分の弱さを認められるくらい強くて勇敢だったということです。自分の弱さを認められなければ、人と深く関わったり、喜びや愛といった深い感情を経験することはできないでしょう。[41]
    • 好きになる人がいつも同じような人になっていないか、一度考えてみましょう。子供の時に両親の愛情不足で育った人に特に多いのですが、相手のことを拒絶する傾向のある人を好きになりがちな人もいます。[42] 一度でも、あなたの愛に応えてくれなかった人を好きになったことがあるのなら、過去に両親との間に生じた問題と似たようなことを繰り返す人を無意識のうちに選んでいるということも考えられます。これに関してはセラピストに相談してみるとよいでしょう。
    • このような経験を通して、自立心や精神力などを鍛えているのだと考えるとよいでしょう。失恋によりこのようなスキルを磨くのは楽しいことではありませんが、悲しみに浸るよりも経験から学ぶことに集中したほうが、強い自分に生まれ変わることができるでしょう。[43] 自分の感情や欲求にもより深い理解を示すことができるようになります。[44]
  6. 6
    習慣を変える ある研究によると、休暇を取ったり、仕事への行き方を変えたりするだけでも、何か新しいことをすることは古い習慣を手放すのに最も良い方法の一つであるといわれています。[45]
    • 何か大きなことはできなくてもよいのです。町の新しい場所を訪れる、土曜の夜に新しい場所に行く、部屋の模様替えをする、新しいバンドに夢中になる、料理やロッククライミングなどの新しい趣味を見つけるなど、小さなことでよいので毎日に変化をもたらしましょう。
    • 本当にやりたいと思うこと以外は、あまり過激なことをするのは避けたほうがよいでしょう。こういう時に、丸坊主にしたり、タトゥーを入れる人が多いのですが、そういったことは傷が癒えるまで待ってから考えるとよいでしょう。
  7. 7
    自分を見つける 誰かに夢中になるあまり、自分自身でいることがどのような感覚であったか忘れてしまったという人もいるかもしれません。失恋から立ち直ることは、相手に対する感情を整理するだけでなく、本当の自分を見つける良い機会にもなるのです。[46]
    • 自分を成長させるために努力しましょう。相手に気に入ってもらえなかったところがあるからといって、その部分を変える必要はありません。[47] しかし、自分で「こんな風になりたい」と思っている点があるのなら、行動に移すとよいでしょう。新しく語学を学んだり、ジムに通い始めたり、フラメンコ・ギターを習うのもよいでしょう。
    • 自分をユニークな人間に見せる部分に磨きをかけましょう。相手のことに夢中になっている間に、あなたの大切な局面は衰えてしまったことでしょう。失恋に直面していたころには時間を共にできなかったものや人と関わりを持つとよいでしょう。
    • この失恋を個人的に受け取るのはやめましょう。自分が可愛くなかったから、頭が良くなかったから、体を鍛えていなかったから、などといった理由で相手に振られてしまったのではないかと考えるのは簡単です。このような誤った考え方を避ければ、精神的ダメージは少なくなるでしょう。相手に好きになってもらうために自分を「変える」ことをせずに済みます。あなたに問題があるわけではないということを覚えておきましょう。[48]
  8. 8
    安全地帯から抜け出す 新しいことに挑戦すると、普段の習慣から抜け出すことができ、忘れようとしている相手と関わりを持つことがなくなります。新しいことに挑戦し始めたら忙しすぎて、自分を愛してくれなかった人に構っている余裕などなくなるでしょう。[49]
    • 安全地帯から抜け出すことには他のメリットも存在します。心地良い環境の中にいると、何か新しいことをしようというモチベーションが下がってしまうのです。物事は多少不確実なほうが、人生で変えるべき部分に変化をもたらしやすくなります。[50]
    • 居心地の良い環境から抜け出すことで、予期せぬことが起こったときに対処しやすくなります。(ある程度調節された)リスクを冒し、自分にチャレンジすることで、自分の弱いところも人生の一部として受け入れることができ、次に何か予期せぬことが起きた時に受ける精神的ダメージはより低くなるはずです。[51]
    • 振られたことを自分のせいにしてしまうと、あなたは今後一切、何もする気が起きなくなってしまうかもしれません。小さなことでも良いので、リスクを負うことで怖さに怯えて自分の殻に閉じこもるようなことはなくなるでしょう。[52]
    広告

パート 4 の 4:
前に進む

  1. 1
    前に進む準備を整える 失恋してから回復するまで、決められた時間が設けられているわけではありません。人それぞれペースが違いますが、自分を愛してくれなかった相手を忘れて前に進む準備が整ったかを知るサインがあります。[53]
    • 他の人たちに目が行くようになります。悲しみに浸っているときは、自分のことでいっぱいいっぱいになりがちですが、他の人たちが何をしているか気になりだしたら、失恋から立ち直りつつあるということでしょう。
    • 電話がかかってくる度に(知らない番号からの時は特に)、もしかしたらあの相手からかもしれないと思うことがなくなります。
    • 歌と自分の体験を照らし合わせるのをやめたり、失恋映画を見るのをやめるようになります。愛や辛い愛に関すること以外のものにも関心を寄せるようになるでしょう。
    • 実は彼 / 彼女も自分のことを愛している、などという妄想が突然頭をよぎることがなくなります。
  2. 2
    逆戻りは避ける 前に進む準備ができたと思っても、気を付けていないと元の状態に戻ってしまうことがあります。完全に完治していない傷口から包帯を取ってしまうのと同じで、順調に回復してきてはいても、激しい運動にはまだ向いていないのです。
    • もう絶対に大丈夫だと思えるまでは、相手との接触を避けましょう。
    • 元の状態に戻ってしまっていると感じても、焦る必要はありません!相手を忘れるためにたくさん努力してきたのですから、その努力は報われます。挫折することはよくありますが、すぐに諦めてしまうようでは、長期的に見てかなり大変になるでしょう。
  3. 3
    新しい出会いを探す 新しい人に出会って仲良くなり、人に興味を持ってもらえる喜びを味わいましょう。自信を強く持つことが大切です。興味深い人に出会えば、自分が追いかけていた人よりも何かしらの面で勝るところが目に付くはずです。より魅力的な容姿、より面白い、より頭が良い、より謙虚である、など色々とありますが、それらをメモしておけば、広い視野で物事を見ることができるようになるでしょう。
    • 必ずしも新しい出会いを求めているように振舞わなければいけないわけではありません。新しい出会いを嬉しそうに受け入れるだけでも、周囲にはあなたは新しい出会いを探しているのだということが伝わるでしょう。
    • 別れたばかりの状態で次の恋愛を始める際には注意が必要です。たとえ医者に勧められたとしても、あなた自身の心の準備ができていなくてはなりません。自分にも、新しい相手にも、この関係は前の相手を忘れるための付き合いであることをはっきりとさせておいたほうがよいでしょう。あなたが前の相手を忘れられないほど好きだったのと同じくらい、新しい相手をあなたに夢中にさせてしまわないよう気を付けましょう。[54]
  4. 4
    自分を励ます 好きな相手のことを忘れるのは簡単なことではありません!相手を忘れるために行うひとつひとつの行動を誇りに思うべきです。この相手があなたのことを愛してくれなかったからといって、他にあなたのことを愛してくれる人が一生現れないというわけではないことも覚えておきましょう。
    広告

ポイント

  • 自分が相手に接するように自分にも接してくれる人が相応しい相手であることを理解しましょう。
  • 愛とは相互関係によって成り立つものであるということを覚えておきましょう。さもないと、人生の貴重な時間を一生起こりもしないことのために無駄にすることになってしまいます!
  • 誰か新しい相手を見つけに行く前に、まずは自分を愛することから始めましょう。
  • 新しいスタートを切りましょう。
  • 小さな目標を決め、順に達成していきましょう。そうすれば、新しい人と関わるようになり、自分も成功することができるのだと気付くでしょう。
  • 相手と話し、彼 / 彼女のあなたに対する気持ちを聞いてみましょう。しかし、その相手に自分に恋に落ちるよう強いるのはいけません。
  • 自分の人生で起きていることに向き合うと同時に、自分を愛してあげましょう。体の調子が良く、見た目も素敵だと、新しい出会いはすぐに現れるでしょう。

広告

注意事項

  • 愛のない関係で手を打つのはやめましょう。時間が経てば、自分のことを愛してくれるようになると思うかもしれませんが、実際、その確率はかなり低いでしょう。あなたも相手も幸せにはなれないのなら、それは二人にとって良い関係とはいえないでしょう。
広告

関連記事

How to

すぐに涙を出す

How to

恋人からの信頼を取り戻す

How to

ソシオパスかどうかを見抜く

How to

復讐する

How to

他者に依存しない

How to

泣いている人を慰める

How to

キスが上手になる

How to

相手が自分を本当に好きかを知る

How to

女性をその気にさせる

How to

男性からの好意に気付く

How to

友達がゲイかどうか見分ける

How to

相手に嫌われていないかを判断する

How to

敬意を持って人に接する

How to

落ち込んでいる友達を励ます
広告
  1. http://psychcentral.com/blog/archives/2015/06/17/what-to-do-when-someone-doesnt-like-you/
  2. https://www.psychologytoday.com/blog/getting-back-out-there/201506/when-the-person-you-love-doesnt-love-you
  3. https://www.psychologytoday.com/blog/the-pleasures-sex/200911/unrequited-love-and-lust-when-the-one-you-want-doesn-t-want-you-back
  4. http://io9.com/5983273/how-to-fall-out-of-love-with-somebody
  5. https://www.psychologytoday.com/blog/fighting-fear/201308/how-cope-rejection
  6. http://www.mayoclinic.org/healthy-living/end-of-life/in-depth/grief/art-20047261?pg=2
  7. http://psychcentral.com/blog/archives/2009/06/06/7-good-reasons-to-cry-your-eyes-out/
  8. http://www.psychologicalscience.org/media/myths/myth_30.cfm
  9. http://www.prevention.com/mind-body/emotional-health/healthiest-ways-express-anger
  10. http://www.apa.org/helpcenter/recognize-anger.aspx
  11. https://www.psychologytoday.com/blog/getting-back-out-there/201506/when-the-person-you-love-doesnt-love-you
  12. http://io9.com/5983273/how-to-fall-out-of-love-with-somebody
  13. http://chronicle.com/blogs/percolator/the-importance-of-hating-your-ex/23900
  14. https://www.psychologytoday.com/blog/the-squeaky-wheel/201307/10-surprising-facts-about-rejection
  15. https://www.psychologytoday.com/blog/the-couch/201502/6-ways-get-past-the-pain-unrequited-love
  16. https://www.psychologytoday.com/blog/getting-back-out-there/201506/when-the-person-you-love-doesnt-love-you
  17. http://www.cdc.gov/alcohol/faqs.htm
  18. http://io9.com/5983273/how-to-fall-out-of-love-with-somebody
  19. http://www.nytimes.com/1993/02/09/science/pain-of-unrequited-love-afflicts-the-rejecter-too.html
  20. http://www.huffingtonpost.com/2014/03/13/rejection-coping-methods-research_n_4919538.html
  21. https://www.psychologytoday.com/blog/valley-girl-brain/201209/7-phrases-will-help-you-get-over-breakup
  22. https://www.psychologytoday.com/blog/intense-emotions-and-strong-feelings/201203/emotional-memories-when-people-and-events-remain
  23. http://psychcentral.com/blog/archives/2015/06/17/what-to-do-when-someone-doesnt-like-you/
  24. http://www.helpguide.org/articles/family-divorce/coping-with-a-breakup-or-divorce.htm
  25. http://www.oprah.com/inspiration/Dr-Phil-How-to-Get-Over-Rejection
  26. http://www.apa.org/monitor/2012/04/rejection.aspx
  27. https://www.psychologytoday.com/blog/the-squeaky-wheel/201307/10-surprising-facts-about-rejection
  28. http://www.nytimes.com/2011/09/14/science/14laughter.html?_r=0
  29. http://www.helpguide.org/articles/family-divorce/coping-with-a-breakup-or-divorce.htm
  30. http://carriespaulding.com/6-toxic-breakup-thoughts-to-call-bullsht-on/
  31. http://www.scientificamerican.com/article/how-does-the-brain-react-to-a-romantic-breakup/
  32. https://www.ted.com/talks/brene_brown_on_vulnerability/transcript?language=en
  33. https://www.psychologytoday.com/blog/the-couch/201502/6-ways-get-past-the-pain-unrequited-love
  34. http://tinybuddha.com/blog/dealing-with-a-break-up-and-learning-from-the-experience/
  35. http://www.uwosh.edu/couns_center/self-help/relationships/coping-with-a-break-up
  36. NPR on breaking habits
  37. https://www.psychologytoday.com/blog/communication-success/201301/the-break-cure-7-ways-heal-find-happiness-again
  38. https://www.psychologytoday.com/blog/getting-back-out-there/201506/when-the-person-you-love-doesnt-love-you
  39. http://psychcentral.com/blog/archives/2013/02/19/7-tips-to-avoid-personalizing-rejection/
  40. http://psychclassics.yorku.ca/Yerkes/Law/
  41. http://www.psychologytoday.com/blog/confessions-techie/201101/comfort-kills
  42. http://www.nytimes.com/2011/02/12/your-money/12shortcuts.html?pagewanted=all&_r=1
  43. http://psychcentral.com/blog/archives/2013/02/19/7-tips-to-avoid-personalizing-rejection/
  44. http://www.cosmopolitan.com/sex-love/advice/a2182/Signs-You-Are-Finally-Over-Him/
  45. https://www.psychologytoday.com/blog/fixing-families/201411/the-appeal-and-the-risks-rebound-relationships

このwikiHow記事について

Trudi Griffin, LPC, MS
共著者
認定カウンセラー
この記事の共著者 Trudi Griffin, LPC, MS. トゥルーディ・グリフィンはウィスコンシン州に住む認定カウンセラーで、依存症と精神衛生を専門としています。個人治療や地域医療の場で、依存症、精神病、心的外傷に苦しむ患者のカウンセリングにあたっています。2011年にマーケット大学にて臨床精神衛生カウンセリングの修士号を取得。 この記事は6,640回アクセスされました。
カテゴリ: 人間関係 |
このページは 6,640 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告