自分を無視する友達に立ち向かう方法

共同執筆者 Paul Chernyak, LPC

この記事には:状況を理解する友達と向き合う18 出典

友達がある日突然話してくれなくなり、自分の存在を否定されるような態度を取られることもあるでしょう。自分など存在しないも同然であるかのように感じさせられるため、無視されることは拒絶されるよりも辛いかもしれません。[1]友達から無視されることに上手く対処する方法を紹介します。

パート 1
状況を理解する

  1. 1
    最近の自分の気分や感情についてよく考える 自分の中で何が起きているのか、今自分はどんな気持ちでいるのか、理解しましょう。[2] 本当に友達に無視されているのか、それとも、無視されていると「思い込んでいる」だけなのかを見極めることが大切です。実は友達は関係なく、あなた自身が最近感じている感情が原因で、無視されていると感じている場合もあります。
    • 引っ越した、転校した、誰かと別れた、身内が病気になってしまったなど、自分の生活で大きな変化は無かったか、ストレスが溜まるような出来事は無かったか考えてみましょう。何かに対してストレスを感じていると、それが原因で他の事にも影響が及ぶことがあります。例えば、最近学校が変わったとしましょう。新しい学校には知っている人がいませんし、前の学校の友達と会うことは無くなり、テキストメッセージで連絡は取り合っているものの、自分だけ孤立していると感じることもあるかもしれません。孤立していると感じることで、自分の人生で起きている他の事にも影響を及ぼす可能性があります。
    • あなたが心の奥底で感じているのは「無視されている」という気持ちであることを確かにしましょう。言い換えると、無視されていると感じることが問題の根っこの部分であり、何か他の問題の兆候ではないことを明確にしましょう。
    • 自分自身と繋がり、自分の感情をうまく理解するには 、運動をしたり、日記をつけたり、友達や家族など信頼できる人に話すなどするとよいでしょう。今いる場所から動いて何か他の事をするのが最も重要です。状況や場所を変えることで、精神面で気持ちを切り替えることができ、あなたがずっと必要としていた活力も湧いてくることでしょう。[3]
  2. 2
    友達との関係を見極める あなたの友達も自分の生活の中で何かに直面していて、自分の友好関係に影響を及ぼしてしまっている可能性があります。ですから、あなたのことを意図的に無視している訳ではなく、自分が抱える問題で一杯一杯になっており、あなたにまで気を配っている余裕が無いのかもしれません。
    • 友達との付き合いが以前と最近とでどのくらい変化したか比べてみましょう。劇的に変化しましたか?また、その友達のあなたとの付き合いと、他の友達との付き合いとではどのくらい違うかも比べてみましょう。他の人とは頻繁に会っているのに、あなたとは会う予定を立てることもなければ、話しかけてもくれませんか?
    • 最近、その友達に生活に支障をきたすような出来事(両親の離婚、身内の死、うつ病など)は起こりませんでしたか?そのような事に直面している場合、友達との関係にも影響が出る可能性があります。
    • 今までの関係を思い出し、友達との間で張り詰めた雰囲気になったことがあったか考えてみましょう。あなたが言った事やした事が原因で、友達は不快な思いをしたり、傷ついてしまったということはありませんか?友達のいないところで言うべきでなかった事を言ってしまいませんでしたか?無神経な冗談やコメントを言ったりしませんでしたか?あなたに嫌な思いをさせられたり、傷つけられたため、あなたとは少しの間距離を置こうとしているということも考えられます。
  3. 3
    他人の行動をコントロールすることはできない 人は、自分自身の行動しかコントロールすることはできないのです。[4]誰かにあなたと付き合ったり、あなたに話しかけるよう強いることはできませんが、友達との状況に自分はどういった行動を取るか、どう反応するかをコントロールすることは可能です。[5]
    • 孤立した存在の人などおらず、幸せで健康であるためには、誰でも周囲からの助けや友情が必要になるのです。しかし、自尊心を確認するために他人に頼ってしまう人が多すぎるのです。他人に頼るのではなく、自分の行いを評価したうえで、自尊心が内側から滲み出てくるようになるとよいでしょう。結局のところ、大切なのは、自分がした事についてどう感じるかということです。自分自身と向かい合って生きていくのはあなたなのですから。[6]

パート 2
友達と向き合う

  1. 1
    友達と会う約束をする [7]友達と向き合うには、前もって計画を立てておくことが重要です。友達に連絡を取り、カフェや教室など、周りに人がいない静かで安全な場所で会って話ができないか聞いてみましょう。向き合う相手にとって中立的である場所で会うようにし、あなたの家などに誘うのはやめましょう。[8]
    • どのように話を切り出し、何を聞き、話すのか前もって考えておきましょう。相手の反応も予想しておきましょう。自分の友達のことは理解しているでしょうから、友達がどのような反応を見せるかは大体予想がつくのではないでしょうか。精神面で、そして感情面でも準備を整えておくことが必要です。相手がどのような反応をするか、いちいち気にしてはいけません。[9]
  2. 2
    質問をし、話を聞く 友達にも状況を説明する時間を与えましょう。まずはあなたが友達の言い分を理解し、その後であなたの言いたい事を理解してもらいましょう。何か言う時は具体的に説明し、相手の取ったどのような行動について話し合いたいのか、具体例を挙げて話しましょう。例えば、「金曜日にみんなで出かけたみたいだけど、私にもメッセージしてくれるって言ってたよね?どうして連絡してくれなかったの?」などと聞いてみるとよいでしょう。
    • 相手が何かを説明する時は、積極的に話を聞きましょう。[10]しっかりとアイコンタクトを取り、相手の方に体を向け、腕や足は組まずに開いておいたほうがよいでしょう。
    • 友達の返事に驚くかもしれません。そしてその返事を聞いたあなたはストレスから解放されるかもしれません!例えば、あなたの友達はただ単にメッセージし忘れただけで、意図的にあなたのことを傷つけようとしたり、意地悪しようとしたりした訳ではないという事実が明らかになるかもしれません。または、仕事に遅くまで残らされていたため、連絡するには遅すぎると思ったのかもしれません。
    • 友達の返事があまり受け入れやすいものでない場合もあります。例えば、自分が直面している辛い事について話すかもしれません。または、最悪の場合、何の言い訳もせず、意図的にあなたのことを無視しているという返事が返ってくる可能性もあります。その場合、聞くに堪えないかもしれませんが、長い目で見れば、友達と向き合って真実を聞くことができて良かったと思えるでしょう。
  3. 3
    あなたの立場から見た状況を説明する 事実は事実であると主張し、自分の立場から見て感じた状況を説明しましょう。[11]この状況をあなたはどう感じているのか、友達の行動をどう解釈したのか、友達に分かってもらいましょう。単刀直入に話し、お互いに責め合うことを避けるため、「私は」という言葉で文を始めるとよいでしょう。「私は〇〇だと感じる」「私は〇〇に怒っている」「私は〇〇に悩んでいる」などという表現を使いましょう。[12]
    • 例えば、「金曜の夜、メッセージが来なかったから、私に来てほしくなくて、わざと仲間外れにしてたのかと思った」などと言ってみましょう。
    • 自分の気持ちに素直になりましょう。しかし、問題を解決するために相手に強く当たる必要はないということを頭に入れておきましょう。相手ではなく、問題に焦点を当てましょう。[13]
    • 平静を保ち、理性を失わないようにしましょう。怒りを感じたり、イライラしたり、はっきりと物事を考えられないと感じたら、一旦その場を離れ、しばらくしてから再び話し合いに戻るとよいでしょう。カッとなって後で後悔するようなことは言いたくないはずです。また、友達が怒り始めたり、攻撃的になり始めたら、状況が悪化する前にその場を去ったほうがよいでしょう。
  4. 4
    自分が悪いなら謝る あなたが誰かを傷つけたことが原因で無視されているのであれば、あなたが話す番になったら、心を込めて謝罪をしましょう。何に対して謝っているのかを具体的に説明し、あなたの行動を「どう解釈された」かを述べて謝罪するのではなく、自分が取ってしまった行動について素直に謝りましょう。
    • 例えば、友達のしている仕事を馬鹿にして、自分なら何があっても絶対にそんな仕事はしないなどと言ってしまったのなら、「私の言ったことで嫌な思いをさせてしまったのなら、ごめんね」と言うだけではいけません。このような言い方は、謝ったうちに入りません。なぜなら、あなたが言ったコメントに非があったことを認めておらず、そのコメントに腹を立てるなんて気難しすぎると相手に言っているようなものだからです。「あなたの仕事のことを悪く言ってごめん。不快な思いをさせて傷つけちゃったよね。学費を払うために頑張って働いているのを知っていたのに、無神経な事を言ってしまった」などと言ってみましょう。[14]
  5. 5
    解決策を見出す あなたは良いと思う方法でも、相手にとってはそうでない場合もあるため、相手と一緒に解決策を見出すのが1番だと言えるでしょう。 [15]「これからはもっと一緒に過ごす時間を作る」「仲間外れにされたり、忘れられてしまう人が出てしまわないよう、メモに予定を書くようにする」のように、決め事を作るなど、単純なことで良いのです。具体的な状況と孤立の理由に沿った解決策を見つけましょう。例えば、
    • 友達がある問題に直面しているため、あなたと距離を置いているのであれば、友達がその問題を解決できるよう時間を与えてあげましょう。(メールやテキストメッセージ、電話などを通して)友達さえ話しをする準備ができたら、あなたはいつでも時間を作ることができると伝えましょう。一緒に時間を過ごそうとしつこく頼み、相手にプレッシャーをかけるようなことをしてはいけません。その代わりに、会えなくて寂しく感じていること、相手との友情を大切に思っていることを伝えましょう。「顔さえ出せば、90%は成功」という格言があるように、友達が必要としている時にいつでも顔を出せる状態にしておくことが大切なのです。[16]
    • パート1で述べたように、友達に無視されていると感じている原因が、自分が何か問題に直面しているからなのであれば、そのことを友達に伝え、どうしたら友情関係を保つことができるか話し合うと同時に、あなたは自分の問題を解決しましょう。例えば、自分の母親が病気のため、看病で忙しく、友達に会うことができていないのであれば、友達を自分の家に招いてみるとよいでしょう。そうすれば、家で母親と一緒にいることができると同時に、友達とも大切な時間を過ごすことが可能です。
  6. 6
    友情関係を続けるか前に進むか 問題解決が困難な場合もあります。時には、お互いに相手を友達と思わなくなることもあるのです。[17]ですから、「あなたとはあまり共通点がないから無視していた」などと友達に言われたら、 その友情関係は終わらせる時がやってきたということでしょう。友達があなたの気持ちを確認しようとしたり、状況を改善するために解決策を見出そうとする様子が伺えない場合、それは、相手にはそうしたいと思う気持ちがないからなのでしょう。辛いかもしれませんが、友情とは時が経つにつれて変わっていくものなのです。[18]新しい友達を作ることはいつでも可能ですから、希望を持ちましょう!!

注意事項

  • 無視されている状況がいじめに変わったら、先生やカウンセラー、両親、その他誰でも信頼できる人に伝え、助けを求めましょう。繰り返し脅したり、馬鹿にしたり、からかったり、ストーカーするなどの行為は精神的虐待とみなされ、許されるものではありません。

記事の情報

この記事はPaul Chernyak, LPCが共著しています。 ポール・チェルニャクはシカゴに住む認定カウンセラーです。2011年に心理学の専門大学、「American School of Professional Psychology」を卒業しています。

カテゴリ: 人間関係

他言語版:

English: Confront Friends Who Are Ignoring You, Italiano: Affrontare degli Amici che ti Ignorano, Español: confrontar amigos que te ignoran, Português: Confrontar um Amigo Que Está Ignorando Você, Русский: противостоять друзьям, которые вас игнорируют, Deutsch: Freunde konfrontieren die dich ignorieren, Français: faire face à des amis qui nous ignorent, Bahasa Indonesia: Menghadapi Teman yang Mengabaikan Anda, Nederlands: Vrienden confronteren die jou negeren, العربية: مواجهة من يتجاهلك من الأصدقاء, 中文: 面对忽视你的朋友, ไทย: เผชิญหน้าเปิดใจกับเพื่อนที่ไม่ค่อยสนใจคุณ, Tiếng Việt: Đối mặt với bạn bè khi bị họ phớt lờ

このページは 100 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?