自分を無視する相手に対処する方法

共同執筆者 Paul Chernyak, LPC

この記事には:状況を解決する関係を終わらせる時期を知る自信をつけるより強固な友情を育む13 出典

誰かに無視されるのは心が痛みますが、たいていの場合、自分は気付いていない問題が潜んでいることを心に留めておきましょう。無視されて傷ついているのであれば、相手と話をして問題を解決しましょう。

1
状況を解決する

  1. 1
    早とちりしない 無視されると苛立たしくなり、最悪の事態を想定してしまいがちです。しかし、相手に意地悪をされ、冷たい態度を取られていると思い込むのはよくありません。以下の例を参考に、なぜ相手に無視されているのか、様々な理由を考えてみましょう。
    • 家庭や職場での問題など、相手は何か他のことに気を取られているのかもしれません。
    • 自分が気付かぬうちに相手を怒らせ、傷つけてしまった可能性もあるでしょう。
    • 単にあなたとは気が合わないため、他の人と時間を過ごすことを好んでいるのかもしれません。
    • あなたに秘密にしていること(サプライズパーティーなど)があり、あなたと話をしたらうっかり口を滑らせてしまうかもしれないと心配している可能性もあります。
    • 何らかの理由(あなたに片思いしている、あなたを怖がっているなど)で、あなたの近くにいると緊張してしまうのかもしれません。
    • 単に相手は社交的ではないため、あなたに対してだけではなく、他の人にも同じような態度を取っている可能性もあるでしょう。
  2. 2
    最近の自分の行動について考える これは簡単ではないかもしれません。たいていの場合、人は自分が悪いことをしたと認めるのを 嫌がり、誰かに不快感を与えたとしてもそれに気付かないことがあります。深呼吸をして、相手との最近の関わり合いについてよく考えてみましょう。ピリピリした雰囲気はなかったか、相手を傷つけるような発言をしなかったか、思い返してみましょう。
    • 自分が悪いことをしてしまったと気付いたら、相手に謝罪する計画を立てましょう。たとえ相手も完璧な態度であなたに接していなかったとしても、正しい行動を取るに越したことはありません。
    • 熟考するのが困難な場合は、様々な瞑想を試してみましょう。
    • 状況を客観的に見るのが難しければ、状況を理解している人に相談し、客観的な意見を聞くとよいでしょう。
  3. 3
    相手と2人だけで話をする 問題の根源を知り、きれいさっぱり解決するには、相手と腰を下ろして話し合うのが最も手っ取り早い方法かもしれません。時間と場所を決め、2人だけで話をすることができないか相手にメールや手紙で聞いてみましょう。
    • 話し合いにはお互い時間に余裕があり、他のことに気を取られていない時間帯を選びましょう。
    • 2人だけで会えば、人前で話し合いをして恥ずかしい思いをすることなく問題(存在する場合)を解決することができるでしょう。
    • 緊張していていたり、上手く話し合いが進まないのではないかと心配であれば、第三者(共通の友人、カウンセラー、先生や上司など)に仲裁してもらうとよいでしょう。
  4. 4
    優しく接する あなたが努力していることが伝われば、相手は再びあなたと話すようになるかもしれません。相手に失礼な態度を取れば、さらに厄介な状況になるだけです。
  5. 5
    自分の気持ちを説明する 自分の気持ちを伝える時は「自分」を主語にして話すようにしましょう。以下の例を参考に、一方的な話し方を避け、自分の気持ちを伝えることが大切です。
    • 「最近、私たち3人で会う時、あなたはミキとばかり話しているよね。私は2人の話を聞いているだけで、仲間外れにされている気分になる」
    • 「お母さん、お兄ちゃんたちとよくゲームして遊んでるよね。仲が良いのはいいことだけど、私は取り残された気持ちになる時があるんだ。私もお母さんともっと時間を過ごしたい」
    • 「最近君は仕事の後よく友達と出かけて夜遅くまで帰ってこないよね。寂しいし、僕だってもっと君と時間を過ごしたいよ」
    • 「この2週間、私の電話をずっと無視してるけど、私に対して怒っているの?」
  6. 6
    相手の話を聞く 相手はあなたが無視されていると感じていたことに気付かなかった可能性もあります。あなたが知らない問題を抱えており、それに対処していたということも考えられます。相手にも正当な理由があるとすれば、快く聞き入れましょう。
  7. 7
    現実的であれば一緒に解決策を見出す 2人の関係が改善されるよう、お互いに適応できる方法を話し合って見つけましょう。オープンに意見を出し合い、合意することができれば、今後の関わり合い方が明確になるでしょう。
    • 「私もあなたたちが読んでいる本のシリーズを読んだら、3人で同じ話題について話せるかしら?面白そうなシリーズみたいだし」
    • 「お母さんが私よりもお兄ちゃんたちと遊ぶ時間が多いのは、一緒にゲームして遊ぼうと誘われるからなんだよね?ということは、私もお母さんと一緒に時間を過ごしたければ、誘えばいいってことだよね?」
    • 「あなたに寂しい思いをさせていたなんて気づかなかった。週に2回は2人だけのデートの時間を設けて、私も寂しい思いをしないようにもっと友達と出かけるっていうのはどうかしら?」
    • 「自分の性的指向は変えられない。僕がゲイであることが気に入らないのは、君の問題だ。もう僕と一緒に時間を過ごさなくたっていいんだよ」
  8. 8
    相手との関係に終止符を打つことを考慮に入れる 相手はあなたと話し合いをする気がない、タイミングが悪い、お互いを非難し合うことになるといった場合は、相手と距離を置くべきかもしれません。都合の良い時に再度同じ話題を持ち出してみるか、相手との関係を維持する価値が本当にあるのか考え直してみましょう。
    • 「今は他のことに気を取られているみたいだね。この話はまた後でにしたほうがいいかな?」
    • 「あなたとの関係をより親密なものにしたいと思っているんだけど、あなたにとってそれは優先事項でなければ、この話はしなくていいよ」
    • 「あなたとは喧嘩したくない。一休みしたほうがいいかもしれないね」
    • 「私の悪口を言うなら、私はもう帰る」
    • 「お互いにもっと落ち着いている時にこの話をしよう」

2
関係を終わらせる時期を知る

  1. 1
    個人的に受け取らない 誰かに無視される経験は、人生においてほとんど人がすることです。無視されて嫌な思いをしていることを見せずにいれば、相手も失礼な態度を改めるかもしれません。[1]あなたの問題ではなく、相手が対処すべき問題であると思わせましょう。
    • 皆に好かれる訳ではない事実を認め、受け入れましょう。どんなに親切で人気者であっても、時には自分を好いてくれない相手に出会うものです。
  2. 2
    小さな問題にとらわれずに大きな視野を持つ 簡単なことではありませんが、自分の目標に向かって努力をしていれば、相手の言動に左右されることはないでしょう。[2]相手のことを「必ずしも自分の前に立ちはだかっている訳ではないが、そこに存在する壁」程度にたとえてみるとよいでしょう。
  3. 3
    無視し返す どんな理由にせよ、相手があなたと関わり合いたくないのであれば、 関わるのをやめればよいのです。無視し返すことで、相手はあなたの行動に目を向け始めるかもしれません。あなたも相手を無視すれば、冷静さを保つことにもなります。内心は辛い思いをしているとしても、長い目で見れば効果的な方法といえます。
  4. 4
    相手をそっとしておく 時には友達と距離を置く必要があると感じる人もいます。「そんなの正しくない」と思うかもしれませんが、自分の気分によって人を無視する人もいます。心は傷ついて嫌な思いをするかもしれませんが、時間を置いてみましょう。
  5. 5
    相手を変えようとしない 相手が失礼な態度を取ってやろうと思っている時に、礼儀正しく振る舞わせることはできません。[3]時には、相手に自分で考えてもらうのが一番の方法でもあるのです。

3
自信をつける

  1. 1
    他人との間に健全な境界線を引く 慣れていないと境界線を引くのは難しいかもしれませんが、境界線を引くことで、最終的には人間関係や精神的健康に恩恵がもたらされるでしょう。周囲の人に誠実に接し、相手に求めることや、自分の許容範囲は何であるのかを伝えてみると、自分の要求が満たされやすくなることに気付くはずです。[4]
    • 境界線を明確に示し、もしも境界線を越えられることがあれば、どのような結果になるのかを伝えましょう。
    • 例えば、大切な人と一緒にランチを食べに行っても常に相手は電話をいじっており、あなたを無視するならば、「そんなに電話をいじられると、私の存在を無視されているように感じる。私と充実した時間を過ごす気がないなら、そう言って。ランチには他の予定を入れるから」と言いましょう。
    • あなたに境界線を引かれることに慣れていない人たちは、境界線を引かれたら、初めのうちは落ち込んだり、驚いたり、怒ったりさえするかもしれません。しかし、あなたのことを気にかけているならば、最終的にはあなたの境界線を尊重すべきでしょう。
  2. 2
    リストを作る 自分の強み、成し遂げたこと、自慢できることの3つをリストにしましょう。[5]信頼できる家族に手伝ってもらうとよいかもしれません。このリストは安全な場所に保管し、自分が落ち込んでいる時に読んでみましょう。
    • 人に書いてもらったり、誰かに言われたあなたの良いところを集めてリストにするのもよいでしょう。
  3. 3
    衛生管理をする 髪型、爪の長さ、歯には特に注意を払うなどして、衛生面に気を使いましょう。[6]
  4. 4
    生活空間を掃除する 驚いたことに、生活状態が清潔だと、精神的健康は向上します。自分の部屋に焦点を当てましょう。家具の配置換えの手伝いを誰かに頼んでみるのもよいでしょう。[7]
  5. 5
    趣味を始める 絵画、音楽、詩、ダンスなどの活動に参加しましょう。[8]芸術的活動に取り組むと、自己表現が上手くなり、達成感も強くなるでしょう。それにより、他人と上手く付き合えるようになるはずです。[9]
  6. 6
    貢献する 地域のボランティア活動に参加 するのは非常い良い経験となるでしょう。何かに貢献することで、自分自身に対する考え方が前向きになるはずです。[10]
  7. 7
    自分の気持ちと向き合う 他人に対して抱く不安な気持ちは、自尊心の無さから生まれます。自分の感情と実際の状況を混合しないようにしましょう。我々は皆、感情的な生き物です。簡単にできることではないかもしれませんが、 客観的に状況をとらえるようにしましょう。色々な物書きに挑戦し、思考を巡らせるのも1つの方法です。
  8. 8
    必要ならば専門家の助けを得る 無視されて辛い思いをしているのであれば、専門家の助けを求めるという選択肢もあります。セラピストや学校のカウンセラーは、あなたのような状況に置かれている人の手助けをするのが仕事です。あなたが学生であるならば、まずはお金のかからない学校のカウンセラーに相談してみるとよいでしょう。

4
より強固な友情を育む

  1. 1
    新たな友情を見つける 友達に無視されていて、あなたの存在の有難みを分かってもらえないようであれば、新しい友達を探す時かもしれません。自分と同じ関心事を持っていて、あなたをけなしたり、無視するような人ではなく、あなたと同じものに関心を示し、あなたを支え、気分を持ち上げてくれる友達を探しましょう。
    • どこで友達を見つければよいか分からないという人は、共通の趣味を持つ人が集まるクラブ活動に参加したり、団体に所属してみるとよいでしょう。
    • 常にあなたを無視したり、けなしたり、境界線を越えてくるような友達とは距離を置くか、完全に縁を切る必要があるかもしれません。
  2. 2
    友人や愛する人たちとの関係を維持する 以前にあなたを無視していたとしても、その人はまだあなたの友達と呼べるかもしれません。他の友達と過ごす時間のほうが多く、あなたを無視していた友達との関係が気まずくなってしまったのなら、正直に伝えましょう。
    • その友達とお互いに楽しんでいた活動を再開してみましょう。
  3. 3
    他人に心を開く 自分の心配事や欠点、不安を共有しましょう。[11]自分の弱みを誰かと共有するのは簡単ではありませんが、人と人の絆を深めることにつながります。自分の過去の辛い経験を誰かと交互に共有し合うのもよいでしょう。
  4. 4
    複数の連絡手段を確保する 連絡手段は多ければ多いほどよいでしょう。[12]現代において、全てのコミュニケーション手段を使いこなすのは難しいかもしれません。ソーシャルメディアや携帯電話に定期的に目を通し、友達との連絡手段を保ちましょう。
  5. 5
    連絡する相手に頼る 「ただ電話したかったから」という理由だけで友人に電話をかけてもよいのです。真剣なアドバイスを求めたり、最近自分に起きた出来事を共有してみましょう。[13]
  6. 6
    いつでも連絡に応じられるようにする 友人が辛い思いをしている時などには、時間を作ってあげましょう。一方に偏った友情を好む人などいません。何か予定があるならば、その予定を変更するか、すでに約束していた相手に「大切な用事ができた」などと伝えましょう。

ポイント

  • 騒ぎ立てないようにしましょう。どんなに怒っているとしても、感情を爆発させるようなことをすれば(公の場では特に)、状況は悪化するだけです。そのような感情に駆られたら、「少し休憩が必要だ」「外の空気を吸ってくる」などと言い、一旦その場から離れましょう。

記事の情報

この記事はPaul Chernyak, LPCが共著しています。 ポール・チェルニャクはシカゴに住む認定カウンセラーです。2011年に心理学の専門大学、「American School of Professional Psychology」を卒業しています。

カテゴリ: 人間関係 | ティーン

他言語版:

English: Deal With People Who Ignore You, Deutsch: Mit Leuten die dich ignorieren umgehen, Español: lidiar con personas que te ignoran, Italiano: Comportarsi con una Persona che ti Ignora, Русский: вести себя с людьми, которые вас игнорируют, Português: Lidar Com Pessoas Que Ignoram Você, Français: réagir quand une personne nous ignore, Bahasa Indonesia: Menghadapi Orang yang Mengabaikan Anda, Nederlands: Omgaan met mensen die jou negeren, العربية: التعامل مع الأشخاص الذين يتجاهلونك, 中文: 与忽视自己的人相处, Tiếng Việt: Đối mặt với việc bị ghẻ lạnh

このページは 105 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?