PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

他者の美しさには敏感でも自分自身の美しさには気付きにくいものです。自分ではまだ気が付かないかもしれませんが、あなたにはあなたなりの美しさというものがあります。生まれ持った美しさを高めるには、肌のお手入れなどのセルフケアとしっかり食べることから始めましょう。さらに、外見を通じて個性を主張し、自分に正直で他者に親切にし、広い心を持つことで、内面の美しさを表しましょう。

方法 1 の 3:
外見を磨く

  1. 1
    自分の顔の形に合ったヘアスタイルを取り入れましょう。まず初めに、鏡に映った自分の顔の輪郭を口紅でなぞります。その輪郭を見て自分の顔の形を判断し、その形に合うヘアスタイルを選びます。好みのヘアスタイルを印刷してヘアスタイリストに見せましょう。[1]
    • 一般的な顔の形には、卵型、丸型、四角型、ハート形、面長型などがあります。
    • ヘアスタイルを決められない場合は、髪を肩上の長さで切って段を入れましょう。このヘアスタイルは誰にでも似合うので「完璧なヘアスタイル」と見なされています。
    • 帽子やヘアアクセサリーを使ってスタイリングすることもできます。帽子やヘアアクセサリーで個性を出しましょう。
  2. 2
    好みに応じてメイクをします。美しくなるためにメイクが必要というわけではありませんが、自分が幸せな気持ちになれるのであればメイクをしましょう。ファンデーションや色付きの保湿クリーム、BBクリームなどを使って肌の色を均等に整えます。次に、チークやアイシャドウ、口紅を塗ると外見に自信がつくかもしれません。[2]
    • メイクをしていないように見せるにはナチュラルメイクをしましょう。
    • メイクで引き立てるのは目元か口元どちらか一方にします。どちらも強調してしまうと行き過ぎたメイクになってしまいます。
  3. 3
    体形に合った自分の好きな服を身に付けましょう。どんな体形でも美しく見せることは可能なので、サイズを気にする必要はありません。魅力的な部分を強調することに焦点をあて、自分が最高の気分になれる服を選びましょう。着ていて気分がのらない服があれば寄付するとよいでしょう[3]
    • 持っている服すべてを試着し、自分の好きな服だけを残しましょう。
    • 自信につながる部分を強調しましょう。たとえば、ミニスカートをはいて脚を見せたり、背中の空いたトップスを着て鍛え上げた背中を見せたりしましょう。
    • リサイクルショップや委託販売店、あるいはフリマアプリを利用すると、有名ブランドの服や個性的な服を手ごろな値段で購入できます。
    広告

方法 2 の 3:
パーソナルケア

  1. 1
    毎日入浴し、パーソナルケア製品を使って清潔さを保ちましょう。少なくとも1日1回はシャワーを浴びるかお風呂に入って体を洗いましょう。デオドラントで体臭を抑え、保湿剤で肌に栄養を与えて柔らかく整えましょう。こうすると、肌を清潔で健康的に保つことができます。[4]
    • 肌に優しい石けんやボディソープを使って体を洗いましょう。
    • 必要に応じて、または週に2~3回髪を洗いましょう。髪を洗った後や髪を洗わない日にはコンディショナーを使って、髪を柔らかく滑らかに整えます。
  2. 2
    1日に2回顔を洗って保湿します。肌に優しい洗顔料と温水を使って顔を洗い、清潔なタオルで顔を軽く叩くようにして乾かします。その後、保湿剤を顔に塗って、潤いを閉じ込めましょう。[5]
    • 日中はベトつかないさらっとした保湿クリームを使い、夜寝る前には濃いナイトクリームを使いましょう。
    • 週に2回、角質ケア製品やスクラブ剤を使って肌の角質を取り除きましょう。角質除去作用のある洗顔料が効果的です。
  3. 3
    肌を守るために日焼け止めを塗り、水分を補給します。屋外で過ごす前に、肌に日焼け止めを塗っておきましょう。日焼け止めを塗ると、日焼けによる肌のダメージやシワの予防に効果があります。また、脱水状態に陥らないように、毎日少なくとも0.5~2.5 リットルの水分を補給します。水分を補給すると肌が潤い、柔らかくしなやかになるでしょう。[6]

    ポイント:衣類で肌を覆い帽子で頭皮と顔を保護すると、日差しから肌をしっかりと守ることができます。

  4. 4
    爪も含め、足と手をケアします。手足は毎日の生活において疲れがたまる部分なので、しっかりとケアしましょう。夜寝る前に手足に保湿剤を塗り、週に1回は爪切りやネイルファイルを使って、爪をきれいな形に整えます。[8]
    • 好みに応じて、週に1回手足の爪にマニキュアやペディキュアを塗りましょう。美しくなるための必須事項ではありませんが、気分が良くなるかもしれません。
  5. 5
    1日2回歯を磨いて、美しい笑顔を保ちましょう。虫歯予防のためにフッ素入りの歯磨き粉を使います。健康的な笑顔のために、きちんと歯磨きをして清潔で健康な歯を維持します。毎日、朝起きたときと夜寝る前に歯磨きをする習慣をつけましょう。[9]
    • 夜寝る前など、1日に1回は歯磨きの前にデンタルフロスを使いましょう。
    • 健康で清潔な笑顔のために、半年に1回は歯の定期健診とクリーニングを受けましょう。
    • 歯の変色が気になる場合は、歯のホワイトニング製品を使ってみましょう。
  6. 6
    毎日の運動と栄養価の高い食品で健康を維持しましょう。健康な体にはあらゆる形とサイズがあります。体を健康に保つ最善の方法は、きちんと食事をとって活動的に過ごすことです。食生活や運動習慣の見直しが必要か、医師に相談してみましょう。[10]
    • 週に5~7日、毎日少なくとも30分間運動するか、1週間に合計で150分の運動を目標にしましょう。[11]
    • 新鮮な食材と脂肪分の少ないたんぱく質を中心にした食事を作りましょう。加工食品や糖分を多く含む食品は避けましょう。ただし、好きなものをほどほどに食べる分にはかまわないので、食べるものを制限する必要があると考えないようにしましょう。[12]

    ポイント:美肌や艶やかな髪、健康的な爪のために配合されたビタミン剤がありますが、摂取するのは医師に相談してからにしましょう。

    広告

方法 3 の 3:
内面を磨く

  1. 1
    偽ることなく本当の自分でいましょう。ありのままの自分でいることは、内面の美しさを磨くために不可欠です。自分の人生における価値観や興味、目標をじっくりと考えてみましょう。そのうえで、自分に幸せをもたらすものを追求します。次のような行動を取ることで、自分らしさを確立することができます。[13]
    • 様々な状況で自分がどのように感じるかを確認し、正しいと感じることをさらに行います。
    • 友人に対しては広い心で正直に接しましょう。
    • 完璧な人などいないので、完璧である必要はありません。
    • 五感を研ぎすまし、すべての瞬間に集中しましょう。
  2. 2
    自分の人生で良い物事に感謝を表します。持っているものに感謝をすると、内面の美しさが輝くでしょう。人生で足りないものに不平を言うのではなく、恵まれていることに目を向けます。大切な人々、自分の才能や技術、与えられた機会、ちょっとしたうれしい出来事などに感謝しましょう。感謝を表す方法は次の通りです。[14]
    • 感謝したいことを感謝ノートに書き留めましょう。
    • 親友にメッセージカードを送って、相手をどれほど大切に思っているかを伝えましょう。
    • 詩集、ネックレス、ペイントした石など、意味のある小さなプレゼントを贈りましょう。
    • 愛する人に自分の気持ちを伝えましょう。
    • 友人などを訪ねて近況を聞きましょう。
  3. 3
    自分が持っているものを惜しまないようにします。人生を豊かにするためにたくさんのお金は必要ありません。才能や想像力、時間をたくさん持っている場合もあります。自分が持っているものを他者と共有し、周りの人を幸せにしましょう。こうすると内面の美しさが輝きます。寛大さを示す良い方法は次のとおりです。[15]
    • 他者に自分のものを貸してあげましょう。
    • 時間を割いて人を助けましょう。
    • 困っている人と食事を分け合いましょう。
    • イベントに出かけるときは飲み物と軽食を持参しましょう。
    • クリスマスや年末年始などの機会に、困っている人にプレゼントを贈りましょう。
  4. 4
    健康的な人間関係を保ちましょう。いつも喧嘩になってしまう人と一緒にいることや、毒のある人に対応することは疲れます。いつも怒っているか疲れていることになるので、内面の美しさを保てなくなるでしょう。そうではなくて、最高の自分でいられる、協力的で前向きな人々と過ごしましょう。同時に自分も友人や親戚、パートナーに、彼らが必要とする時間と注意、サポートを提供しましょう。[16]
    • 特に、昔からの友達のために時間を作りましょう。
    • 人間的に成長し、学び続けるために新しい友人を作りましょう
    • 家族との健全な関係を育みましょう。
    • 自分に害をもたらす人と過ごすのはやめましょう。
  5. 5
    否定的な感情を捨てて、気持ち良い雰囲気を出しましょう。怒りや悲しみ、憎しみを抱えたままでいると気分が落ち込みます。心が傷ついたときにその気持ちを忘れるのは難しいかもしれませんが、そうすると心が自由になります。否定的な感情を抱いたら、どうしてそう感じるのか考えてみましょう。その気持ちを共有することで否定的な感情を解消しましょう。ネガティブな感情を捨て去ると前に進むことができます。[17]
    • 誰かに打ち明けたり、日記に書き留めたりしてネガティブな感情を解消しましょう。もしくは、怒ったときに運動で発散するのも良いでしょう。創作活動で心が落ち着く場合もあるかもしれません。
    • 自分に起こったことを忘れられない場合は、相手に手紙を書きましょう。ただし、書くだけで実際に送りません。書いた手紙をビリビリに引き裂いたり燃やしたりして、気持ちを解放します。
    • ネガティブな感情を持て余す場合は、心理カウンセラーや心理士に相談する方法もあります。
  6. 6
    ボランティア活動をして地域社会に参加しましょう。他者を助けたり社会に貢献したりすることは、どちらも内面を磨く優れた方法です。周りの人にあなたの良さが伝わるだけでなく、自分自身の気分も良くなるでしょう。地域のコミュニティに参加する良い方法は次の通りです。[18]
    • 地域のアニマルシェルターを助けるために寄付金を募りましょう。
    • 地元の繁栄のために、近所で買い物をしましょう。
    • 地域のお祭りでボランティアをしましょう。
    • 近所の人たちとパーティーを開きましょう。
    • 地域の人々のために読書の会を始めましょう。
    • 地域の図書館や公民館で読書ボランティアをしましょう。
  7. 7
    精神的な真理を追及しましょう。宗教を信仰するか、自分の中で真実のように感じるものを探します。瞑想、祈り、または自分の価値観を見つめることで、内なる精神とつながります。自分にとって何が重要かを判断し、独自の真実を追求します。こうすると、内面の美しさに磨きがかかるでしょう。[19]
    • 真実を追求する方法として宗教や精神修養を選んだら、その指導者の話を聞いたり本を読んだりしましょう。
    • 視野を広げることに抵抗がなければ、精神修養の様々な方法について学んでみましょう。
    • 仲間に対する思いやりの気持ちを育むために、自分をもっと大きなものの一部として見る方法を見つけましょう。
  8. 8
    心を広く持ち、より多くのことを学んで知恵を追求します。内面の美しさとは、他者が人生をどのように経験するかを理解して広い心を持つことです。常に人の話を聞いたり本を読んだりして、生涯学習を続けましょう。他者の経験から学び、その人らしさを受け入れます。[20]
    • 瞑想したり自分の行動を振り返ったりします。[21]
    • 賢人による書物を読みましょう。小説、詩、歴史書から学ぶことはたくさんあります。読書によって知識が増え、自分の考えを客観的に見直すことができます。
    • 本当に尊敬する人々の考えに注意深く耳を傾けましょう。
    • 本や映画、美術館・博物館を通じて、さまざまな文化に触れましょう。新しい言語を覚えるのも良いでしょう。
    広告

ポイント

  • 内面の美しさを磨き、同時に外見の美しさを磨くことは浅はかではありません。ただし、どちらか一方のために他方を犠牲にするのはやめましょう。
  • 判断力に欠陥があり、美しさを見る目がない人も多くいます。傷つくようなことを言う人もいるかもしれませんが、その人たちの無知に自分の幸せを壊されないようにしましょう。
  • 毎日より美しくなるように努力しましょう。
  • 十分な睡眠をとりましょう。目の下のクマ予防に効果があります。
  • 目の下にクマができたら、緑茶のティーバックを使った自然療法が良く効きます。ティーバックを沸かした湯に浸し、冷蔵庫で7~10分間冷やしてから目にあてましょう。
広告

注意事項

  • 外見や行動を理由にいじめられている場合は、すぐに誰かに相談しましょう。あなたは愛される存在であり、事態は良い方向へ向かうということを覚えておきましょう。
広告

関連記事

靴の音鳴りを止める靴の音鳴りを止める
アロエベラジェルでニキビを消すアロエベラジェルでニキビを消す
生理を早める生理を早める
洗濯機で衣類を縮める洗濯機で衣類を縮める
髪に付いたガムを取る
縮んだ服を伸ばす
防犯タグを外す防犯タグを外す
そばかすを消すそばかすを消す
ジーンズについた血液のシミを落とす
ドライヤーなしで髪の毛を素早く乾かすドライヤーなしで髪の毛を素早く乾かす
タトゥーシールをはがす
速くヒゲを生やす速くヒゲを生やす
ワンピースのウエストを詰める
ポリエステル製の服を縮めるポリエステル製の服を縮める
広告

このwikiHow記事について

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。 この記事は4,286回アクセスされました。
このページは 4,286 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告