自分を高める方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム | 13 出典

この記事には:容姿に磨きをかけるライフスタイルを変える自分に自信をつけ目標を掲げる

自分を高める努力をすると、今よりも自信がつき、自分自身に変化をもたらすことができます。自分を高めるということは、人によっては、容姿に磨きをかけたり、水分を多く補給したり、目標を達成したりすることを意味するのかもしれません。「自分を高める」という言葉が何を意味するのかは、人によって異なりますが、大きな括りで言えば、最高の自分になり、自分を大切にして、自分を受け入れる訓練をするということになるでしょう。バランスの取れた食事を摂り、運動習慣をつけ、肌の手入れをし、体の内側と外側の両方に気を配りましょう。自分に自信を持つ訓練をし、ポジティブ思考の人達と一緒にいることで、自分が高まっていく実感を得ることができるでしょう!

パート 1
容姿に磨きをかける

  1. 1
    肌にツヤが出るように、毎日肌のお手入れをしましょう。肌の状態は周りの人が一番気づきやすい部分でもあるので、肌にハリやツヤが出てくると、自分により磨きがかかるでしょう!1日2回、水で洗顔し、自分の肌に合った化粧水、保湿液、エクスフォリエーター(スクラブ剤)を使用して肌の手入れをしましょう。就寝前に必ずメイクを落とし、みずみずしい、滑らかな肌で朝を迎えるようにしましょう。[1]
    • 肌トラブルや気になる点がある場合は、皮膚科に相談しましょう。スキンケア用品を変えたり、特定の栄養を肌に補充するといった簡単なことで、肌にハリ・ツヤを出すことができるかもしれません。
  2. 2
    背筋を伸ばし姿勢を正しましょう。姿勢で見た目の印象が大きく変わります!背筋を伸ばし、肩を後方に反らし、腕が自然に体の側面にくるようにしましょう。椅子に座る時には、横から見た時に太ももに対して背中が直角になるように背筋を伸ばし、筋肉がこわばらないように力を抜きましょう。[2]
    • 良い姿勢を維持するのが難しく、痛みが出るような場合は、医師や整体師に相談しましょう。
  3. 3
    お気に入りの体の部位を強調できる洋服を着ましょう。 自分のお気に入りの部位を見せつけられる洋服を着ると、見た目も気分も上がります!目を引く色を選んだり、足の長さに視線がいくようなブーツを履いたりしてみるのはどうでしょう?いろいろな種類の洋服を試着して、自分の好きなスタイルを見つけましょう。明るい色のテーラードジャケットやエレガント風なドレス、ハイヒールなど、個性を主張するアイテムをどんどん試してみましょう。[3]
    • 体つきを強調したい時には、ぴったりとした洋服を選んでみましょう。
    • 縦線は体を細く見せる効果があり、横線は体の曲線を際立たせる効果があります。
    • つまるところ、着ていてわくわくし、自信が湧いてくるような洋服を着ましょう!
  4. 4
    どんなメイクが自分に似合うか、いろいろ試してみましょう。メイクによって見た目が大きく変わるので、普段メイクをしない人も、新しい化粧品を試してみたいという人も、いろいろなメイクを試してみましょう。インターネットには無料のメイク方法がたくさん公開されているので、それらの情報を大いに利用して、普段と違うメイクをしたり、使ったことのない化粧品の使い方を学んでみましょう。たとえ、試してみたメイクが自分には似合わなかったとしても、おかげで新しいテクニックを覚えることができ、どんなメイクが自分に似合うのか的を絞ることができたとプラスに考えましょう。[4]
    • 毎日メイクアップをする人は、肌のお手入れをしっかりしましょう。肌の保湿を欠かさず、1日の終わりに必ずメイクを落としましょう。
  5. 5
    試してみたかった髪型を試してみましょう。前髪づくり、流行りのカラーリング、ボブカットなど試してみたい髪型はありませんか?思い切って、挑戦してみたかったカットやカラーを試してみましょう!インターネットでヘアスタイルを検索して、いいなと思うヘアスタイルがあれば、印刷して美容院に持っていきましょう。担当の美容師に自分の希望を伝え、あなたに合うカットやカラーについてアドバイスをもらいましょう。[5]
    • 髪型を変えるだけで、簡単かつ劇的に見た目を変えることができます!

パート 2
ライフスタイルを変える

  1. 1
    水分不足にならないように、毎日2リットルの水を飲みましょう。 体の内からも外からも輝き、見た目も心も最高の状態を保つためには水分補給が大切です。ウォーターボトルを購入し、常に新鮮な水を入れておきましょう。どこへいくにもウォーターボトルを持参し、こまめに水分を補給するようにしましょう![6]
    • 1日2リットルの水を摂取するというのはあくまでも目安で、理想的な水分摂取量には個人差があります。適切な量の水分をしっかり摂って、体と心を最高の状態にするように心がけ、気になる点があれば医師または栄養士に相談しましょう。
    • 無味の水だと飲みにくいと感じるならば、好きな野菜や果物を使って、水にほんのりと味をつけるとよいでしょう。いちご、きゅうり、オレンジ、ミントなどを試してみましょう!
    • はじめのうちは、多めに水分を摂ることを忘れてしまうこともあるでしょう。携帯電話のリマインダー機能を使ったり、自宅の冷蔵庫にメモを貼るなどして忘れないように心がけましょう。 水分摂取量を記録して、飲み忘れがないようにお知らせしてくれる機能がついたアプリを携帯電話にダウンロードするのもよいでしょう。
  2. 2
    笑顔に自信がつくように、毎日歯を磨きましょう。幸せな明るい笑顔は、自分を高めるための大きな要素の1つです!毎日1日2回、朝と夜に歯を磨き、1日1度はデンタルフロスも使用しましょう。健康で強い歯を保つためにも、1年に1度は歯医者に定期検診に行きましょう![7]
    • 輝く笑顔を引き出すために、ホワイトニング剤を使用してみるのもよいでしょう。
  3. 3
    十分な量の果物と野菜を摂取し、バランスの良い食事を心がけましょう。体に取り入れる食べ物によって、自分磨きにも大きな差がでます。毎日5〜9品目の野菜と果物、脂肪分の少ないタンパク質、全粒穀物、上質な脂分を十分に摂取しましょう。とはいえ、何事も加減が大切です。普段は加工食品の摂取を控えながらも、たまには楽しんでもよいでしょう。[8]
    • 食事について気がかりな点がある場合は医師または栄養士に相談しましょう。
    • 見た目と心の調子を整える良い方法とは言えないので、食事を抜いたり、流行りのダイエットに便乗するのはやめましょう。
  4. 4
    健康維持のためにも運動を習慣づけましょう。運動は体と心の調子を整え、見た目と気分を最高の状態に持っていくのに役立ちます。水泳、ジョギング、ヨガなど楽しめる運動を見つけましょう。医師や専門家に指示を受けている場合を除き、1週間に3〜5回運動するようにしましょう。 1人よりも2人の方が楽しく取り組めるようであれば、友達と一緒に運動するのもよいでしょう![9]
    • スポーツジムに入会する必要はありません。自宅でできる運動はたくさんあります。

パート 3
自分に自信をつけ目標を掲げる

  1. 1
    毎日前向きで肯定的な決意を口にし、自己肯定感を育てましょう。自分を信じることは、自分を高めるためには欠かせない大切な要素です。頭の中でぐるぐると巡る考えやネガティブな想いをノートに書き出し、それに対抗するように、前向きで論理的な想いや決意を書き出しましょう。前向きで肯定的な決意を、毎日声に出して言いましょう。最初は声に出すことが気恥ずかしく、馬鹿げているように感じるかもしれませんが、慣れてくるにつれて、その決意自体を自分のものとして信じられるようになってくるでしょう。[10]
    • 前向きで肯定的な決意のよくある文言として「私は幸せになるに値する人間だ」「私は賢くがんばり屋だ」「私には目標を達成できるだけの器量がある」などがあります。
  2. 2
    あなたのことを応援してくれる、ポジティブ思考の人たちの周りにいましょう。人は、自分の身の回りにいる人からの影響を受けやすいものです。ポジティブ思考であなたのことを応援してくれる友達や家族を探しましょう!あなたもまた、自分の周りの人たちが輝くように、周りの人たちを応援しポジティブな思考でいるようにしましょう![11]
    • あなたを応援してくれる、ポジティブ思考な人が周りにいない場合は、新しい友達を作ってみましょう。同じ興味を持つ人たちのクラブやグループに参加したり、SNSを利用したり、今まで話したことがなかった 人と話してみましょう。失うものなど何もありません。新しい関係作りに挑戦してみましょう!
  3. 3
    ポジティブな考え方をするようにし、自信を育てるためにも、前向きな自己主張をする訓練をしましょう。自分を高めるということは、あなたらしくきらきらと輝けるように自分に自信を持ち、最高の自分でいられるようにすることです。 今すぐには自分に自信が持てないのなら、本当の自信がつくまでは、自信がある振りをしてみましょう。周りの人には、本当の自信なのか自信のある振りをしているのか気づかれることはありません!自己否定するのではなく、自己を肯定するポジティブな考え方をし、自分を否定するような考えを打ち消し、日々の暮らしの中で良い意味で自己主張をする訓練をしましょう。また、自分に自信のある人の周りにいると、その人達から良い影響を得ることができるでしょう。[12]
    • 自分に自信がなく、自己肯定感を持てない場合には、心理カウンセラーや心理療法家などのメンタルヘルスの専門家に相談すると良いでしょう。
  4. 4
    達成できそうな目標を立て、目標に向かって自分を鼓舞しましょう。 経済的な面や仕事の面、または個人的な面で、成し遂げたいと思っている目標はありませんか?机に向かって、目標を紙に書き出してみましょう。目標を書き出したら、1つ1つの目標を実行できそうな行動に小さく分け、小さなことからすぐに取りかかれるようにしましょう。現実的な目標を立てて、目標達成したあかつきには成功を祝いましょう![13]
    • 目標は大きくても小さくても構いません。目標の大小ではなく、達成するまでの道のりがいかに現実的であるかが大事です!

ポイント

  • 自分を高めるのは自分のためであって他人のためではありません。一番大切なのは、あなた自身が幸せであることです。もし周りの人があなたの変化に気がついたとしたら、それは嬉しいおまけとして受け取っておきましょう。
  • 1日頑張ったくらいでは変化はおきません。毎日積み重ねていくことで、徐々に態度や外見に変化が現れてくるものです。

記事の情報

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

カテゴリ: 自己啓発

他言語版:

English: Have a Glow Up, Português: Transformar a sua Aparência, Bahasa Indonesia: Menjadi Sosok yang Berbeda, Deutsch: Sich zum Strahlen bringen, Nederlands: Een glow up hebben, Tiếng Việt: Lột xác bản thân, Français: opérer un glow up (transformation de soi), ไทย: เปลี่ยนโฉม

このページは 93 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?