自動車タイヤの交換時期を知る方法

共同執筆者 Andrew Everett

摩耗した自動車タイヤの交換時期でお悩みですか。タイヤの性能は自動車の安全性、性能及び効率に大きく影響します。交通事故総合分析センター(ITARDA)の統計によれば、事故の原因となる整備不良全体の70%を占めるのがタイヤ不良です。[1]タイヤはその寿命を通して均一の性能を発揮するように設計されています。それにも関わらず、ある時期からトラクション(タイヤと路面間の駆動力)とブレーキ性能が低下し始めます。ここでは新しいタイヤセットの購入時期を決定し、必要以上の出費を抑えるためのヒントを紹介します。

ステップ

  1. 1
    タイヤのトレッド(接地面)が果たす第一の機能はタイヤ下の水を排出して接地状態を改善し、濡れた路面でのハイドロプレー二ング現象(タイヤと路面との間に水膜ができて制御困難となる現象)を防ぐことと認識しましょう。[2]タイヤは摩耗すると安全面に支障をきたし、トレッドが1.6mm以下になればもはや危険な状態です。
  2. 2
    トレッドパターンを見てみましょう。販売されているタイヤには「スリップサイン」と呼ばれる機能が備わっています。これはトレッドの溝と溝の間に掛かる小さな橋のことです。トレッドパターンを見ると、溝の間またはタイヤ全体を横断する棒状のサインがあることが分かります。タイヤが摩耗すると、溝の底にあったサインがトレッド面と同じ高さになります。この時点でタイヤ交換です。
  3. 3
    硬貨を使ってトレッドの深さを測ってみましょう。10円硬貨を準備し、横向きの状態で、タイヤの最も厚みのある箇所のトレッドの中心に挿します。[3]
    • 数字の10を囲む常盤木の葉が全て見える場合は、直ぐにタイヤを交換しましょう。
    • 葉が半分見える場合はタイヤ購入の時期です。
    • 葉がほぼ見えない場合は交換の必要がありません。
  4. 4
    トレッドの深さを測るタイヤ溝ゲージ(ウェアインジケーター)を使いましょう。トレッドの測定には専用の工具があります。買い求めるのであれば、ゲージはパーツ店等で安価に入手でき、使い方は簡単です。
    • ネット検索でダウンロード可能なタイヤ溝ゲージが見つかるかもしれません。
    • あるいは、行きつけのタイヤ販売店へ出向き、検査を依頼するという手軽な方法もあります。常連客にはサービスで検査を行ってくれるはずです。
  5. 5
    法令上求められる事項を確認しましょう。摩耗したタイヤは安全確保のため常識に照らして交換すべきですが、法的観点からも摩耗タイヤの交換が要求されます。国土交通省の告示における保安基準は、トレッドの深さが1.6mm以上を有することと定められています。[4]
  6. 6
    トレッドの偏摩耗には注意を払いましょう。この症状はアライメント(車輪の角度調整)の狂いやタイヤローテーションの必要またはその両方を意味します。偏摩耗は点検整備が必要という合図です。
    • タイヤの片減りが極端だったり、摩耗が予想以上に早い場合はタイヤ交換前に専門店でサスペンションの点検を受け、必要に応じて調整を行います。アライメントや摩耗の異常はタイヤの寿命を著しく縮めます。
    • 前輪と後輪のタイヤをペアで入れ替えるローテーションを行いましょう。前輪タイヤ二本を外して後輪に付け、後輪を前輪に付けます。また、その逆を行います。
  7. 7
    サイドウォールに異常な膨張か瘤のような膨らみがないか調べてみましょう。サイドウォールの膨らみはタイヤ内部のカーカスコード(タイヤの骨格を構成する)が損傷し、ひびが入った結果、タイヤの柔らかい層に空気圧が集中して発生します。このような損傷は路面の大きな窪みを通過したり、カーブを曲がった際、あるいはタイヤの空気圧が低い状態で運転した際に起こることがあります。サイドウォールの膨らみがあるタイヤで運転を続けるのは危険です。タイヤの本来持つ機能が大きく損なわれ、高速走行での突発的な障害やバースト等、重大な事故につながる可能性が増大します。サイドウォールの膨らみがあるタイヤはトレッドの状態にかかわらず、速やかに交換が必要です。
  8. 8
    5年以上経過したタイヤは販売店等で点検を受けましょう。タイヤメーカーが推奨する交換時期は、使用の有無にかかわらず製造後10年です。所有する車両に関する特定の勧奨事項はオーナーズマニュアルを参照しましょう。5年以上経過したタイヤを装着している可能性があれば、注意してもし過ぎることはありません。[5]
  9. 9
    ハンドルのブレに気を払いましょう。タイヤが片減りしていると運転中にハンドルのブレを感じるかもしれません。タイヤバランスを取り直す必要があります。それでもブレが直らない場合はタイヤの損傷が疑われます。
    • 「カッピング」と呼ばれる偏摩耗によってブレが出る場合があります。これはトレッドの片側が大きく摩耗した状態を指します。定期的にタイヤローテーションを行わない時に発生します。
  10. 10
    乾燥による劣化を点検しましょう。タイヤ全体に小さな亀裂があれば、ゴムが劣化しています。乾燥劣化したタイヤは剥離し、スチールベルト(カーカスコード)の分離を招いて、車両の外装に損傷を与えることがあります。

ポイント

  • タイヤの空気圧を適切に維持しましょう。
  • タイヤの寿命は製造年週(サイドウォールに表示)から数えます。タイヤは保管していても劣化するため、購入年月からではありません。
  • 全てのタイヤを調べて同時に交換しましょう。年数が不揃いのタイヤは、安全性、性能、効率の面において、全て揃ったタイヤには及びません。
  • 4輪駆動車や全輪駆動車に関して、サービスマニュアルに全輪のタイヤを交換すべきとある場合はそれに従いましょう。異なる摩耗状態がもたらすタイヤ径の相違が車両のデファレンシャル(差動装置)に致命的な損傷を与えることがあります。
  • 輸入タイヤの中には「トレッドウェア」と呼ばれる耐摩耗性を数値化した表示が付いたものがあります。基準値は100で、数値が大きいほどトレッドが摩耗するまでの時間は長くなります。
  • タイヤは均等に摩耗しません。従って、10円硬貨を使用してタイヤの外側から内側にかけて数箇所で深さを確認しましょう。通常は内側の摩耗が大きく、空気圧が高過ぎれば中央が大きく摩耗します。
  • タイヤは温暖な気候ほど早く劣化します。
  • 前輪に片減りがあれば、トー角のアライメント不良の可能性が考えられます。点検を行い、前輪を後輪に入れ替えましょう(車種によっては前後輪のサイズが異なります)。前輪に入れたタイヤには片減りがなく、後輪に入れた片減りタイヤは自然に摩耗を調整します。
  • 10円硬貨は100円硬貨でも代用できます。横にして数字の1が見えれば深さは5mmです。
  • 前輪と後輪のタイヤを入れ替えるローテーションは有効な手段であり、特に二輪駆動車には効果的です。

注意事項

  • タイヤはフェンダーを含めた車両のどの部分にも触れてはなりません。新しく入れたタイヤがハンドルを切った時や段差を乗り越える時に擦れるのであれば、そのタイヤは如何に格好がよくても不適合です。タイヤが破損して事故を起こす前に改めましょう。
  • トレッドの溝がないタイヤでは、ハイドロプレーニング現象の可能性が増大します。タイヤの摩耗と共にハイドロプレー二ング現象のリスクが高まります。たとえツルツルにならずとも危険性は同様です。トレッドの寿命が50%となったタイヤでは、90%あるタイヤなら起こらない状況でもハイドロプレー二ング現象が起こりえます。
  • トレッドからワイヤーが出ている、あるいはサイドウォールに摩耗があるのを発見した時は、10円硬貨の出る幕は有りません。直ちにタイヤの交換をしましょう。ワイヤーが出る例はまれですが、10円玉がまだ大丈夫と伝えていても、ワイヤーが速やかな交換の必要を促しています。速度を上げて走行した結果バーストを起こすよりも、未然にタイヤを交換する方が賢明です。
  • 車両及びホイールに適合したサイズと型式のタイヤを購入するように心掛けましょう。ロープロファイル(扁平化)のタイヤに交換する場合は、大きなサイズのホイールに装着(インチアップ)することでタイヤ径を変更せずに済みます。また、スピードメーターの誤差も防げます。異なるサイズやトレッドが適合しないタイヤは空気圧不足を招き、空気圧監視システム(TPMS)を搭載する車両では警告サインが出ます。
  • タイヤローテーションの際は注意を払いましょう。特にタイヤを今までと異なるホイールに装着する場合は要注意です。最新のタイヤは定められたローテーションの方向があり、ローテーションの方法に呼応しています。詳細についてタイヤメーカーやディーラーに問い合わせましょう。スポーツカーによってはホイールサイズが異なり、ローテーションが不可能です。ホイールが全て同サイズであることを確認しましょう。

必要なもの

  • 10円硬貨
  • タイヤ溝ゲージ

記事の情報

この記事はAndrew Everettが共著しています。 アンドリュー・エヴェレットはノースカロライナ州在住の熟練整備士です。電気技師および空調設備士の資格を持っており、1995年より自動車修理の仕事に従事しています。

カテゴリ: 自動車

他言語版:

English: Know when Car Tires Need Replacing, Italiano: Sapere Quando Cambiare le Gomme dell'Auto, Español: saber cuándo cambiar los neumáticos, Português: Saber Quando Trocar os Pneus do Carro, Русский: узнать, что автомобильные шины пора заменить, Deutsch: Wissen wann Autoreifen ausgetauscht werden müssen, Français: savoir quand remplacer des pneus de voiture, ไทย: รู้ว่าเมื่อไหร่ถึงเวลาต้องเปลี่ยนยางรถยนต์, 한국어: 타이어 교체 시기 아는 법, Nederlands: Bepalen wanneer autobanden vervangen moeten worden, Bahasa Indonesia: Mengetahui Waktu untuk Mengganti Ban Mobil

このページは 1,703 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?