PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

運転しようと思ったらエンジンがかからずヘッドライトも点きません。ジャンピングスタートで急場をしのいだ後、新品のバッテリーやオルタネーターに交換する必要があるかを調べたい時は以下の方法を試します。

方法 1 の 3:
電圧計でバッテリーを点検する

  1. 1
    イグニッションスイッチを切ります。
  2. 2
    プラスのバッテリーターミナルからカバーを外し、ターミナルの点検と掃除をします。
  3. 3
    用意した電圧計のプラス側のリード線をバッテリーのプラス極に繋ぎます。リードのプラス側には普通は赤い線が使われています。
  4. 4
    電圧計のマイナス側のリード線をバッテリーのマイナス極に繋ぎます。
  5. 5
    電圧計の数値を確認します。バッテリーの状態が良い場合、数値は12.4から12.7ボルトの間に納まります。12.4ボルトを下回る時は充電が必要になります。
    • 電圧計の数値が12.2ボルト以下の場合は低速充電を行い、充電完了後に再度バッテリーの状態をチェックしましょう。
    • 数値が12.9ボルトより上回る場合はバッテリーのオーバーチャージ状態です。ヘッドライトをハイビームにして点灯し、過剰な表面充電を放電します。この場合、オルタネーターがバッテリーを過充電している可能性が考えられます。
    広告

方法 2 の 3:
パワープローブ(サーキットテスター)でバッテリーを点検する

  1. 1
    プラス極のバッテリーターミナルからカバーを外します。
  2. 2
    プラス極のバッテリーターミナルに、パワープローブのプラス側のリード線を接続します。プラス側には普通は赤い線が使われています。
  3. 3
    パワープローブのマイナス側のリード線をバッテリーのマイナス極に接続します。
  4. 4
    パワープローブの先端をプラスのバッテリーターミナルに接触させて電圧を計測します。
  5. 5
    パワープローブの数値をチェックします。バッテリーの状態が良い場合、数値は12.4から12.7ボルトの間に納まります。
    広告

方法 3 の 3:
エンジンをクランキングしてバッテリーを調べる

  1. 1
    イグニッションキーをオンにし、スターターを2秒ほど作動させてエンジンを回します。バッテリーの電圧降下を調べるため助手にエンジンを回してもらいましょう。
  2. 2
    エンジンがクランキングしたらパワープローブが示す数値をチェックします。9.6ボルトを下回る場合は問題です。
    • 数値が9.6ボルト以下を示したバッテリーはサルフェーション(硫酸化)状態にあり、充電された電圧の受取りや蓄電をしていません。
    広告

ポイント

  • 自動車のバッテリーは通常4~5年が寿命です。暑い気候では3年ほどしかもたない場合もあります。充電直後にも関わらず、車を使わない間にバッテリーが上がってしまう時は交換するべきでしょう。
  • 不要になったバッテリーは行政の規定に従って処分します。普通、自動車専門店などで依頼することも出来ます。
  • バッテリーの点検や充電はご近所の自動車専門店やガソリンスタンドでも行えます。
  • 新品のオルタネーターの購入を考えている場合は、その前に関連システムを一通り完全点検すると良いでしょう。
広告

注意事項

  • 深刻なやけどやターミナルへの損傷、あるいは水素ガスの爆発をも引き起こしかねないため、バッテリーのターミナル同士は絶対にショートさせないで下さい。
広告

必要なもの

  • 電圧計

関連記事

車内にインロックした鍵を取り出す
オートマチック車の運転オートマチック車の運転
クロムめっきを剥がすクロムめっきを剥がす
バッテリー液の量を確認する
カーフィルムを剥がすカーフィルムを剥がす
バッテリーの腐食汚れを落とすバッテリーの腐食汚れを落とす
タイミングベルトの交換タイミングベルトの交換
プラグコードの点検
インロックした車の鍵を開けるインロックした車の鍵を開ける
車の直結車の直結
燃料ポンプの点検燃料ポンプの点検
車体についた虫、樹液、タールを取り除く車体についた虫、樹液、タールを取り除く
ホイールナットを緩める
ワイパー用ウォッシャー液を作るワイパー用ウォッシャー液を作る
広告

このwikiHow記事について

Jay Safford
共著者 ::
熟練整備士
この記事の共著者 : Jay Safford. ジェイ・サフォードは自動車コンサルタント、そしてプロジェクト管理者です。ASE公認自動車技術士、全米フリート管理者協会(NAFA)、フォード認定技術士、L1(エンジン性能に関する整備・修理を専門的に行う技士)の資格を保有しています。15年以上の自動車整備経験があり、フロリダ州ウエストパームビーチのリンカーン工業高等専門学校で整備指導者として後進の指導にあたっています。 この記事は61,742回アクセスされました。
カテゴリ: 自動車
このページは 61,742 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告