正しい美肌ケアは、肌を滑らかで明るく紅潮させてくれます。もちろんフェイシャルエステをスパで受けるのも良い方法ですが、実は自宅で快適に、しかもお金を使わずに、エステと同じ美肌効果を得ることができるのです。まず肌をきちんとクレンジングして角質除去し、フェイシャルスチームとフェイスマスクで毛穴から不純物を取り除きます。最後に拭き取り化粧水と保湿液で仕上げれば、美しいほど柔らかく蘇った肌を手に入れることができるでしょう。

パート 1 の 3:
顔をクレンジングし角質除去する

  1. 1
    髪の毛が顔にかからないように後ろに縛りましょう。ヘアバンドやピン留を使って髪を後ろに縛り、前髪もあげて顔全体を露出します。フェイシャルエステ中に、髪の毛が邪魔にならないようにしましょう。
  2. 2
    肌に優しいクレンザーで、顔を洗いましょう。普段から使っているクレンジング剤で、メイクを落として顔を洗いましょう。顔の繊細な肌には、ぬるま湯の温度が最適です。冷水や熱いお湯ではなく、ぬるま湯で洗いましょう。
    • 次のステップに進む前に、必ずメイクを完全に落としましょう。
    • まだオイルでクレンジングをしたことがなければ、試しにオイルクレンジングの方法で顔を洗ってみるのもいいでしょう。方法はいたって簡単で、アーモンドオイル、ホホバオイル、またはオリーブオイルを顔になじませ、ぬるま湯で洗い流すだけです。オイルは油性の汚れを落とすため、洗顔料では落とせないメイクを、肌にダメージを与えずにスッキリ落とすことができます。
  3. 3
    スクラブ洗顔料など、肌の角質を除去する洗顔料を使いましょう。古い角質が肌表面に溜まると、肌がくすんで見えてしまいます。そのため、毎日のフェイシャルケアにおいては、古い角質を除去して肌に輝きを与えることが大切です。お気に入りのスクラブ洗顔料を使って、古い角質を優しく取り除きましょう。スクラブ洗顔料がない場合、自分で手作りすることもできます。以下の簡単な材料の組み合わせを試してみましょう。[1]
    • 砂糖、はちみつ、牛乳(各小さじ1)
    • 細かく砕いたオートミール、はちみつ、オリーブオイル(各小さじ1)
    • 細かく砕いたアーモンド、はちみつ、水(各小さじ1)
  4. 4
    顔を洗い流した後、タオルを軽く当てて拭きましょう。スクラブ洗顔料が肌に残らないように、しっかりと洗い流しましょう。目や鼻の周りは、ぬるま湯で濡らしたウォッシュクロスを使った方がスクラブを落としやすいかもしれません。きれいに落とした後は、柔らかいタオルで優しく拭きましょう。
  5. 5
    フェイシャルマッサージをしましょう。マッサージをすることで血行が良くなり、肌が明るく健康になります。次のステップに進む前に、洗顔できれいになった肌をマッサージしましょう。人差し指と中指でそっと円を描くように動かしながら、ゆっくりとマッサージします。
    • 額の中心からこめかみに向かってマッサージします。
    • 鼻と頰をマッサージします。
    • 唇、顎先から顎全体をマッサージします。
    広告

パート 2 の 3:
毛穴の汚れを取り除く

  1. 1
    フェイシャルスチームをしましょう。まず鍋にお湯を沸かし、沸いたお湯に火傷をしない程度の距離まで顔を近づけます。お湯からの蒸気を逃さないように、頭からすっぽりとバスタオルをかぶりましょう。5分ほど顔に蒸気を当てますが、その間に苦しくなったら、すぐにタオルを取り、新鮮な空気を吸いましょう。スチームをすることで毛穴が開くため、次のステップで行うフェイスマスクで、汚れや老廃物を取り除きやすくなります。
    • お湯にエッセンシャルオイルを加えると、ぜいたくな気分を味わえるだけでなく、スチームとアロマセラピーのトリートメント両方を一度に体験できます。ラベンダー、レモングラス、ローズ、グレープフルーツなどのエッセンシャルオイルを数滴加えると、気分も高まるでしょう。
    • エッセンシャルオイルがない場合、ハーブティーのティーバッグでも代用できます。カモミールティーやチャイ、ペパーミントティーには全て、香りの良いハーブが配合されています。
  2. 2
    フェイスマスクを作りましょう。次のステップでは、フェイスマスクを使って毛穴から汚れや古い角質などの不純物を取り除きます。市販のフェイスマスクもありますが、自分で簡単に手作りすることもできます。肌質に合わせ、下記のマスクを作ってみましょう。[2]
    • 乾燥肌:つぶしたバナナ1本分とはちみつ大さじ1を混ぜます。
    • 普通肌:アロエの果肉とはちみつ(各大さじ1)を混ぜます。
    • 脂性肌:美容クレイとはちみつ(各小さじ1)を混ぜます。
    • 全ての肌タイプ:未加工のはちみつを使いましょう。はちみつには抗菌作用と保湿効果があるため、どのタイプの肌にも向いています。
  3. 3
    マスクを塗り15分待ちましょう。フェイスマスクを肌にまんべんなく塗り、効果が出るのを待ちましょう。フェイスマスクをしている間、同時に目のケアもしてみましょう。横になり、閉じた瞼の上に冷たいきゅうりのスライスを置いてリラックスします。きゅうりがなければ、冷やしたティーバッグでも代用できます。
  4. 4
    顔を洗い流し、軽く押すように拭きます。フェイスマスクが顔に残らないように、ぬるま湯でしっかり洗い流しましょう。はちみつが残ると肌がべたつくため、特に目と鼻の周りに残らないように気をつけましょう。
    広告

パート 3 の 3:
肌の調子を整え、保湿をする

  1. 1
    手作りの拭き取り化粧水をつけましょう。拭き取り化粧水は、肌を明るくして調子を整えます。市販の拭き取り化粧水もありますが、自宅にある身近な材料で手作りすることもできます。以下3種類の拭き取り化粧水を手作りしてみてはいかがでしょう。[3]
    • リンゴ酢と水(各大さじ1)を混ぜる
    • ウィッチヘーゼル(マンサク)と水(各大さじ1)を混ぜる
    • ローズウォーターと水(各大さじ1)を混ぜる
  2. 2
    クリーム状の保湿液で最後の仕上げをしましょう。自分の肌のタイプにあった保湿液をつけましょう。保湿液は肌の乾燥を防ぐため、フェイシャルエステの効果を維持できます。アルコールは肌の乾燥を招くため、ノンアルコールの美容保湿液を選びましょう。
    • アルガンオイル、アーモンドオイル、ホホバオイルは、天然の保湿液として使うことができます。
    • アロエも大変優れた天然保湿液です。アロエには傷の治癒を促す天然成分が含まれているため、日焼けをした肌にも使うことができます。
  3. 3
    数時間待ってからメイクをしましょう。フェイシャルエステをした後はすぐにメイクをせず、肌を休ませて肌のすみずみに効果が行き渡るまでしばらく待ちましょう。通常の化粧品にはアルコール成分や様々な化学物質が含まれているため、角質除去をして毛穴をクレンジングしたばかりの肌には刺激が強く、炎症を起こすことがあります。
    広告

ポイント

  • 角質除去をするときには、肌を強くこすらないように気をつけましょう。肌の炎症を引き起こすことがあります。

広告

必要なもの

  • クレンジング剤
  • スクラブ洗顔料
  • 鍋に入れたお湯
  • フェイスマスク
  • 拭き取り化粧水
  • 保湿液
  • タオル数枚

関連記事

How to

靴の音鳴りを止める

How to

生理を早める

How to

洗濯機で衣類を縮める

How to

タトゥーシールをはがす

How to

縮んだ服を伸ばす

How to

防犯タグを外す

How to

アロエベラジェルでニキビを消す

How to

お酒の臭いを消す

How to

髪に付いたガムを取る

How to

革に付いた油染みを落とす

How to

デリケートゾーンの匂いを消す

How to

ポリエステル製の服を縮める

How to

えくぼを自然に作る

How to

衣類のカビ臭さをなくす
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む16人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。 この記事は6,878回アクセスされました。
このページは 6,878 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告