太陽エネルギーは、世界で最も成長している代替エネルギーのひとつです。本格的なソーラーパネルを作るにはある程度の技術と忍耐が必要ですが、小型の太陽電池であれば、初心者でもソーラーパネルと同じ原理を適用して作ることができます。太陽電池を自作することは、ソーラーパネルの特性をするのに役立ちます。少量の二酸化チタンを用意すれば、太陽電池を作って光を電力に変換することができます。

パート 1 の 3:
二酸化チタンを入手する

  1. 1
    白い粉がまぶされたドーナツを集める 白い粉がまぶされたドーナツを一袋購入しましょう。この白い粉には、二酸化チタン(TiO2)と呼ばれる化学物質が含まれています。二酸化チタンは太陽電池を作るのに役立ちます。[1]
  2. 2
    砂糖を溶かす 残念ながらドーナツにまぶされた粉には、二酸化チタン以外に砂糖や脂肪などの不純物が含まれています。砂糖を取り除くには、粉をお湯に入れてかき混ぜてフィルターで濾します(コーヒーフィルターを使うとよいでしょう)。砂糖はお湯に溶けてフィルターを通過します。フィルターに残る固形物は二酸化チタンと脂肪の混合物です。[2]
    • 目安として、ドーナツ5個につきカップ1杯のお湯を使いましょう。
  3. 3
    脂肪を取り除く 脂肪は水やお湯に溶けないため、フィルターを通らずに二酸化チタンとともに残ります。幸いなことに、この残留物から簡単に脂肪を取り除くことができます。耐熱皿に残留物を移してオーブンに入れ、500度で3時間焼きましょう。これによって、脂肪が蒸発して二酸化チタンの粉末が残ります。[3]
    広告

パート 2 の 3:
太陽電池を作る

  1. 1
    導電ガラスを利用する 大半の導電ガラスにはITO(インジウムスズ酸化物)の薄膜がコーティングされています。このITOの薄膜によって、絶縁体であるガラスの表面に電気が流れるようになります。導電ガラスはオランラインで購入できます。[4]
    • 一般的に、導電ガラスのサイズは2.54cm角です。
  2. 2
    二酸化チタン溶液を作る ガラスビーカーに二酸化チタンを入れます。そこにエタノールを注いでかき混ぜましょう。ここで使うエタノールは、できるだけ純度の高いものを使う必要があります。実験室用のエタノール(純度99.5%以上)が最適ですが、準備できない場合は、ウォッカやエバークリア(Everclear)で代用することもできます。[5]
    • ドーナツ1個につき1mLのエタノールをコップやビーカーに注ぎ、かき混ぜましょう。
  3. 3
    ガラスをコーティングする ガラスの3辺にテープを貼りましょう。こうしてテープを貼ることで、コーティングの厚さを制御しやすくなります。スポイトやピペットを使って、二酸化チタン溶液をガラスの表面に少量滴下します。続いて、スライドガラスで余分な溶液をそぎ落し、コーティングの薄い膜を残します。この作業を10回繰り返しましょう。[6]
    • 1回あたりの溶液の滴下量は、ガラスに薄いコーティング膜を1層作るのに十分な量でなければなりません。合計10回滴下して、二酸化チタンの膜を10層作りましょう。
  4. 4
    太陽電池を加熱する 太陽電池を清潔な耐熱ビーカーまたは耐熱皿にのせ、それをホットプレートの上に置きます(太陽電池を直接ホットプレートの上に置いてもよいでしょう)。ホットプレートの電源を入れて、太陽電池を10~20分間加熱します。[7]
    • 加熱中は太陽電池を注意深く観察しなければなりません。太陽電池の色が茶色に変わり、白色に戻ります。こうして元の白色に戻ったら、有機溶媒(エタノール)が燃焼したことを示します。これで太陽電池の加熱は完了です。
  5. 5
    太陽電池にお茶で色をつける お茶には、アントシアニンと呼ばれる有機化合物が含まれており、アントシアニンには、可視光をよく吸収する性質があります。カップにハーブティーを入れて太陽電池を数時間浸しましょう。ハイビスカスティーのような濃い色のお茶が最も効果的です。太陽電池をお茶に数時間浸すことで、色がついて表面にアントシアニンが定着します。これで、太陽電池は可視光を吸収できるようになります。[8]
    • 色をつける前の太陽電池が吸収できるのは、紫外線のみです。
    広告

パート 3 の 3:
太陽電池で発電する

  1. 1
    もう1枚の導電ガラスに黒鉛を塗りつける このガラスは対電極の役割を果たします。普通の黒鉛筆を利用することができます。黒鉛筆の先端をガラスにこすりつけて、ガラス全体に黒鉛を塗布しましょう。[9]
  2. 2
    2枚のガラスの間にスペーサーを入れる 2枚のガラスの間に入れるスペーサーには、薄いプラスチックを切って使うことができます。スペーサーは、それぞれのガラスの何も塗られていない面(お茶や黒鉛がついているのと反対側の面)の間に入れましょう。別の方法として、スペーサーの代わりに、ガラスの何も塗られていない面の縁を囲むようにテープを貼ることもできます。テープが2枚のガラスの間にわずかな隙間を作り出します。[10]
  3. 3
    ガラスの隙間に電解液を入れる ヨード液は、電解液として使うのに最適であり、大半の薬局で販売されています。ヨード液とエタノール(アルコール)を3:1の割合で混ぜましょう。こうして混ぜた溶液を2枚のガラスの隙間に1、2滴注入します。[11]
  4. 4
    2枚のガラスをしっかりと押し付ける 前のステップで注入した溶液が蒸発する前に、2枚のガラスをしっかりと押し付け、ワニ口クリップを使って動かないように固定しましょう。これで、太陽電池は光を受けると電流を流すことができるようになります。[12]
    • 太陽電池を日光の下に置き、マルチメーターを使って電流が流れることを確かめることができます。
    広告

ポイント

  • 銅のシートを使って、自宅で太陽電池を作ることもできます。

広告

必要なもの

  • 白い粉がまぶされたドーナッツ
  • エタノール
  • ホットプレート
  • 導電ガラス
  • 黒鉛筆
  • 電解液
  • テープ

関連記事

How to

アリを殺虫剤なしで殺傷する

How to

カタツムリを駆除する

How to

マンゴーを熟成させる

How to

トマトの剪定

How to

エアーベッドの空気漏れを修理する

How to

革製品の臭いを取り除く

How to

ラベンダーオイルを作る

How to

キャンドルのロウを落とす

How to

池の藻を除去する

How to

コンクリートを仕上げる

How to

ヒマワリを鉢植えで育てる

How to

ヒューズをチェックする

How to

ツタを取り除く

How to

コーラでトイレを掃除する
広告

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者 by
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
このページは 787 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告