自己紹介の場で相手に何を伝えるかはすべて会話の内容によるので、簡単ではないかもしれません。自分の自己紹介の内容と方法はネットワーキングのイベントで、パーティーで新しい人に会う場合やスピーチの前など、自分がどのようなオーディエンスを前にして行なうのかによって変わってきます。自分を覚えてもらえるような適切な自己紹介の仕方を学びたいのでしたら、下記のステップを参考にしてみてください。

方法 1 の 4:
プレゼンテーションの前に、自分をクラスの皆に紹介する

  1. 1
    真剣に行ないましょう。学校でプレゼンテーションをすることになって、先生がまず自分の自己紹介をしなさいといったとします。ええ、もちろんもうクラスの皆はあなたのことを知っているわけで、少しばかげたことに思えるのでは。プロフェッショナルの世界で自分に気づいてもらうための自己紹介の練習となり、これは非常に重要です。なのできちんとした服を着て、身なりに気をつけ、プロフェショナルに見えるように心がけましょう。
    • ニヤニヤ笑って、スニーカーを履いて、頭をかいて、携帯をチェックしているようなあなたがそこにいれば、他の人はあなたがそのプレゼンを真剣に受け止めているように思うでしょうか?もし自分が自分のプレゼンを真剣に受け止めていないのであれば、聞いている人たちだって同じです。
  2. 2
    自分が誰か伝えましょう。この部分はシンプルです。ただ自分の名前と苗字をいいましょう。笑ったり、まったくの他人のグループを前にしていると仮定しましょう。どのような印象をつけたいでしょうか?「こんにちは、サンドラ・スミスです」や、「おはようございます。ジョセフ・ジョーンズです」など言いましょう。
    • もし自分に可愛くて少し幼稚な通名があるのでしたら、フルネームだけを伝えるべきです。
    • もし先生のガイドラインがクリアでなければ、彼女にプレゼンの前に質問をしましょう。ほとんどの教師はまず苗字と名前で自己紹介をさせたがりますが、もっとカジュアルな場合は、ただ名前だけの場合もあります。
  3. 3
    自分が何を話すのか伝えます。自分の名前を伝えた後は、オーディエンスに今から何のプレゼンテーションが行なわれるかについて伝えます。これは、教師がそう言う以外の場合、文章二つ分以上であるべきではありません。名前を言うとその次に「今日はマルチン・ルターの人生と功績について話します」だったり「共和国憲法の重要性についてディスカッションを行ないたいと思います」など言います。
    • この部分は、教師の指導方法にもよります。どれくらいの詳細を彼女は望んでいるかによります。ひとつか二つの文章があればプレゼンを始められますが、もし自分のプレゼンについてもっと詳しく語ってほしいということならば、もっと詳しい文章を付け加えましょう。
    広告

方法 2 の 4:
スピーチ前に自己紹介をする

  1. 1
    オーディエンスに挨拶をし、自分の名前を言います。スピーチを行なうとき自分の知っている小さなオーディエンスの前であっても、自分の名前と苗字を言うべきです。こんにちはと挨拶し、自分の名前を言ってから自信のあるクリアな声を使って話しましょう。声が全員に聞こえるようにしましょう。しっかりと子音をキビキビと明瞭に発音し、ボソボソと話さないようにしましょう。
    • 「おはようございます」、もしくは「皆さん元気ですか?」などと言いましょう。
  2. 2
    数人の人とアイコンタクトを図ります。誰かをずっと見つめたり、部屋の隅をじっと意味もなく見つめるのはやめましょう。話しているときは、目の前のグループをぐるっと見て、数人とアイコンタクトを図りましょう。もし様々な目があなたを見ているという感じが嫌いなのでしたら、人の眉毛や鼻を見ましょう。相手には違いがわかりません。
  3. 3
    ポジティブなボディーランゲージを保持しましょう。まっすぐ立って、猫背にならず肩をしゃきっとさせ、手には何も持たず、必要なときにジェスチャーに使いましょう。もし台の後ろに立たなくてもいいのでしたら、自分がどれだけ楽な気持ちで緊張していないのか見せるために、歩きまわりましょう。時には笑顔になることも恐れずに。それはオーディエンスに自分がそこにいてハッピーなのだということを伝えます。
  4. 4
    自分について何か関連性のある情報を伝える。伝えるべき情報は、オーディエンスとその日のテーマによって変わります。もし高校や大学のクラス委員長に立候補しているのなら、自分がどれだけ学校がよく変化するように貢献したか説明しましょう。もしオーガニック食品を食べることの重要性についてのスピーチであれば、自分は科学者で環境問題のスペシャリストだということを伝えましょう。
    • 自分のバックグラウンドを理解してもらい、そのテーマについてなぜ根拠があるのかを相手に知ってもらう必要があります。
  5. 5
    何を今から話すかを伝える。始める前に自分が今から話すことを一言二言伝えて、自分のスピーチを描写することは意味があります。「今日は森林伐採について話し合います」や「今日はなぜ僕が生徒会長にふさわしいか話します」などと言いましょう。文章がひとつか二つもあれば、オーディエンスは主旨をわかってくれるでしょう。
    • 始める前に、オーディエンスに出席してくれた礼を言うのが丁寧でしょう。
    広告

方法 3 の 4:
ネットワーキングのイベントで自己紹介をする

  1. 1
    自分のフルネームを言います。ネットワーキングのイベントで自分を新しい人に紹介するときは、フルネームを言うべきです。ジムという自分のファーストネームしか知らないのに、どうやってプロフェッショナルなコネクションを作れるのでしょうか?「こんにちは、私の名前はマーク・スミスです」とか「ハロー、私はアンジェラ・グレースです」など言うことで、相手はあなたのことをもっと覚えてくれます。
    • もし新しいグループのメンバーとサッカーをする、もしくはパーティーで新しい人に出会うなどカジュアルな社交の場では苗字と名前のどちらも言うことは少しやりすぎで、社交の場でプロフェッショナルのコネクションを作ろうと躍起になっているように聞こえます。
  2. 2
    相手の名前を復唱する。会った人の名前を再度言うことは、社交の場では便利なことですが、ネットワーキングの場では特にその人を重要だと思わせ、しっかり自分が相手の言うことを聞いて、思いやりがあるということを伝えます。初めて会ったときにその人の名前を言い、最後にまた言いましょう。これは相手があなたをもっと評価してくれて、その人を将来的に覚えておけるということでもあります。
    • 「こんにちはリタさん、私はアンジェラ・グレースです」と自己紹介の始めに言い、「リタさん、お話すごく楽しかったです」もしくは「リタさん、お会いできて光栄でした」など会話の最後を締めくくりましょう。
  3. 3
    適切なボディーランゲージを使いましょう。ボディーランゲージは自分に自信があり、プロフェッショナルだということを相手に伝えます。頭を上げて、背骨をピンと伸ばし、普通より少し速めに歩き、自分の効率がよく、几帳面だということを伝えましょう。新しい人と出会ったときはアイコンタクトを保持し、彼、彼女にがっちり握手をして、硬く握りしめすぎないようにあなたが真剣だということを伝えましょう。[1]
    • ポジティブでアップビートな声のトーンを使い、自分がやっていることに満足しているということを伝えましょう。
  4. 4
    自分の行なっていることを一言で表現しましょう。ネットワーキングのイベントにいるならば、恐らく色んな人に自分が何をしているのか伝えないといけないでしょう。なので新しいコネクションが「何をやっておられるのですか?」と聞いてきたら、自分のキャリアの方向について10分も話始めることをするでしょうか?もちろんそうでないです。もっと込み入った会話をしているとき以外、自分が何をやっているか、下記の情報を含めた一言表現を用意しておくべきです。[2]
    • 自分はプロフェッショナルな世界で何者か?教師ですか?プロジェクト・マネージャーですか?医療ケアのプロフェッショナルですか?
    • どんな人たちと働いていますか?子どもに関係する仕事ですか?クロスカルチャーのプロジェクトチームですか?小規模金融の団体ですか?
    • 何をしているのですか?書くことを小学2年生に教えているのですか?クロスカルチャーなチームに予算内でゴールを達成させるのがあなたの仕事ですか?発展途上国をベースにしたマーケットを小規模金融団体に拡大させることが仕事ですか?
    • それができたら、その個々の一言をまとめましょう。自分が何者で、どんな人たちを相手に仕事をして、そこで何をしているのかです。
  5. 5
    質問でフォローアップしましょう。もし相手が自分が何をしているのかまず聞いてきたら、自分を褒めて立ち去ることはせずに、相手にも何をしているのか反対に聞いてみましょう。これは礼儀正しくあるだけでなく、自分が真剣にその人のキャリアに興味があって、意味のあるコネクションを築き上げたいと示します。
  6. 6
    プロフェッショナルな別れの言葉を交わしましょう。ただ「お会いできてよかったです」なんてその相手から立ち去らないこと。ネットワーキングのイベントで会う人たちは将来ビジネスを行なう相手になるかもしれないので、きっちりアイコンタクトを図り、相手の名前を復唱し、名刺交換、情報交換を立ち去る前に行ないましょう。
    広告

方法 4 の 4:
個人への自己紹介

  1. 1
    アイコンタクトを図ります。アイコンタクトは自信を持っているように見せるので、しっかりと交流を持とうとしていることを相手に伝えます。もし誰かの目をしっかりとみすえることに不安を感じるのなら、眉毛の間を見ましょう。相手にはその違いがわかりません。
  2. 2
    笑顔で。正直ではつらつとしたスマイルを送ることは、新しい人と会うときに重要です。笑顔はあなたのベストな緊張をほぐすものとなり、それは人の興味を引き込みます。
  3. 3
    握手を求めましょう。がっちりとした握手は、自分に自信があることを示します。しっかりとしたグリップ、しかし相手の手を痛めない程度に。親指以外の指で少し握るようにし、2、3秒後に握手を解きましょう。
  4. 4
    名前をお互い伝えましょう。もし自己紹介がフォーマルなのでしたら、「こんにちは私の名前は○○です」もしフォーマルではないのでしたら「こんにちは、私は○○です」と言い、名前を言ったすぐ後に「あなたは…?」と相手の名前を質問のトーンで聞きます。相手の名前がわかったら、「お会いできて光栄です、ジョン」とか「会えて嬉しいです、ジェーン」など言いながら相手の名前を復唱し、それは自己紹介にもっと個人的な味わいを与えます。
    • 通称の名前を教えるのはまったく構いませんが、それがニックネームであることはしっかりと伝えるようにしましょう。たとえば「私の本当に名前はマイクと言うのですが、皆私のことを『ザ・シチュエーション』と呼びます」「私の名前はニコールですが、あだ名は『スヌーキー』です」など。
  5. 5
    自分のバックグラウンドについて少し明らかにしましょう。これは会話の内容にもよりますが、相手に自分のことについて少し教えつつ会話を始めましょう。どこの出身、どんな仕事をしている、なぜこの人に会いたかったなど。何を使う場合も、これは会話を続けるジャンプ台になるべきです。会話を始める前に自分のバックグラウンドについて少し相手に伝えるべきです。どこで働いているのかとか自分の役職を伝えることは適切で、会話のトピックを広げてくれます。
  6. 6
    会話を終える。相手に初めて会って、その人に会えてよかったということを伝えて会話を終えましょう。もしその交流がフォーマルならば、「ジョーンズさん、お会いできてよかったです。またすぐお話できるといいですね」、もしカジュアルならば「ジェーン、お話できて楽しかったです。また会いましょう」など。
    広告

ポイント

  • ポジティブなことにフォーカスしましょう。相手と初めての会話を交わすときは、自分や誰かのネガティブなことについて話すべきではありません。
  • 口に食べ物をほおばっているときには、会話をしない。
  • 自分と話す相手への焦点を保持し、自分がもらってうれしい敬意を相手に示しましょう。
  • もし手に汗をかきやすいのでしたら、自己紹介をする前にナプキンで手を拭くようにしましょう。
  • 歯に何かくっつくような食べ物は避けましょう。
  • 目をそらしたり、気が散ったようにみえないようにしましょう。これはあなたが退屈、もしくは興味がまったくないということを示します。
  • ジョークや褒め言葉で会話を始めて、会話を明るくしましょう。



広告

関連記事

How to

壁の向こう側の会話を聞き取る

How to

げっぷする

How to

すぐに涙を出す

How to

恋人からの信頼を取り戻す

How to

ソシオパスかどうかを見抜く

How to

他者に依存しない

How to

復讐する

How to

キスが上手になる

How to

笑ってはいけない時に笑いを止める

How to

泣いている人を慰める

How to

笑い方を変える

How to

自分の前で緊張する男性が自分に好意を持っているかを判断する

How to

男性からの好意に気付く

How to

相手が自分を本当に好きかを知る
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む81人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。 この記事は6,636回アクセスされました。
カテゴリ: 人間関係
このページは 6,636 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告