自撮りが上手くなる方法

この記事には:ポーズをとる環境でパワーアップ加工とアップロード出典

「自撮り」は、自分のキャラやセンスを世にアピールできる楽しい方法です。今や一般人に限らず、芸能人や政治家でさえ自撮りをシェアしています。しかし、ただスマートホンのインカメに顔を向けるだけでは芸がありません。SNS映えする自撮りを撮るにはそれ相応の美学があるのです。この記事では、注目されるような自撮りのテクニックを紹介します。

パート 1
ポーズをとる

  1. 1
    写りが良い角度を探す 真正面を向いた時よりも、顔の特徴を捉え、写りが良くなるような角度を探しましょう。例えば、首を左か右に少し回せば彫りが強調され、立体感のある顔立ちになります。また、カメラを顔より上に持っていき、レンズを見上げることで、鼻を目立たせずに目を強調することができます。写りの良い角度を探すための方法はほかにもあります。
    • 左右どちらから撮影するのが良いか確かめてから自撮りをします。顔が左右対称でバランスよく見える方を選びましょう。
    • カメラを顔より上に持っていき、胸と顔が写るようにすると、谷間を強調することができます。少し不自然な撮り方ですが、谷間を写したい時には確実な手段です。
  2. 2
    「おニュー」自慢をする 新しい髪型やアクセサリーを写す時は、その主役となるアイテムがきちんと写るようにしましょう。
  3. 3
    明るい写真にする なるべく笑顔または楽しげな様子を撮影し、悲痛な写真するのは避けましょう。
    • 新しい髪型を撮る場合は、髪が一番良く写るアングルを探りましょう。同様に、ヒゲを見せたいならば、ヒゲがきちんとフレームに入るようにします。新しい眼鏡を撮る時も、主役である眼鏡を蔑ろにしてはいけません。
    • 買ったばかりのものを手に持ったり、これから食べるものと一緒に写ったりするのも良いでしょう。
  4. 4
    強調するポイントを絞る 顔の特定のパーツを強調したいならば、そこを接写し、綺麗に写すことに集中しましょう。ほかの部分はきちんと写っていなくても構いません。特に、自分のチャームポイントを強調すれば、写りの良い自撮りを撮ることが出来ます。
    • 例えば目が自分のチャームポイントだと思うならば、マスカラやアイシャドウなどのアイメイクをしっかりし、逆に唇などの血色はあまり目立たないようにしましょう。
    • 同じように、笑顔が自分のチャームポイントならば、アイメイクやチークはナチュラルに抑えたまま、リップだけをとびきり鮮やかで魅力的に仕上げましょう。
  5. 5
    良い表情をする 笑顔は無敵の表情です。カメラや携帯に向かって1人で笑いかけることに抵抗があるかもしれませんが、そもそも自撮り自体が自然とは言えないので気にせず撮影しましょう。クールなキャラならば、笑顔ではなく落ち着いた表情でも映えるかもしれません。
    • 笑顔にも様々な種類があります。口を閉じてはにかむように笑うのも、歯を見せて思い切り口角を上げるのも、それぞれの魅力があります。どんな種類であれ、笑顔こそ人の心を惹きつける最高の表情のひとつです。
    • 自然な表情を作るのは難しいことです。自分のリアルな表情を勉強するために、映画を見て心から可笑しくて笑っている時や、ショックなことがあった時にすぐ顔を記録しておきましょう。
  6. 6
    全身写真を撮る 新しい服や引き締まったボディを撮りたいならば、全身鏡の前で自撮りをしましょう。この場合、顔だけが写真の主役ではありません。
    • なるべく無駄なものが写りこまないようにしましょう。背景が雑然としていると、肝心の自分が注目されません。
    • カメラを持っている手の方に腰を寄せることで、スタイルを良く見せることができます。さらに、その反対側の肩は前に出し、空いた手は腰に当てるかそのままぶら下げるようにします。胸は自然な前のめりにし、脚はくるぶしあたりで交差させましょう。[1]
  7. 7
    自然な仕上がりを目指す 慣れない工夫をたくさん施す必要はありません。ありのままの自分をカメラに収めましょう。スッピン風の顔や寝癖のついた髪が写った写真は、まるで「素」を覗き見てしまったような印象を与えることができます。フォロワーをドキっとさせるに効果的です。
    • 起き抜けの顔があまりに見るに堪えない場合、少し整えてから自撮りをしましょう。控えめのメイクで写真を撮っても、いつもの自撮りと比べれば「スッピン風」の自撮りになるのです。
  8. 8
    靴の写真を撮る 新しい靴を撮る場合、脚が靴に向かってスラリと見えるようにしましょう。
    • カメラは真下に向けます。フレームの端には腰元から太ももあたりが見切れるようにすると、遠近法により脚を最大限に長く見せることができます。
  9. 9
    古くさいポーズはしない 自撮りのトレンドにおいて既に廃れ、古くなってしまったポーズもあります。もちろん今からでも真似て構いませんが、少しおどけたり大袈裟にしたりすることで、わざと古くささを演出しているのだということをしっかりアピールしましょう。流行したポーズの例としては、アヒル口・裏ピースなどがあります。
    • アヒル口とは、上目遣いで唇を突き出す表情です。モデルの桐谷美玲さんが雑誌『セブンティーン』でよくしていたのが、女子高生の間でも流行しました。加減をよく考えましょう。
    • 自撮りを、ほかの人に撮ってもらったことにするのは非常に困難です。姿勢や動きなど些細なところから、自分で撮ったということが見抜かれてしまいます。表情ひとつとってみても、ウインクやぎこちない笑顔が不自然さを暗示するのです。

パート 2
環境でパワーアップ

  1. 1
    光の加減に気を付ける どんな写真を撮る時も光源の確保は大切ですが、自撮りも例外ではありません。薄暗い部屋や明るすぎる蛍光灯の下で自撮りをすると、望ましい写りは得られません。なるべく屋外や窓際などの自然光を取り入れられる場所を選びましょう。以下のことも頭に入れておくと役に立ちます。
    • 太陽や電気などの光源を、正面(とくに目の上あたりの位置)に持って来ましょう。顔が柔らかく照らし出された理想の自撮りを撮ることができます。光源が横にあったり、逆光になったりした場合、顔に余計な影が差してしまいます。
    • 薄いカーテン越しに光を採ることで、柔らかで素敵な雰囲気を演出することができます。顔立ちがなめらかになり、笑顔が引き立ちます。
    • 写真の発色を良くするには自然光が適していますが、人工光は影部分のライトアップに使用することもできます。また、光のバランスに関しては、オートバランスの機能がついたカメラも多くあります。
    • フラッシュは極力切りましょう。強すぎる光が肌のテカりや赤目を生み、不自然な写りになってしまいます。
  2. 2
    外カメを使う ほとんどのスマートホンは、外と内の2カ所にカメラがついています。通常自撮りに使用するのは内側のインカメですが、あえて外側のカメラを使ってみましょう。外側のカメラの方がインカメより画質が良く、綺麗な写真を撮ることができます。画面を裏側に向けてしまうので顔を確認しながらの撮影はできませんが、写真の質は上がります。
  3. 3
    鏡を使わない 鏡を使うと、写真が左右反対になり、カメラ自体が写真に写りこみ、さらに目線もおかしくなります。また、鏡に映った像をさらにカメラで撮るため、実際よりも歪んで見えることもあります。腕を伸ばし、手首を曲げて、鏡を使わずに自撮りをしましょう。慣れるまで時間がかかるかもしれませんが、次第に全体を上手く捉えられるようになります(この時、頭の上部が見切れないよう注意しましょう)。
    • 例外として、全身を写したい時だけは、全身鏡が適しています。
    • カメラを持つ手は左右両方を試してみて、理想的な角度で撮れる方を使いましょう。
  4. 4
    背景を選ぶ 良い自撮りというのは、人だけでなく背景にも見どころがあるものです。屋内外どちらの場合でも、撮影の前にまず背景に何が写りこむのかを確認します。一緒に写りたいものがあれば、それがきちんと後ろに来るよう位置を調整しましょう。
    • 背景に自然を写しましょう。春夏であれば木々や花のあるところ、秋は紅葉、冬は雪などを背景に入れると、季節を感じさせる写真になります。
    • 自然がしっくりこなければ、自分の部屋で自撮りをしましょう。まずは片づけをし、さらに、さりげない雑貨やインテリアを背景に配置します。これで画面は地味にはなりません。例えば、読書家ならば、本を積んでみると自分らしい雰囲気を醸し出すことができます。ただし、映画のポスターなど人の顔が大きく出ているものは、見る人の気を散らす可能性があるので気を付けましょう。
  5. 5
    邪魔者にご注意 いざ自撮りしようというその瞬間に、突然画面に何かが写りこんでくることもあります。年下の兄弟、行儀の悪い子供、庭でくつろいでいる犬などがその例です。自撮りをする前に軽く周囲を確認し、影に邪魔者が潜んでいないか注意しましょう。
    • たとえ邪魔が入ったとしても、後から撮り直すことができます。ただし実際に写真をアップロードする際は、背景を今一度確認してからにしましょう。
    • 意図しない誰かとのツーショットが、かえって良い写真になることもあります。幼い妹が写真に入ってきただけですぐに破棄してしまうのは、勿体ないことです。お茶目な妹の顔とあなたの真剣な表情がコントラストになり、面白い自撮りになるかもしれません。
    • どうしても撮り直したくない場合、画像編集ツールを使って余計な部分を切り取ることもできます。
  6. 6
    ほかの人と一緒に写る 自撮りに自分は必須ですが、自分「しか」写してはいけないという決まりはありません。友達、家族、ペットなど、その場にいる皆を写しましょう。完璧に画面の統制を取ることは出来なくなりますが、思わずシェアしたくなるような賑やかな自撮りになるでしょう。[2]
    • 公の場で自撮りをする場合、一人よりも複数人の方が周りから浮きません。
    • 写っている人数が多いほど、たくさんの人にシェアされます。まとまった人数のグループであれば、2人や3人で撮った自撮りよりも多くの人に見てもらえるでしょう。

パート 3
加工とアップロード

  1. 1
    フィルターをかける 自撮りに慣れた人ならば、写真の色や風合いを加工するためのアプリをいくつかインストールしていることが多いでしょう。どんな加工が合うかは写真によって違うため、毎度色んなフィルターを試してみましょう。
    • いちばんシンプルな加工としては「モノクロ」や「セピア」があります。これは画像編集アプリをダウンロードせずとも、スマートホンのデフォルトの機能で出来る可能性が高いでしょう。
    • ほかに人気の加工としては、ヴィンテージ風、ホラー風、またロマンチックにしたり重厚感を出したりと、沢山種類があります。一枚の写真で様々なフィルターを試し、最も合うものを探しましょう。
  2. 2
    写真を加工する 画像を編集するソフトがあれば、気に入らない部分を編集してしまいましょう。背景の一部を削ったり、フレームの比率を変えたり、光の加減を変えたりと、実は後から色んなところを変えることができます。スマートホンのデフォルトの機能も充実していますが、世の中に五万とある画像編集アプリを使えば、もっと凝った編集も可能です。
    • 加工や編集は、あくまで自然に見える範囲で行いましょう。明らかにやりすぎてしまった場合、そのまま公開せずに一度元の写真に戻すのが賢明です。
  3. 3
    様々なアカウントで投稿する FacebookやTwitter、Snapchat、Instagramなど、様々なアカウントで自撮りを投稿しましょう。写真にキャプションを加えれば状況が分かりやすくなりますが、写真だけを投稿してフォロワーに汲んでもらうこともできます。
    • 自撮りの投稿は堂々としましょう。「他のものを取ろうとしてたまたま顔が写りこんでしまった」といった風を装うのは、非常に不自然です。自撮りしたことを恥ずかしがらず、誇りを持ちましょう。
    • 他人の自撮りがどうしても鼻についてしまう人は、一定数存在します。嫌味や文句が寄せられる可能性もあります。最近アップロードした写真を見返して、あまりに自撮りばかりならば、少し控えても良いかもしれません。
    • 人がしていたら良いと思うようなコメントを自分でも心がけましょう。人の投稿を「いいね」してシェアした分だけ、それが自分に返ってきます。
  4. 4
    流行に乗る 自撮りはトレンドの出入りが激しく、その流行りに乗るのも楽しみのひとつです。今流行っている自撮りはどんなものでしょうか?自分の顔をアップすることを恥ずかしがらず、以下のような流行に乗ってみましょう。
    • Throwback写真:過去の写真を時間が経ってから投稿するのが「throwback」です。もとは「#tbt (Throwback Thursdays)」という木曜日限定のハッシュタグでした。最近は木曜日でなくても昔の写真を投稿する人が増えています。子供の頃の写真や、前に行った旅行の写真、あるいは先週の写真を投稿してみましょう。季節の変わり目に、ちょうど1年前の写真をアップロードする人も多くいます。
    • 「From Where I Stand」:日本では正式な名前が付いていませんが、カメラを下に向けて自分の足元を写した写真のことです。どこか初めての場所に降り立った時、また砂浜や路地裏などのいつもとは違う地面に立った時に試してみましょう。印象的な視点の写真を撮りたいと思った人たちから発信されたトレンドです。[3]
    • snow風:SnapchatやInstagram、snowといったアプリには、カメラに顔を写すと自動的に猫耳やクマの口などが被さる機能があります。たしかに自分の顔なのに、プリクラで加工したかのような可愛い変装ができたり、「目デカ」「美肌」のような効果を得られるため、若者に根強い人気があります。友達と一緒にsnow風の自撮りをすれば、簡単に流行に乗ることができます。
    • 虫歯ポーズ:「虫歯ポーズ」とは、片方の手で顎から頬にかけて覆い、まるで歯が痛くて手を当てているかのようにするポーズです。顔の輪郭を隠すため小顔効果があります。「裏ピース」に代わって若い女性の自撮りによく見られます。
  5. 5
    適切なTPOを守る 事故現場やお葬式など、状況によっては自撮りが不適切にあたる場面があります。感覚的に常識で判断が出来るはずですが、念のため自分の中で意識的に確認するよう心がけましょう。誰かを傷つけたり嫌な気持ちにさせたりする可能性があれば、次の機会に見送るのが適切です。[4]
    • 冠婚葬祭などのフォーマルな場は自撮りに適しているとは言えません。誰かを祝う特別な日には、スポットライトを主役に譲りましょう。
    • 記念碑などにも敬意を払い、自撮りは控えましょう。とくに悲劇的な記念碑である場合、不謹慎な撮影は禁物です。

ポイント

  • なるべく自然な自撮りを心がけ、「頑張っている感」が出ないように気を付けましょう。自撮りはすべて「頑張っている」のですが、それを全面に出すかというのはまた別の問題です。
  • 腰を斜め後ろに引くようにするとスタイルが良く写ります。とは言え、ありのままの自分に自信を持つことの方が遥かに大切です。人を決めるのは容姿ではなく、中身です。
  • 腹筋は、横から撮ると写りが良くなります。男性が腹筋を撮る場合、シャツは、半分ずり上げるのではなく脱いでしまった方がだらしなくなりません。
  • 胸の谷間は、ベッドや床などにうつ伏せになり、肘を寄せることで強調することができます。
  • 筋肉に自信があるならば、伸ばした状態の腕を撮りましょう。最も美しく筋肉を見せることができる方法です。
  • 景色や人を完璧に画面に収めたいならば、自撮り棒(セルフィースティック)を使いましょう。好きな角度から撮影ができ、また、リーチが長い分綺麗に被写体を捉えることができます。
  • 撮影の際はカメラを動かさぬよう注意しましょう。手が動くと写真がブレてしまう可能性があります。
  • 屋外で自撮りをする場合、風に髪をなびかせてみましょう。
  • iPhoneの場合、カメラのシャッターは音量の▲(上げる)ボタンでも押すことができます。また、3秒や10秒といったタイマー機能もついています。綺麗に撮れる方法を探してみましょう。
  • 撮った自撮りは必ず確認しましょう。写りが悪かったり、余計なものが写っていたりする写真ばかりがSNSに並ぶことになってしまいます。

必要なもの

  • スマートホンなどのカメラ付き携帯電話

記事の情報

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む85人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。

カテゴリ: 写真 | アート・エンタメ

他言語版:

English: Take Good Selfies, Français: prendre de bons ''selfies'', Español: tomar una buena autofoto o "selfie", Português: Tirar Boas Selfies, Italiano: Scattarti da Solo una Bella Fotografia, Русский: сделать хороший автопортрет, Deutsch: Perfekte Selfies schießen, Nederlands: Goede selfies maken, Čeština: Jak fotit kvalitní "selfie" fotky, 中文: 自拍, Bahasa Indonesia: Mengambil Foto Selfie yang Bagus, ไทย: ถ่ายเซลฟี่ให้ดูดี, العربية: التقاط صور سيلفي رائعة, हिन्दी: अच्छी सेल्फी लें, 한국어: 셀카를 잘 찍는 법, Tiếng Việt: Chụp Ảnh Selfie Đẹp

このページは 1,658 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?