自然に歯を白くする方法

この記事には:冷蔵庫の中にある物を活用日常生活用品を活用出典

歯を白くしたい!多くの人がそう願っています。歯を白くする方法は数多くありますが、自然に歯を白くする方法があることをご存じない方が多いのが現状です。すぐにお試しいただける自然に歯を白くする方法をいくつかご紹介します。

1
冷蔵庫の中にある物を活用

  1. 1
    カリカリとした食べ物を食べましょう。カリカリとした歯ごたえの食べ物は、歯の黄ばみや虫歯の原因となる様々な糖類や化学物質を取り除く効果があります。歯の一番の敵といえば歯に付着しやすい食べ物です。
    • 1日1個のリンゴは医者「と」歯科医いらず。ホワイトニング製品には、ステインと呼ばれる歯の着色汚れを分解し、歯を白くする効果があります。そして多くの方がご存知のように、リンゴにはホワイトニング製品の成分として使われるリンゴ酸が含まれています。[1]
    • キュウリ、ブロッコリー、セロリ、そして人参などの野菜はホワイトナーと呼ばれ、歯を白くするのに使用されます。これらの野菜はカリカリとしているため唾液の分泌を促進し、歯の着色汚れを減らすのに役立ちます。
  2. 2
    食後は水で口の中をゆすぎましょう。歯についた食べ物や食べカスを水で洗い流し、着色汚れや虫歯を予防します。外出中に歯を磨く時間がない場合など、特に効果的な方法です。
  3. 3
    歯を白くする効果がある果物をお試しください。自然に歯を白くする効能がある果物がいくつかあり、とても簡単に歯を白く、また漂白します。例えばイチゴです。 イチゴには民間療法でよく使われる、歯を白くして漂白する人気の美白剤が含まれています。
    • イチゴで歯をこするか、イチゴペーストを作成しましょう。イチゴには、歯を傷つける恐れのある酸と果糖が含まれているため、イチゴで歯をこすった後、すぐに歯磨き粉で歯を磨いてください。
    • レモンを使いましょう。レモン数滴と塩を混ぜてペースト状にし、効果が現れるまでの数日間、歯ブラシを使ってこのペーストを歯につけます。レモンは歯のエナメル質を分解して虫歯になりやすくするので、イチゴと同様に使用後はすぐに歯磨き粉を使って歯を磨き、永続的な歯のダメージを避けましょう。
    • 干しぶどうを多く摂取しましょう。カリカリとした野菜と同じで、干しぶどうには多量の唾液の分泌を促進する効果があります。唾液の分泌の効果により、歯の洗浄を常に行う状態が保たれますので、歯にこびりつきがちな歯垢を洗い流す効果があります。[1]
  4. 4
    もっとチーズを食べましょう。ええ、おっしゃる通りです。バカバカしい方法に聞こえるかもしれませんね。しかし食後に小量のチーズを食べると、虫歯予防と歯のエナメルの再ミネラル強化を促進する効果がある可能性があるという研究結果も出ているのです。
    • 牛乳とヨーグルトには、歯のエナメルを再ミネラル強化する働きのあるミネラル、カルシウムとリンが含まれています。これらには歯を輝かせ虫歯を予防する効能があります。[2]
      • エナメルが強くても、微笑むときの白い歯とは何の関係もないとお思いでしょうがそれは間違いです。白い歯とエナメルの強さには深いつながりがあるのです。エナメルは歯の外側の層の部分ですが、目に見えている層の部分だけではなく、実は歯を保護する保護剤の役目も果たしているのです。エナメルの部分についた着色汚れによって歯の色も変わってしまいます。カルシウムとリンを補充することで、エナメルを強化して健康的な状態を維持できます。[3]

2
日常生活用品を活用

  1. 1
    歯磨きとフロスを行ないましょう。歯の着色汚れを取り除くよりも、着色そのものを予防する方が簡単なので、当記事でご紹介する自然に歯を白くしたり漂白する方法は非常に重要です。 歯を清潔で白く保つためには、歯磨きとフロスが(もっとも)重要な役割を果たします。歯磨きとフロスを怠ると着色汚れや虫歯が入り込む隙を与え、それが歯の変色へとつながります。
    • 歯のフロスはとても重要です。歯と歯の間にも着色汚れは発生します。またフロスは歯茎の健康維持にも効果があります。歯茎が赤く腫れていたら、どれだけ歯が白くても健康的には見えません。
  2. 2
    重曹を活用しましょう。 重曹は歯を白くするだけではなく、清潔に保つ効能がある製品の一つです。重曹は歯磨き粉が発明される前から、何世紀にも渡り歯を白くしたり漂白するために用いられてきました。
    • 小量の重曹と水、そして塩をひとつかみ混ぜてペースト状にしたら、このペーストを使って普段と同じように約1分間歯を磨きます。口をきれいにゆすぎ、重曹を完全に洗い流しましょう。週に多くても2回まで1分間のみ行ないます。重曹は歯を研磨して歯のエナメルを浸食します。[2]
      • 重曹を使う際にはレモンと混ぜるのもよいでしょう。[1]
  3. 3
    過酸化水素水を使用しましょう。過酸化水素水は強い漂白効果があることで知られています。過酸化水素水はH2O2から構成される化学物質で、水にとても近い構成になっています。この有効で万能な物質は、防腐剤、殺菌剤、酸化剤そしてロケットの発射火薬などに使われます。また歯磨き粉、消毒剤、マウスウオッシュの成分でもあります。
    • 過酸化水素水と水を同量混ぜた液体を、マウスウオッシュのようにご使用ください。ご安心ください。過酸化水素水を歯のホワイトニングのために使用するのは安全であると米国歯科医師会(ADA)が発表しています。[4]
  4. 4
    キシリトール入り砂糖不使用ガムを噛みましょう。キシリトールは歯垢を防ぐ効果のある天然甘味料です。砂糖は歯垢のえさとなり歯垢を作りますが、キシリトールは歯垢を作りません。またキシリトールはpH値を中和し、唾液の分泌を増加させます。
    • 覚えておいていただきたいのは、唾液には食べ物や食べカスを洗い流すと同時に口にバクテリアを運ぶという役割があるということです。そのため一日に2回歯を磨き、糖分の摂取量を控えることが大切です。[2]

注意事項

  • 重曹(と、より狭い範囲ですが過酸化水素水)をご使用の際はご注意ください。どちらの製品も文字通り歯を浸食する恐れがあります。
  • レモンやイチゴを使用した後すぐに歯磨きをしないでください。レモンとイチゴを使用したすぐ後は歯のエナメルが弱くなっています。この状態で歯を磨くと歯にダメージを与える恐れがあります。少なくとも30分、1時間程度待ってから歯を磨くのが理想です。

記事の情報

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む19人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。

カテゴリ: 健康

他言語版:

English: Whiten Teeth Naturally, Español: blanquear los dientes de forma natural, Português: Clarear os Dentes Naturalmente, Русский: отбелить зубы натуральными средствами, Italiano: Sbiancare i Denti in Modo Naturale, Français: avoir des dents plus blanches naturellement, Deutsch: Zähne natürlich aufhellen, 中文: 自然美白牙齿, Čeština: Jak přirozeně vybělit zuby, Bahasa Indonesia: Memutihkan Gigi Secara Alami, العربية: تبييض الأسنان بطرق طبيعية

このページは 5,702 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?