人々は日々、歯を傷める食べ物や飲み物にさらされています。きちんと歯の手入れをしていても、虫歯の原因となる脱灰が多かれ少なかれ起こります。虫歯を改善したい場合、自宅で実践可能な自然療法があります。

方法 1 の 4:
自然由来の歯磨き粉を使用する

  1. 1
    正しい歯磨き粉を探す 自然に虫歯を改善したい場合、自然由来の歯磨き粉を探してみましょう。これらの歯磨き粉は自然由来の材料のみを使用し、フッ素と同じものを作り出します。キシリトールで口内の細菌を減少させ、糖アルコールが歯垢を形成する歯に付いた細菌を大いに減少させます。また、これらの歯磨き粉は脱灰の過程で失われたカルシウムとリン酸を含んでいます。[1] 自然由来の歯磨き粉は以下のような商品が販売されています。
    • ウェルダ 歯磨きハーブ
    • CURA(クーラ) 歯磨きジェル
    • アパガード プレミオ
    • ジョンマスターオーガニック シンピュルテ トュースペーストWH
  2. 2
    自家製の歯磨き粉を作る 歯磨きを購入したくない場合は、自然由来の材料を使用して自分で作ることも可能です。まずはカルシウム(炭酸塩)粉末小さじ4杯、重曹大さじ2杯、ステビア、またはキシリトール1/2〜1パック、そして海塩小さじ1杯を混ぜ合わせます。カルシウムはタブレット状か粉末状で販売されています。上記を混ぜ合わせたものに、ペースト状にするのに十分な量のココナッツオイルを加えます。次に口をスッキリさせるために数滴のはっか油を入れ、しっかりと混ぜ合わせます。
    • 出来上がったペーストに歯ブラシを浸け、いつも通りに歯磨きしましょう。
    • 大量に作って瓶に保管しておくと、長期間使用することができます。腐らないように冷蔵庫に入れて保管しましょう。[2] [3]
  3. 3
    自家製の歯磨き粉にホワイトニングを加える ホワイトニングをしたくない場合は、この方法で作る必要はありません。ホワイトニング歯磨き粉にするには、3%の過酸化水素小さじ2杯を歯磨き粉のレシピに加えましょう。使用すると口の中で泡立ち、少しチクチクすると思われますが、そう感じるべきものなので心配いりません。
    • 過酸化水素は漂白剤の働きをし、抗菌作用もあります。
    • 3%以上のものは使用しないようにしましょう。これより濃い濃度のものは口や歯茎に損傷を与え、炎症を起こす可能性があります。[4]
  4. 4
    オイルプリングを試す 通常の歯磨きに加え、オイルプリングも口内の細菌を減少させる効果が期待できます。朝起きてすぐ、ココナッツオイルかゴマ油小さじ1杯を口に含み、飲み込まず口を閉じて口内全体、歯の隙間に行き渡るように15分〜20分間程度すすぎましょう。終わったら通常通りに歯を磨き、グラス2〜3杯の水を飲みましょう。
    • オイルでうがいをしないようにしましょう。
    • 必ず朝起きてから飲食する前に行いましょう。
    • この方法は実施時間を短くした場合の効果は検証されていませんので、時間通り行うようにしましょう。[5]
    広告

方法 2 の 4:
食事と栄養に気をつける

  1. 1
    糖分、加工デンプンの摂取を徹底して避ける 糖分が細菌の餌を作り出すことで歯垢が発生し、ゆくゆくは虫歯を引き起こします。加工デンプンも糖分と同様の働きをします。お菓子、ケーキ、パン、クラッカーなどを含む全ての加工食品や出来合いの食品を避けましょう。これらの食品には添加糖が多く含まれています。健康な食品だと思っても、毎回ラベルを確認するようにしましょう。上位5品目に砂糖、甘蔗糖、果糖ブドウ糖液糖、その他の人工甘味料が含まれている場合、摂取しないようにしましょう。
    • ソーダやその他の甘いジュースの主な成分は砂糖であるため、可能な場合は避けましょう。加えて、ソーダなどに含まれる人口の原材料は、歯のエナメル質を破壊します。[6] [7] [8]
    • 甘味が欲しい場合は、抗菌作用があり自然由来の蜂蜜か、カロリーフリーで砂糖の200倍甘いステビアというハーブを試してみましょう。[9]
  2. 2
    柑橘類の摂取を控える 柑橘類は虫歯に繋がる有機酸の含有量が多く、特にレモンは非常に多くの有機酸を含んでいるため、摂取は控えめにしましょう。食べた後は水で口をすすぎ、歯に付着した酸を減少させましょう。
    • 果物は自然の砂糖である果糖を含んでいますが、細菌の好物ではありません。そのため、リンゴや洋ナシ、桃など非柑橘類の果物は歯を痛める心配がありません。[10]
  3. 3
    しっかり噛んで食べる 虫歯を防ぐ方法として、唾液の分泌があります。噛むことで唾液の分泌が促されるため、分泌量を増やすためには一回一回しっかりと噛むようにしましょう。
    • 酸味のある食べ物も唾液の分泌を促しますが、酸性であるため可能な場合は避けましょう。[11]
  4. 4
    ミネラルサプリメントを摂取する 歯を再石灰化する一つの方法として、ミネラルの摂取量を増やす方法があります。摂取量を増やすため、特にカルシウムやマグネシウムなどのミネラルを含んだマルチビタミンを摂取しましょう。
    • ほとんどの人は最低でも1,000mgのカルシウムが必要です。71歳以上の男性、51歳以上の女性は1日に1,200mg摂取する必要がありますので、この年齢に当てはまる人はこの量を目指して摂取しましょう。
    • 必ず300〜400 mgのマグネシウムを含んでいるサプリメントにしましょう。[12]
  5. 5
    ビタミンDをたくさん摂取する 歯の健康を増進させるもう一つの方法は、日々のビタミンDの摂取量を増やすことです。成人、未成年共にビタミンDの必要摂取量は1日約600 IU(約0.015 mg)とされています。また、70歳以上の人は1日約800 IU(約0.02 mg)必要とされています。ビタミンDとカルシウムは協働して骨と歯を強くするため、両方を含んだサプリメントを購入すると良いでしょう。ビタミンDを自然に摂取するには以下のような様々な方法があります:
    • 3日に1度、日焼け止めをつけずに日中の太陽を腕、足、背中に10分〜15分間浴びる。
    • 魚、豆乳、ココナッツミルク、牛乳、卵、ヨーグルトなどのビタミンDを豊富に含んだ食品を摂取する。[13]
    広告

方法 3 の 4:
歯の衛生状態を良好にする

  1. 1
    歯磨きをする 虫歯を撃退するには、最低日に2回は歯磨きをする必要があります。歯磨きをする際は、歯の内側、外側の表面、奥歯、そしゃく面、舌も磨くようにしましょう。無理をすると歯茎や歯を痛めてしまうことがあるため、注意しながら十分時間をかけて磨き、歯に付着した全ての歯垢を落としましょう。
    • また、歯ブラシは柔らかいものを使いましょう。固すぎる毛の歯ブラシを使用すると、歯を傷つけてしまう恐れがあります。[14] [15]
  2. 2
    歯磨き粉を口に残す 歯を磨いた後は通常通り歯磨き粉を吐き出しましょう。水で口をすすぐ代わりに、残った歯磨き粉をそのまま口に残しておきます。これにより、歯磨き粉のミネラル分が歯に吸収される時間を与えることができます。[16]
  3. 3
    デンタルフロスを毎日使用する 歯磨きに加え、デンタルフロスも毎日使用しましょう。約46cm程度のデンタルフロスから始めてみましょう。デンタルフロスの端を掴み、片手の指にほとんどの部分を巻きつけ、残りをもう一方の手の指1本に巻きつけます。親指と人差し指でデンタルフロスを掴み、前後にゆっくりと動かしながらそれぞれの歯の根元のカーブに沿って優しく動かしましょう。
    • デンタルフロスを歯の間に入れたら、優しい上下の動きで歯の側面を磨きます。
    • 1本の歯を磨き終えたら、巻きつけたデンタルフロスを解いて長くし、次の歯に移ります。[17]
    広告

方法 4 の 4:
虫歯を理解する

  1. 1
    歯について学ぶ 歯はミネラル、そしてエナメル質という硬い外装から成る組織です。エナメル質は、エナメル質よりも柔らかい象牙質を覆い、これらの層は神経と歯への血液供給から成る歯髄を守ります。このエナメル質は、脱灰と呼ばれる現象の過程で細菌によるダメージを受け、虫歯などの歯の疾患に発展することがあります。[18] [19]
  2. 2
    細菌がどのように歯に影響を及ぼすのか理解する 虫歯は、歯や歯茎、舌、喉、内頰に蔓延している細菌により引き起こされます。[20] これらはいたって通常のことで、健康全般にとっても役立つことですが、増えすぎると歯や口内にダメージを与える可能性があります。
    • これらの細菌は、摂取された糖分を餌とする、歯垢というコロニーを形成し、その細菌が虫歯を引き起こす酸を生み出します。[21]
  3. 3
    虫歯の原因を知る 歯は過度の酸に晒されると自然に脱灰します。これは細菌によるものと同様に主たる虫歯の原因となります。主な原因には下記のものがあります。[22] [23]
    • 歯垢の形成
    • 添加クエン酸で味付けされた飲料やスポーツドリンク、ソーダなどの過度な酸性飲料の大量摂取
    • レモン、オレンジ、グレープフルーツ、ライムなどの柑橘類の大量摂取
    • 胃酸が口内に逆流してくる逆流性食道炎(GERD)
    • メタンフェタミンなどの薬物の使用
    • 不適切または不十分な口腔衛生環境
    • 喫煙
    • 全身性炎症、または感染症
    広告

関連記事

How to

爪が割れたときの対処

How to

吐き気を止める

How to

お酒の酔いを早く覚ます

How to

2週間でお腹周りの脂肪を落とす

How to

自分で身長を測定する

How to

勃起を抑える

How to

割れた足の爪を処置する

How to

キスマークを偽造する

How to

声を低くする

How to

嘔吐を誘発する

How to

お腹まわりの脂肪を取る

How to

生理をはやく終わらせる

How to

体温計を使わずに熱があるか知る

How to

マスターベーション依存症の克服
広告

このwikiHow記事について

Zora Degrandpre, ND
共著者 :
Zora Degrandpre, ND
自然療法医
この記事の共著者 Zora Degrandpre, ND. デグランプリ医師はワシントン州バンクーバー在住の自然療法医で、米国国立衛生研究所と米国国立補完代替医療センターにおいて論文査読者も務めています。2007年に国立自然医学大学にて自然療法医師学位を取得。
カテゴリ: 健康

医療免責事項

この記事の内容は、医師による指導、診察、診断、治療の代わりになるものではありません。治療の開始、変更、停止などにあたっては、必ずかかりつけ医もしくは資格を持った医療従事者に相談してください。

このページは 449 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告