メガネ/コンタクトの使用や施術をせずに視力を改善したいと思いませんか?天然の方法で視力が回復するかどうかはまだ実証されていませんが、試してみる価値がありそうな方法を以下の記事でご紹介します。

方法 1 の 3:
鉛筆を使う

  1. 1
    鉛筆の真ん中あたりに印をつける 鉛筆の側面に点や文字、数字を書きます。これから始めるのは鉛筆を使った目の訓練です。いかにも腕立て伏せをするように鉛筆を顔に近づけたり遠ざけたりして、鉛筆や鉛筆につけた印を集中的に見る訓練をします。この訓練は複視や斜視に効果があるとされています[1] が、視線を一定のポイントに集中させるだけで、お金をかけずに気軽に行えるため、ただ目を健康に保ちたいという人も試してみる価値はあります。
  2. 2
    鉛筆を握り、腕をまっすぐ顔の前に伸ばす 消しゴムの部分がまっすぐに天井か床に向くようにして、鉛筆を垂直に持ちます。[2]
    • 誰かに鉛筆を持ってもらう時には、自分の腕の長さを測って、その位置に鉛筆を掲げてもらいましょう。
  3. 3
    鉛筆に書いた印に視点を合わせる 鉛筆の印に視点が定まるのを待ってから、次のステップに進みましょう。
  4. 4
    鉛筆をゆっくりと顔に近づける そのとき、目の焦点が印からずれないように注意しましょう。鉛筆を鼻に向けて直線上に動かします。
    • 鉛筆が近づいてくる間に、目の焦点が印からずれないように調整します。
  5. 5
    鉛筆が二重に見えたら、鉛筆を止める 鉛筆が二本に見えた瞬間に、鉛筆を近づけるのをやめます。
  6. 6
    数秒間視線を外すか、目を閉じる 頭も鉛筆も動かさずに、目の焦点だけをしばらく鉛筆からずらします。最低5秒は鉛筆から視線を外し、視界の中の別のものに焦点を定めましょう。それができない場合には目を閉じます。
  7. 7
    再度視線を鉛筆に戻す 目を休めた後に、もう一度鉛筆に視点を合わせて、鉛筆が二重に見えないようにします。
    • どうしても鉛筆が二重に見えてしまう時には、再び数秒間目を休ませてからもう一度挑戦しましょう。うまくいかなくても気を落とさずに頑張りましょう。何度も繰り返すうちに自然にできるようになります。最初は気にせずに次のステップに進みましょう。
  8. 8
    鉛筆を顔からゆっくりと遠ざける 遠ざける時も鉛筆の印に目の焦点を合わせたままにします。腕がまっすぐに伸びるまで、鉛筆をゆっくりと遠ざけていきます。
  9. 9
    一連の動作を繰り返す この訓練は毎日繰り返して行うことで効果が得られます。最初は一日に5分ほど行い、その後10分に増やしていきましょう。
    • 時間を計るのが苦手、あるいは集中力が続かないといった場合には音楽を聴きながら行うとよいでしょう。大まかに見積もって、2曲で5分、3曲で10分ぐらいです。
    広告

方法 2 の 3:
生活習慣を変える

  1. 1
    目の健康によい食品を摂取する 食生活だけで視力を改善するのはおそらく無理ですが、目の健康に必要な栄養素の摂取を意識することが大切です。食事に以下の食品を取り入れましょう。 [3]
    • キャベツ、ホウレンソウのような葉物野菜や人参
    • オメガ3脂肪酸(鮭やまぐろなどの魚に含まれる)
    • 柑橘系の果物や果汁(オレンジ、レモン、ライム、グレープフルーツなど)
    • 動物性以外のタンパク質(バナナ、豆、ナッツなど)
    • ルテイン、亜鉛、ビタミンCおよびEのビタミンサプリメント
  2. 2
    禁煙 喫煙は白内障や加齢黄斑変性を引き起こす可能性があります。 [4] [5] 禁煙を支援する団体や、禁煙を専門とした医師に相談するのもよいでしょう。
  3. 3
    サングラスの着用 喫煙と同様に過度の紫外線も加齢黄斑変性や白内障の原因になる場合があります。[6] .
    • UVAとUVBを遮断するサングラスや眼鏡を選びましょう。
    • ラップアラウンド型(顔に沿ってレンズやフレームが曲がっているタイプ)のサングラスは目を正面だけでなく側面からも保護することから理想的だと言えるでしょう。
    • 外出時には常に目の紫外線対策を心がけましょう。
  4. 4
    目を疲れさせない 目の周りの筋肉も、体の他の筋肉と同様に、酷使すれば疲労し、痛みを引き起こします。以下を実践して、目の疲労を予防しましょう。
    • 20-20-20のルールを実践しましょう。長時間パソコンの画面を見つめる仕事をしている人は、20分ごとの休憩を心がけましょう。さらに、6m(20フィート)先にある何かに20秒以上目の焦点を合わせます。
    • 明るさを調整しましょう。パソコンやテレビの画面は明るさを一番低いレベルに設定します。これでも十分に画面は見え、明るい光を凝視しているような感覚はなくなります。
    • 文字の大きさを変えましょう。パソコン画面で文章を読むときは、プログラムの拡大機能を使って文字を大きく表示しましょう。活字の小さい本は拡大鏡を使って読むか、最初から大きい活字で印刷された版を購入するなどの工夫が可能です。
    • まばたきをしましょう。パソコン使用中はまばたきの回数が減ります。そのため、目の表面が乾燥し、不快感や痛みを引き起こすことがあります。まばたきは通常、1分間に12回から15回すると言われています。パソコンでの作業中は意識的にその程度のまばたきをしましょう。
    広告

方法 3 の 3:
専門的なビジョンセラピー

  1. 1
    ビジョンセラピーを実施する場所を探す ビジョンセラピーはいくつかの分野に分かれていますが、主なものは以下のとおりです。
    • 視能訓練:視能訓練士は、目の動きと反応に関わる障害を専門とします。複視、弱視、斜視などの問題は視能訓練を受けるのが一番でしょう。かかりつけの眼科医か内科医に地域の視能訓練士を紹介してもうこともできます。
    • 行動検眼学:行動検眼医は、患者の視覚的な能力と作業を結びつける専門職です。視覚的な情報を思い出せない、地図やパズルなどの複雑な視覚を見るのが困難だ、という問題を抱えている人は行動検眼医に診てもらうことを検討し、かかりつけの眼科医に相談しましょう。
  2. 2
    セラピーに保険が適用されるかどうかを確認する 保険によってはビジョンセラピーが保障内容に含まれるものもあります。金額が高すぎて躊躇しているのなら、保険会社に連絡して相談してみましょう。専門医(神経科医など)の紹介状があれば保険が適用されるという場合があるかもしれません。
  3. 3
    治療は一度では終わらないことを理解する 言語セラピーと同じく、ビジョンセラピーも効果を得るためには定期的に何度か通う必要があります。セラピーに通うためにスケジュールを調整しなければならない場合には事前に学校や職場から了解を得ておきましょう。
  4. 4
    家で練習する ビジョンセラピーは、習ったことを家で練習したほうが成功率が高いことが研究で実証されています。[7] セラピストから宿題を出されたら、できるだけ忠実に行うことを心がけましょう。
    広告

ポイント

  • ビタミンAを豊富に含む人参を食べましょう。ビタミンAは目の健康維持に役立ちます。
  • 目をぐるぐる回したり、四方を見回したりして、目の体操をしましょう。
  • 期待しすぎるのをやめましょう。こうした努力は長期的に行うと視力の回復につながるかもしれませんが、すぐに劇的な変化は期待できないでしょう。辛抱強く行うことが肝心です。
  • 一日に3、4回は少量の水を目の上に振りかけましょう。これには目をリラックスさせる効果があり、最終的には視力の向上につながるかもしれません。
  • 視力がよいほうの目に眼帯をしてみましょう。こうして強制的に視力の悪いほうの目だけでものを見る状況を作ります。2時間したら眼帯を外しましょう。眼帯をする前より目が少し見やすくなっているはずです。
  • 欧米で知られている、太陽の凝視などを推奨するベイツメソッドは、今ではあまり信用されていません。
  • 毎朝、窓を開けて一番遠くにある木を5分から10分間じっと見つめましょう。数週間ないし数か月続ければ、視力が向上するでしょう。

広告

注意事項

  • 太陽をじっと見つめてはいけません。目に重度の障害が現れたり、最悪の場合には視力を失う恐れがあります。
  • 夜間のTV視聴やパソコン使用はやめましょう。視力の低下につながります。
  • 18歳以上の成人は目の成長が止まっているために視力の著しい改善は起こりにくいでしょう。医師の診察を受けるのが得策です。
広告

関連記事

How to

2週間で10キロ痩せる

How to

一日で体重を2キロ減らす

How to

10日間で5kg痩せる

How to

埋没毛を処理する

How to

低体重の人が体重を増やす

How to

一晩で体重を落とす

How to

10日で体重を減らす

How to

バレないように家の中でタバコを吸う

How to

食欲を増やす

How to

白血病の兆候に気づく

How to

自分で抜糸する

How to

消化を早める

How to

声をハスキーにする

How to

脳への血流を増やす
広告

このwikiHow記事について

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。 この記事は2,012回アクセスされました。
カテゴリ: 全般的健康
このページは 2,012 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告