PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

色々な状況で自然に面白く振る舞える人は、得することがたくさんあります。[1] [2] ユーモアは人間関係で起こりがちな不安を軽減したり緊張を和らげたりするのに役立ち、更に感情面でも心理的でもプラスの効果をもたらすことが多くの研究から明らかです。[3] [4] 加えて、面白い人の方が成功する確率が高いということも証明されています。[5] ただし、面白い言動は何気なく咄嗟に取ってこそ意味があります。無理やり放たれる冗談や洗練されていないジョークはその場の雰囲気を悪くすることもあるでしょう。

パート 1
パート 1 の 3:
心を開き自分のユーモアのセンスを発見する

  1. 1
    気楽に構える! 神経質な振る舞いや自意識過剰な態度でいてはユーモアのセンスを磨くことができず、人に理解してもらえるユーモアを発することができません。笑いは伝染するということを覚えておきましょう。常に心を開いて陽気に振る舞っていれば、人はいつでもあなたの冗談に笑ってくれるでしょう。まずは、先人の例に倣ってみてはどうでしょうか。
  2. 2
    自分自身また自分の人生観に満足する 誰もが人生に対する意見を持っていて、面白い人生観もたくさんあります。自然に面白く振る舞える人は、自分と人生の両面でユーモアを見つけようとします。神経をピリピリと尖らせ、自意識過剰でいると、人生に面白みを見つけるのに苦労するでしょう。[7]
    • 人に心を開いて恥ずかしい経験談を伝えてみましょう。ただし、自虐ネタは時として場を気まずくし、自分も相手も居心地が悪くなる場合があるため気をつけましょう。洗練されたジョークを探しましょう。
  3. 3
    日常の出来事にユーモアを見つける お笑い芸人、喜劇役者、またコメディアンの中には、周囲の人々や物事に焦点を当ててネタ探しをする人がたくさんいます。これまでの経験や元カノ元カレに目を向ける人もいます。[8] 1日に5つ面白いことを見つけることを目標にしましょう。そうすることで平凡な状況下でもユーモアを見つけることができるようになり、人々が笑える冗談を放てるようになります。[9]
    • 日常生活の馬鹿馬鹿しい出来事や奇妙な場面をよく観察し、刺激になるものやジョークのネタを探しましょう。ポップミュージック、ファッション、バケーション、最近のニュースやイベントの中で可笑しいものはありませんか。
  4. 4
    根っから面白い友人や知人などとのおしゃべりを楽しむ 私たちには、常に笑わせてくれる友人がいます。彼らはどうしてそんなに面白いのでしょうか。彼らの人なりに焦点を合わせて考えましょう。彼らをユニークで面白い人にしているものは何でしょうか。声のトーンでしょうか。それともボディランゲージや話す内容、若しくは振る舞い方や態度などでしょうか。要素が特定できれば、あなたもそれを参考に面白い人になることができるでしょう。
  5. 5
    コメディのスタイルを研究する コメディには様々なスタイルがあり、人によって面白いと思うものが異なります。皮肉を含む機知に富んだコメントを面白いと思う人もいれば、冗談が好きな人、物まねに目がない人、可笑しなアクションが好きな人もいます。どれもユーモアのスタイルとして確立されていますが、自然な面白さを身につけたいと思っているなら、自分に合ったスタイルを選びましょう。[11]
    • 逸話や風聞などの形態をとるコメディがありますが、これは個人的な面白い話を披露するもので、尾ひれをつける場合もあればつけない場合もあります。
    • ニコリともせずに言うユーモアの形態もあります。これは実際にはとても可笑しい内容なのだけれど、無表情で淡々と伝えるところに面白さがあります。
    • ドタバタ劇(コメディ)は、誇大表現が特徴です。
    • 穏やかな当てこすりの形をとる皮肉めいたコメディのスタイルもあります。これは、事実とは真逆を冗談として言うものです。
  6. 6
    面白くなる練習をする 1日1回誰かを笑わせることを目標に掲げましょう。ユーモアのセンスは一夜にして生まれるものではなく、プロのお笑い芸人、喜劇役者やコメディアンは何年もかけて独自のスタイルを築き上げます。小さなことから始めれば普段の会話でも自然に面白いことを言えるようになるでしょう。[12]
    • 面白いと思ったら躊躇せずに伝えましょう。他の人があなたのユーモアを常に理解できるわけではありませんが、相手の反応がどんなものでも、それを基に自分のスタイル、冗談の中身、言うタイミングに磨きをかけましょう。
    • どんなことを面白いと思ったかを振り返って考えましょう。面白いものを見つけたら、その面白さを分かってくれる友達に伝えましょう。
    • 映画、テレビ番組、漫画などからの面白いエピソードを伝えましょう。
    広告

パート 2
パート 2 の 3:
社交の場で面白く振る舞う

  1. 1
    人の心を感じ取る どんな人を相手に話をしているのか、彼らはどんなことが面白いと思うのかを意識しましょう。あなたが面白いと思うからといって周囲の人たちも同じように面白いと思うとは限りません。まずは誰を相手に話しているのかを把握し、彼らがどんなことに反応するのかを観察し、笑わせる方法を考えて実践しましょう。
    • ユーモアの感覚は年齢とともに変わります。[13] 性的なユーモアや攻撃的なタイプのものは比較的若い人たちに受ける傾向があり、年配の人たちが善意に解釈する可能性は低いでしょう。
    • 内輪受け、また特定のグループだけが理解できる話や悪ふざけは、一般的には親しい間柄で伝え合うものです。部外者を前にそのようなジョークを放っても彼らは理解できず周りが笑っている中で疎外感を覚えるかもしれません。
    • 価値観を共有しない相手には宗教や政治についてのジョークは避けましょう。[14]
    • 人々がリラックスでき明るい気持ちになれるようにユーモアを使いましょう。誰かを槍玉に挙げたり、特定の人の外見や信念を軽んじてはいけません。[15]
  2. 2
    面白い話や冗談を言うタイミングを図る プロのコメディアンは、面白さを伝える鍵はタイミングだと言います。[16] 落ちの直前で話や冗談を一瞬止めましょう。聞いている人の期待を膨らませ、山場を作り、可笑しさを何倍にもすることができます。また落ちを言った後、数秒経ってから笑うようにしましょう。そうすれば聞いている人が冗談だったのだと理解できます。別のトピックに進む前に、人々にも笑う時間を与えましょう。
    • 面白いものを見つけたら、即座にそれを指摘して人を笑わせるチャンスを掴みましょう。
    • 会話の合間に入れる皮肉や面白いコメントなどは、素早く放つと効果的です。
    • 話は短くシンプルに収めましょう。前置きや無駄話が多いと聞き手の集中力が切れてしまいます。
  3. 3
    自虐ネタで笑わせる 聞き手は話し手の自虐ネタを微笑ましく受けとめる風潮があります。自虐ネタには相手の心を開く効果があるため、聞き手が話し手に対して笑いたくなるのはもちろんですが、自分のことも気軽に笑えるようになります。その結果、その場に笑いが起こり緊張感や不安感が軽減されます。
    • 特定の人をネタにした冗談で始めるのは避けましょう。
    • 自分のことを平気で笑える人と一緒にいる場合は、自分を貶めた後で相手のことも親しみを込めてからかってみましょう。ただし、やり過ぎは禁物です。明るい雰囲気が一瞬にして暗くなります。
  4. 4
    誰にも害の及ばない有名人を冗談の対象にする 政治家、有名人、(以前の)上司などの権威のある人物を少しからかってみるのは、一般的に安全な行為と言えるでしょう。しかし、身体障害や認知障害を抱えている人、あるいは離婚、近しい人の死、病気を経験した人、性的虐待を受けた人に焦点を当てて冗談を放ってはいけません。
    • 経験則として言えるのは、社会的立場の高い人を冗談のネタにすると上手く行くということです。社会的立場の弱い人を取り上げて冗談を言ってはいけません。権力がある人や権威ある団体をからかったりいじめたりすることを「パンチアップ」と表現し、社会的弱者や抑圧されている人たちをからかうことを「パンチダウン」と表現します。パンチアップは現状に対する挑戦状になり、パンチダウンは現状を強化してしまいます。
  5. 5
    古いジョークを覚えたり現代版に作り替えたりするのを避ける 定番ジョークや使い古されている冗談、不適切な冗談は周りを白けさせます。またテレビやインターネットで見聞きした冗談を言えば練習したような印象を与え、全く自然の面白みがありません。日常生活の観察を基に作った冗談を伝えましょう。
    広告

パート 3
パート 3 の 3:
職場で自然に面白く振る舞う

  1. 1
    ユーモアを放って職場に溶け込む 自分を真剣に受け止めすぎると同僚との関係を損なう可能性があります。ユーモアのセンスと高い労働意欲の両方が成功するリーダーの重要な特性であることが明らかになっています。[17] 職場で面白く振る舞うと、自身の評判を高めることができます。
  2. 2
    ユーモアを通して同僚と絆を深める ユーモアはネガティブな空気を一掃し快活な雰囲気を生み出すのに効果的なため、グループの団結力を強める際に大いに役立ちます。ユーモアを利用して同僚や上司と自分の共通点に人々の注目を集めましょう。[18] ユーモアを使えば同僚や上司と友達になることができ、職場を快適な場所にすることもできます。
    • 職場で初めて共同作業する時、同僚を評価しなければならない時、物議を醸すアイディアや計画に対して賛同したい時などにユーモアを使うと、偉ぶることも自分の優位性を誇示することもなく、相手の注意を引くことができるでしょう。[19]
  3. 3
    職場で発するユーモアに注意を払う 職場では面白い人という印象を持ってもらいたいものです。受動攻撃的な人、または真っ向から他人を攻撃する人と思われないように注意しましょう。また同僚や上司からの注目を集め、長く維持することも重要です。攻撃的な危険人物として注目されるのは避けるべきです。職場ではネガティブな結果を生むリスクの高い「くだらない冗談」は避けましょう。[20]
    • 人の見た目、欠点、虐げられている少数者のグループ(女性や少数派の人たち)、身体的または精神的障害、身体部位や機能や性に関する事柄などをトピックにあげると人に不快感を与える危険が高いため避けましょう。
    広告

ポイント

  • 単に面白く振る舞っているだけで、決して真面目な話をしているわけではないことを一緒にいる人に分かってもらいましょう。
  • 完璧な人はいません。恥ずかしいことをした時や気まずい状況で面白いものを見つけられると、自分がその場をしのげるだけでなく、周りの人もホッとさせます。
  • 何が適切かは分別を持って的確に判断しましょう。[21]
  • テレビのお笑い番組などで芸人たちが、その場で放たれたユーモアをどう理解し、どうリアクションするのかを観察して彼らの反応を真似てみましょう。その時の聴衆の反応にも注意を向けましょう。
  • 皮肉な返し言葉や特定の「キャッチフレーズ」を何度も繰り返し使うのは避けましょう。
  • 同じ冗談や面白い話を何度も言うのは避けましょう。
  • ユーモアは緊張を和らげるのに打ってつけの方法ですが、状況によっては真面目な態度で接することも重要です。
  • 人に笑って欲しいからと、馬鹿な真似をしたり自分をこき下ろしたり辱めたりするのは避けましょう。笑ってくれたとしても「安っぽい笑い」でしかありません。
広告

このwikiHow記事について

Kendall Payne
共著者 ::
ライター、ディレクター、スタンダップコメディアン
この記事の共著者 : Kendall Payne. ケンダル・ペインはニューヨーク州ブルックリン市を拠点に活躍しているライター、ディレクター、スタンダップコメディアンです。短編コメディー映画の制作を専門に行っており、それらの作品はIndie Short Fest、 Brooklyn Comedy Collective、Channel 101 NY、そして 8 Ball TVにて上映されました。また、Netflixジョークチャンネル番組(Between Two Ferns、The Movie、Astronomy Club、Wine Country、Bash Brothers、Stand Up Specials他多数)の台本制作やマーケティング戦略制作を担当。Caveat劇場にてリアルライフ・オンラインコメディーショー「Extremely Online」を、Easy Lover劇場にて嫌味な人物を喜劇に仕立てるコメディ「Sugarp!ss」を上演。Upright Citizens Brigade Theatreとニューヨーク大学芸術学部のテレビ番組台本制作認定プログラムにてライティング知識と技術を習得。 この記事は1,503回アクセスされました。
カテゴリ: 人間関係
このページは 1,503 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告