抜け毛は珍しい問題ではありませんが、髪が薄くなり始めると不安に感じるでしょう。できるだけ早く対処したいと考えるのは自然なことです。インターネット上では、自然に髪を再成長させる家庭療法が数多く紹介されていますが、そのほとんどは、裏付けとなる研究が十分ではありません。ただし、効果的に作用する場合もあるので試してみるのも良いでしょう。薄毛が遺伝上の問題である場合は、家庭療法を行っても残念ながらそれほどの効果は得られません。しかし幸い、薬物療法や簡単な手術で髪を増やす方法もあるので、家庭療法で効果が見られない場合は医師に相談してみましょう。

方法 1 の 4:
生活習慣の改善と頭皮マッサージ

適切な栄養摂取のほか、いくつかの家庭療法で髪の成長が刺激される可能性があります。食事や生活習慣の改善およびマッサージの効果については評価が分かれますが、遺伝による薄毛にはおそらく効果はありません。とはいえ、このような家庭療法を実践しても害はないので、効き目があるか試してみるのも良いでしょう。

  1. 1
    毎日頭皮をマッサージしましょう。マッサージで毛包を刺激すると、発毛が促される可能性があります。頭皮を毎日4分間マッサージして髪が増えたという研究結果もあります。頭皮を毎日数分間指先でマッサージして、効果があるか試してみましょう。[1]
    • 結果が出るまでにはしばらくかかります。研究では24週間または6か月近く続けてから計測を行いました。
    • 頭皮にマッサージ器具を使っても良いでしょう。
  2. 2
    頭皮をマッサージする際に、ラベンダーオイルを使いましょう。[2]ラベンダーオイルの髪の成長促進効果に関しては、特に脱毛症の場合にある程度の結果が示されています。頭皮をマッサージする際は、ラベンダーオイルを使ってみましょう。ラベンダーオイルを毛包に擦り込んで、効果があるか確認します。[3]
    • ラベンダーオイルを肌に塗る場合は、かぶれを予防するために必ず2~3%に薄められたものを使いましょう。原液のラベンダーオイルは、ホホバオイルなどのキャリアオイルで薄めて使います。ラベンダーオイルを3%に希釈するには、キャリアオイル大さじ1杯(15ml)に対してラベンダーオイル3滴を加えましょう。[4]
    • オイルを使ってかゆみや肌の炎症が起こった場合は、すぐに使用を中止しましょう。
  3. 3
    抜け毛を防ぐためにストレスを軽減します。[5] ストレスは抜け毛に明確な影響を及ぼします。大きなストレスを抱えた状態で髪が抜け始めた場合は、できるだけ早くストレスに対処しましょう。精神状態を改善すると、抜け毛を軽減できるかもしれません。[6]
    • 毎日時間を取って、瞑想や深呼吸、ヨガなどのリラクゼーション法を行いましょう。
    • ストレス解消には、楽しいと感じることを行うのも良い方法です。毎日、趣味を楽しむ時間を作りましょう。
    • ストレスの軽減が難しい場合は、心理カウンセラーや精神科医に相談することも大きな助けとなるでしょう。
  4. 4
    初めから煙草を吸わない、もしくは禁煙しましょう。煙草を吸うと頭皮への血流が制限されるため、抜け毛が起こったり薄毛が悪化したりする可能性があります。煙草を吸う人はできるだけ早く禁煙して健康上の問題を防ぎましょう。喫煙習慣のない人は、今後も煙草を吸わないようにするのが最善です。[7]
    • 受動喫煙で健康上の問題が起こる可能性もあるため、家庭内で煙草を吸う人がいないようにしましょう。
    広告

方法 2 の 4:
髪の毛をケアする

薄毛の改善には、髪の毛をケアすることも大切です。ヘアケアを行っても抜けた毛がまた生えてくるわけではありませんが、悪化を防ぐことができます。次の方法で頭皮を健康に保ち、抜け毛の悪化を防ぎましょう。

  1. 1
    髪にやさしいシャンプーと保湿効果のあるコンディショナーを使って、髪を洗いましょう。[8] 髪を清潔に保つことは大切ですが、髪の栄養や油まで落としてしまう製品もあります。髪の栄養が失われないように、髪にやさしいアルコール不使用のシャンプーを使いましょう。シャンプーの後は必ずコンディショナーを使って、髪の潤いを保ちます。[9]
    • 香料とアルコールを含まない製品を使いましょう。一般的に、敏感肌用に作られた「低刺激」と記載されている製品が最適です。
    • 洗い流さないコンディショナーを使うと、1日中髪を守ることができます。
  2. 2
    髪をやさしくとかしましょう。髪をとかしすぎると髪や頭皮にダメージを与えます。髪をとかすのはスタイリングのときだけにしましょう。[10]
    • 髪を引っ張る癖があれば、直しましょう。髪を圧迫する行為はどんなものであっても、抜け毛を引き起こす可能性があります。
  3. 3
    ヘアカラー、ヘアオイル、化学物質を含む縮毛矯正剤の使用をやめましょう。これらには強力な化学物質が含まれており、髪の栄養が失われる可能性があります。特に抜け毛に悩んでいる場合は、使用を避けるのが最善です。[11]
  4. 4
    髪を高温にさらさないようにします。ドライヤーやカールアイロンを頻繁に使うと、熱で髪がダメージを受ける可能性があります。髪へのダメージと薄毛を防ぐために、このような器具の使用はできるだけ控えましょう。[12]
    • 髪はできるだけ自然乾燥させましょう。ドライヤーで乾かす場合は、低温で使います。
    • カールアイロンやストレートアイロンを時々使う分には問題ありませんが、毎日使うのは避けましょう。
    広告

方法 3 の 4:
必要な栄養を摂る

体は、髪を作るために十分な栄養を必要としているため、髪の成長を促進するためには食事と栄養が非常に重要です。しかし、髪を再生させる食事や栄養の摂り方というものは1つも存在しません。通常、食事の変更で薄毛が改善されるのは、もともと栄養不足の人が十分な栄養を摂った場合に限られます。現在健康であれば、抜け毛の原因はおそらく遺伝によるものでしょう。栄養の摂り方を改善する必要がある場合は、次の方法が役立ちます。

  1. 1
    食生活を改善する前に、栄養が不足しているかを検査しましょう。栄養は髪の成長に大きな影響を及ぼす可能性がありますが、栄養の改善で効果が見られるのは、何らかの栄養が不足していた場合に限られます。簡単な血液検査で栄養素が不足しているかを確認できるでしょう。抜け毛の原因が思い当たらない場合は、病院で血液検査を受けましょう。血液検査の結果によって栄養を改善する必要があるかどうかがわかります。[13]
    • 栄養状態が良好な場合は、栄養を改善しても残念ながらあまり効果はないでしょう。ただし、いくつかの局所的または医学的治療で効果が得られる可能性はあります。
  2. 2
    毎日、健康的なカロリーを摂取しましょう。極端な食事制限や無理なダイエットなどで摂取カロリーが減りすぎると、髪の毛が抜け落ちる可能性があります。摂取カロリーが不足すると体が栄養失調状態になり、髪を作ることができなくなります。医師に相談して、健康を維持するために必要な1日の摂取カロリーを知り、それに従って食事をとりましょう。[14]
    • 健康上の問題を起こす心配がない1日の最低摂取カロリーは、一般的に女性は1,200kcal、男性は 1,500kcalです。これを下回ると栄養不足になる恐れがあります。[15]
    • ダイエットを行っている場合は特に注意が必要です。誤って栄養失調にならないように、摂取カロリーを記録しましょう。
  3. 3
    食事で鉄分を補給しましょう。鉄分不足はよく見られる欠乏症で、間違いなく抜け毛を引き起こします。鉄分が不足している場合は、必要量を摂るために食生活を見直すかサプリメントを摂取しましょう。[16]
    • 一般に、1日あたり男性は8㎎、女性は18mgの鉄分が必要です。[17]
    • 鉄分を含む食品は、牛肉、豚肉、脂肪の少ない肉、魚、豆、ナッツ、マメ科植物、葉野菜などです。医師が安全だと判断した場合は、鉄のサプリメントを摂っても良いでしょう。
  4. 4
    食事から亜鉛を積極的に摂りましょう。亜鉛は髪の成長を助ける酵素の生成を促すため、不足すると髪が薄くなる可能性があります。亜鉛が不足している場合は、食事やサプリメントから積極的に摂りましょう。[18]
    • 成人には、毎日8~11gの亜鉛が必要です。[19]
    • 亜鉛を含む食品は、牡蠣、その他の貝類、牛肉、豚肉、鶏肉、豆、ナッツ、全粒穀物、乳製品などです。
    • 炎症性腸疾患のような特定の消化器疾患があると、亜鉛不足が起こりやすくなります。また、ベジタリアンやビーガンも亜鉛が不足する可能性があります。
  5. 5
    オメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸を含む食品を食べましょう。これらの脂肪酸は毛包の健康に役立ち、髪の成長を刺激する可能性があります。[20] これらの脂肪酸は、魚、貝類、種子油、植物油、ナッツ、豆、大豆などに含まれています。[21]
    • フィッシュオイルサプリメントから脂肪酸を摂取することも可能ですが、このサプリメントが髪の成長に及ぼす影響についてはまだ明らかになっていません。
  6. 6
    ビオチンを積極的に摂りましょう。ビオチンはビタミンB群に分類されるビタミンで、髪の成長を助けます。ビオチンが不足すると髪の毛が薄くなる可能性があります。毎日必要な量を食事から摂りましょう。[22]
    • 毎日必要なビオチンの量は25~30μgとごく少量です。ビオチンを含む食品は、内臓肉、魚、卵、種、ナッツ、牛肉、豚肉などです。[23]
    • ビオチン欠乏症は極めて稀なので、抜け毛の原因となることはないでしょう。
  7. 7
    サプリメントではなく、食事からセレンを摂りましょう。セレンは、髪の成長に間違いなく影響を及ぼすたんぱく質の1種です。そのため、多くの育毛剤に使用されています。ただし、セレンの過剰摂取はセレン中毒を引き起こし、抜け毛につながる可能性があります。過剰摂取を避けるために、サプリメントではなく食事から摂るのが最善です。[24]
    • 成人が1日に必要なセレンの量は55μgです。牛肉や豚肉、鶏肉、卵、乳製品、全粒穀物から摂ることができます。[25]
  8. 8
    ビタミンAとビタミンEの摂りすぎに注意しましょう。体内でこれらの栄養素が過剰になると、髪の毛が抜ける可能性があります。問題が起こらないように、これらのビタミンの摂取量を正常な範囲内に保ちましょう。[26]
    • 普段の食事から数多くのビタミンを摂るのは非常に難しいものですが、サプリメントの乱用もよく起こる問題です。サプリメントは、指示された通り正しく摂取しましょう。
    広告

方法 4 の 4:
専門家による治療

髪の再成長に対する家庭療法の効果については評価が分かれるため、専門家による治療のほうが信頼性があります。たとえ遺伝が原因の薄毛であっても、新しい髪の成長を刺激する薬や治療法は数多くあります。皮膚科医に相談して最適な方法を選択しましょう。

  1. 1
    頭皮に発毛剤を塗りましょう。一般的な発毛剤はミノキシジル製剤で、リアップX5などの商品名で販売されています。使用方法に従って、液体の薬剤を1日2回塗布しましょう。[27] 効果が表れるまでに最大で6か月かかる場合もありますが、薄毛に効果的な治療法です。[28]
    • リアップX5をはじめとしたミノキシジル配合の発毛剤は、処方箋がなくても購入できます。
    • 発毛の必要がない部分に塗布しないように気を付けましょう。
  2. 2
    毛包を刺激するために、頭皮にステロイド注射を受けましょう。ステロイド注射は、脱毛斑が数か所ある場合によく行われる治療です。ステロイドを注射することで毛包の炎症を軽減し、発毛を促します。皮膚科で4~8週間ごとに注射を受ける必要があるので、忘れずに通院しましょう。[29]
    • 継続的に治療を受ければ、12週間以内に効果が表れる可能性があります。
  3. 3
    頭皮にレーザー治療を受けましょう。レーザーで毛包を刺激すると、髪が増える可能性があります。この治療は皮膚科で行われるので、皮膚科を受診して医師に相談してみましょう。[30]
    • この治療では、複数回の施術を継続して受けることになります。結果が表れるまで、週に数回の施術を数か月間続けて受ける必要があります。[31]
    • レーザー治療は、髪の成長を刺激する薬などの別の治療法と併せて受けることもできます。
  4. 4
    髪が残っている場合は自毛植毛を検討しましょう。自毛植毛は、頭皮の別の部分から健康な毛包を採取し、脱毛部分に移植する方法です。手術は局所麻酔をかけたうえで行われ、その日のうちに家に帰ることができます。[32]
    • 最良の結果が出るように、術後のケアについては医師の指示に従いましょう。
    • 脱毛箇所が残っている場合は、手術を再度受ける必要があるかもしれません。
    広告

医学的ポイント

髪が抜け始めたときに役立つ家庭療法もいくつかありますが、効果が得られるのは、栄養不足を改善した場合に限られるでしょう。遺伝で髪が薄い場合は、家庭療法で改善することはおそらくありませんが、幸いにも別の方法があります。家庭療法で効果が見られなければ医療機関を受診し、薬や治療で髪を取り戻す方法について相談しましょう。

注意事項

  • 突然髪が抜け始めた場合は、何らかの病気が隠れているかもしれません。できるだけ早く医師の診察を受けましょう。
  • ナイアシンは薄毛対策に人気がありますが、現時点でその効果は証明されていません。試す必要はないでしょう。[33]
広告

関連記事

How to

爪が割れたときの対処

How to

手についたヘアカラーを落とす

How to

割れた足の爪を処置する

How to

髪に付いたガムを取る

How to

自分でロングヘアを切る

How to

酷く絡まった髪の毛をほどく

How to

ドライヤーなしで髪の毛を素早く乾かす

How to

ネイルグルーを落とす

How to

肌に付着したヘアカラー剤を落とす

How to

ブリーチなしで髪を明るくする

How to

髪を自然な方法でストレートにする

How to

ブリーチシャンプーをする

How to

除光液を使わずにネイルを落とす

How to

シェラックネイルを落とす
広告
  1. https://www.aad.org/public/diseases/hair-loss/treatment/tips
  2. https://www.aad.org/public/diseases/hair-loss/treatment/tips
  3. https://www.aad.org/public/diseases/hair-loss/treatment/tips
  4. https://www.aad.org/public/diseases/hair-loss/treatment/tips
  5. https://www.aad.org/public/diseases/hair-loss/treatment/tips
  6. https://www.nhlbi.nih.gov/health/educational/lose_wt/eat/calories.htm
  7. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5315033/
  8. https://ods.od.nih.gov/factsheets/Iron-Consumer/
  9. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5315033/
  10. https://ods.od.nih.gov/factsheets/Zinc-Consumer/
  11. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5315033/
  12. https://lpi.oregonstate.edu/mic/other-nutrients/essential-fatty-acids
  13. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5315033/
  14. https://ods.od.nih.gov/factsheets/Biotin-HealthProfessional/
  15. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4828511/
  16. https://ods.od.nih.gov/factsheets/Selenium-Consumer/
  17. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5315033/
  18. Courtney Foster. 認定美容師. 専門家インタビュー. 9 December 2019.
  19. https://www.mayoclinic.org/diseases-conditions/hair-loss/diagnosis-treatment/drc-20372932
  20. https://www.aad.org/public/diseases/hair-loss/treatment/diagnosis-treat
  21. https://www.mayoclinic.org/diseases-conditions/hair-loss/diagnosis-treatment/drc-20372932
  22. https://www.aad.org/public/diseases/hair-loss/treatment/diagnosis-treat
  23. https://www.asds.net/skin-experts/skin-treatments/hair-transplants
  24. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5315033/

このwikiHow記事について

Courtney Foster
共著者
認定美容師
この記事の共著者 Courtney Foster. コートニー・フォスターはニューヨーク市を拠点に認定美容師、抜け毛・薄毛治療専門医、そして美容講師として活躍しています。「Courtney Foster Beauty, LLC」の経営者で、その業績はThe Wendy Williams Show、Good Morning America、The Today Show、The Late Show with David Letterman、そして East/West Magazineで取り上げられました。マンハッタンにあるエンパイア美容学校にて美容術を学んだ後、ニューヨーク州認定美容師の資格を取得しました。
カテゴリ: 髪とネイル

医療免責事項

この記事の内容は、医師による指導、診察、診断、治療の代わりになるものではありません。治療の開始、変更、停止などにあたっては、必ずかかりつけ医もしくは資格を持った医療従事者に相談してください。

このページは 670 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告