粘土を使った作品作りは、雨の日にうってつけの楽しい作業です。子供と一緒に楽しむこともできますが、ここで紹介する粘土は無害で安価に作れるため、子供だけで好きなだけ遊ばせてもよいでしょう。自然乾燥粘土は、乾燥させた後に着色することもできます。粘土は重曹とコーンスターチで一から作る、または工作用接着剤(多目的木工用ボンド)を使って簡単に作ることができます。大人のクラフトプロジェクトには、細かい細工もできるコールドポーセリンを作ってみましょう。

方法 1 の 3:
粘土を一から作る

  1. 1
    材料を用意する 自然乾燥粘土は、家庭にある一般的な材料で作ることができます。食品棚を調べ、次の材料を用意しましょう。[1]
    • 重曹 460g
    • コーンスターチ 125g
    • 水 360ml
    • 食用色素(ジェルタイプまたは液体)
    • 古い鍋
    • 泡だて器
    • ボウル
  2. 2
    鍋に重曹とコーンスターチを入れる しゃもじまたは泡だて器を使い、材料をよく混ぜ合わせます。
  3. 3
    水を加えて混ぜる ダマがなく滑らかになるまで、材料をよく混ぜ合わせましょう。
  4. 4
    食用色素を加えて混ぜる 数滴の食用色素を加えると、白い生地を赤、青、緑、オレンジなど、好みの色に着色できます。数滴の食用色素で粘土がパステルカラーになります。濃い色にする場合は、好みの色になるまで食用色素を加えましょう。
  5. 5
    生地を中火で熱する 加熱中は生地を常にかき混ぜ、鍋底にこびり付くのを防ぎましょう。[2]
  6. 6
    生地の濃度が高くなるまで混ぜる 鍋の中の生地は泡立って濃度が増し、5分ほど混ぜ続けるとひとかたまりになります。泡だて器で生地を混ぜるのが難しくなったら、鍋を火から下ろしましょう。[3]
  7. 7
    生地を冷ます 加熱した生地をボウルに移します。湿らせたふきんをボウルに被せて中の湿度を保ち、生地が完全に冷めるまで待ちましょう。
  8. 8
    滑らかになるまで生地をこねる 柔らかさに注意しながら生地をこねましょう。生地に粘り気がある場合は、コーンスターチを入れて硬くします。生地が硬すぎる場合は、水を小さじ1杯加えましょう。
  9. 9
    粘土を成形して乾燥させる 星形、食べ物の模型、恐竜、クリスマスデコレーション、花など、思いつくものは何でも作れます。成形した作品はトレイに載せて乾燥させましょう。
    • 粘土が完全に乾燥するまで、24~28時間ほどかかります。
    • 粘土が乾燥したら、アクリル絵の具で着色できます。
    広告

方法 2 の 3:
接着剤で粘土を作る

  1. 1
    材料を用意する この方法だと火を使わずに簡単に粘土が作れるため、時間をかけたくない場合に最適です。次のような少ない材料で作れます。
    • コーンスターチ 250g
    • 白い工作用接着剤 240ml
    • 食用色素(ジェルタイプまたは液体)
    • ボウル
  2. 2
    コーンスターチをボウルに入れる まず250gのコーンスターチで作ってみましょう。足りない場合は、コーンスターチと接着剤を加えるだけで量を増やすことができます。
  3. 3
    接着剤をゆっくりと加える 材料をかき混ぜながら、コーンスターチに接着剤を少量ずつ加えていきます。適度な硬さになるまで、接着剤を加えましょう。通常はコーンスターチと接着剤が2:1の割合でちょうどよい硬さになります。
    • 生地がぽろぽろと崩れるようでであれば、さらに接着剤を加えましょう。
    • ねばねばしている場合は、コーンスターチを加えましょう。
  4. 4
    粘土に着色する ボウルに食用色素を入れて手でこねます。濃い色の粘土を作る場合は、好みの色になるまで食用色素を加えましょう。
    • 異なる色の粘土を作る場合は、粘土を小分けにしてそれぞれに着色しましょう。
  5. 5
    粘土を成形する 砂遊び用の型やクッキーカッターを使うか、創造力を働かせて成形しましょう。満足のいく作品ができたら、涼しく乾燥した場所で粘土を硬化させましょう。数時間後に粘土か乾燥したら着色して、世界にたったひとつの作品が完成です!
    広告

方法 3 の 3:
コールドポーセリンを作る

  1. 1
    材料を用意する 自然乾燥させるポリマークレイの代わりにコールドポーセリンを使い、キャンドルホルダーやジュエリーなどの小さく繊細な作品を作れます。コールドポーセリンはデリケートな粘土で、乾燥するとやや収縮します。必要な材料を次のとおりです。
    • コーンスターチ 125g
    • 白い工作用接着剤 240ml
    • ホワイトビネガー 大さじ2杯
    • キャノーラオイル 大さじ2杯
    • 食品用ラップ
    • 耐熱容器
    • 生地の付着を防ぐため手に付けるオイル
  2. 2
    耐熱容器に材料を入れる まず接着剤、ホワイトビネガー、キャノーラオイルを容器に入れ、次にコーンスターチを加えてダマがなく滑らかになるまでよく混ぜ合わせます。材料を混ぜ合わせると粘り気がでます。
  3. 3
    高温の電子レンジで15秒加熱する 加熱後、容器を電子レンジから取り出して生地を混ぜます。加熱された生地は、この段階ではまだ粘り気があります。
  4. 4
    さらに電子レンジで15秒加熱する 容器を電子レンジから取り出し、生地を混ぜます。この段階で、表面はやや固まっています。
  5. 5
    3度目の加熱をする さらに電子レンジで10~15秒加熱し、容器を取り出して生地の状態を確認しましょう。この段階で、生地はねばねばした状態から、まとまった状態になっているはずです。
    • まだねばねばしている場合は、さらに15秒加熱しましょう。完成した粘土は、やや粘り気がある柔らかな状態です。乾燥しているようであれば、加熱のしすぎです。
  6. 6
    生地をこねる 生地を少し冷ました後、手にクッキングオイルを付けて、生地が滑らかで手で伸ばせる状態になるまで3分ほどこねます。そして、生地をボール状にして引き伸ばしてみましょう。引きちぎった部分が尖ったままになっていれば出来上がりです。生地が崩れる場合は、加熱のしすぎです。
  7. 7
    ラップに包んで保存する 粘土をすぐに使わない場合は、ラップでしっかりと包んで湿り気を保ちましょう。
    広告

ポイント

  • 粉末の材料に食用色素を混ぜるのではなく、粘土に直接着色するには、色素を水に溶かして粘土に練り込みましょう。
  • 作品が乾くまで待ちましょう。大きな作品ほど、乾燥するまで時間がかかります。
  • 作業を終えたらすぐに後片付けをして、乾燥したコーンスターチと接着剤が作業台にこびり付くのを防ぎましょう。
  • 粘土が乾いて硬化する過程で、ひび割れができたり壊れたりすることがあります。
  • 粘土は涼しく乾燥した場所で保存しましょう。
  • コールドポーセリンで作った作品は、乾燥過程で収縮することを考慮して少し大きめに成形しましょう。
  • 粘土作りや成形作業の際は周囲が汚れるため、作業場所を覆ったりエプロンなどを着用したりしましょう。

広告

関連記事

How to

プラスチックレンズの眼鏡の傷を取り除く

How to

風船ガムを膨らませる

How to

自分で身長を測定する

How to

六角形を描く

How to

勝手に沈むオフィスチェアを修理する

How to

ワインボトルのラベルを剥がす

How to

プラスチックに塗装する

How to

革を染める

How to

硬貨を洗う

How to

自分のエロティックな写真を撮る

How to

タッチペンを手作りする

How to

貝殻の汚れや付着物を落としてつやを出す

How to

息を長く止める

How to

牛を描く
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む32人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
カテゴリ: 趣味・DIY
このページは 115 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告