自然療法で湿疹を治す方法

共同執筆者 Zora Degrandpre, ND

この記事には:生活習慣を変える外用薬で湿疹を治す食生活を変える湿疹の症状を見分ける25 出典

湿疹はいくつになっても私たちを不快な気分にします。アトピー性皮膚炎を始め、湿疹を伴う皮膚疾患を抑えるために、医師はしばしばステロイドクリームを処方します。しかし、人によっては、数々の副作用を引き起こすステロイドは、必ずしも期待通りの効果を発揮するとは限りません。幸いなことに、ステロイドに頼らなくても、痒みや乾燥肌といった肌質の変化を抑える方法はあります。いくつかの生薬療法を実践すれば、肌の見た目や質感を劇的に改善することができます。自然療法が肌に合わない場合や、かえって症状が悪化する場合は、医師の診察を受けましょう。

パート 1
生活習慣を変える

  1. 1
    湿疹の誘発因子(トリガー)を突き止めましょう。湿疹の引き金となるものは、人によって様々です。人によっては、ウールが敏感肌を引き起こします。また一方で、香水に含まれる化学物質に過敏な人もいます。実際、何をきっかけに湿疹が再発するのかが分からない場合は、すべての可能性を検討しなければなりません。例えば、料理に使用した食材をすべて日誌に書き出してみましょう。献立から特定の食材や食品を抜いた際に、どのような効果があるのかを一つずつ調べていきます。
    • 湿疹を引き起こす食材を突き止めるのは、少々面倒な作業です。そのため、食事をすべて自然食品や有機食材に切り替えたうえで、そこに新たな食品を加えながら、湿疹の引き金となるものを見極める人も少なくありません。
  2. 2
    肌に優しい衣服を着用しましょう。どこにいても、できるだけ緩い服装で過ごしましょう。ウールのような、チクチクして痒みを引き起こす素材は避けましょう。一方、綿・シルク・竹を素材とする肌触りの滑らかな生地であれば、皮膚への刺激は最小限で済みます。[1] また、洗濯用洗剤にも注意が必要です。衣服に少しでも洗剤の残りが付着していると、湿疹の再発につながります。できれば天然素材の粉石鹸を使いましょう。あるいは、少なくとも、他社の製品に切り替えてみましょう。
    • 運動の際は、通気性の良いスポーツウェアを着用しましょう。過度の発汗は湿疹を悪化させるため、肌を適度に冷やす必要があります。[2]
  3. 3
    素肌に優しい石鹸やシャンプーを選びましょう。湿疹持ちの人にとって、石鹸・洗浄剤・シャンプー・食器用洗剤・殺菌剤その他香料が添加された製品は、すべて刺激物となって肌を傷めます。できる限り天然野菜ベースの石鹸や洗浄剤を使いましょう。[3]
    • ラウリル硫酸ナトリウム(界面活性剤)およびパラベンを含んだ製品は避けましょう。一般的な衛生用品に含まれるこれらの化学物質は、皮膚を傷め、乾燥肌を引き起こします。また、ラウリル硫酸ナトリウムは、皮膚の天然タンパク質を分解し、外部の汚染物質への抵抗力を低下させます。さらに医学的研究によって、内分泌撹乱・癌・生殖機能障害とパラベンの結び付きが指摘されています。[4]
  4. 4
    加湿器を使いましょう。寝室や家の中の乾いた空気は、湿疹やその他の皮膚病を悪化させ、乾燥によって潤いを失った皮膚は剥がれやすくなります。部屋の乾燥を防ぐために、加湿器を用意して、空気と肌に潤いを与えましょう。家庭用のポータブル加湿器、または暖炉に取り付けるタイプの加湿器は、量販店やオンラインで購入できます。加湿器には様々なデザインがあり、値段も数千円のものから5万円以上のものまであります。[2]
    • 加湿器を購入しなくても、部屋の空気を湿らせる方法はあります。観葉植物は、「蒸散」と呼ばれるプロセスを通して、自然に空気中の水蒸気量を増やします。中でもタマシダは、天然の“加湿器”として人気の高い観葉植物です。[5]
  5. 5
    家を掃除してアレルギー源を取り除きましょう。アレルギーを引き起こす物質であるチリダニ、ペットのフケ、季節の花粉、カビ、そして頭のフケは、すべて湿疹の誘発因子です。良質なフィルターのを備えた掃除機を使い、こまめに掃除をしましょう。[6]
    • バクテリア・菌類・ウイルスを避けましょう。また、明らかに病気と思われる人達との接触も控えましょう。湿疹のきっかけとなる場合があります。
  6. 6
    できる限りストレスを減らしましょう。湿疹を始めとする皮膚病は、精神面・肉体面を問わず、ストレスと密接な関わりがあります。そのため、時間を見つけてストレス解消法を実践するのは、湿疹の治療に極めて有効です。みなさんに合ったリラクゼーション法を見つけましょう: 心的イメージ、催眠療法、瞑想、ヨガ、音楽を聴く、絵を描くなど。
    • 毎日、心身をリラックスさせてくつろぐ時間を設けましょう。湿疹の正確な原因は明らかではありませんが、ストレスは確実に症状を悪化させます。[7]
  7. 7
    過度の入浴も禁物です。入浴には、冷水や熱いお湯ではなく、適度な温水を使いましょう。何度も風呂に入ると、皮膚の湿気が奪われ、湿疹は悪化します。湯船に浸かったり、シャワーを浴びるのは、1日1回か、できれば2日に1回に限定しましょう。湯気が立つほど熱いシャワーや冷たいシャワーを避け、入浴時間はせいぜい15~20分程度にしましょう。入浴後は、清潔で乾いたタオルで体を軽く叩きながら水気を拭き取りましょう。[8]
    • シャワーの後は肌の保湿に努めましょう。できれば、まだ体が湿っているうちにクリームを塗って湿気を閉じ込めましょう。ココナッツオイル・オリーブオイル・シアバター・アボカドオイルまたはヒマシ油を主成分とする、無添加の保湿クリームを使いましょう。湿疹持ちのみなさんにとっても、これらは肌に優しいオイルといえますが、人によって体質は違うため、いくつか試したうえで、自身の肌に最適なオイルを選びましょう。
    • 浴槽に長時間浸かってはいけません。時として水は肌の活力を奪います。同時に、湿疹箇所を刺激しないように注意しましょう。肌に刺激を与えると、往々にして湿疹箇所に痒みが出始めます。

パート 2
外用薬で湿疹を治す

  1. 1
    アロエベラを使いましょう。市販のアロエ製品ではなく、天然のアロエを使いましょう。アロエベラの葉を摘み取って、透明なゼリー状の樹液を絞り出します。この樹液を湿疹箇所に塗り、肌に浸み込むのを待ちます。残った葉を冷蔵庫に入れて保管すれば、何度も使用することができます。外用薬として使う限り、天然のアロエベラに副作用の危険はありません。必要に応じて何度でも使いましょう。[9]
    • アロエベラから取れるゼリー状の樹液は、何千年にもわたって、保湿および抗炎症治療に使用されてきました。[10] 痒みを和らげるとともに、乾燥して剥がれやすくなった皮膚に潤いを与えるアロエは、湿疹の治療に有効な膏薬として今日でも広く支持されています。
  2. 2
    キンセンカローションを使いましょう。肌全体にキンセンカローションをたっぷりと塗りましょう。外用薬としてのキンセンカに関する副作用は報告されていません。[11]あるいは、 キンセンカローションとアロエの樹液を混ぜ合わせて肌に塗るのも効果的です。キンセンカはマリゴールドによく似た花で、そのエキスは化粧水のみならず鎮痛薬や抗炎症薬の原料としても広く利用されています。[12]
    • 石鹸・オイル・ローション・軟膏およびクリームといった主なキンセンカ製品は健康食品店で購入できます。通常これらの製品は、天然のキンセンカの含有量が高く、刺激成分の割合が低いため、ドラッグストアに並ぶキンセンカベースの外用薬が肌に合わない場合は、ぜひ試してみましょう。
  3. 3
    オート麦(エンバク)を使いましょう。ローラーをかけて押し麦にした有機オートを、綿の靴下またはナイロンのニーソックスに詰めて浴槽の蛇口に吊り下げましょう。オート麦を通して水を流します。オート麦には抗炎症成分やかゆみ止め成分が含まれているため、浴槽の中で大いに清涼感を味わえるでしょう。[13]
    • オートミールのペーストを自作しましょう。作業は、オートミールを水に溶いてペーストにするだけです。出来上がったペーストを直接湿疹箇所に塗りましょう!
    • イラクサもまた、浴槽で使用すればオート麦と同様の効果が期待できます。イラクサやオート麦には、痛みや痒みの伝達シグナルをブロックする働きがあると考えられています。[14]
  4. 4
    カモミール湿布を自作しましょう。カモミールは、湿疹の治療に有効な生薬として高い人気を誇ります。カモミールには、痒みを和らげ、炎症を抑える効果があるといわれています。まずはカモミールティーを作りましょう。乾燥したカモミールの花を沸騰したお湯に入れて、15分ほど煮沸します。その後、花びらを濾して、少しの間溶液を冷まします。最後に、清潔な布をカモミールティーに浸して温湿布を作ります。余分な水気を絞り落としましょう。温湿布を患部に当て、10~15分間そのままにしましょう。
    • カモミールオイルを直接肌に塗ってマッサージをするか、または湯船に数滴落とすのも効果的です。ただし、中にはカモミールにアレルギー反応を示す人もいるので注意が必要です。本格的に使用する前に、肌の一部でテストをしましょう。[15]
  5. 5
    有機ココナッツオイルを使いましょう。コールドプレス製法による有機ココナッツオイルは、市販の高価な化粧品よりもはるかに効果的な保湿クリームとして、湿疹持ちの人の多くが愛用しています。有機ココナッツオイルは、健康食品店やオンラインまたは一部のスーパーマーケットで購入できます。オイル(開封時は固形ですが、すぐに溶け始めます)を全身の湿疹箇所に塗り、皮膚に浸み込むのを待ちましょう。
    • コールドプレスオイルとは、116℃以下の温度で精製されたオイルのことです。低温抽出によって、オイルのすべての養分・酵素・ミネラルが保持されます。
  6. 6
    スイートアーモンドオイルを試してみましょう。スイートアーモンドオイルもまた、湿疹の治療に広く使用されています。スイートアーモンドオイルに含まれるウルソール酸およびオレイン酸には、炎症を抑え、皮膚の修復を助ける働きがあると考えられています。保湿クリームと同様に、体中にたっぷりと塗りましょう。あるいは、風呂やシャワーの前に全身に塗っておけば、温水による乾燥効果から肌を保護することができるでしょう。[16]
  7. 7
    レモンを試してみましょう。といっても、レモンを半分に切り、断面を湿疹箇所に当てるだけです。すぐに変化が現れるはずです。灼熱感は覚悟しましょう。擦れば擦るほど灼熱感を覚えるでしょう。灼熱感は、レモンが皮膚の下の炎症を撃退している証拠です。湿疹箇所の皮膚がヒビ割れを起こしている場合は、なおさら焼けつくような感覚が起こるでしょう。

パート 3
食生活を変える

  1. 1
    食生活を改善しましょう。精製食品はできる限り避けましょう。料理には有機食材を使い、自然食品の摂取を心掛けましょう。すなわち、新鮮な果物や野菜を選ぶとともに、自家製の豆類を調理しましょう。さらに、間食にはナッツ類、ベリー、果物および野菜を進んで摂り、赤肉の摂取を極力控えましょう。
    • オメガ3脂肪を豊富に含んだ食品(魚や菜っ葉類など)をたくさん食べて、肌の潤いとしなやかさを保ちましょう。
  2. 2
    牛乳を始めとする乳製品の摂取を止めましょう。牛乳は高い確率で湿疹を引き起こす食品の一つです。[17] そのため、少なくとも一時的に、牛乳を食生活から排除して、症状が改善するかどうかを見極めるのが得策です。牛乳は酸性が強く、湿疹を悪化させるホルモンや化学物質を豊富に含んでいます。最低でも2週間は牛乳の摂取を止めて、体調の変化を見てみましょう。
    • 牛乳の代わりになるものはたくさんあります。いきなりコーヒーをブラックで飲む必要はありません。ヤギ・羊・水牛の滑らかなミルクは優れた代用品になるでしょう。
    • 動物性ミルクの代わりに、豆乳・ヘーゼルナッツミルク・アーモンドミルク・オートミルク・ライスミルクといった植物性ミルクを使うこともできます。[16]
  3. 3
    グルテンの摂取を止めましょう。小麦もまた、湿疹を誘発する一般的な食材の一つと考えられています。[18] できる限り、グルテンを食生活から取り除きましょう。パン・パスタ・シリアルを始め精製炭水化物を豊富に含んだ食品の摂取は控えましょう。
  4. 4
    除去食を実践しましょう。食事日記を付けましょう。その日口にしたものをすべて書き出し、食品を摂取した際の症状の変化を注意深く見極めましょう。時には、すぐさま、あるいは数時間のうちに、体調の変化を自覚できるかもしれません。やがて、特定の食品と体調の間に決まったパターンがあることに気付くはずです。その後、最低でも2週間(できれば4~6週間)はそれらの食品の摂取を止め、肌の状態がどのように変化するのかを調べましょう。
    • 乳製品や小麦に加えて、大豆、卵、ナッツ類および種子類も湿疹を誘発する可能性があります。[19] これらの食材が湿疹を悪化させていることに気付いた時点で、直ちに食生活から抜きましょう。
  5. 5
    天然サプリメントを服用しましょう。湿疹の症状を抑える栄養サプリメントが大量に出回っています。その中で最も効果的なものは以下の通りです:
    • 脂肪酸: 脂肪酸には乾燥肌を解消して炎症を抑える働きがあるため、湿疹の治療に効果的です。抗炎症性の高いオメガ3脂肪酸のサプリを服用しましょう。オメガ3系の中でも、とりわけDHA(ドコサヘキサエン酸)およびEPA(エイコサペンタエン酸)が有効です。一方、同じ多価不和脂肪酸でも、赤肉や卵に豊富に含まれるオメガ6脂肪酸は、炎症を引き起こす可能性があります。とある研究によると、1日当たり1.8グラムのEPA(オメガ3脂肪酸)の摂取を12週間 続けると、湿疹が緩和されることが明らかになっています。[20]
    • ビタミンA、DおよびE: これらのビタミンは、肌の潤いを保ち、きめを整えるとともに、体内のコラーゲン産生を促進して、遊離基による過酸化から肌を保護します。
    • ガンマリノレン酸(GLA): このタイプの脂肪酸は、ツキミソウオイルやボラージオイルおよびカシスオイルに含まれています。ガンマリノレン酸には、肌の炎症を和らげ、皮膚組織の脂質バランスを元通りにする働きがあると考えられています。[21][22]

パート 4
湿疹の症状を見分ける

  1. 1
    一般的な湿疹の症状を理解しましょう。湿疹という病名は、皮膚炎や肌荒れを始め様々な皮膚疾患の総称です。あらゆる種類の湿疹は、症状として痒みを伴います。痒みのある箇所を引っ掻くと、ヒリヒリとした肌荒れを引き起こし、皮膚組織の硬質化や鱗状化といった、しばしばアトピー性皮膚炎に見られる症状が現れます。
    • 湿疹の直接の原因は明らかではありませんが、[23] ストレスは明らかに湿疹を悪化させます。一般的に、湿疹は幼少期または幼年期に発病しますが、人によっては、30歳を過ぎてから本格的にかかるケースもあります。
  2. 2
    全身をチェックして症状を確認しましょう。湿疹の最も一般的な症状として、痒みや乾燥肌および皮膚の剥離が挙げられます。さらに、顔面、膝の裏、肘の内側、両手および両足に発疹が現れるのもこの皮膚疾患の特徴です。成人の場合、発疹は通常肘や膝の関節部分および首筋に現れます。もっとも、実際に発疹が起こるのは、湿疹患者のうちの10%にすぎません。[24]
    • 通常、幼児期の湿疹は、頭皮の発疹(乳痂)および顔面(特に頬)の発疹によって始まります。早ければ生後2~3か月で発病します。幼少期になると、大抵の場合、2歳頃から思春期までの間に肘の内側(内腕)または膝の裏側に発疹が出始めます。[25]
  3. 3
    現在みなさんがどのタイプの湿疹にかかっているのかを確認しましょう。炎症や痒みは一般的な症状ですが、発病箇所や炎症の種類によって湿疹を区別することができます。
    • アレルギー性湿疹または接触性湿疹は、特定の物質との接触が引き起こす過剰反応です。衣類やアクセサリーまたは化学物質が肌に触れると、たちまちその箇所が炎症を起こすのが分かるはずです。
    • 手のひらや足の裏に湿疹が現れたり、または水疱が現れ、潰すと透明な体液(リンパ液)が流れ出る場合は、異汗性湿疹の疑いがあります。
    • 貨幣状湿疹の場合、主に腕や下半身および臀部にコイン状の赤み(紅斑)が現れます。紅斑は複数の箇所に発生する場合もあります。
    • 頭皮や顔面の皮膚が黄色に変色する、または脂濃くなる、あるいは剥げ落ちるといった症状が現れる場合は、脂漏性皮膚炎の疑いがあります。

ポイント

  • ツキミソウオイルやボラージオイルおよびカシスオイルに含まれるガンマリノレン酸(GLA)は、湿疹の症状の緩和に役立ちます。[26]
  • 規則正しい睡眠を心掛けましょう。寝付きが悪い場合は、就寝前に湯船に浸かってリラックスしましょう。寝室は涼しく、そして暗くしておきましょう。少なくとも就寝の1時間前には、液晶スクリーンを始めすべての電子機器の電源を切りましょう。[27]
  • 鍼治療・アーユルヴェーダ医学・生薬療法・ホメオパシーなど、その他の治療法も試してみましょう。本格的にアーユルヴェーダ医学やホメオパシーを実践する場合は、長時間にわたる診察の中で、湿疹とは一見無関係な問診をたくさん受けることを覚悟しましょう。ホメオパシーやアーユルヴェーダ医学は、いずれも西洋医学とは大きく異なる哲学やアプローチに基づく医療システムです。そうはいっても、インド発祥のアーユルヴェーダ医学は数千年にわたって実践されてきました。ホメオパシーにも数百年の歴史があります。効き目がないとはいえないでしょう!
  • 手の肌荒れがひどい場合は、軍手を購入しましょう。少量のココナッツオイルを混ぜたローションを手に塗り、1時間ほど軍手をはめて過ごします。その後、もう一度ローションを塗り、次の1時間は素手のままで過ごしましょう。
  • できればアレルギー検査を受けましょう。時に検査は面倒なものですが、きっとみなさんの湿疹を引き起こす食品・動物・カーペット・樹木などを突き止めることができるでしょう。
  • 部屋の加湿器の水にラベンダーオイルを加えてみましょう。湿疹のせいで寝付きが悪い場合は、きっとラベンダーの香りで心身ともにリラックスできるでしょう。
  • 家に加湿器がなければ、霧吹きを使って部屋に水を吹きつけましょう。
  • 鍼治療を考えているみなさんは、正規の資格を持った鍼療法士を訪ねましょう。
  • かぶれや炎症を避けるために、無香料・無着色のローションを使いましょう。アロエローションは人気の高い化粧水ですが、人によってはアレルギーを引き起こす場合があります。
  • オート麦を原料とするオートミールローションも有効です。毎日何度も塗ってその効果を確かめましょう。

注意事項

  • 湿疹を引っ掻いてはいけません。深刻な炎症に発展する場合があります。
  • 食生活から乳製品や牛乳を抜くのは、湿疹の症状の改善に効果的ですが、その一方で、カルシウムやビタミンDを他の食品から補う必要があります。ケールのような青野菜やアーモンドまたは豆乳を進んで摂りましょう。加えて、カルシウムのサプリメントも有効です。ただし、カルシウムの過剰摂取は、高カルシウム血症などの副作用を引き起こします。かかりつけの医師に相談して、カルシウムサプリの服用がみなさんに最適かどうかを確認しましょう。[28]最終的には医師と相談のうえで、みなさんの体質に合った治療法を決めましょう。

出典

  1. http://nationaleczema.org/eczema/causes-and-triggers-of-eczema/
  2. 2.02.1http://www.mayoclinic.com/health/eczema/DS00986/DSECTION=lifestyle-and-home-remedies
  3. http://nationaleczema.org/eczema/causes-and-triggers-of-eczema/
  4. http://www.safecosmetics.org/get-the-facts/chemicals-of-concern/parabens/
  5. http://www.sustainablebabysteps.com/types-of-houseplants.html
  6. http://nationaleczema.org/eczema/causes-and-triggers-of-eczema/
  7. http://www.niams.nih.gov/Health_Info/Atopic_Dermatitis/default.asp
  8. http://www.mayoclinic.com/health/eczema/DS00986/DSECTION=prevention
  9. http://nccam.nih.gov/health/aloevera
続きを 表示する… (19)

記事の情報

この記事はZora Degrandpre, NDが共著しています。 デグランプリ医師はワシントン州在住の自然療法医です。2007年に自然療法医科大学、「National College of Natural Medicine」にてND(自然療法医師学位)を取得しています。

カテゴリ: 全般的健康

他言語版:

English: Treat Eczema Naturally, Français: traiter l’eczéma naturellement, Italiano: Trattare gli Eczemi Naturalmente, Español: tratar el eczema naturalmente, Deutsch: Ekzeme auf natürliche Art behandeln, Português: Curar Eczema de Forma Natural, Nederlands: Eczeem op natuurlijke wijze behandelen, 中文: 用天然方法治疗湿疹, Русский: вылечить экзему естественным путем, Bahasa Indonesia: Alami Mengobati Eksem, Čeština: Jak se zbavit ekzému přírodními metodami, العربية: علاج الإكزيما بطريقة طبيعية, हिन्दी: करें प्राकृतिक रूप से एक्जिमा का उपचार, Tiếng Việt: Trị Bệnh Eczema, 한국어: 습진 자연적인 방법으로 치료하기, ไทย: รักษาโรคผิวหนังอักเสบด้วยวิธีธรรมชาติ

このページは 6,072 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?