黒、茶、ブロンドまたは赤毛など、どのような髪色であっても脱色することで髪本来の明るさが強調されます。陽射しの中で長時間過ごすことで髪色は自然に明るくなりますが、自然素材を使って短時間で明るくする方法もあります。家庭にある材料でスタイリッシュに仕上げる様々な方法をご紹介します。

方法 1 の 4:
レモン汁を使う

  1. 1
    レモンを絞ります。レモンを半分に切り、レモン絞り器を使うか、手で絞ってレモン汁をボウルに入れます。できる限り多くのレモン汁を絞り出しましょう。特に長い髪の場合はたくさん必要です。[1]
    • さらに明るい色にするには、シナモンとコンディショナーも加えましょう。
    • スプレーボトルが詰まらないように、種を取り除きます。
    • 瓶入りのレモン汁は避けましょう。髪を痛める保存料が含まれています。
    • 髪の長さによって、必要なレモン汁の量は異なります。
  2. 2
    レモン汁と水をスプレーボトルに入れて混ぜ合わせます。レモン汁と水の割合は2:1にします。レモン汁の分量を量り、適量の水を加えます。例えば、2カップのレモン汁には、1カップの水が必要です。スプレーボトルを振ってレモン汁と水を混ぜ合わせましょう。[2]
    • 使用済みのスプレーボトルを利用する場合は、よく洗ってからレモン汁を注ぎましょう。有害な薬品が入っていたスプレーボトルの使用は避けましょう。
  3. 3
    レモン汁溶液を髪に吹き掛けます。髪全体、毛先、または何本かの毛束など、明るくしたい部分に集中して吹き掛けましょう。[3]
    • はっきりとしたハイライトにするには、コットンボールをレモン汁溶液に浸け、髪の束に塗布します。
    • レモン汁を多く付けるほど、髪色は明るくなります。
  4. 4
    何度かに分けて日光に当たります。レモン汁は日光に当たると脱色作用を発揮します。日中、3~4回髪を日光に当てましょう。一度に当てる時間は、1~2時間にします。[4]
    • 直射日光に当たる際、日焼け止めクリームと衣服で陽射しから顔と体を守りましょう。
    • 髪を日光に当てる間隔は特に決まっていません。都合の良い時に外に出て陽射しを浴びましょう。
  5. 5
    髪を洗ってコンディショナーを付けます。レモン汁をしっかりと洗い流します。次に、髪を洗って保湿効果のあるディープコンディショナーを付けましょう。レモン汁は髪を乾燥させるため、ディープコンディショナーを使うことが重要です。髪が乾いたら、脱色効果を確認できるでしょう。[5]
    広告

方法 2 の 4:
カモミールティーを使う方法

  1. 1
    カモミールティーを淹れます。乾燥したカモミールの花を使うか、3~4個のティーバッグを使い、濃いカモミールティーを淹れます。カモミールが抽出されたら、冷めるまで待ちます。頭皮に触れるため、熱すぎないように注意しましょう。[6]
  2. 2
    髪をカモミールティーですすぎます。髪全体を明るくしたい場合は、シンクの前に立ち、カモミールティーを髪に流し掛けます。ハイライトを入れる場合は、髪の束にカモミールティーを塗布します。[7]
  3. 3
    髪を日光に当ててカモミールティーと反応させます。日光に当たり、髪に付いたカモミールティーを乾かします。髪を陽射しに当てる時間は決まっていませんが、長く当てるほど効果があります。[8]
  4. 4
    髪を洗ってコンディショナーを付けます。カモミールティーを洗い流します。そして、髪を洗って保湿効果のあるコンディショナーを付けましょう。髪が乾いたら、髪はやや明るくなり、ハイライトが入っているのが分かるはずです。
  5. 5
    この手順を繰り返します。カモミールティーを使う場合は、歴然とした効果はすぐには見られないかもしれません。カモミールティーは少しずつ髪を脱色するため、お好みの仕上がりにするには、数日間にわたってこの方法を試す必要があるかもしれません。[9]
    広告

方法 3 の 4:
ハチミツを使う方法

  1. 1
    ハチミツと水をボウルに入れて混ぜ合わせます。ハチミツには天然の過酸化水素が少量含まれているため、髪色を明るくする効果があります。大さじ1杯の生ハチミツとカップ1杯の水をボウルに入れます。スプーンか泡だて器を使ってなめらかになるまでかき混ぜます。[10]
  2. 2
    混ぜた液を髪に塗ります。髪全体を明るくするか、何筋かのハイライトを入れるかを決めましょう。ハチミツと水の混合液を髪全体にすり込むか、髪の束に塗ります。[11]
    • ハイライトを入れる場合は、製菓用ブラシを使うと簡単に液を髪に塗ることができます。
  3. 3
    髪に液を付け一晩おきます。シャワーキャップを被り、一晩おいて脱色します。一晩かけたくない場合は、30~60分でも構いませんが、仕上がりの明るさは大きく異なりす。[12]
  4. 4
    髪を洗ってコンディショナーを付けます。ハチミツを付けてしばらくおいた後、完全に洗い流します。粘りのあるハチミツを洗い流すのは時間がかかるかもしれません。髪が乾いたら、明るい色になっているはずです。より明るい色がお好みであれば、この手順を何度か繰り返しましょう。
    広告

方法 4 の 4:
ヘナを使う方法

  1. 1
    ヘナが自分に合った方法かを考慮します。ヘナを使うと、通常髪色は赤みがかった茶色に染まります。元の髪色が濃い色であれば、ヘナを使って明るくすることができます。しかし、元の髪が薄い色の場合は、ヘナを使うとより濃い色になることがあります。元が濃い髪色で、赤みのある色にしたい場合にヘナを使いましょう。[13]
  2. 2
    ヘナのペーストを作ります。髪を染める12時間前にヘナのペーストを作ります。大さじ3杯のヘナパウダーと適量の熱湯を混ぜ合わせ、髪に付けられる程度の濃いペーストを作ります。スプーンか箸などを使って混ぜ合わせましょう。ヘナペーストがこぼれない場所に置いて冷まします。[14]
  3. 3
    ヘナを塗る準備をします。肌や衣類にヘナが付着するとシミになるため、古い長袖の服と手袋を着用しましょう。首や髪の生え際にはワセリンを塗り、シミが付くのを防ぎましょう。[15]
  4. 4
    髪にヘナペーストを揉み込むように塗りますヘナを塗る際は手袋を着用しましょう。髪全体をヘナで覆うか、部分的にハイライトを入れます。ヘナペーストを髪全体または髪の束にできるだけ浸透させましょう。塗り終わったらビニールのシャワーキャップを被り、ヘナが早く乾きすぎるのを防ぎます。[16]
  5. 5
    2~3時間そのままにしておきます。2~3時間後、シャワーキャップを外し、髪にコンディショナーを付けます。次に、ヘナとコンディショナーを洗い流し、シャンプーで洗髪していつものようにスタイリングしましょう。[17]
    広告

ポイント

  • 髪を脱色・染色する際、肩にタオルを掛けて衣服や肌を守りましょう。
  • 上記のように一晩かけたり、長時間かけて脱色する方法もあるため、事前に計画を立てて時間の余裕がある時に実行しましょう。

広告

注意事項

  • 週に1~2回以上髪の脱色をしてはいけません。髪が乾燥して傷んでしまう場合があります。
広告

関連記事

How to

靴の音鳴りを止める

How to

生理を早める

How to

洗濯機で衣類を縮める

How to

防犯タグを外す

How to

縮んだ服を伸ばす

How to

髪に付いたガムを取る

How to

お酒の臭いを消す

How to

ジーパンをショートパンツにリメイクする

How to

全身をマッサージする

How to

ペニスを洗う

How to

爪を噛むのをやめる

How to

布地からマニキュアを落とす

How to

えくぼを自然に作る

How to

絆創膏の粘着剤を落とす
広告

このwikiHow記事について

Ashley Adams
共著者
認定美容師
この記事の共著者 Ashley Adams. アシュリー・アダムスは、イリノイ州の認定美容師で、ヘアスタイリストです。2016年にジョン・アミーコ美容専門学校にて認定資格を取得。 この記事は2,483回アクセスされました。
このページは 2,483 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告