舌でさくらんぼの柄を結ぶ一発芸は、パーティーで友達に披露したいときや、セクシーな自分を演出したいときに使えます。何度か練習が必要ですが、必ずできるようになります。この芸の習得には一般的な方法ともう一つ別の方法があり、どちらの方法においても、長くしなやかな柄を選んで、舌と歯を使って輪を作り、結び目を完成させていきます。

方法 1 の 3:
柄の選定と準備

  1. 1
    長くて先端が大きな柄を選びましょう 柄が長いほど、結び目を作るのが簡単です。2.5~4cmの長さの柄を探しましょう。[1] また、先端は大きいものを探しましょう。舌の先で場所を特定して曲げやすくなります。[2]
  2. 2
    手に入るのであれば、マラスキーノ・チェリーを使いましょう マラスキーノ・チェリーは、シロップで柄が柔らかくしなやかになっているため、結び目を作るのに最適です。値段も安く、バーやパーティーではたいてい手に入るので、芸を披露したいときにすぐ使えます。
  3. 3
    さくらんぼの実を、柄から優しく取り除きましょう 実を柄から優しく取り除き、つながっていた柄の先が残るようにします。柄の先が取れてしまった場合は、新しいさくらんぼでもう一度試しましょう。
  4. 4
    新鮮なさくらんぼの柄は柔らかくしましょう 新鮮なさくらんぼの柄を使うのであれば、口の中に10~30秒ほど含み、噛んだり転がしたりして柔らかくします。しなやかにすることが目的なので、形が崩れるほど強く噛まないようにしましょう。
    • 口の中で動かしている間に飲み込んでしまわないように気をつけましょう!
    • 新鮮なさくらんぼの柄を使う場合は、室温に戻しましょう。冷蔵庫に入れていた柄で練習しすぎると、舌から出血する可能性があります。[3]
    広告

方法 2 の 3:
一般的な方法

  1. 1
    柄を縦にして舌に置き、舌をゆっくり上にあげましょう 柄の先を舌の先に置きます。柄が舌と平行になっているので、舌を上にあげることで自然と柄が半分に曲がります。上あごに柄がくっつくまで舌を上にあげ、柄を上あごに押しつけます。[4]
    • このステップでは、口を閉じておきます。
  2. 2
    柄の両端が重なるまで、優しく噛んで押さえましょう 柄の両端がXの形で交差して輪を作るように、輪の部分を前歯で押さえます。この動作では、柄の先が口の前を向くようにしましょう。
  3. 3
    舌の先を使って、輪の中に片方の柄を入れましょう 前歯で柄を押さえながら、長いほうの先端を輪の中に押し込みます。[5]
  4. 4
    片方の柄の先端を指でつまみましょう 片方の柄の先を歯で押さえながら、もう片方の柄を口から引き出しましょう。こうすることで、固く結ばれたきれいな結び目を披露することができます。[6]
    • みんなが結び目をよく見られるように、輪の部分を持って大げさにお披露目しましょう。
    広告

方法 3 の 3:
もう一つの方法

  1. 1
    片方の先端を歯で押さえて、もう片方の先端を平行にならべましょう これで柄がヘアピンのように半分に折りたたまれるので、左の先端を右の先端の上に重ねましょう。輪の部分は少し口の外に出て、外側を向いている状態です。
    • 両端が同じくらいの長さになるので、後で分かりやすいように左の先端を長めにした方が良いでしょう。
  2. 2
    舌を使って、片方の柄の先端を動かしましょう 上にある方の柄の先端を見つけ、舌で下へと押し、下から上へと輪の中に戻し入れましょう。下から上へ輪に通すためには、まず下へと曲げる必要があります。これで結び目ができます。
  3. 3
    前歯で押さえて引き出しましょう 柄を前歯で押さえて固く結んだら、舌を出して結んだ柄を披露しましょう。見せる前に触りすぎると、結び目がほどけることがあるので注意しましょう。
    • 結んだ柄を披露するときは、結び目が見えるように輪を持って、大げさにお披露目しましょう。
    広告

注意事項

  • さくらんぼの柄や種を喉に詰まらせないようにしましょう。
  • 窒息の可能性があるため、7歳未満の子供にさせてはいけません。
広告

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。 この記事は5,948回アクセスされました。
カテゴリ: アート・エンタメ
このページは 5,948 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告