主婦デビューしたばかりですか? それとも主婦力をアップさせたいと思っていますか? どちらを望んでいても大丈夫です。夫や妻やパートナーとの二人暮らしであっても、子どもがいる家庭でも、この記事には完璧な家庭を築くアイデアや、家族との健全な関係を維持するアイデアがたくさん詰まっています。

パート 1 の 4:
家庭を維持する

  1. 1
    (身体に良い) 食事を作る 家族の健康と元気を支えながら、自分自身もパワフルに活動できるように (毎日たくさんの仕事をこなさないといけないのですから!) 、身体に良い食事を作るようにしましょう。料理が苦手であれば、料理を習ってみてもよいでしょう。
    • 家族の誰かが食事をしたいときに、美味しい料理をすぐにテーブルに出せるように前もって準備します。よく言われることが「彼氏の心を射止めるなら胃袋を掴め」ですが、彼氏の心のみならず、様々な場面にこれが当てはまります。電子レンジでチンするだけの食べ物では味気ありません。お気に入りのレシピ本を見つけて、いろいろな料理に挑戦してみましょう。
    • 美味しい食事を準備していると、家族みんなの健康や幸せを常に考えていることが自然と伝わります。美味しい食事は愛情表現の一つであり、仕事や学校から帰宅した家族を温かく迎え入れる方法でもあります。
  2. 2
    家の中をできるだけ清潔に保つ 住んでいる家を最も心地よく生活できる空間にする努力を惜しまないことです。清潔な生活空間は家族のストレスを緩和する効果があり、日々の生活が滞りなくできるようになります。さらに家の中を完全に把握すると、置き場所を忘れたカギを探す手間や、汚れた食器から臭ってくる悪臭などを防ぐことができます。
  3. 3
    洗濯をする 洗濯は時間がかかるため少しストレスを感じる家事ですが、洗濯物を放置すると家の中に悪臭が漂ってしまいます。洗濯のストレスを減らすには、家族に手伝ってもらって洋服を清潔に保ちましょう。その日のスケジュールを注意深く決めると、洗濯をする時間が簡単に見つかります。子どもに洗濯物をたたむお手伝いを頼んでもよいでしょう。
  4. 4
    スケジュールを決める 家庭内では、あなたが指揮官、家族が隊員という関係と言えます。そして、あなたの仕事は家族が滞りなく生活できるように家の中を管理することです。家事も自分の予定もスムーズに行えるように、朝から夜までのスケジュールを決めましょう。スケジュールを決めると時間の無駄遣いをしなくなるので、一日にできる家事の量も増えます。
  5. 5
    早起きする 一日の家事をスムーズに行うために早めのスタートを切りましょう。寝過ぎは身体が疲れる原因にもなります。早起きすると、家族のお弁当を作る時間も、家族の身支度を手伝う時間もできます。さらに、出勤や通学前に置き場所を忘れたリュックサックなどを焦って探してバタバタすることもなくなります。
  6. 6
    健康的な環境を作る 家族には、清潔で、元気になれる、楽しい我が家に帰宅して欲しいものです。そのために家族と自分自身の精神的・感情的な要求も満たされるように最善を尽くしましょう。これが最高の我が家を作るコツです。
    広告

パート 2 の 4:
家族との関係を維持する

  1. 1
    互いに望むことを伴侶と話し合う 実現可能な望みと、それを実現するための方法を、夫や妻やパートナーと話し合いましょう。二人の望みが同じと勝手に決めつけると、思いがけずに (口喧嘩などで) 辛い状況に陥る可能性があります。落ち着いた環境で二人で何度も話し合いましょう。
    • 良い主婦の定義はあなたが生活する家庭がどんなものかで決まります。また生活圏内の文化的な要素も大いに関係します。
    • 話し合う内容は、夫や妻やパートナーが家庭を守るあなたにして欲しいことは何か、あなた以外の家族がやるべきことは何かなどです。家の中を清潔に保つことがあなたの仕事であれば、相手は洋服を脱いだら洗濯かごに入れる、食べた後に使った食器を食洗機に入れるなど、自分が汚した物や場所の後始末を約束してくれるかもしれません。
    • 子育て中や、介護が必要な子どもや大人の面倒を見ている主婦の場合、実際にやってみると、家事との両立の難しさに驚くことでしょう。そういう状況にある主婦は無理をせずに、夫や妻やパートナーに料理や洗濯などの家事をできる範囲で分担してもらいましょう。
  2. 2
    身だしなみを整える 主婦業が忙しいと、ついつい自分の外見を疎かにしてしまいます。しかし魅力的な外見を維持することこそ、夫や妻やパートナーとの良い関係を維持するカギです。かつて恋人として交際期間中に外見に気遣ったように、結婚や同居のような家族的な関係になっても、自分の身だしなみを整えることが大切です。毎日お風呂に入り、清潔な服を着るようにしましょう。これは、突き詰めれば、あなた自身が自分のことも疎かにしていないと相手に伝えることでもあります。主婦であっても、自分のことを棚に上げずに、しっかりとケアしましょう。
    • あなたの夫や妻やパートナーが特定の服やスタイルを褒めたら、必ず覚えておいて、そのあとの服装のヒントにしましょう。
  3. 3
    夫や妻やパートナーを子どもではなく大人として扱う 趣味を決める、食べるものを決める、着る服を決めるなど、一人の大人として行うべき事柄の選択権を相手に委ねることがとても重要です。自宅にいることが多い主婦の場合、相手が家にいる間は自分の管理下に置きたがることがあります。しかし相手がそれを望んでいない場合もあるでしょう。あなたの意見を優しく言う程度であれば問題ありません。意見を求められたのであれば喜んで教えてあげましょう。そうでない場合は、相手の自由を尊重しましょう。あなたも自由を欲しがるはずです。あなたと相手は異なる人間だと肝に銘じておきましょう。
  4. 4
    相手の話を聞く 良い伴侶というのは、相手の言葉を遮ることなく、相手が言いたいことをしっかりと聞くものです。相手に共感しながら、実りのある楽しい会話にする術を学びましょう。話し上手になるコツは聞き上手になることです。すなわち、自分の話を減らして相手の話を聞くことに集中し、自分がしたい話をしても大丈夫だと相手が安心する環境を作りましょう。これは相手に対する謙遜、尊重、無私無欲、寛大さを示す行動です。
    • あなたのその姿が「人の話をちゃんと聞くべきだ」という良い手本にもなることでしょう。
  5. 5
    できれば口論は避けるが、口論になったら口を挟むタイミングを見極める 粗探しをしても何の得にもなりません。あなたの夫や妻やパートナーを苛つかせるだけです。同じく、あなたの本心を見せないのも好ましくないでしょう。相手は暴君のような存在ではないはずです。口論になってしまったならば、タイミングを見計らって自分の本心をちゃんと伝えれば、それがきっかけで改善されることもあるでしょう。とにかく、互いを尊重することだけは忘れないようにしましょう。尊重し合えば状況は好転します。
    • 口論が起きるのは自然なことなので、心配は無用です。二人は生まれも育ちも異なる人間なので、意見が違うのも当然なのです。口論しながらでも、ちゃんと問題を解決すれば、その後にしこりを残すことはないでしょう。
  6. 6
    「そのままの相手」を愛する まるで八つ当たりのように粗探しをして、相手をきつく非難するのは控えましょう。自分の「理想の伴侶」のイメージに相手が合わないとしても、誰もがその人なりにユニークなのですから、その点を尊重しましょう。相手の改善を計る前に、まずは自分を改善してみます。相手に何らかの不満があるのであれば、相手を気遣いながら、愛情を込めて伝えましょう。同意や説明を得られる可能性もあります。このような会話は二人の信頼関係を深め、不要な衝突を防ぐことにもなります。
    広告

パート 3 の 4:
一層の努力をする

  1. 1
    愛情行為を優先する 長続きする関係を築くには、健全な性的営みが非常に重要です。これはセックスの回数を増やせばいいということではありません。互いにセックスの質と量に満足できることが重要です。可能であれば、自分の性的欲求を相手に伝えて二人の性関係を向上させましょう。自分の欲望を伝えられるに越したことはありません。これが結婚の性的側面を深く知るきっかけにもなります。
  2. 2
    相手が必要としていることを察する 人というのは自分の空間と一人の時間を欲しがるものです。主婦のあなたは日中に (子どもが学校に行っていたり、寝ている間に) 自分の空間と時間を持つことが可能ですが、あなたの夫や妻やパートナーには日中そんな時間も空間もありません。もしかしたら大変な仕事をしてきた日などは、帰宅後に一人きりでリラックスしたいと思うかもしれません。相手の疲れを癒すために一緒に過ごすことも大事ですが、相手が一人で過ごしたいとか、友だちと出掛けたいときには、一歩下がって相手の気持ちを尊重しましょう。
    • 帰宅した相手を満面の笑みで迎えて気分をほぐし、緊張を和らげます。そして、相手の好物や好きな飲み物を用意して一日中働いた労をねぎらいましょう。
  3. 3
    子どものためのアクティビティーを準備する 子どもや家族全員が楽しめて、ためになるアクティビティーを準備します。事前にリサーチをしてもよいでしょう。例としては、美術館でガイド付きのツアーに参加する、ハイキングに出掛けて道端で見つけた植物について子どもに教えるなどがあります。
  4. 4
    素敵な女主人になる 時折、自宅前でのブロック・パーティーや、四季折々のホリデイ・パーティーなどを催して、自分が一生懸命家族に尽くしている姿を実際に見せましょう。美味しい料理を作り、家の中を飾り付け、家族が集う楽しいアクティビティーを用意します。家族の絆が強くなり、楽しい時間を過ごせること間違いなしでしょう。
  5. 5
    完璧な雰囲気を作る スーパー主婦を目指すのであれば、家の飾り付けのスキルをレベルアップし、インテリア雑誌に載っているような素敵な内装にトライしてみましょう。あなたも、あなたの夫や妻やパートナーも素敵な家に住んでいることを誇らしく思うはずです。子どもたちにとっても良い生活環境になることでしょう。
  6. 6
    伴侶を外出させる オンラインゲームやボーリングなど、あなたの夫や妻やパートナーが一人で参加できるアクティビティーを勧めてみましょう。これは相手の張り詰めた神経をほぐす助けになります。幸せな夫は妻にストレスをほとんど与えません。もちろん、相手に好きなアクティビティーを選んでもらいましょう。ただし、そのアクティビティーのための外出にあなたも賛成していることを相手にちゃんと伝えましょう。仕事がすべてではないのですから。
    広告

パート 4 の 4:
元気を出す

  1. 1
    定期的に外出する 家の中での家事や仕事に追われて、気が付けば一度も外出しない日があったりします。これは気分が落ち込んでしまう一番の原因です。最低でも一日に一度は外出できるような毎週定期的に参加するアクティビティーを探してみましょう (図書館の掲示板でよく案内しています)。午後になって今日は一度も外出していないことに気付いたら、散歩に出る、書店やコーヒーショップで30分ほど過ごす、友だちに電話して外でお茶をするなど、きっかけを作って外出しましょう。
  2. 2
    友だちを持つ 基本中の基本です。しかし主婦というのは家の中の仕事が忙しすぎて、友だちと会ったり、外出したりすることを忘れがちです。万が一、あなたの友だちが一緒に暮らす夫や妻やパートナーだけならば、相手に一方的にしゃべっている自分にいずれ気付くことでしょう。 (ランチをする、週一で会うなど) 自分の友だちと過ごす時間を大切にしましょう。これだけで家族みんなが幸せになるのです。
  3. 3
    趣味を見つける 自分が幸せになることも必要です。家とはまったく関係のない、自分だけの時間を過ごせるもの、何かを作ったり創造性を刺激するような趣味を持ってみましょう。これは自分の感情を外に出す良い機会にもなるはずです。裁縫や料理のような生産性のある趣味もよいでしょう。
  4. 4
    教育を受けることを考えてみる 主婦という仕事に学位は要らないとはいえ、勉強したいのであれば躊躇せずに勉強しましょう。学びは楽しい上に、教育を受けることで自信が生まれ、自分の豊かさも意識できるようになります。学校に行く必要はありません。地元の図書館でたくさん読書をする、コースラ(Coursera、英語で授業を行うオンライン教育サービス) や、大学の講義ノートと音声・動画を公開しているオープンコースウェアなどで無料の授業を受けるといった方法があります。
  5. 5
    副業を考える 時間的に余裕があるのならば、在宅でできる仕事は多数あります。副業は家計の足しになる上に、仕事をしている自負心も感じられるでしょう。自宅でデイケア・サービスを始めたり、ペットシッターをしたり、データ入力をしたり、旅行代理店を運営することも可能でしょう。本当にたくさんの選択肢があります。
  6. 6
    時には家族に面倒を見てもらう 主婦の仕事量はとても多いので、家族にもいくらか分担してもらったほうがよいでしょう。自然に手伝ってくれる可能性も大いにありますが、月に一度くらいは、普段自分が行っている家事をすべて家族に任せる日を意識的に設けてみてもよいでしょう。家事の大変さを実感した彼らが、あなたに感謝するという素敵な副作用も見込まれます。
    広告

ポイント

  • 休みを取りましょう。良い主婦であればこそ、毎日24時間、年中無休で、家や子どもの世話をし、料理をし、掃除をする必要はないのです。あなたの夫や妻やパートナーが夕方や週末に仕事から解放されるのであれば、あなたがときどき家事から解放されるのも当然の権利と言えます。相手の休みの日に洗濯や子どもの面倒を任せて、地元の団体のボランティアをしたり、温泉に行ったり、友だちと会ったりと、自分の気力と体力を充電するための時間を設けてみましょう。これはあなた自身の独立心を養うだけでなく、夫や妻やパートナーが家事や子どもの世話の大変さを実感するよい経験となり、毎日ハードに家事をこなすあなたへの尊敬が増すことでしょう。しかし、ほとんどの文化圏では相変わらず勤勉さが美徳とされているので、長過ぎる休みにならないようにしましょう。寛大で、寛容で、勤勉であれば、人々はあなたを尊敬します。夫婦やカップルで家の外の活動を行うのもよいのですが、自分一人の時間も大事なことを常に覚えておきましょう。休みと称して時には一人で活動してみるとよいでしょう。
  • 家の中を平穏な空気で満たしましょう。子どもの叫び声のような騒音は、大人の家族のストレスの素になるので、子どもたちには口喧嘩をしないように教えましょう (しかし子どもには口喧嘩がつきものです。時には目をつぶりましょう)。クラシック音楽など、穏やかでリラックスできる音楽をBGMとして流してみてもよいでしょう。家の中の騒音は避けられないものですが、過度な騒音や不要な騒音は阻止できます。これはあなたと伴侶に心の平和をもたらすはずです。
  • 元気がなかったり、気落ちしていていたり、ストレスを感じているときは、夫や妻やパートナーに必ず相談しましょう。あなたも一人の人間です。そして結婚は夫と妻両者の関わり合いが大切です。互いに相手をサポートし、理解することが不可欠で、あなたも相手のサポートと理解を受ける権利があります。
  • 楽しく生活しましょう。自分も家族も楽しめるルーティンと役割を作ります。自分のできる範囲で家事を行う人が良い主婦です。自分、夫や妻やパートナー、子ども、家族にとって無理のない最適な方法を見つけましょう。
  • ゴシップはやめましょう。最先端の話題であってもゴシップは悪趣味です。まず、影で人の悪口を言う人は信用できないのが普通です。また、そんな姿をあなたの夫や妻やパートナーが見つけてしまったら、自分の悪口を言っていないかとしつこく質問してくることでしょう。自分が抱えている問題を信用できる友人に相談することと、自分の知り合いのゴシップを流すことはまったくの別物です。相手を尊重すれば、相手もあなた (や、あなたの伴侶) を尊重してくれます。
  • 新生児を抱えて疲れ果てているのであれば、夫や家族や友だちに助けを求めましょう。出産に使った体力と新生児を育てる労力の大きさを自覚しましょう。
  • 「母と子のヨガクラス」や遊び場、図書館などは他のママ友と知り合う格好の場所です。
  • 夫や妻やパートナーに、相手が間違っていると批判したり、非難したり、文句を言ったり、怒鳴ったりしないようにしましょう。そんな言葉を聞きたい人はいないはずです。ただ、何らかの不満や異論があるときは伝えましょう。そのときはサンドイッチ・テクニックを使うとよいでしょう。これはあなたが指摘したい相手の欠点を相手に対する褒め言葉や賞賛で挟んで伝えるマイルドな話し方です。
  • 何をしていても、自分らしさを諦めないようにしましょう。男性は特に女性を自分に都合よく変えようとする傾向があります。自分の地歩を保ちましょう。もともと相手はあなたらしさに惹かれたのですから、結婚後や同居後に変わりすぎるのは不自然かもしれません。
  • 万が一、あなたの夫が子どもの頃にまともな躾をされずに、喧嘩で感情を爆発させて暴言を吐くタイプであれば、世の中には不健康な関係に親和性の高い人がいて、そういう悪い習慣はなかなか消えないことを思い出しましょう。そして相手と同じ土俵に立たないことです。くだらない話であっても、相手が話し終わるまで聞き続けましょう。相手が言い終えたら、穏やかな声で、今自分が相手にしたように相手にも自分を尊重してもらいたいこと、相手がその要求に応えられないという選択肢は認めないことを宣言しましょう。人は変わることができます。相手を愛しているのであれば、間違いを正すチャンスを与えましょう。
  • 実家の両親や家族や親戚と同じように、相手の両親や家族や親戚を大切にしましょう。
  • 家計をしっかりと守りましょう。収支を記録し、貯蓄や投資を賢く行って家計を安定させましょう。



広告

関連記事

How to

双子が生まれる確率を高くする

How to

タバコを吸う

How to

生理を早める

How to

家庭での陣痛促進

How to

子供にゲームをやめさせる

How to

母乳を自然に止める

How to

彼氏がいることを両親に打ち明ける

How to

子供の自閉症を見分ける

How to

小児性愛者を割り出す

How to

男の子を産む

How to

お尻を叩いて叱る

How to

居候している友人や親せきに出て行ってもらう

How to

好きになった人が既婚者かどうかを確かめる

How to

母乳の分泌量を増やす
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む86人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。 この記事は1,502回アクセスされました。
カテゴリ: 家族
このページは 1,502 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告