PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

人にとって良い友人になるのは必ずしも簡単ではありませんが、時間をかけて友情を育めば永続的な関係へと発展します。またそのように生涯続く友情はあらゆる努力をして維持する価値があります。素晴らしい友情からはSNSや人気者気取りでは得られない心強さを感じることができ、幸福感や意義も実感できます。真の友情は信頼とサポートがその根底にあります。新しく友情を築きたい、今ある友情をより良いものにしたいと考えているなら、まずは自分が誰に対しても良い友人になることが大切です。そのためにできることがいくつかあります。この記事で紹介しましょう。

パート 1 の 4:
信頼に足る人になる

  1. 1
    約束を守る 守れない約束をしてはいけません。少なくともそれを習慣にするのは避けましょう。友人と出かける約束をした後で大事な用ができてしまい一緒に出かけられなくなったら、その理由をきちんと説明しましょう。単に行けない場合には、友人にプレゼントを渡して謝りましょう。誰も完璧ではありません。たまに約束を守れない時があるのは仕方のないことですが、頻繁に破ってはいけません。繰り返し約束を破れば友だちからの信頼を失います。友だちに重要なことを約束したならしっかりと守りましょう。友人を無くすような危険を犯してはいけません。[1]
    • 真剣な約束をする時は、友だちの目を見てゆっくりと話し本気で言っていることを示しましょう。そう言うべきだから言っているだけという態度はいけません。また、交わした約束は決して破ってはいけません。友だちを傷つけることになります。友情さえ壊れてしまうかもしれません。
  2. 2
    信頼できる人になる 高い信頼性は良い友人になる上で最も大切な資質です。私たちは辛いことがあった時など特に、信頼のおける友人からのサポートを必要とします。自分に興味のない人と友だちになりたいとは誰も思いません。態度に一貫性がなく当てにならない人はあまり頼りにできません。気は良いけれどちょっと頼りにならない、という人がいます。「うん、分かった!」と言いながら、言った通りに行動しないのです。自分で心当たりがありませんか。もしそうなら、友だちの信頼を損なっているでしょう。そのうちにあなたの言うことは信じてもらえなくなるかもしれません。[2]
    • できるかどうか分からないのに約束を交わしてしまい、後でやっぱりできないという結果は最悪です。不確かな場合は正直にそう伝えましょう。
    • 友人にとって常に頼れる存在になり、友人が大変な思いをしている時には真っ先に力になりましょう。楽しい時だけの友だちでは頼り甲斐があるとは言えません。
  3. 3
    間違いを犯したら謝る 友だちに信頼してもらいたいなら、「自分は完璧だ」という態度で振舞ってはいけません。間違いを犯したと気づいたら、否定に走らずに素直に認めましょう。その瞬間友だちは不満を露わにするかもしれませんが、あなたが「何も悪いことはしていない」と言う態度に出たり誰かを責めたりせずに、分別ある大人の態度で対処すればすぐに気持ちを改めてくれるでしょう。[3]
    • 謝る時には本気で謝りましょう。友達の気持ちを考えずただ口先だけで謝るのではなく、誠実に気持ちを込めて謝りましょう。また心の底から本気で謝りましょう。誤解があったなら時間をかけて丁寧に説明し、後悔していること、仲直りしたいことを誠実に説明しましょう。
  4. 4
    正直になり弱い部分も曝け出す 良い友人として人から信頼されたいなら、自分の気持ちに正直になり、友達の行動をどう思っているか、友情についてどう考えているかを正直に伝えましょう。常に自分の気持ちを正直に伝え、本当の自分を包み隠さず相手に示せば、率直な会話ができるようになり、友だちもあなたに対して心を開くようになります。傷つけられたら友達にそう伝えましょう。動揺している時には隠さずに友だちに気持ちを伝えましょう。[4]
    • 正直になることと、何でも思ったことをあけすけに言うこととは違います。後者は人を傷つける場合があります。友人が飲酒の問題を抱えていると思うなら、正直にそう伝えて本人に自分の気持ちを話してもらえるように努めましょう。ただし、友人が着て来た新しいワンピースが似合わないなと思うことがあっても、それは口に出さない方が良いでしょう。
    • 自分自身であり続けましょう。生涯に渡って続けられる友情を築きたいなら、心底大切だと思える人たちと繋がりを持ちましょう。ありのままの自分でいられる相手との付き合いを大切にしましょう。誠実さに欠けた行動を取れば友情は長続きしません。例え友人が同意しないと思うことでも、正直に自分の気持ちを伝えましょう。
  5. 5
    敬意を持って友達に反対意見を述べる 友人の話を不愉快に感じたり、友人の意見に賛成できない場合には正直にそう言いましょう。自分の考えに加えて理由も伝えましょう。また、反対意見でも敬意を持って伝えましょう。
    • 多少イラッとしたら少し時間をとって自分の感情を見つめ、取っている態度にも注意を払いましょう。誰にでも怒りを覚える時はあります。ネガティブな感情に気づいたら、冷静になってから反応しましょう。そうすれば相手に敬意をもって対応できるでしょう。
    • 友人の意見には好奇心を持ち、もっと知りたいという気持ちを持って接しましょう。
    • 勇気を持って率直に自分の意見を述べましょう。反対意見を述べるのは簡単なことではありません。特に、友人が誰かに対して憎悪を向けたり意地悪なことを言ったりした時には尚更そうです。[5]
  6. 6
    人を利用しない 「人を利用しているだけだ」と思われれば、友達からすぐに見捨てられるでしょう。自分にもメリットがあるかもしれないという期待を持って人気者と、あるいは広い人間関係を持つ人と友だちになっても、そこから良い友情は生まれません。あるグループに入りたいからと特定の人と友だちになるのはご都合主義です。そのような浅はかな考え方は相手に気づかれます。
    • 人を利用する人だという評判が立てば、誰もあなたと友情を築きたいとは思わないでしょう。
    • 友情は持ちつ持たれつの関係で成り立つものです。友人が毎朝学校まで車で送ってくれるとしたら便利に違いありませんが、それで終わりにするのではなく、友人のために何かお返しをしましょう。
  7. 7
    友だちには忠誠を尽くす 友人があなたを信用して秘密を教えてくれたなら、その友人の期待通りに他言してはいけません。陰で友人の悪口を言ってはいけません。また教えてもらった秘密を噂話のネタにして広めてはいけません。友人本人を前にして言えないようなことは、他人に言ってはいけません。親友には忠誠を尽くしましょう。友だちになったばかりの人や、あまりよく知らない人が親友の噂話を始めたら、親友を弁護できるようにしておきましょう。[6]
    • 友人に忠誠を尽くすには、長く続く安定した友情が重要である点を理解しないといけません。新しくできた彼氏や彼女、あるいは出会ったばかりのカッコイイ人たちと仲良くしたいと思うのは当然かもしれませんが、そのために、これまでの友だち付き合いや育んで来た友情を捨ててはいけません。友達は疎外感を覚えるでしょう。
    • 「口軽」「ゴシップ好き」という評判が立てば友達もすぐに気づき、あなたに打ち明け話をするのを控えるようになります。一緒に時間を過ごすことも躊躇うかもしれません。
    • 他人に親友の悪口を言わせてはいけません。悪口を聞いても親友の言い分を聞くまでは、単なる噂話として扱いましょう。親友についてショックなことを聞いたり、親友が言いそうもない、行いそうもないことを「言った」「した」と聞いたりしたら、「私(僕)はその人を良く知っているけれど、そんなことをする人じゃないよ。真実じゃないと思う。親友に話を聞いて事実を確かめるよ。それまでその話を人に広めないで欲しいな」などと言いましょう。
  8. 8
    敬意を払う 真の友だちとは、互いに心を開いて助け合い、相手に敬意を払って付き合える人たちです。友人の価値観や信念が自分とは違っても友人の選択を尊重し、相手の意見や考えを積極的に聞きましょう。友人から信頼されているなら、相手の意見は異なるだろうと思っても臆することなく自分の考えを話し、新しい見解を話し合えるはずです。友人の面白い考えやユニークな考え方をけなしたりするばかりでは、浅薄な関係になるでしょう。
    • 時には友人の話に退屈したり不愉快に思ったり、腹が立つこともあるでしょう。しかし友人を尊重したいなら意見を言う機会を与え、良い悪いの判断をせずに話を聞きましょう。
    • 友人と意見が合わない時でも敬意を持って反対意見を述べ、堂々と異なる見解を持ちましょう。
    広告

パート 2 の 4:
友達を思いやる

  1. 1
    友だちに疎外感を与えない これは簡潔なアドバイスですが、良い友人になるためには不可欠です。友だちに疎外感を与えてはいけません。彼氏ができてデートに出かけるようになったからといって、親友が大事ではなくなったということにはなりません。彼氏や彼女が別の人を好きになりあなたを離れてしまっても、親友は常にあなたの友人であり続けます。そのことを忘れてはいけません。失恋で傷つけば親友は慰めてくれるでしょう。学校でカッコいい人たち全員があなたを敵に回しても、親友はあなたの見方になってくれます。同様に自分も親友を見捨てず、常に心の支えになれるように努めましょう。
    広告

パート 3 の 4:
人の力になる

  1. 1
    無私無欲になる 常に無私無欲を貫くことはできませんが、そうあることは良い友人になるために重要です。出来るだけ友人の希望を叶えてあげましょう。もちろん互いの希望がバランスよく叶う形が理想です。優しく接してもらったら同じように思いやりの気持ちで接しましょう。友情が強固になるでしょう。自己中心的で助けが欲しい時だけ友達を頼るという評判が立てば、友達甲斐のない人だと判断されます。
    • 見返りを期待してではなく、純粋な親切心から友人に役立つことをしましょう。
    • 適宜、無私無欲になることと、人に良いようにこき使われることは違います。友人をいつも助けてばかりで友人からは何のお礼もないなら、その友情には問題があるかもしれません。
    • 人の寛大さにつけ込んではいけません。さもないと愛想を尽かされるでしょう。友人から親切な行為を受けたらすぐお返しをしましょう。借りたお金は早めに返しましょう。友人宅には長居せずに良い頃合いを見計ってお暇しましょう。
  2. 2
    話をきちんと聴く 会話を独占してはいけません。友人が話している時にはよく理解できるように、また友人の味方になれるように注意深く聴きましょう。簡単なことのように聞こえるかもしれませんが、自分が話すのと同じくらい相手の話を聴きましょう。自分の気持ちを相手に話すばかりでは、友人はあなたから何も得ることができません。相手の話を聴くことで双方が同等にやりとりできるスペースが生まれ、友人を大切に思うあなたの気持ちも理解してもらえます。[7]
    • 自分が話したいがために友人が話し終わるのを待っているだけなら、その意図はすぐに見破られます。
    • 友人にも自分と同じように話す機会を与えてバランスの取れた会話を心がけましょう。もちろん恥ずかしがり屋で話したがらない人もいるでしょう。しかし、「あの人といる時は自分の言いたいことが全然言えない」と友人が思っているとしたら、健全でバランスの取れた友情を保つことは困難でしょう。
    • 悪気なく友人の話を遮ってしまったら、「あ!ごめんね。どうぞ続けて」と相手に話を続けてもらいましょう。
  3. 3
    友人が困難を乗り切るのを助ける 親身になって友人を支えたいなら、友人が辛い時や難しい局面にいる時には注意深く見守りましょう。違法薬物に手を出す、異性関係が派手、パーティで泥酔するなど歯止めが効かない危険な状態に陥っていると感じたら、躊躇せずに忠告して救いの手を差し伸べましょう。
    • 友人が自分で対処できるだろうと想定しはいけません。友人は、正に今、あなたの常識的な意見を必要としているかもしれません。あなたからの忠告を聞いて目覚めることができるかもしれません。問題があると思ったら、たとえ気まずくても忠告しましょう。
    • 辛い時にはいつでも話を聴くと伝えましょう。友人が「自分は1人ではない」と感じられれば、精神的に楽になり問題に対処する励みになるでしょう。
    • 友人がただ話を聞いて欲しいという場合があるかもしれません。最初はそれで良くても、最終的には現実的な解決策を導けるよう手助けしましょう。
    • 例えば、友人が摂食障害であることを認め「もっと食べるようにするよ」と約束したとしても、医療専門家に相談するなど、より高度な対策を講じる必要があると助言した方が良い場合があります。ただし、友人の意見も尊重し、踏み込みすぎないことも忘れてはいけません。友達の問題をすべて解決することはできません。
  4. 4
    危機に際しては側にいて力になる 友達が入院したら見舞いに行きましょう。友達の犬が逃げてしまったら、一緒に見つけに行きましょう。迎えが必要な場合には行ってあげましょう。遠く離れている場合には葉書を書いたり贈り物を送ったりしましょう。家族の人が亡くなったら葬儀に参列しましょう。いつでも頼りになれることを示しましょう。
    • 友人は助けが欲しくて「辛い振りをしているのでは?」とたまに思うこともあるでしょうが、「毎回」自分を頼らないように注意しましょう。実際に友人が大変な思いをしている時には側にいて力になりましょう。ただし、依存が2人の関係の礎であってはなりません。
    • 友人の危機に際してはまた、心の支えになることも大切です。友人が心の内を話せるように気遣いを十分にしましょう。涙を流すことがあれば側で優しく見守りましょう。そっとティッシュを渡し全面的に話を聴きましょう。言うことが見つからなければ何も言う必要はありません。友人が安心できるように落ち着いて振る舞いましょう。
    • 友人が危機に瀕している場合に軽々しく「大丈夫だよ。全て上手く納まるよ」などと言ってはいけません。元気づけようと、そう言いたくなるかもしれませんが、その気持ちを堪えましょう。確証もないのに大丈夫だと言うよりも無言のほうが良い場合があります。友人には必要であればいつでも力になれることを示しましょう。率直でい続けながらも明るく元気に振る舞いましょう。
    • 友人が「自殺したい」「誰でもいいから傷つけたい」などと口走ることがあれば、第三者に相談しましょう。これは「プライバシーの尊重」よりも優先すべきルールです。友人から口止めをされても、第三者に報告しなければいけません。友人には、悩み事電話相談サービスを利用したり専門家に相談することを提案しましょう。第三者に相談する前に、自分の親、友人の親あるいは配偶者に(その人が問題の原因でない場合に限り)相談すると良いでしょう。
  5. 5
    思慮深いアドバイスをする 良い友人になるには友達の視点で状況を見て理解し、自分の意見を無理強いせずに適切なアドバイスを提供できなければなりません。友人を良い悪いなどと判断してはいけません。悩みを相談されたら適切だと思うアドバイスをしましょう。
    • 求められていないのにアドバイスをしてはいけません。相手が鬱憤を晴らしたい時には側で見守りましょう。アドバイスを求められたらそれに応えましょう。アドバイスをする前に、本人が求めているかどうかを尋ねましょう。
    • 危険な状況から友人を救い出す時には「愛の鞭」が必要な時があります。分別を持って対処しましょう。友人に説教をしたり威圧したりしてはいけません。客観的に状況を見て事実だけを友人に伝え、自分が友人の立場ならどのようにするかを静かに提案しましょう。
  6. 6
    友人が1人になりたい時にはそっとしておく 友人が1人になりたい時には、そうさせるのも支援の1つです。友人から距離をおき、1人の時間を与えましょう。あなたと離れて1人になりたい、あるいは他の友達と過ごしたいと言われたり、そうしたいことが分かったら、理解を示しましょう。しつこく付き纏う必要はありません。秒刻みに大丈夫かと尋ねたたり、わざわざ様子を伺いに訪ねたりすれば、独占欲の強い友人だと思われ嫌がられます。
    • 友人にたくさん友達がいても、やきもちを焼いてはいけません。人間関係は1つ1つが特別で別物です。あなた以外に友達がいても、あなたの存在を良いものと認めていないわけではありません。
    • 互いに離れて他の友達と過ごすことで、自分自身にも精神的な余裕が生まれ、それが自分にとっても必要なことだったと分かるでしょう。またその間、気持ちも一新され互いの良さを改めて認められるようになり、更に良い関係になるでしょう。
    広告

パート 4 の 4:
友情を長続きさせる

  1. 1
    許すことを学ぶ 友情を持続させたいなら、時には友人を許して前に進まなければなりません。恨みを抱いたり敵意や怒りをため込んでいると前進できません。完璧な人などいません。友人が心から申し訳なく思っているなら、また友人のしたことがそれ程酷いことではないなら、起こったことは過去のこととして前に進みましょう。[8]
    • 友人のしたことが許せない程酷く、忘れることができないなら、その友情は終わるべき運命だったと諦めて前に進みましょう。ただそのようなことは滅多にあるものではありません。
    • 友人に腹を立ててもその理由を伝えて話し合わなければ、いつまでも相手を許すことはできません。
  2. 2
    友人をあるがままに受け入れる 友情を深めたいなら、友人を変えようとしたり自分と同じ世界観を持つように強いてはいけません。友人(そして自分自身)のユニークさを称えましょう!自分が保守的な一方で、友人が自由主義だとしても、相手を説き伏せようと議論するのではなくその考え方を受け入れましょう。自分と同じ考えを持って欲しいと望むのではなく、友人から聞く新鮮な世界観に理解を示しましょう。
    • 一緒にいればいるほど互いを理想化することが少なくなり、あるがままの相手を受け入れられるようになります。良い友達関係とは、欠点がたくさんあることが分かっていても互いを深く気遣える間柄を指します。
  3. 3
    期待以上のことをする 普通の人は友人が宿題をしている間は待っています。素晴らしい人は、一晩中起きて友人を手伝います。自らが素晴らしい友人になれば、誰でもあなたの素晴らしい友人になりたいと思います。友人が本当に困っている時にはそれを察知して、期待以上のことをして手助けをしましょう。友情は確実に深まります。そのように助けられば友人も同じようにあなたに接してくれるでしょう。
    • 友人が「実際には」あなたを必要としているのに、「大丈夫だよ。助けはいらないから」と言い張ることがある場合があります。そんな時には真意を理解するように努めましょう。
  4. 4
    何があっても連絡を取り合う 時が経つにつれ、人は徐々に離れる傾向があります。おそらく、あなたも友人もいずれは別の町に住居を構え、たまにしか会えなくなるかもしれません。連絡を取らずに何年も経ってしまうこともあるでしょう。それでも友人のことを忘れずに大切な人だと思い続けているなら、その気持ちを伝えましょう。連絡をもらえば友人は嬉しくなるはずです。縁があって友達になったのです。絆が薄れていないことを認識できるかもしれません。
    • 2人の間の物理的距離で友情の深さを決めてはいけません。友情が意味のあるものならば、海を隔てていても成長し続けます。
    • 友人が外国などに引越してしまい頻繁に会えない場合には、毎月電話やビデオ電話をしましょう。常に連絡を取り合っていれば、友情は益々深まります。
  5. 5
    友情を進化させる 良い友人になりたいなら、友情が進化することを理解しましょう。高校生、大学生、社会人と、大人になるにつれて友情の形が変わります。14才の頃は毎日時間の許す限り一緒に過ごしていたことでしょう。しかし、別々の大学に通い、他の人と真剣な交際を始める頃には、友人と過ごす時間が徐々に少なくなります。しかしだからといって、友情が薄れたことにはなりません。互いに成長したということです。友情は時間と共に変容します。
    • 10年前と全く同じような友達付き合いを期待してはいけません。友情とは枠に固定されているものではなく、弾力性があり自由にその形を変えていきます。
    • 友人が子供のいる既婚者の場合、あるいは他の人と真剣な交際を始めた場合は、相手の事情を尊重しましょう。友人があなたを大切に思う気持ちは変わらないでしょうが、以前のように毎日毎晩あなたの呼び出しには応じられません。
    • 友情が時間をかけて変わって来たことを良いことだと認めましょう。またあなた自身も友情と共に成長できるように努めましょう。
    • あなたが友人にとって良い友人でいるなら、友人もそうであるべきです。
    広告

ポイント

  • 良い友人になるのに多くの時間やたくさんのお金は必要ありません。手作りの物や心からの贈り物は最高のプレゼントです。電話1本かけるだけでも訪ねるのと同じくらい意味のあることです。
  • 1時間毎に携帯メールを送ったり電話をかけたりしてはいけません。相手はイライラし、本当に返事が欲しい時に返事がこないという事態になりかねません。
広告

関連記事

アロエベラジェルでニキビを消すアロエベラジェルでニキビを消す
ずる休みをするずる休みをする
夢精を止める夢精を止める
親に怒鳴られた時に冷静でいる親に怒鳴られた時に冷静でいる
勃起を隠す勃起を隠す
誰かを好きになるのをやめる誰かを好きになるのをやめる
見つからないようにこっそり家を抜け出す見つからないようにこっそり家を抜け出す
彼があなたのことを好きかどうか知る彼があなたのことを好きかどうか知る
女の子らしい女の子になる女の子らしい女の子になる
学校を楽しむ学校を楽しむ
未来の自分に手紙を書く未来の自分に手紙を書く
彼女を自分とセックスさせたくする彼女を自分とセックスさせたくする
背を高くする背を高くする
宿題がしたくなる宿題がしたくなる
広告

このwikiHow記事について

Trudi Griffin, LPC, MS
共著者 ::
認定カウンセラー
この記事の共著者 : Trudi Griffin, LPC, MS. トゥルーディ・グリフィンはウィスコンシン州に住む認定カウンセラーで、依存症と精神衛生を専門としています。個人治療や地域医療の場で、依存症、精神病、心的外傷に苦しむ患者のカウンセリングにあたっています。2011年にマーケット大学にて臨床精神衛生カウンセリングの修士号を取得。
カテゴリ: ティーン | 友情
このページは 393 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告