良い夫になる方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

この記事には:節操をわきまえる愛情を表現するまとめ7 出典

契りを結び、結婚をしたあなた。妻との数々の約束はもう言葉だけではなく、これからはきちんと実行するべきです。幸運にも、良い夫になるのは不可能ではありません。自分の心と良心に従い、妻への愛情を行動で示しましょう。紹介するシンプルなステップを真剣に実行すれば、夫婦のより明るい未来へと繋がることでしょう。

パート 1
節操をわきまえる

  1. 1
    相手が嫌がらなければ、紳士のように振る舞いましょう。全員ではありませんが、紳士的態度はたいていの女性/男性から素敵だと好まれます。妻もそれに好意的であれば、できる限り礼儀正しく振る舞いましょう。西洋の騎士のようなマナーを思い浮かべましょう。[1]
    • 会ったときと別れるときにはキスをします。
    • 重い買い物袋を持ちます。
    • 妻のためにドアを開けます。
    • デートでの支払いをします。
      • もちろん、紳士的な振る舞いが好まれないこともあるでしょう。もしそうでも、個人的に受け取る必要はありません。特別に何かしてあげなくても、妻への優しい態度を続けましょう。
  2. 2
    敬意を持ちましょう。敬意は、お互いを分かり合う上で重要なものです。たとえだいたいの興味が一致している2人でも、妻は自由な一個人であり、あなたと全く同じことをしたいとは限りません。敬意を示すことができる4つの例を紹介します。[2]
    • 約束を守りましょう。自分がすると言ったことは実行しましょう。 あなたが食器洗いをすると言ったのなら、その場から離れたときに彼女が洗い始めたことを言い訳にして逃げてはいけません。
    • 時間を守りましょう。例えば保育園のお迎えなど、特定の時間にそこにいると言った場合は、有言実行しましょう。妻の時間にもあなたの時間と同様の価値があります。敬意を払いましょう。
    • してもらって当たり前と思うのはやめましょう。妻だから、女性だからと彼女に期待ばかりするのはやめましょう。コミュニケーションを取り、上手なお願いの仕方を身に付けましょう。
    • 妻の言葉に耳を傾けましょう。聞いているふりではなく、きちんと耳を傾けましょう。人には、話をしっかり聞いてほしいとき、寄りかかる肩を貸してほしいときがあります。関心を寄せて彼女の話を聞きましょう。
  3. 3
    嘘をついてはいけません。常に真実のみを口にするように心がけましょう。例えば、あなたの妻が誕生日以外に何も教えてくれないことに気が付いたとき、あなたならどう感じるか想像しましょう。彼女が知りたいのなら、外出するときには行き先と誰といるかを知らせましょう。取るに足らない情報のように思えても、そこに行く理由を知らせましょう。嘘をつかずに何でも話すことで、親密な関係に重要である良いコミュニケーションが取れるようになります。[3]
  4. 4
    浮気は絶対にやめましょう。これは当たり前のことですが、触れておいた方がよいでしょう。浮気は嘘の1つです。逆の立場だった場合は妻の浮気を許さないのに、自分はいいというのはおかしな話です。もしあなたが浮気をしているのなら、自分をしっかりと見つめ、なぜ妻と結婚しているのかと自分に問いかけましょう。[4]
    • 妻を愛していながら他の誰かに性欲を抱くのは公平ではないと気付きましょう。妻と心地良い関係を続けたいと思いながら妻への真摯さを欠いたり、妻以外にも関心を持ったりしていませんか。これはよく見られる自己中心的な振る舞いです。両方のいいとこどりはできません。
    • もはや妻を愛せないのなら、なぜ婚姻関係を続けているのでしょうか。お互いから離れた方が、自分が心から愛する人または自分を愛してくれる人を探す機会を持つことができ、幸せになれるかもしれません。よく考えましょう。
  5. 5
    怠惰な態度は最小限に抑えましょう。だらけた態度は魅力的ではなく、やめるべき習慣です。怠惰さとは、必ずしも日曜日に野球観戦をするようなことではなく、「するべき」または「したい」ことを自分から実行に移さないことを言います。ゴミ出しや週1回の掃除、運動などをして、あなたが価値ある人間だと示しましょう。小さなことを何かするだけでも、パートナーの気持ちを幸せにしてあげることができます。それが大きな違いを生むことでしょう。
  6. 6
    自己中心的な態度はやめましょう。人間の自己中心さについて話せば尽きることはありませんが、1つ明確なことがあります。それは、人間は利己的な存在ですが、無欲な振る舞いもできるということです。愛は無欲さを引き寄せます。常に自分のために何をするか考えるのではなく、妻のために何ができるかについても考えを巡らせるようにすると、結婚にも良い影響を与えるでしょう。
    • 嫉妬はできる限りやめましょう。ときには嫉妬を覚えることもあるでしょう。妻の幸せに水を差さないように気を付けている限り、それは問題ではありません。(また、嫉妬をするというのは良い兆候とも言えるでしょう。)嫉妬とは自己中心的なものです。あなたの嫉妬を理由に、妻の行動を制限するのはやめましょう。
    • 妥協しましょう。折り合いをつけることを学びましょう。あなたと妻の欲しいものがまったく異なることもあるでしょう。そのような場合、自分の期待値を調整しましょう。いつも自分が望むものを手に入れようとすることや、議論に「勝とう」とするのはやめましょう。
  7. 7
    決して大声を出したり、叫んだり、身体的に虐げたりしてはいけません。妻は、快適で安全に過ごせるようにあなたが彼女のことを気にかけていると信頼を置いているはずです。感情に負けて悪い手本となってはいけません。
    • 議論をするときも、できる限り声色をコントロールしましょう。
      • 「予算よりも出費が多いのが心配だな。君を責めているわけではないよ。僕たちの幸せを長い目で考えてみて、お金の使い方について話がしたいと思ったんだ」
    • 相手の人柄や個人的なことを攻撃するのはやめましょう。次のような議論はするべきではありません。
      • 「ふーん。子どもたちを良い学校に入れたいんだ?じゃあ元カレの校長と話してみたらいいんじゃない?彼とは親しいみたいだし」
    • 殴ったり閉じ込めたり、暴力で脅してはいけません。彼女よりも身体が大きいことから利点を得るのはやめましょう。妻に告発されてしまうかもしれません。

パート 2
愛情を表現する

  1. 1
    ささいなことでも、妻を幸せな気持ちにする方法を見つけましょう。面白いことに、小さなことが2人の関係を良好にするのは珍しくありません。「妻をより幸せな気持ちにできるようなことはないだろうか」と考えてみましょう。たいそうなことでなくても構いません。あなたの心遣いと、込めた思い、それが真のギフトとなります。
    • 義理の家族と良い関係を築きましょう。妻の両親との関係が良好であることはとても大切です。義理の家族と毎日会うことはできないかもしれませんが、それ自体が目標ではありません。究極的には、あなたが自分の両親を愛するように、妻の両親のことも愛すること、それが彼女の願いでしょう。
    • あなたの妻はチャリティーに興味がありますか?妻の名前で小口の融資を行い、彼女に贈りましょう。彼女は誰かの役に立てることを誇りに思うでしょう。
    • 妻が好まない家事を行いましょう。例えば、彼女が食器洗いを好きでない場合、1週間有効な「食器洗い免除」カードを作ってあげましょう。
  2. 2
    自分をさらけ出しましょう。不思議に思うかもしれませんが、パートナーに自分をさらけ出すことは、真の愛情の印です。相手への信頼があることと、なにより感情面で寄り添い合える関係を楽しんでいることがわかります。特に女性は自分の感情に従いますが、そのような男性はあまり多くありません。そのため、あなたの率直な姿勢は、彼女への思いやりと捉えられるでしょう。
  3. 3
    彼女への愛情を示しましょう。そもそも、なぜ彼女と結婚したのでしょうか?彼女を愛している理由と、彼女が日々あなたをどんな気持ちにさせてくれるかを伝えましょう。これを頻繁に行います。良い習慣に繋がり、結婚生活における愛情と親密さが増すだけでなく、ストレスの軽減にもなるでしょう。
    • 短い手紙を書きましょう。枕の下にそれを忍ばせたら、出勤前に朝のキスの際に枕の下を見るように伝えます。次のようなことを書くとよいでしょう。「毎日君と一緒にいて、自分がどんなに幸運か気づかされるよ。愛してる」
    • 彼女があなたも同じ部屋にいるとわかっているときに、背後から抱きしめ、首元に心からのキスをしましょう。彼女をうっとりさせられるでしょう。 
    • ロマンティックなフォーチュンクッキーを作りましょう。妻が開けるフォーチュンクッキーにオリジナルの紙切れを入れます。例えば、次のような文言がよいでしょう。「僕のハートを粉々にできるのは君だけ……」
  4. 4
    協力的になりましょう。妻の実直な努力をサポートしましょう。彼女がラテンダンス教室に通いたがっているときも、女友達と遊びに行きたがっているときも、あなたの容認があれば、危険を承知の上でも安心して冒険できるようになるでしょう。頼みになるものが何も無いときでさえ、あなたが彼女の岩となり、インスピレーションとなり、灯台となってくれる頼れる存在となるでしょう。
    • 妻が落ち込んでいるときは、元気づけてあげましょう。ベッドに朝食を持って行ったり、足のマッサージをしたり、彼女のお気に入りの映画を借りてきましょう。やはりこのように、小さなことが大きな役割を果たします。
  5. 5
    ロマンティックな男性になりましょう。常に心得ている人は少ないかもしれませんが、健全な結婚のためにはロマンスが大切です。結婚しているからといって、もはや妻とロマンティックな関係でいる必要はないと考えてはいけません。仮に、結婚してから妻が体重を気にしなくなったとしたらどうでしょうか?ロマンティックな関係が不要という考えは間違っているだけでなく、結婚の楽しみも奪ってしまいます。そのため、恋愛中の男性らしさを忘れず、ロマンティックに接するように心がけましょう。
    • 少なくとも月に1回は夜のデートをしましょう。毎週出かけられるカップルもいますが、月に1回でも十分でしょう。 結婚前の2人を思い出させるようなデートや、心臓がどきどきするような、スカイダイビング、ホエールウオッチング、映画鑑賞などのデートもよいでしょう。
    • 記念日を祝いましょう。記念日はパートナーにとって大事な日であり、あなたにとっても同様であるべきです。愛を新たにする機会であり、象徴的な意味もあります。記念日を忘れてしまうのは大きな失態です。最低でも、ディナーを予定してワインを冷やしておきましょう。
    • 夜の関係もしっかりと保ちましょう。夜の夫婦生活をおろそかにしたり、当たり前と思ってただこなしたりするのはやめましょう。妻があなたを満足させてくれるように、あなたも彼女を喜ばせるように心がけ、お互いの性的な関心を探り続けましょう。

パート 3
まとめ

  1. 1
    妻を心から信頼しましょう。この記事の中でも信頼について多くのことが述べられています。自分のパートナーを信頼できないような状況は惨めなことでしょう。あなたが妻に信頼されたいように、あなた自身も妻を信頼しましょう。
  2. 2
    あなたの性格をさらけ出しましょう。結婚は、長い年月をかけて相手を理解していくことができる機会です。自分の性格の一部を隠したり抑え込んだりすると、結婚生活の幸せが制限されてしまうことでしょう。人は与えた分しか手に入れることはできないというのは、本当のことです。
    • 会話をたくさんしましょう。彼女を笑わせ、興味のあることや趣味、仕事などについて共有し、自分にとって大事な場所に連れて行きましょう。また、彼女にも自分の家族について知ってもらい(自分も彼女の家族について知ろうとし)、意見を交換し、怖れや疑い、不安を打ち明けましょう。彼女にとっての理想の夫になろうとするのではなく、ありのままの自分を出しましょう。
  3. 3
    黄金律を忘れないようにしましょう。黄金律は一般的な道徳として重要なだけでなく、ときに訪れる結婚の荒波にも役立ちます。それは、自分がしてもらいたいことを他人にしてあげる、ということです。つまり、行動する前に「他人の立場に立って考えること」が大切です。[5]
    • もちろん、黄金律を使いたいのであればそれを正しく理解している必要があり、他の人はこうしてほしいだろうと決めつけてはいけません。自信が持てないときは、「もし自分が妻の立場だったら、どうなってほしいだろうか」と考えてみましょう。まずはこのように考える練習から始めるとよいでしょう。
  4. 4
    特定の宗教を信仰している場合は、妻と共有しましょう。強くなるために信仰し、パートナーと歩む人生の目的を追究しましょう。信仰対象への献身と同様に、妻にも全力で向き合いましょう。日ごろから自分の価値観を維持しましょう。[6]
  5. 5
    自分の容姿に自信を持ちましょう。もちろん、家の中でも外でも清潔にしてしゃきっとし、妻が綺麗にしているようにあなたも自分を綺麗に保つことが大切です。彼女の服装や歯磨きの頻度を観察し、あなたにも同じ水準が期待されていると考えましょう。それが愛し合う2人のあるべき姿ではないでしょうか。[7]

ポイント

  • あなたの最も純粋な喜びである妻をかばい守りましょう。
  • 妻のために努力し、時間を捧げましょう。
  • 妻を信頼しましょう。
  • 妻をひどく傷つけるかもしれないと思うことでも、常に真実を伝えましょう。彼女にとって、誰か他の人から聞いて知ることになるよりも、あなたの口から聞く方がよいでしょう。
  • 妻の意見をよく聞き、説教ではなく建設的な会話の中でそれに触れましょう。
  • 自分自身に忍耐強くなりましょう。良い夫になるのには時間がかかります。
  • 妻の友達がいるところでも、あなたから彼女への愛情を示しましょう。例:妻の美しさを褒めるなど
  • ロマンティックになりましょう。頻繁すぎると甘やかしてしまいますが、ときどきは、適当なタイミグで妻にプレゼントを買いましょう。
  • 買い物や家での修理の手伝いなど、妻の家族にも親切に振る舞いましょう。
  • 妻の顔に特別な微笑みを浮かばせる役目は、決して他の誰にも譲ってはいけません。

注意事項

  • 他の女性といちゃつくのはやめましょう。あなたが他の女性と親しくすると、妻はあなたが自分に魅力を感じていないと思うでしょう。彼女をもっとよく見て、褒めるようにしましょう。

記事の情報

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

カテゴリ: 家庭生活

他言語版:

English: Be a Good Husband, Español: ser un buen esposo, Português: Ser um Bom Marido, Italiano: Essere un Buon Marito, Deutsch: Ein guter Ehemann sein, Français: être un bon mari, Русский: быть хорошим мужем, 中文: 做一个好老公, Nederlands: Een goede echtgenoot zijn, Čeština: Jak být dobrým manželem, Bahasa Indonesia: Menjadi Suami yang Baik, العربية: أن تكون زوجًا صالحًا, Tiếng Việt: Làm một người chồng tốt, ไทย: เป็นสามีที่ดี

このページは 114 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?