良い妻になる方法

この記事には:効果的なコミュニケーションを取る夫を受け入れる相手の良き理解者になる愛を育む時間を確保する5 出典

たとえ完璧に近い夫がいたとしても、良い妻になることは簡単ではありません。良い妻でいるためには、効果的なコミュニケーションを取れる、夫婦間の恋愛感情を持続させる、そして自分のアイデンティティーを保ちながら夫の親友でいるなどの要素が必要不可欠です。その方法が知りたいのであれば、以下のステップを参考にしましょう。

1
効果的なコミュニケーションを取る

  1. 1
    自分の感情やニーズを効果的に表現しましょう。あなたの夫は千里眼の持ち主ではありません。何か要求したい時には、きちんと相手に頼みましょう。また、何か不満がある時は、その気持ちを伝えましょう。ヒントだけを出したり、いずれ相手が考え方を改めるだろうと高を括るだけでは、何も進みません。自分の気持ちを素直に表現できるようになるには、夫を非難せずに、前向きな口調で話し、相手の発言に耳を傾ける必要があります。以下の方法で実践してみましょう。
    • 「私」を主語にした発言を伝えましょう。自分の要求に応じない夫を非難するのではなく、あくまで自分を主体にした会話を意識します。例えば、「あなたが毎晩6時半まで帰って来ないと、私は無視されているように感じてしまうよ」と伝えましょう。
    • 夫の言うこともきちんと聞きましょう。相手が何か言った時には、その発言を繰り返し、きちんと自分が理解していることを相手に示します。例えば、「『家計を心配して最近残業している』というあなたの主張も分かるよ」と言いましょう。
    • 早合点するのは止めましょう。相手の話を最後まで聞いてから返事をします。相手が話し終わった時に、問題の解決策を提案してみましょう。例えば、「あなたに会える時間を増やせるのであれば、生活費を今より切り詰めても全く構わないよ」と言います。
  2. 2
    無意味な争いは避けましょう。議論する価値のある問題とそうではない問題が存在します。重箱の隅をつつくように、常にどうでもいい細かい不満を夫にぶつけていたら、本当に重要な問題が浮上した際に、相手が聞く耳を持たなくなるかもしれません。
    • 相手のあら探しは、二人の関係性を壊す可能性があります。例えば、夫が皿を割らずにきちんと洗いものをしてくれた時には、食洗機の「正しい」使い方に関して文句を言うのは止めましょう。何をどうするかは相手に任せます。細かいことを気にする必要はありません。
    • 建設的な言い方をせずに、夫を批判するのは止めましょう。強い感情を持つと、話し合いがすぐに喧嘩になってしまう恐れがあります。常に冷静で理性的な態度を取るように心がけましょう。相手がすること全てを批判していると、相手はすぐにあなたを無視し始めるでしょう。
    • 相手の間違った行いに関して文句を言う回数よりも、相手の正しい行いを褒める回数の方が圧倒的に多くなるように意識しましょう。そうすれば、夫はあなたの意見に聞く耳を持ち、二人で一緒にいることに喜びを覚えるはずです。
  3. 3
    夫婦間の問題について話し合う時には、夫に理解を示しましょう。正しい方法で議論します。怒りに任せて怒鳴るのは禁物です。後で後悔するような発言をしてしまうかもしれません。夫と意見が分かれても、相手の主張や視点を尊重することは欠かせません。良い妻でいるには、夫婦間で一生意見が一致しない問題も存在するということを理解する必要があります。全く同じ道徳観や信条を持った夫婦などいません。つまり、どうしても意見の相違を解決できない場合は、互いに受け入れることが大切です。
    • 正しいタイミングで夫と話し合いましょう。自分の好き勝手なタイミングで急に問題を持ち出すのは避けます。例えば、夕食前や生活費の支払い中、あるいは相手が車の修理などの大変な作業に没頭している時に夫婦間の問題を持ち出さないようにしましょう。また、決して子供の前で喧嘩を始めてはいけません。[1]
    • 自分が間違っている時は、それを認めましょう。自分のミスにすぐに気付き、素直に謝れるようになるには、夫と議論になった際の正しい切り返し方を覚え、常に理性的でいる必要があります。
  4. 4
    「夫について」話すのではなく、夫と直接話しましょう。夫とまだきちんと話していないにも関わらず、友達や家族に夫の悪口を言ってはいけません。夫の陰口を叩くのは、相手に対する裏切り行為です。結婚したら、自分が最も誠実になるべき相手は、夫です。実の家族や友達グループではありません。
    • 友達や家族に自分の夫の不満を話す行為は、何の問題解決にもならないだけでなく、むしろ自分の夫婦関係について周囲に悪い印象を与えてしまいます。
    • 友達や家族は、あなたにとって何が最善かを理解しているつもりかもしれません。しかし、実際には、あなたほどあなたたち夫婦の関係を知っているわけではないので、悪気なくためにならないアドバイスをしてくる可能性もあります。

2
夫を受け入れる

  1. 1
    夫に対して、現実的な期待をしましょう。自分も夫も完璧な人間ではありません。満たされない期待は、苛立ちの原因になります。自分が夫に対してあまりにも非現実的で高い期待を抱いている自覚がある場合は、達成しやすい基準を設けるようにしましょう。例えば、たくさんの高級品を買いたいと願い、なおかつ、食事の度に夫の帰宅を期待するのは、不公平です。二人の時間を増やしたいのであれば、ある程度の出費を覚悟して、その望みを叶えましょう。
    • 完璧な関係など存在しません。四六時中、夫と仲良く幸せでいることを期待すると、確実にうまくいかないでしょう。
    • 経済面においても、現実的な期待をしましょう。自分たちが5年や10年で達成するはずだった貯金額は、ひょっとするとまだ貯まっていないかもしれません。それは、いたって普通のことです。今以上の持ちものを期待するよりも、自分の今の持ちものに満足する努力をしましょう。
  2. 2
    自分の夫を変えようとするのは止めましょう。そのままの相手を受け入れ、決して自分のために相手の変化を望みはしないという気持ちを示します。過干渉にならず、相手らしさを尊重すれば、きっと相手の魅力がたくさん見えてくるはずです。自分同様、夫も一人の成長する人間です。ありのままの相手を愛せば、相手も無条件で自分を愛してくれるでしょう。
    • 自分と夫がそれぞれ別の人間であることを受け入れましょう。相手は必ずしも自分と同じ視点を持っているわけではなく、それは良いことでもあります。自分とは少し異なるタイプの人間と一緒にいれば、その分相手との関係が豊かになるでしょう。
    • 夫に家の中の掃除を頼むことと、アウトドアが苦手な相手を無理やりハイキング好きにしようとすることは全くの別問題です。夫に様々な面の改善を求めるのは結構ですが、自分と同じものを全て好きにさせることはできません。
  3. 3
    変化をうまく受け入れましょう。結婚していると、失業や親の死など、夫婦で様々な危機的状況に直面するでしょう。経済的困難を経験したり、あるいは突然裕福になり、どうすれば良いのかが分からなくなることもあるかもしれません。夫と積極的にコミュニケーションを取り、柔軟性を保てれば、どんな変化があっても夫婦で乗り越えられるはずです。変化を受け入れる際に、以下の点を念頭に置いておきましょう。
    • どのような変化に直面しても、自分と夫は対立した立場にいるのではなく、同じチームの一員としてその問題に対処するのだということを覚えておきましょう。一緒にその変化に立ち向かえば、問題解決がしやすくなるはずです。
    • 二人の性生活の変化も受け入れましょう。今でも心の底から互いに愛し合っているかもしれませんが、新婚の頃のように夫が毎晩セックスをしたがらなかったり、毎日20回以上キスをしたがらなくても落ち込まないようにしましょう。結婚当初と全く同じ関係性を保たなくても、二人の愛の絆を強めることはできます。
    • 互いの体の変化も受け入れましょう。体型維持や食事管理に気を遣っていても、50代の自分は、20代の頃の自分ほどすらっとしていないかもしれません。しかし、それは全く問題のないことなので、素直に受け入れましょう。
  4. 4
    子供が生まれると、夫婦の関係が変わるという事実を受け入れましょう。子供が家族の一員になった途端、自分と夫との関係は間違いなく変化し、進化します。これは、悪い変化という訳ではありません。ただ、自分たちの自由時間の多くを夫婦のためではなく、子供のために使うようになるということです。それによって起こる夫婦関係の変化を受け入れ、その関係を新しい方向に発展させる努力をします。
    • この変化と上手く付き合うためには、夫と交代しながら一人で子供の面倒を見るのではなく、できるだけ夫婦揃って子供と一緒に過ごしましょう。
    • 子育てをする上で自分と夫が精神的に強くあり続けるために、家族全員でできる楽しいアクティビティーを発見しましょう。
    • 夫と一致団結し、絆を深めましょう。子供の面倒を見る際に、夫婦間で「アメ」と「ムチ」の役割が分かれ、二人が対立してしまうのは防ぐ必要があります。したがって、子育てや躾に関して夫婦で同じ考えを持っておきましょう。
  5. 5
    互いのミスを許しましょう。包容力のある妻になりたいのであれば、夫のミスを許し、たとえ相手が間違ったことをしても、相手の謝罪を心から受け入れてあげる必要があります(もちろん、あくまで自分が妥協し過ぎない範囲でのことです)。相手を長い間恨み続けると、相手の良い面が見えなくなってしまいます。相手の謝罪を受け入れ、どうすれば相手が同じミスを繰り返さずに済むかを二人で話し合いましょう。そして、過去の怒りを引きずらずに、前に進みます。
    • 自分のミスも認めましょう。完璧な妻を目指すあまり、自分のミスを認められなくなるのは本末転倒です。
    • 自分の過ちを認められれば、その分夫婦として成長していけるでしょう。

3
相手の良き理解者になる

  1. 1
    自分のニーズを妥協しない範囲で、夫のニーズに応えましょう。相手がセックスの回数を増やしたがっている場合は、その要望に応じることを考慮します。相手が友達と過ごす時間や趣味に費やす時間を欲している場合は、相手への独占欲を押さえましょう。そうすれば、きっと相手は今以上に幸せを感じられ、あなたから大切に想われていることに感謝するでしょう。自分が嫌な気持ちにならない範囲で、最低でも少しは夫のニーズに応えられるようにしましょう。
    • 相手がセックスの回数を増やしたがっている場合は、それに応じることを考慮するか、あるいは、なぜ自分がそうしたくないのかを真剣に考えてみましょう。ただし、相手を満足させるためだけに自分がしたくないことを無理にしてはいけません。その代わりに、自分の気持ちを理解してもらうために夫と話し合い、二人が納得のいく解決策を考えます。
    • 夫が男友達と遊べていないのであれば、男友達と飲みに行く日を作らせてあげましょう。そして、自分は女友達と飲みに行く日を作ります。
    • 夫が趣味に費やす時間を欲した時には、その時間を与えましょう。自分が好きなことをすると、人間は成長するものです。きっと夫婦関係にも良い影響が出るでしょう。
  2. 2
    夫にとっての親友でいましょう。相手と心からの絆を築き、無条件で相手を受け入れます。相手に自分の弱さを見せることを恐れず、どのような衝突があっても二人でなら乗り越えられるという自信を持ちます。二人で思い出を振り返り、内輪ネタも楽しみましょう。相手が好きそうなネット上の記事を共有したり、ただ隣に座って心地良い沈黙の中でくつろいだりします。真の友情によって強い夫婦の絆が築けていれば、たとえ沈黙の中でもたくさんの愛情が伝わるはずです。
    • 愛情や笑いに溢れた人生を送るには、夫以外の人との有意義な友情を築くことも大切ですが、最終的に自分がいつも頼るのは、夫であるようにしましょう。
    • 夫が一緒にいて一番楽しい存在を目指しましょう。親友やお気に入りの叔父よりも、自分といる方が楽しいと思わせるのです。相手が笑いたい時や泣きたい時に一番頼りになる存在を目指しましょう。
  3. 3
    共通の夢を持ちましょう。二人の共通の夢を決して見失ってはいけません。暖かい地方での隠居生活や、結婚20周年目の外国旅行など、それがどのような夢であれ大切にし、二人で話し合い、実現に向けて着々と計画を進めていきましょう。共通の夢を持っていないと、それぞれが自分だけの目標実現に向かって突き進み、やがて夫婦の溝が深まってしまう恐れがあります。また、どちらかの夢が破れた際にも、二人の関係に亀裂が入ってしまうかもしれません。[2]
    • 夫と共有できる夢とは別に、自分だけの夢を持つのは全く問題ありません。ただし、相手の夢と完全に衝突するような夢を持つのは禁物です。
    • たとえ二人の夢が非常に高い目標であっても、定期的に夫とその夢について話し合い、自分たちのモチベーションを維持しましょう。
  4. 4
    自分のアイデンティティーを保ちましょう。結婚していても、それに阻害されないような楽しく面白い人生を歩むことを目指します。例えば、夫が明日突然家を出て行ったとしても、あなたには最低でも月に一回は会える友達がいますか?趣味のサークルはありますか?楽しめるスポーツはありますか?無いのであれば、あなたの夫は、自分では満たせないあなたの心の穴を埋めようとし続けるでしょう。そして相手はやがて自分では力不足だと感じるかもしれません。あなた個人の心がきちんと満たされていると、夫婦関係にも良い影響を与えられるはずです。自分の興味や経験、見識などの引き出しが増えれば、その分夫にとって楽しい話し相手になれるでしょう。
    • あなたの人生には、自分と過ごすこと以外の楽しみがないのではないかと夫に思われてしまうと、夫はやがて自分が束縛されていると感じるかれません。
    • 結婚前から自分がはまっていた趣味や興味は、結婚後も大切にしましょう。多くを追求し続けるのは無理かもしれませんが、自分にとって最も有意義であったものには時間を確保します。
  5. 5
    夫婦でストレス対策を取りましょう。男性も女性も毎日四六時中ストレスを抱えているものです。したがって、夫婦で力を合わせて、できる限り毎日のストレスを発散していきましょう。各自が自分のストレスにうまく対処できれば、夫婦生活に余計な負担がかからずに済みます。一人が慢性的にストレスを抱える一方で、もう一人がその原因を理解できていないと、夫婦関係に問題が生じるでしょう。
    • 夫のストレス解消を支えるには、例えば、相手が辛い一日を送った際には、相手の愚痴を聞き、普段以上に優しく接してあげましょう。相手が疲れていたり、塞ぎ込んでいるからといって、相手を怒ってしまうと、相手は一層機嫌が悪くなるはずです。
    • 自分がストレスを抱えている時には、自分の気持ちを夫に話しましょう。そうすれば、相手はあなたの代わりに家事をこなし、あなたを手伝ってくれるでしょう。

4
愛を育む時間を確保する

  1. 1
    「デートする日」を設けましょう。どれだけ忙しかったり、大変な仕事を抱えていても、あるいは、どれだけ多くの子供がいても、夫と過ごすロマンチックな夜を設けることは非常に大切です。子供がいない場合は、週に一回デートする日を設けましょう。また、子供がいる場合は、最低でも二週間に一度はデートする日を確保し、可能であればもっと増やします。ありふれた発想のように思えるかもしれませんが、お洒落をして、特別で素敵な場所に出かければ、改めて夫婦の愛を実感し、家とはまた違った新鮮な空気感を味わえるはずです。
    • デートするからといって、必ずしもロマンチックなことをする必要はありません。ボーリングやミニゴルフを楽しんだり、夜のランニングに行くだけでも結構です。二人の気持ちを通わせ、共に楽しい時間を共有できれば、どのようなアクティビティーを行っても問題はありません。
  2. 2
    セックスをする予定を立てましょう。セックスは自発的なものであるべきだと考える人もいるかもしれませんが、スケジュールの中に組み込んでおかなければ、忘れるようになる可能性があります。定期的なセックスで夫婦の深い繋がりや愛情を実感しなければ、人は不満になったり、イライラし始めます。究極的には、相手への拒否感や怒りに苦しむかもしれません。セックスとは、夫婦にとって必要不可欠な繋がりや身体的開放をもたらすものです。
    • ほとんどの夫婦関係において、スキンシップの頻度に関する要求や期待は、自分とパートナー間で異なるものです。夫と二人で妥協案を考えましょう。一般的に、妻、あるいは夫のニーズに応えることが自分の義務だと考えている夫婦は、そうではない夫婦と比べて、自分たちの関係に満足している傾向があります。[3]
  3. 3
    情熱的なキスをしましょう。結婚してからしばらく経つと、情熱的なディープキスではなく、小鳥がついばむような軽いキスで済ませるようになるかもしれません。しかし、あまりイチャイチャする時間が無かったとしても、一日に最低一回、あるいは朝と夜に一回ずつ、夫と6秒以上長いキスをすることを目標にしましょう。そうしなければ、あなたとのキスが子供にする義理のキスと同類のものだと夫から思われるようになるかもしれません。夫婦のキスには、いつも情熱を込めるようにしましょう。
    • 夫とイチャイチャする時に、すぐにセックスに進もうとするのは禁物です。二人の愛の営みにおいて、キスを必要不可欠なものにしましょう。キスは、最高の前戯です。
  4. 4
    夫婦の寝室は、セックスをするための神聖な場所として扱います。テレビやパソコン、仕事道具を置くのは止めましょう。二人の寝室は、睡眠とセックスのためだけに捧げる場所です。子供のおもちゃや夕刊、残業用の仕事道具などを持ち込むと、自分たちの寝室が特別で神聖な場所ではなくなってしまいます。家の中に睡眠とセックスのための場所を作れば、二人にとって夫婦の愛、そして愛の営みが特別で大切なものになるでしょう。[4]
    • 不必要なものを寝室から全て運び出す作業は、夫婦で協力して行いましょう。この掃除の作業が、楽しい夫婦のアクティビティーになるかもしれません。

ポイント

  • 夫婦間で何か問題が生じた時には、すぐに相手と別れるのではなく、きちんと話し合って解決するようにしましょう。夫と結婚したことにも、夫と一生添い遂げると約束したことにも自分なりの理由があったはずです。
  • 自分に自信を持っている女性は、最高の妻になるでしょう。母親の幸せが家族みんなの幸せであることを覚えておきましょう。
  • 無理強いは止めましょう。つまり、夫がしたがらないことを無理やり強制するのは禁物です。それは逆効果を生み、夫婦関係を悪化させる要因になり得ます。
  • 自分の信仰に基づいた理想的な妻を目指す女性はたくさんいます。しかし、夫婦間で宗教的背景が異なる場合は、良い妻の理想像も異なる可能性があります。また、良い妻は従順であるべきだとする保守的な考え方を信じ過ぎるあまり、活気溢れる妻になれなくなるかもしれません。自分の信仰も大切ですが、自分の欲も大切にしましょう。
  • 夫婦関係が危機的状況に陥った際は、カウンセラーに相談しましょう。離婚とは、夫婦にとっても、子供たちにとっても辛いものです。互いのニーズを理解し、それに応える努力をすることで、円満な夫婦関係を長続きさせましょう。
  • 独身者や離婚経験者に比べ、結婚生活に満足している夫婦の方が健康面、金銭面、幸福面において得をする傾向があります。中には、幸せな夫婦の方が、心臓病、がん、脳卒中などの病気にかかりにくいとする研究結果もあります。また、幸せな夫婦は性生活への満足度が高く、鬱になったり、家庭内暴力の問題が生じたりする可能性も低いという研究結果が出ています。
  • 結婚生活で問題が生じた場合は、親しい友達や親戚ではなく、専門家に相談しましょう。友達や親戚に相談すると、たとえ夫婦の問題が解決しても、周囲はずっとあなたの夫に対して悪いイメージを抱き続けてしまいます。また、専門家ではない人間は、偏った考えに基づいたアドバイスをしがちです。
  • 自分と夫は同じチームの一員なので、自分が相手の成功を支えた場合、その成功は自分の成功でもあります。もちろん、逆もしかりです。相手が頑張りやすい環境づくりをしてあげれば、相手も喜んであなたを支えてくれるはずです。
  • 性行為に関して拒否したい場合は、自分にはそれを夫に伝える権利と、相手からその主張を尊重される権利があります。
  • 夫と共に祈り、共に食事をし、共に家庭を築きましょう。家具選びやペンキの色決め、家の修理や何かの売買の際にも、きちんと夫に相談します。そうすることで、二人の間に特別で幸せな空気感が芽生えるはずです。

注意事項

  • 決して夫に暴力を振るってはいけません。アメリカ疾病予防管理センターによると、毎年80万人以上の男性が妻からの暴力を受けています。夫に対する怒りが手に負えなくならないように注意しましょう。また、同様に、決して夫からの暴力を受け入れてはいけません。[5]

記事の情報

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む111人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。

カテゴリ: 家庭生活

他言語版:

English: Be a Good Wife, Italiano: Essere una Buona Moglie, Français: être une bonne épouse, Português: Ser Uma Boa Esposa, Deutsch: Eine gute Ehefrau sein, Español: ser una buena esposa, Nederlands: Een goede echtgenote zijn, Русский: быть хорошей женой, 中文: 成为好妻子, Bahasa Indonesia: Menjadi Istri yang Baik, Čeština: Jak být dobrou manželkou, العربية: أن تكوني زوجة جيدة, ไทย: เป็นภรรยาที่ดี, हिन्दी: एक अच्छी जीवनसाथी बनें, Tiếng Việt: Trở thành người vợ tốt, 한국어: 좋은 아내가 되는 방법

このページは 2,590 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?