良い娘になる方法

共同執筆者 Tasha Rube, LMSW

  両親とは、人生において最も大切な人々の一部であり、両親にとって良い娘でいることは、あなたの目標であるとも言えます。既に両親とは強い絆で結ばれているかもしれませんが、あなたはその関係に更に磨きをかけようとしているわけです。または、最近の自分の行いがそれ程良くないため、自分の違う面を両親に見せたいと思っているのかもしれません。どんな状況であっても、両親に対して責任感や親切心を持ち、心を開けば、良い娘になれるでしょう。

方法 1 の 3:
責任を持つ

  1. 1
    家事を手伝う 両親に言われなくても家の雑用を済ませるようにしましょう。更に、その他の余分な仕事も引き受けましょう。自分の部屋だけではなく、リビングやダイニングなどの共有スペースも掃除しましょう。普段より多く手伝いをすれば、両親に感謝されるでしょう。[1]
    • 家の雑用に関して手を抜いてはいけません。きちんと完璧な仕事をしましょう。
    • 夕食後に食卓テーブルを片付けるなど、自分が手伝えそうな小さなことにも気を配りましょう。
  2. 2
    年下のきょうだいの世話をする 年下のきょうだいがいる場合は、両親の手助けをしましょう。可能であれば、おむつ替え、哺乳瓶の準備、宿題の手伝いなどをしましょう。あなたが十分な年齢に達していれば、両親が外出できるように、きょうだいの子守りを積極的に引き受けましょう。
    • 家に一人でいられる年齢であれば、年下のきょうだいの子守りを両親に任せてもらえるかもしれません。
    • 「お母さんお父さん、最近は前よりもっと自分一人で留守番をさせてくれるし、二人で外食か映画にでも行きたかったら、私が時々きょうだいの面倒を見てもいいよ」と伝え、両親に打診してみましょう。
  3. 3
    両親の話を聞く 両親がアドバイスをしてくれたり、情報を共有してくれる時には注意を払うようにしましょう。両親は、あなたが未経験のことを数多く経験してきているため、彼らの知識を尊重しましょう。両親のアドバイスを自分の人生で活かせば、両親と同じ失敗をしないですむでしょう。
    • 例えば、道路の制限速度を守るように両親から言われたら、安全運転をするように心がけましょう。また、自分の友人の中で、両親が信用できない人がいれば、その友人と一緒に過ごす時間を減らしましょう。
  4. 4
    両親の決定事項を尊重する 両親が門限を午後11時に設定しているのであれば、10時45分には家に戻るようにしましょう。実家に住んでいる限りは、両親のルールに常に従いましょう。両親を尊敬している姿勢を示し、絶対に無視してはいけません。
  5. 5
    宿題をする 在学中の場合は、できる限り宿題を早く終わらせるようにしましょう。常に両親に指摘させる手間はかけたくないはずです。両親に宿題を教えてもらいたければ、お願いしてみましょう!子供が成長しても、一般的に親は子供に頼られたいものです。[2]
  6. 6
    両親に対して正直でいる 悩みを抱えていたり、過ちを犯した時は、両親に話しましょう。両親には秘密を作らず、率直な態度で接しましょう。深刻な話をする時は、両親に腰を下ろしてもらってから話しましょう。
    • 例えば、学校の単位を落とすこともあるでしょう。両親に座ってもらい、問題点と、どのような解決策を考えているかを話しましょう。また、両親からの協力とアドバイスを求めましょう。
  7. 7
    目標を設定し、最後まで成し遂げる 目標を立て、最後までやり通せば、意志の強さを両親に示せるでしょう。両親に自分の目標を伝え、その目標に取り組む際には両親の協力を得るようにしましょう。目標を達成すれば、責任感のある自立した人間であることを、両親に証明できます。また、これにより、両親との絆が更に深まるでしょう。
  8. 8
    普段以上に手伝いを申し出る 両親が大変な時は、手伝いを申し出ましょう。母親が買い物の荷物を家へ運ぶのに苦労していれば、母親には休んでいてもらい、荷物を全部運んであげましょう。経済的な事情で両親が苦労している場合は、アルバイトをして金銭的に自立しましょう。[3]
  9. 9
    自分の両親を友人や友人の両親に紹介する 両親に友人を会わせ、友人の両親にも紹介する機会を作るなど、両親には常に自分の生活に関わってもらいましょう。あなたがいつも誰と過ごしているのかを両親が把握することが重要なため、常に行動を知らせておきましょう。[4]
    • 友人に会いに出かける時は、誰と一緒にいる予定かを両親に伝えましょう。
    • 恋人など、大切な人にも必ず会ってもらいましょう。
    広告

方法 2 の 3:
両親への愛情を示す

  1. 1
    誕生日や記念日を忘れない 両親の誕生日や記念日など、大切な日を娘が忘れずにいてくれるのは、両親にとって非常に大事なことです。スマートフォンのカレンダー内のリマインダーを設定したり、スケジュール帳を利用し、大切な日には実家に電話をするか、特別なおもてなしをして祝いましょう。[5]
    • 両親を夕食に招待する、カードを手作りする、またはプレゼントを贈ったりするのもよいでしょう。
  2. 2
    思いやりのあるショートメールやカードを送る 時には、「大好き」や、「素敵な日を過ごしてね」などのショートメールを両親に送りましょう。ショートメールの送信にかかる時間は、たったの数秒ですが、両親にとっては非常に意味のあることです。実家に住んでいてもいなくても、ショートメールを送るとよいでしょう。[6]
  3. 3
    ささやかなプレゼントを購入するか、手作りする 可能であれば、両親にプレゼントを買いましょう。新品のテレビなどの高価なものでも、父親が欲しがっていた本などの小さくて気の利いたものでも、どんなプレゼントでもよいでしょう。どちらにしても、プレゼントを贈るという行為により、愛情と思いやりが伝わるでしょう。[7]
    • プレゼントを買うお金がなければ、手作りしましょう!何かを買うのと同じくらい、手作りできる素敵なプレゼントが数多く存在します。
    • 何か手伝えることがないか、両親に聞いてみましょう。
  4. 4
    感謝の気持ちを表す プレゼントをもらったり、あなたがしてくれる行為よりも、恐らく両親は、感謝されている事実を知りたいだけなのです。両親が今までしてくれたこと、そして今後もしてくれるであろう全てのことに対しての感謝の気持ちを両親に表しましょう。[8]
    • 「私にとって素晴らしい両親でいてくれて、本当にありがとう。良き手本となってくれて、二人が両親であることに感謝しているわ」と伝えましょう。
  5. 5
    両親と時間を過ごす 毎週時間を作り、両親と出かけましょう。あなたが成長するほど、両親はあなたとの時間を、より大切にするでしょう。公園でピクニックをする、ボーリングに行く、または夕食後に長い散歩に出かけるだけでもよいでしょう。[9]
    • それぞれの両親と、別々に時間を過ごすのもよいでしょう。例えば、時には母親だけと夕食に出かけ、父親とは映画に行くなどしてみましょう。
  6. 6
    素敵な思い出を振り返る 古い写真アルバムを眺め、両親と過ごした楽しい思い出を振り返りましょう。ベランダに座って写真アルバムを眺めたり、ある日の夕食時などに写真を見返してみましょう。写真を見ながら、あの頃の思い出が自分にとってどれ程大切なものであったかを両親に伝えましょう。[10]
    • 例えば、「あ、海辺に行った日のこと覚えてる!あの日はみんなと一緒で本当に楽しかったわ。カニがお父さんに噛みついた時に、思いっきりみんなで笑ったこと、絶対に忘れないわ」などと言ってみましょう。
    広告

方法 3 の 3:
成人しても良い娘でいる

  1. 1
    毎週両親に電話をかける 実家を出られる年齢になり、別の場所で暮らしている場合は、両親に連絡を入れるのを忘れてはいけません。電話をして両親と話し、近況を聞いてみましょう。自身の生活における重要な事柄に関しても両親に報告ましょう。[11]
    • 時には忙しくて電話をする時間がとれず、長く話せないこともあるでしょう。そんな時は、両親に短いショートメールを送り、両親への愛情と両親のことを考えている旨を伝えましょう。また、この機会に、電話やスカイプ、FaceTime(Apple用の通話アプリ)を利用して通話する日時を決めるようにしましょう。
  2. 2
    大きな決断を下す際は両親に相談する 苦渋の決断をする前には、両親に連絡しましょう。相談してくれたことを両親はありがたく思うでしょう。また、最善の結論を出す手助けをしてくれるかもしれません。[12]
    • 例えば、大学の進路やマイホーム購入を考えている時などです。
    • 重要な決断の時だけでなく、両親には普段の生活に関しても常に報告しましょう。仕事や学校の状況、交際中の人、最近見て面白かった演劇や映画などの近況を伝えましょう。
  3. 3
    頻繁に帰省する 両親と同居していない場合は、できるだけ頻繁に実家に戻りましょう。最低でも一ヶ月に一回は帰省して夕食を一緒に食べたり、映画に行くなどしましょう。両親が高齢の場合は、一緒に出かけて用事を済ませてあげたり、実家へ帰って家の掃除をしてあげましょう。[13]
    • 既婚者で子供がいる場合、最低でも年に数回は家族を連れて両親に会いに行きましょう。家族みんなが休暇を取る時期を合わせて一緒に過ごせば、両親、夫、子供との間の絆が深まるでしょう。
  4. 4
    必要な時に両親をサポートする 自分が赤ちゃんの頃に両親が必要だったのと同じように、両親も時折あなたの助けが必要であることを心に留めておきましょう。親が手術を受けるような状況であれば、付き添ってあげましょう。また、親が職場で表彰される場合などには、その瞬間を見に行きましょう。良い娘でいるというのは、両親が必要な時に、その場にいるということです。[14]
  5. 5
    両親同伴の旅行を計画する 友人や恋人だけと旅行をするのではなく、両親とも旅行しましょう!両親とあなたの三人で海へ行く計画や、可能であれば長期の旅行などを計画しましょう。両親と充実した時間を過ごし、今までで最高の娘になりましょう![15]
  6. 6
    両親が好きなことをして時間を過ごす 幼少の頃、当時両親が必ずしも楽しんでいたとはいえないテレビアニメや遊園地に、あなたのためだけにずっと一緒に付き合ってくれたことでしょう。両親にその時の恩返しをしましょう。美術鑑賞はあなたの好みではないかもしれませんが、母親が喜ぶのであれば、一緒に美術館へ出かけましょう。また、父親の趣味がバードウォッチングであれば、好きでなくても父親のために一緒に行きましょう。
    広告

このwikiHow記事について

認定ソーシャルワーカー(修士)
この記事はTasha Rube, LMSWが共著しています。 ターシャ・ルーブはカンザス州カンザスシティー在住の認定ソーシャルワーカーです。カンザス州レブンワースのドワイト・D・アイゼンハワー退役軍人病院と提携し、活躍しています。2014年にミズーリ大学にて社会福祉学の修士号を取得。
カテゴリ: 人間関係
このページは 154 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告