良い成績を取る方法

この記事には:身の回りの整理情報を吸収する宿題をするテストの準備をする正しい選択をする

良い成績を取る事はもはや勉強オタク達だけの問題ではありません。学校で成功することは、最高の教育を受けて最高の仕事に就き、充実した人生を送りたい生徒達のための、早期準備とも言えるでしょう。これを読んで成績評価でAをたくさん取りましょう!

パート 1
身の回りの整理

  1. 1
    スケジュール帳かカレンダーを準備をする バックに入る大きさのスケジュール帳、壁に掛けられるカレンダー、1日の終わりに作る今後の「やる事リスト」など何でも良いので、宿題の期限を記録や整理できる物を用意します。学科のテストや宿題の期限をすべて学期の初めに記入しましょう。
    • 帰宅したら毎日カレンダーをチェックして、翌日までに何をしなければいけないか、またその先2、3日で何をすべきかを把握します。既に済ませた宿題などには印をつけましょう。
  2. 2
    ロッカー、バック、机を整理する 毎日見る身の回りの物を整理する事によって、頭の中が整理できます。ばかげたことのように聞こえるけれど、視覚環境がシンプルで整頓されていると、脳は大切な事に集中できます。1週間に1度、ロッカー、バック、机を掃除しましょう。大丈夫、掃除なんて2、3分で終ります。
    • 物をいつも同じ場所に片付ける癖をつければ、物を失くすことが減ります。ロッカーやバック、机の中が紙だらけだと、混乱してイライラしてしまいます。
  3. 3
    勉強のスケジュールを立てる 1週間、1ヶ月単位のカレンダーを持つだけではなく、毎週のスケジュールも立てなければいけません。勉強できる時間の計画を週ごとに立てます。そうすると、どの教科にいつ、どれだけの時間を費やせば良いかが把握できます。
    • 個々の教科にかける時間は常識的に考えましょう。例えば、バトミントンの練習時間は天体力学の勉強にかける時間より短くて良いなどです。
    • 予定表にテストの日、宿題の期限、勉強をする日などを書き込みましょう。

パート 2
情報を吸収する

  1. 1
    自分の学習形態を把握する 勉強方法が人それぞれ違うのはあたりまえです。手を使って覚える人もいれば、目や耳を使って覚える人もいます(他の組み合わせでも)。もし教授の講義内容を全く思い出せないようなら、勉強方法が間違っているのかもしれません。
    • 自分に合った学習形態がわかったら、その方法で勉強に磨きをかけましょう。目で見て覚えるのが得意なら、授業のノートにグラフを書いてみたらどうでしょう。聞く方が得意なら、講義を録音しても良いでしょう。手で覚えるのが得意なら、コンセプトを実際に工作で作ってみたら良いでしょう。
  2. 2
    教科書を読む 単調でつまらないことですが、これはとても役に立ちます。教授は必ずしも教材の内容を講義で説明するわけではありません。1段落読み終えたら、その都度頭の中でどんな内容が書かれていたのかを整理します。この時に教材は見ません。それから同じ段落をもう1度読み返します。そうする事によって、いっそう長い時間、頭の中に記憶が残ります。この方法は勉強する時間があまり無いときに特に効果があります。
    • 講義中に教科書に書いてある事が説明されたら、それは(もちろん)重要な部分です。教科書を読んでいる時にその説明を見つけたら、後ですぐに分かるように、その部分に蛍光ペンでハイライトを入れておきましょう。
    • ざっと目を通すことの利点を忘れないでください。大切なポイント(ハイライト、斜字体で書かれた箇所など)に集中して勉強すると、頭に入り易くなります。[1]空欄を埋められれば最高です。出来なければ、教科書をより深く読んでみましょう。
  3. 3
    上手にノートを取る 中学、高校、短大のテストや宿題の殆どは授業中に説明された内容から出題されます。先生が黒板に図を書いたら、それと同じものをノートに書きます。そうすると、その内容を覚えることに役立ちます。
    • 読みやすいノートを取る 蛍光ペンを使って、大切な箇所が簡単に見つけられるようにします。ただ、使い過ぎると意味がなくなるので注意しましょう。 自分のノートをもっとクリエーティブにしたかったら、カラーペンを使うと楽しくなります。でもテストに出そうな所や大切な箇所だけに使うようにしましょう。
  4. 4
    効率的に勉強する 1夜漬けで一気に本を読もうとして、結局何も頭に入らなかったということはは避けたいものです。 教科書の上で寝てしまうかわりに、以下の事を行ってみましょう。
    • 教科書ガイドを作って復習する 教科書の中から大切な事項や詳細を引き出して、ノートに書き留めます。覚えるまで何度も読み返します。ノートに書く事でより覚え易くなります。
    • 誰かに教科書ガイドから問題を出してもらう 口に出して説明すれば、頭の中で同じ事を何度も繰り返すよりも簡単に物事が覚えられます。物事を人に説明することは、頭で分かっているだけではなく、それを理解していなければできません。
    • 楽しく勉強できる方法を考える フラッシュカードを作ったり、友達と一緒に勉強したり、放課後の勉強会に参加したりして、クラスメートや先生に勉強のお手伝いをしてもらいましょう。ボードゲームで勉強を簡単に楽しんだり、パソコンでタイプして読み易くすることもできます。楽しい勉強をたくさんして、徹底的に教材を覚えましょう。
  5. 5
    授業に参加する 宿題も終わり、明日の授業を受ける準備は整いました。今度は自分の知識をクラスで披露してみましょう。このアイデアの1番大切なポイントは、授業に参加する事で宿題で学んだ知識が固まることです(以前はゼリーのように柔らかかったのでは?)
    • 2番目に大切なポイントは、固まった知識が今度は記憶として脳に定着することです。真面目な話、声に出して話すことは(特に授業中の発言は友達と話す時よりもストレスがかかります)書く事とは違い、脳の異なる部分を使います。従って、万全の準備ができます。
    • 3番目に大切なポイントは、教授が喜んでくれることです。静まり返った授業が好きな先生はいません。先生の機嫌をとっておくと、成績表を貰う時や特別課題を頼む時に優遇してもらえます。
  6. 6
    助けを求める 良い成績を取るためにはどうすればよいのか、または授業内容でどうしても分からない事などがあれば、先生に手助けを求めましょう。難しい質問ではなくても、先生は喜んで手助けをしてくれます。授業の後、相談ができるオフィス時間中、Eメールなどを使って先生に手助けをしてもらいましょう。[2]
    • マンツーマンで学んだことは、講義で聞いた知識よりも明確に覚えられるものです。個人的な勉強のみならず、先生はあなたの努力に感謝して、あなたのことを気に入ってくれるでしょう。先生に好かれることは、後々とても便利になります。

パート 3
宿題をする

  1. 1
    学校が終わったらすぐに宿題をする 時間管理は基本です。来週が提出期限の宿題があったら先延ばしにしないで、宿題が出た2、3日後にはやり始めます。時間があればある程、ストレスが少なくなります。
    • できれば提出期限の2、3日前までには宿題を終わらせるようにします。 これは例えば、「宿題を失くした」、パーティーに誘われた、プリンタのインクが無くなった、病気になった、家族に緊急事態が発生したなどの非常事態で宿題をする時間がなくなることを防ぐためです。先生は大抵、1日遅れるごとに点数を引いていきます。提出期限を過ぎたレポートを受け取らない先生もいます。
    • 宿題は成績評価で大きな割合を締めます。任意の特別課題が出たら、取りあえずやりましょう! これをして成績が下がることはありません。たとえ何か間違えがあったとしても、先生はあなたの学習努力を認めてくれます。
  2. 2
    宿題を優先する 自分なりの目標を決めて、遊びにいく前までに必ずそれを終わらせます。社交生活も大切ですが、成績はあなたの将来の選択に大きな影響を与えます。デートやパーティーのスケジュールを決めるように、毎日の勉強のスケジュールも決めましょう。
    • 宿題が終わったら自分にご褒美を与える 宿題が終わったら、テレビや食事やパーティーの時間にします。それでモチベーションが上がらなかったら、親に自分が頑張れる何かを提案してもらいましょう。親もあなたに良い成績を取ってもらいたいのです。
  3. 3
    友達と勉強する 友達と一緒にテスト勉強をすることには大きなメリットがあります。ですから宿題も友達と一緒にやりましょう。モチベーションの維持だけではなく(授業にも興味を持ち続ける)、お互いの能力を合わせてより早く、効率的かつクリエーティブに宿題を終わらせることができます。
    • ここで大切なことは、自分と同じくらい真剣に勉強に取り組んでくれる友達を選ぶことです。あなたに全部宿題をやらようとする友達とは勉強する意味がありません。また誰とも勉強したくない友達と勉強してもダメです。自分と同じように目標のある友達を選びましょう。
  4. 4
    盗作をしない 盗作した宿題は即0点です。最近のテクノロジーは進んでいるので、盗作をしたら先生に直ぐにバレてしまいます。それがグーグル翻訳でも、マーティン・ルーサー・キング・ジュニアのスピーチでも、先生にはすぐに分かってしまいます。ですから、そんな危険ことは止めましょう。

パート 4
テストの準備をする

  1. 1
    友達と勉強をする 数が多いことは勉強の面でも大きな強みになります。お互いのアイデアを出し合って知識を合わせることは、貴重な力になります。ただし、お互いに邪魔をしないように気をつけましょう。
    • 友達と勉強することによって、勉強が楽しくなり、思い出に残ります。友達に何かを説明しなければならない時は頭を使う必要があり、ただ単に話して分かってもらうのとは訳が違います。[3] フラッシュカードや教科書ガイドを一緒に作ってテスト内容を全てカバーしましょう。
  2. 2
    記憶トリックを使う 記憶を助ける工夫をすることで、なかなか覚えられないことが覚え易くなります。例えば、虹色の配色の順番を覚えるには、「せきとうおうりょくせいらんし(赤橙黄緑青藍紫)」と記憶したり、惑星の順番を覚えるには、「すいきんちかもくどてんかいめい(水金地火木土天海冥)と記憶すると覚え易いです。なぜかと言うと、簡略に記憶を助ける工夫をすることで、効果的に覚えられて、忘れにくくなるからです。
    • 関連性を付けて覚える 例えば、インドが昔、英国の植民地であったことを覚えようとするとき、頭の中で女王がタージマハールの周りをジョギングしている絵を描いてみましょう。テストの時に実際に覚えていなければならないことを忘れてしまっても、その記憶を探ることができる程度に覚えていられるはずです。
  3. 3
    正しい場所で勉強をする まず第一に勉強に適した静かな場所が必要です。寒いときのためのセーターと記憶力を助けるダークチョコレート[4])、水や必要なもの全てを持参して、座り心地の良い椅子を探しましょう。そうすることで、勉強の邪魔が少なくなります。
    • ある研究結果によると、勉強は1つの場所だけでなく、他の場所でもすることを勧めています。ちょっとおかしく聞こえるけれど、脳は記憶を周りの環境と関連付けます。 ですから、関連性があればある程、記憶を呼び戻し易くなります。 座り心地の良い椅子を探し回って片っ端からそこで勉強してみましょう!
  4. 4
    詰め込み勉強をしない やむを得ないときもありますが、詰め込み勉強はお勧めできません。実際のところ休憩は脳にも良く、より多く覚える手助けにもなります。20ー50分間隔で勉強して、合間に5分から10分の休憩を取りましょう。

[5]

  1. 1
    • 勉強が予定通りに進んでいたら、丸1週間かけてテスト勉強をするのが望ましいです。勉強回数を重ねるごとに知識が固まってきて、テスト前までには自分でも内容がより良く分かってきていることに気付くことでしょう。 そうなれば、リラックスもでき、自信も付きます。
  2. 2
    リラックスする 言うは易し、と思っていますか?でも、全ての答えは既にあなたの頭の中にあることを忘れないでください。最も大変なのは答えを取り出すことです。最初に頭に浮かんだ答えが、大抵の場合は正しい答えです。ですから、後から戻って答えを変えないようにしましょう。もし答えが分からなかったら、そこは飛ばして、後から戻って問題を解きましょう。
    • テスト問題は必ず読んでください。ざっと読むだけでは指示された逆のことと勘違いしてしまうかもしれません。
    • 問題の質問が不明確の時は、先生に質問の意味を聞きましょう。質問の答えを訊くわけではないので、質問の意味だけなら先生は教えてくれるでしょう。 
  3. 3
    十分な睡眠と取る テストに集中するためには睡眠が必要です。睡眠不足ではなかなか集中できないために、 学んだことをすぐに忘れる傾向があります。これが詰め込み勉強が良くない理由の1つです。
    • 睡眠には素晴らしい効果があります。睡眠不足は事故を招いたり、頭の回転を遅くしたり、健康に害をもたらしたりします。[6] もし、最後の一夜漬けか睡眠かの選択を迫られたら、睡眠を取りましょう。

パート 5
正しい選択をする

  1. 1
    適切なクラスを選択する 高校や大学では印象的なクラスや難し過ぎるクラスを選んでみたくなります。難しいクラスを選ぶことは素晴らしく、学ぶこともたくさんありますが、1つか2つにしておきましょう。選んだクラスの全てがロケット科学のような難しいクラスでは圧倒されてしまいます。ですから例えば、基礎ロケット科学とビーチバレーのクラスを取ってみましょう。脳にも休息が必要です。
    • 適切な数のクラスを選択する 忙しすぎては良いことはありません。そうなったらいつ勉強できるのでしょうか?一般的なクラス数を選んで(大学であれば,学期ごとに4つか5つ)、そこで良い成績を取りましょう。少しのクラスで良い成績を取った方が、たくさんのクラスを取って平凡な成績を取ることよりもずっと望ましいからです。
  2. 2
    出席する 良い成績を取る1番簡単な方法は授業に出席することです。出席単位がもらえるだけでなく、大切なお知らせや教授が強調した概念、授業中に出されるボーナス問題などを見逃すことがありません。
    • 成績がギリギリの線だったら、授業に出席することはとても大切です。教授は出席表を見て、生徒の成績を繰り上げるか繰り下げるか決断します。騙されたと思って出席しましょう。
  3. 3
    成績を記録する 目指さなければ良い点数は取れません。大学によっては、オンラインで自分の成績をいつでもチェックできるところもあります。これを利用しましょう。先生から ユーザーネームとパスワードをもらうことも忘れずに。もしオンラインサービスが無ければ、先生に自分の成績がどの辺りなのか聞きに行きましょう。
  4. 4
    正しくヘルシーな朝ご飯を毎日食べる 正しくヘルシーな朝ご飯を毎朝食べる生徒は、成績も良く、学校で集中していると認識されています。[7] 朝早くお腹が空いていなくても、後で食べられる何かを持っていきましょう。
    • お腹がいっぱいで気持ちが悪くなるほどではなく、空腹を満たす程度にしましょう。卵6個のオムレツではなく、シリアルとオレンジを選びましょう。そうすることで、満腹になりすぎることなく、勉強に集中できます。
  5. 5
    ゲームで記憶力の向上を計る 脳のエクササイズをしましょう。クロスワードや数独など簡単で誰にでもできる、おもしろいパズルゲームを毎日やりましょう。これで脳をパワーアップさせれば学校でもっとたくさんのことが覚えられます。  #*ルモシテイ[8] やMemrise[9] などのウェブサイトにはとても良いコンテンツがあります。Memriseでは自分の勉強したい内容を入力することもできます。
  6. 6
    時間を賢く使う テストで120個の問題を1時間で解かなければならないとしたら、1問に付き30秒の時間の割合になります。30秒をもっと長い時間することも可能です。多くの問題には30秒もかからないので、難しい問題に残りの時間をかけることができます。時間をあまり深く考えすぎず、時計の針に邪魔をされないようにしましょう。
    • 時間制限は絶対的ではないときもある テストで後5分必要であれば、先生に聞いてみましょう。勤勉な生徒がもう少し時間を必要としていたら、喜んで許容してくれる範囲です。
  7. 7
    頑張ることを恐れない 完璧主義者とか頑張り屋とか人から言われても気にする必要はありません。周りが授業中遊んでいる時も、根気強く努力しましょう。 クラスメイトは何年後かにはもう2度と会わない人になっていますが、努力が足りなくて取れなかったAやBの成績証明書はずっとそのまま残ります。
  8. 8
    伸縮可能ファイルにラベルを付ける プリントをきちんと正しいファイルに納めることで、必要な時に必要なものがすぐに分かります。机があれば、その引き出しに保管しましょう。もしロッカーがあれば、授業がある間はファイルをバックの中に入れておいて、昼休みや休み時間にはファイルを ロッカーに保管しましょう。

ポイント

  • 諦めずに前向きになる。 いつも可能な限りの最高基準で最善の努力をしましょう。
  • 成績上昇が分かるように、学期ごとに成績が記録できるノートを作りましょう。
  • レポート提出や追加宿題をやることで特別課題の単位をもらえるか先生に聞いてみましょう。それで単位がもらえるのであれば、次の日に提出しましょう。テスト前に返してもらえば、間違えの見直しができます。
  • 自分が勉強していることについて、さらに詳しい内容も調べましょう。内容を理解する手助けになり、勉強が楽しくなります。また、覚え易くもなります。授業中に学ばなかった内容をテストやレポートに付け加えたら、先生は感心するでしょう。
  • 成功するためには遊びの時間を控えなければなりません。優秀な生徒は「今日は、勉強があるから遊べない」と言えます。 いじめる友達もいるかもしれませんが、本当の友達なら分かってくれるはずです。ただ、たまにはリラックスすることも必要なことを忘れないでください。そうしないとストレスが溜まりすぎて良い成績が取れません。 勉強と社交生活のバランスが大切です。
  • 時々自分にご褒美を与えましょう。良い成績をもらったら、1日勉強を休んでもかまいません。
  • 毎晩、教科書を読み終えたら、まとめとして自分に質問をしてみましょう。そうすると読解力にどのくらい力を入れるべきかも分かります。
  • 勉強する場所を整理しましょう。綺麗に整頓して、簡単に物が見つかるようにしましょう。どの大学生も言うように、散らかっている所で勉強すると注意力散漫になってしまいます。授業で必要な物は全て揃えておきましょう。
  • 小さな目標を持ちましょう。目標としては、徐々に成績を上げて最終的にAを取るようにします。すぐにAを取ることを目標にすると、難しすぎて目標に手が届かないと思いがちになってしまいます。

注意事項

  • 教育に対してまじめに取り組んでいない学生とは仲間にならないようにします。他の友達にからかわれても、いつも頭の良い友達と仲良くなりましょう。これは、あなたの成績と未来であって、頑張ればそれ相応に自分に帰ってきます。
  • 悪い勉強習慣や勉強を軽視することはあなたの将来にマイナスになります。今はそんな風には思えないかもしれませんが、本当のことです。
  • 悪い成績を取ってしまったら、今まで頑張ってきていても、もっと頑張る努力をしましょう。上を目指す時間は常にあります。

記事の情報

カテゴリ: 学び・コミュニケーション

他言語版:

English: Get Good Grades, Italiano: Prendere Voti Alti, Español: sacar buenas notas, Português: Tirar Notas Altas, Français: obtenir de bonnes notes, Deutsch: In der Schule gute Noten bekommen, Русский: получать хорошие оценки, Nederlands: Goede cijfers halen, 中文: 考取好成绩, Čeština: Jak mít dobré známky, Bahasa Indonesia: Mendapat Nilai Bagus, العربية: نيل علامات مرتفعة, Tiếng Việt: Đạt Điểm số Cao, ไทย: เรียนให้ได้เกรดดี, हिन्दी: अच्छी ग्रेड्स (Grades) पायें

このページは 10,988 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?