良い父親になる方法

この記事には:子供のそばにいる公平で厳格な躾をする模範的人間になる寛大になる6 出典

良い父親になることが簡単だとは誰も言っていません。子供が何歳であろうと、子供が何人いようと、父親としての役割は、一生終わらないものだということを認識しておきましょう。良い父親になるには、いつも子供のそばにいて、手本となるような厳格な人間でい続けることが大切です。また、子供のニーズに対して思いやりを持ちつつ、相手のいいなりにならないように気を付ける必要もあります。良い父親になる方法を知りたい人は、以下のステップを参考にしましょう。

パート 1
子供のそばにいる

  1. 1
    子供のための時間を確保しましょう。子供にとっては、自分の父親が会社で昇進したばかりであろうと、近所で一番高級な家を所持していようと関係がありません。子供にとって重要なのは、父親が夕飯までに帰ってくるのか、日曜日に自分を野球の試合に連れて行ってくれるのか、そして毎週一緒に映画を観る日に今週もきちんと家にいてくれるのか、などです。良い父親になるには、どれほど忙しくても、毎日、あるいは、最低でも週に一回は子供と過ごす時間を確保する必要があります。
    • 子供との時間をスケジュールに組み込んでおきましょう。例えば、自分にとって子供と過ごす時間を最も確保しやすいのが、火曜日、木曜日、日曜日の夜だとします。それらの日には、特に子供を楽しませることに意識を向け、その他のことに邪魔されないようにしましょう。
    • 子供が二人以上いる場合は、それぞれの子供との絆をきちんと築くために、一人一人と過ごす時間を別々に確保しましょう。
    • あまりにも疲れていて、子供とバスケットボールをして遊ぶために起き上がるのが困難な場合は、その代わりとなることを一緒にします。例えば、バスケットボールの試合やバスケットボールがテーマになっている映画をテレビで見るのは一案です。少しでも気持ちに余裕を持って子供のそばにいてあげることが大切です。
  2. 2
    子供の人生の晴れ舞台には、そばにいてあげましょう。子供との絆を深める上で、毎週子供のために「父親と過ごす時間」を確保するのは非常に有効な手段ですが、子供たちの大切な人生の節目にも一緒にいてあげる努力をしましょう。例えば、学校の初日や初めてのスポーツの試合、あるいは高校の卒業式などには、子供のそばにいてあげられるように仕事のスケジュールを調整します。
    • 子供は一生それらの日を覚えているものであり、父親が参加してくれた事実は彼らにとってとても重要な意味を持ちます。
    • 子供が晴れ舞台を迎えようとする時期に、自分の仕事が忙しい場合もあるでしょう。しかし、子供の姿を見に行ってあげられなければ、一生後悔するはずです。
  3. 3
    きちんと子供に大切な人生の教訓を教えましょう。また、日常生活に必要な基本的習慣のこなし方について教える際にも、父親が子供のそばにいてあげるのが理想的です。例えば、息子にトイレの使い方を教えましょう。あるいは、子供たちに歯の正しい磨き方や自転車の乗り方を教えたり、もっと成長した際には、車の運転方法を教えるのも妙案です。また、息子たちには、髭の剃り方や体の衛生管理についても教えましょう。子供たちは、これらの小さな日常的習慣について学ぶ上でも、人生の大きな教訓を学ぶ上でも、父親を必要とします。[1]
    • これらの教訓を教える際には、妻と役割分担をしましょう。子供が成長する上で知っておく必要のある大切なことは、夫婦揃って教えてあげます。
    • 子供が自分の失敗から学べるように、支えてあげましょう。子供が何か間違ったことをした場合は、ただ懲らしめて終わりにするのではなく、なぜそれが間違いなのかを気付かせてあげます。そして、今後同じ失敗を繰り返さないためにはどうすべきかを話し合いましょう。
  4. 4
    有意義なコミュニケーションを取りましょう。子供の人生において重要な場面に父親がそばにいてあげることは非常に大切ですが、それと同様に、父親が子供と一緒にいる際にいかにきちんとコミュニケーションを取れるかも重要になります。いつも楽しい遊びを一緒にしてあげなければ、子供が父親と過ごす時間を楽しめない訳ではありません。きちんと子供とコミュニケーションを取り、彼らが抱える悩みや問題を理解することに意識さえ向けられれば、大丈夫です。
    • 自分の子供が今抱えている不安や今週控えている行事、あるいは、今考えていることなどを知っておくために、毎日必ず子供と話すようにしましょう。
    • 特に回答に興味を持たずに、表面的に「今日はどんな一日だった?」と聞くのは止めましょう。
    • 子供が10代や忙しい大学生である場合、相手は自分の一日の詳細について父親とあまり話したがらないかもしれません。そのような時は、相手が父親からの愛情を実感しつつ、息苦しさを感じずに済む程度に、頻繁に話しかけるようにしましょう。
  5. 5
    子供と一緒に行く旅行を計画しましょう。良い父親になるには、母親の参加の有無に関係なく、子供を旅行に連れていくことが大切です。例えば、娘たちを年に一度の釣り旅行に連れていったり、息子と一緒に海に行きましょう。あるいは、子供たちが一生忘れないようなキャンプ旅行に連れて行くのも妙案です。どのような旅行に行くにしろ、特別で思い出に残るようなものを計画しましょう。そして、その旅行を最低でも年に一度は計画するようにすれば、父親が中心となる楽しい家族の恒例行事を築けます。
    • その旅行に子供の母親も参加する場合は、可能であれば、子供と二人きりになり、絆を深める時間を確保しましょう。
    • このような旅行を数か月も事前に計画すれば、その特別で楽しそうな行事に対して子供たちがワクワクするでしょう。
  6. 6
    自分のための時間も確保しましょう。子供たちのそばにいてあげることは大切ですが、可能な限り「自分の時間」を設ける努力も必要です。例えば、日曜日の午後を自分の好きなことに費やす、毎朝30分間のランニングをする、あるいは毎晩寝る前に面白い本を読んでリラックスするなどの例が考えられます。人生のほとんどの状況において、自分よりも子供たちの興味を優先すべきですが、自分のことを完全に軽視する必要はありません。
    • 自分のための時間を作らなければ、リラックスしたり、自分を充電したりできず、結果的に子供たちに注ぐべき時間や愛情を注げなくなってしまいます。
    • 家の中で特別な部屋や椅子を設け、自分がそこにいる時には邪魔をしてはいけないと子供たちに教えましょう。父親にも「自分の時間」があるということを子供たちに理解させ、その特別な空間にいるしばらくの間は、あなたは自分のための作業に没頭するというのを説明しておきます。ただし、子供が父親を本当に必要とした時は例外です。

パート 2
公平で厳格な躾をする

  1. 1
    子供にはきちんとご褒美を与えましょう。厳格な父親になるというのは、子供が失敗を犯した時に罰を与えるだけのことではありません。子供が良い行いをした時には、その子を勇気付け、その子がその行いを繰り返したくなるようにご褒美をあげるのも厳格な父親の役目です。成績でオールAを取った、妹や弟が手こずっている問題の手助けをしてあげた、喧嘩になりそうな時に暴力を振るわずに賢くその場を立ち去ったなど、内容は何でも結構です。そのことに対して、いかに父親として誇りに思っているかを伝えましょう。そして、子供の良い行いを自分がいかに嬉しく思うかを知らせるために、例えば、子供を一番好きなレストランに連れて行ってあげるなど、自分ができることをなんでもしてあげましょう。
    • 子供が幼い時には、ご褒美として目いっぱいの愛情を表現してあげれば、自分が相手をいかに誇らしく思っているかが大いに伝わるはずです。
    • 子供が良い行いをしたご褒美として、定期的にお菓子や新しいおもちゃを買い与えるのは、子供の善行を促進する手段の一つです。しかし、お菓子や新しいおもちゃをもらえるという理由だけで、子供が正しい行いをするようになるのは問題です。きちんと善悪の判断について教え、その学びが子供の善行のきっかけとなるようにしましょう。
    • 家事や後片付けなど、子供が当然行うべきことに対して、ご褒美を与える必要はありません。ご褒美を与えてしまうと、相手はあくまで自分が父親の頼みを聞いてあげているのだと勘違いしてしまいます。
  2. 2
    正しく子供を罰しましょう。公平で厳格な父親になるには、子供が間違いを犯した際に、きちんと罰する必要があります。だからと言って、手をあげたり、心理的に非情な人間になったりする必要はありません。ただ、子供が間違いを犯した時には、本人にそれを理解させ、自分の行動には必ず責任が伴うという事実を示すことが大切です。そのような躾を行えば、理性的な判断を下せる年齢に達した時に、子供は自分の間違いに気付けるようになるはずです。[2]
    • 子供に対する罰について、きちんと妻と考えを一致させておきましょう。子供の間違った行動を目撃したのが母親であれ父親であれ、子供が受ける罰は同じである必要があります。そうすることで、父親と母親の間で「アメ」と「ムチ」の役割分担が起こらずに済みます。
  3. 3
    首尾一貫した言動を心がけましょう。自分の言動の一貫性を保つことは、子供に対する賞罰のルールをきちんと決めておくことと同じくらい重要です。子供の行儀が悪い時には、たとえ自分にとって都合の悪いタイミングであったり、自分が疲れていたとしても、あるいは自分が外出中であっても、常に同じ罰を子供に与える必要があります。また、子供がとても良いことをした時には、自分がどれだけ疲れていたり、イライラしていたとしても、きちんと相手を褒めるのを忘れてはいけません。
    • 自分の行動の一貫性を保たなければ、父親の態度は、その時の父親の気分に左右されるものだと子供から思われてしまいます。
  4. 4
    怒鳴らないようにしましょう。子供の行儀の悪さに対してカッとなることもあるかもしれませんが、怒鳴っても何も解決しません。どうしても怒鳴りたくなった時には、一人でいる時や、シャワー中に、あるいは枕を被って怒鳴りましょう。ただし、どれほど怒鳴りたい衝動に駆られても、子供に怒鳴ることだけは避けます。相手の過ちを認識させるために、声を多少大きくするのは結構ですが、怒鳴ったり叫んだりすると、子供は怖がってしまいます。そして、その子供は父親とコミュニケーションを取りたがらなくなるでしょう。
    • 難しいことではありますが、我を忘れるほど怒っている自分の姿は、子供に見せないようにしましょう。
  5. 5
    暴力的になってはいけません。自分がどれほど怒っていても、子供を殴る、痛めつける、あるいは掴みかかるのは禁物です。これらの行為は子供を身体的にも精神的にも傷付けることになり、やがて子供はあなたを全力で避けるようになるでしょう。父親が暴力的になる可能性があることを恐れ始めると、子供は心を閉ざし、父親の近くに寄り付かなくなります。 相手からきちんと敬われたいのであれば、子供や子供の母親の前で暴力を振るうのは避けましょう。[3]
  6. 6
    子供から恐れられ、かつ愛されるような存在になりましょう。決して欺けない厳格な父親であると子供から認識されることは大切です。しかし、それと同様に、子供から愛情や優しさを求められ、一緒にいるのが楽しい存在だと思われるのも大切です。良い父親になるには、厳しい躾をすることと子供に父親からの愛情や感謝の気持ちを実感させることのどちらも守る必要があります。
    • 子供から恐れられることにこだわり過ぎてしまうと、子供が不安になり、心を開きたくなくなるかもしれません。
    • 逆に、子供から好かれることにこだわり過ぎると、子供から「何も命令してこない自分のいいなり」だと思われかねません。

パート 3
模範的人間になる

  1. 1
    子供の手本となりましょう。自分が手本となって子供を躾けたいのであれば、「お父さんの言うことやすることを真似しなさい」という教育方針を掲げる必要があります。そうすれば、善悪の判断について教育した際に、子供から偽善的だと思われずに済みます。自分の期待に応えるような振る舞いを子供にして欲しいのであれば、まずは父親が先に手本となる態度を示すことが大切です。子供の手本となる方法の例を以下にいくつかあげます。
    • 例えば、子供に喫煙や飲酒を必要以上にして欲しくない場合は、子供の前で自分がこれらの行為をするのは止めましょう。あるいは、完全に禁煙や禁酒をするのも手です。
    • 人に対して優しさや敬意を持つような子供を育てたいのであれば、父親が他人に対して最低限の敬意を払う姿勢を見せる必要があります。たとえ相手が地元のレストランの店員であろうと、電話をかけてきたセールスマンであろうと、常に敬います。
    • 喧嘩を吹っ掛けるような子供に育てたくないのであれば、子供の前でその子の母親に喧嘩を吹っ掛けるのは禁物です。
  2. 2
    子供の母親に敬意を払いましょう。子供の良い手本になりたいのであれば、その子の母親を大切にすることは欠かせません。相手が自分の妻である場合は、自分がいかに相手を愛しているかを伝え、いつも相手を手伝いましょう。そして、相手と一緒に過ごすことを楽しみます。妻に意地悪な態度を取っていると、子供は、父親がそうしているのであれば、自分も母親や他人に対して意地悪になっても問題がないと勘違いするようになるでしょう。[4]
    • 子供の母親に敬意を払うというのは、子育てや家事を二人で分担するという意味も含まれます。
    • 子供の前でその子の母親を褒め、その母親が受けるべき愛情や思いやりを注ぎましょう。
    • 子供の母親には敬意を払うだけでなく、彼女をきちんと愛し、二人で愛情深くて楽しい養育関係を維持する努力をしましょう。子供の母親が幸せを感じていると、家族全体が幸せになるものです。
    • 子供の母親と離婚している場合、たとえ相手との関係が上手くいっていなくても、決して子供の前で母親の悪口を言ってはいけません。二人のあまり理想的ではない関係を子供に見せてしまうと、子供はストレスを感じ、混乱してしまうでしょう。
  3. 3
    自分の失敗を認めましょう。良い手本になりたいからといって、完璧な人間でいる必要はありません。むしろ、完璧ではないほうが子育てにおいて良い効果をもたらします。なぜなら、「完璧な人間などは存在せず、誰もが失敗を犯す」ということを子供が学べるからです。例えば、子供の学校へのお迎えの時間を間違えた、あるいは、子供の前でカッとなってしまったなどの失敗をした時には、きちんと謝り、自分の非を認めましょう。
    • 子供の前でプライドを捨てられれば、子供は、「自分のミスを認めるのは決して恥ずかしいことではない」と理解するでしょう。
    • 常に「正しい行動」をすることよりも、ミスをした時に自分の非を認められることの方が、自分の人格形成にプラスに働きます。
  4. 4
    家事を手伝いましょう。子供に家事を手伝わせたいのであれば、自分がどれほど仕事で忙しくても、自分も家事を手伝う必要があります。父親が皿洗いやテーブル拭き、カーペットの掃除機がけなどをしている姿を見れば、子供も手伝いたくなるはずです。逆に、家の掃除が全て「母親の仕事」だと認識してしまうと、子供は成長しても家事を手伝いたがらないでしょう。
    • 家事を手伝えば、妻が喜ぶだけでなく、子供も自分の両親がチームとして働いていることを認識し、自分も参加すべきだと考えるようになるはずです。
  5. 5
    子供からの敬意を得ましょう。敬意というのは、与えられるものではなく、自分で勝ち取るものです。子供から父親として尊敬されるためには、自分でできる限りのことをする必要があります。父親があまり家にいない、母親をよく怒鳴る、あるいは気が向いた時にしか子供を躾けない場合、子供は「父親である」という理由だけで父親を尊敬はしません。立派で、正直で、一貫性のある態度を取れば、子供もあなたのことを理想的な父親として認識し、尊敬に値する人間であると判断するでしょう。
    • 子供が父親を崇拝したり、父親を完璧な存在だと思い込むのは芳しくありません。父親も一人の人間であり、子供のために尽くしているのだというのを理解させる必要があります。
  6. 6
    子供にたくさんの愛情を注ぎましょう。子供の手本になるというのは、子供と少し距離を取りつつ、子供の前でいつも正しい行動を取ることだと考える人もいるかもしれません。しかし、本当に「子供の手本になる」というのは、子供にたくさんのキスやハグをしてあげ、自分にとって相手がどれほど大切な存在であるかを十分に伝えられるくらいに子供との強い繋がりを築くことです。子供に対しては、毎日欠かさずに「愛している」と伝え、スキンシップを図り、自分にとって相手がいかに大切かを伝えましょう。[5]
    • 子供というのは、何歳になっても父親からの愛情を求めるものです。
    • いつも子供を褒め、彼らがいなければ、自分の人生は全くの別物になってしまうことを伝えましょう。

パート 4
寛大になる

  1. 1
    自分と子供は別の人間であることを受け入れましょう。子供に家業を継いで欲しい、自分の母校に通って欲しい、自分と同じように高校のサッカー部で大活躍して欲しいなどの要望を子供に対して抱くかもしれません。しかし、子供には子供の欲求や夢があり、それが必ずしも父親の欲求や夢と一致しないということを受け入れましょう。父親が築いた道を歩ませるのが子供を幸せにする唯一の方法だと感じているかもしれません。しかし、本当に良い父親になるには、人生の歩み方について、子供が自分とは違った考えを持っているかもしれないという可能性を考慮しましょう。
    • 子供が何をすべきか、また、人生をどう歩むべきかを全て自分が決めてしまうことで、父親として最善を尽くしていると思ってしまいがちですが、実際は子供を支配し、子供の自立を妨げているだけです。
    • 子供の望みを受け入れるのには、時間がかかるものです。例えば、自分が医者であるにも関わらず、子供が画家になりたがっているとします。その理由をすぐに理解してあげられないのであれば、子供に説明を要求しましょう。そして、しっかりと時間をかけて、相手の話を聞き、相手の考えを理解する努力をします。
    • あまりにも子供をコントロールしようとすると、子供は腹を立て、心を開くのを止めるでしょう。
    • 子供に自由を与え、広い視野を持たせた上で、本人にあらゆる決断をさせましょう。たとえ自分が子供に野球をして欲しくても、様々な習い事に申し込んであげ、何が一番好きかを本人に決めさせます。
  2. 2
    時代の変化を意識しましょう。良い父親になるには、たとえ昔の自分と年齢が同じでも、子供は自分とは違う環境で育っているのだということを理解する必要があります。現代社会における国際化、SNSからの影響、そして変化し続ける政治のせいで、子供は自分の若い頃ほどは守られた環境にいません。そして、昔の自分よりも現代社会の問題や変化に敏感である可能性があります。 [6]
    • したがって、ボディピアス、婚前セックス、海外旅行などは自分が若かった頃よりも一般的になっていることを認識しましょう。自分の子供が現代の産物であり、昔の自分よりも幅広い世界を知りたがっていることを受け入れます。
    • 自分は世界の理を正確に理解しているつもりかもしれませんが、子供には自由に自分を表現させ、自分独自の観点について話してもらいましょう。
  3. 3
    子供の失敗を受け入れましょう。理解のある父親になりたいのであれば、子供というのは、自分と同じように完璧な人間ではなく、ミスをすることもあるというのを受け入れます。人生というのは、子供が大切な教訓を学べるような失敗で溢れているものです。また、それらの教訓というのは、人生に必要不可欠な場合もあります。例えば、自分の息子が軽い交通事故に巻き込まれる、勉強をしなかったために試験で落第点を取る、貯金を使って馬鹿らしい買い物をしてしまうなどは、全て大切な学びのある失敗です。
    • 時には子供に失敗をさせなければ、子供は何も学びません。彼らを守ったり、保護してあげたい気持ちは分かりますが、子供に自由に失敗をさせれば、その分その子は見聞の広い判断力を身に付けられるでしょう。
    • もちろん、子供が何かを間違えてしまった時には、きちんと躾ける必要がありますが、ただ怒鳴るのではなく、何が間違っていたのかを話し、子供の取った行動の問題点を理解させるのが大切です。
  4. 4
    子供が悩んでいる時には気付いてあげましょう。良い父親になりたければ、子供が特に辛い状況に置かれている時には気付いてあげ、子供のニーズに配慮する必要があります。ひょっとすると、自分の幼い娘は、新しい引っ越し先で友達ができずに悩んでいるのかもしれません。また、自分の息子は最近初めての失恋を経験し、精神的に参っているかもしれません。
    • 子供のよそよそしい態度や感情的な行動を全て大目に見るのは不可能だったとしても、せめて相手がどのような悩みを抱えているのかは気付いてあげるようにしましょう。そうすれば、子供に対して寛大になれ、相手が悩んでいる時にはきちんと話を聞いてあげられるはずです。
    • 「何か辛いことがあったみたいだね。僕に話してみてはくれないかい?」と伝えるだけで、子供は父親がどれほど自分のことを大切に思っているかに気付くはずです。
    • 子供の立場から物事を考えてみましょう。子供の態度にイライラした時には、子供が何を考えているのかを理解すれば、その子の行動も理解できるかもしれません。
  5. 5
    子供に理不尽な期待をかけるのは止めましょう。子供の人生というのは、兄弟や同じ学校の生徒、教師や監督など、あらゆる人からのプレッシャーがかかっています。子供が自分の欲求を理解し、自分の才能や限界について正しく評価できるように、父親として手助けしましょう。達成可能な目標を一緒に設定してあげます。本人の可能性を最大限に引き出せるように勇気付けましょう。ただし、自分が成し遂げたことや成し遂げたかったことを子供にも成し遂げて欲しいと期待し、子供を通して自分の人生をもう一度歩み直そうとするのは禁物です。
  6. 6
    父親の役目というのは一生続くものだと認識しましょう。子供が成人した、あるいは大学を無事に卒業したからといって、その子を育てる役割が終了したと思ってはいけません。子供が経済的にも精神的にも自立するのを促すことは大切ですが、それと同様に、父親というのはいつでも子供を大切に思っていて、いつでも子供の味方でいることを伝えるのも大切です。父親にとって子供というのは、いつまでもかけがえのない存在です。

ポイント

  • どんな時でも、子供に一方的に話しかけるのではなく、きちんと子供と話し合いましょう。
  • 子育ての経験について、自分の父親や祖父の話を聞き、疑問に感じていることを質問してみます。
  • どんな時でも辛抱強さと寛大さを持って子供に接しましょう。
  • たとえ子供が伝えようとしている考えがよく理解できなくても、しっかりと聞いてあげることが大切です。
  • 子供に教えたことは自分も実行しましょう。自分が子供の手本となります。「私のする通りではなく、言う通りにしなさい」などと言って、自分の行動の言い訳をするのは禁物です。
  • 子供を躾ける上での一番の目標は、子供が取った態度が不適切で許されないものであると本人に教えることです。暴力を振るう(例えば、お尻を叩くなど)のは、非常に物議をかもす行為であり、暴力的躾の中には、虐待に当たるものも存在します。一般的に、小遣いの没収というのが最も効果的な罰だと考えられています。
  • あまりにも厳しくし過ぎた場合、父親のいないところで子供が反抗的な態度を取るようになっても仕方がありません。特に、子供が10代であれば、これは大いに起こり得ます。父親でいることと、独裁者になることには大きな違いがあるというのを覚えておきましょう。
  • 子供が養子である場合、ありのままのその子を受け入れましょう。無理に自分に似せようとする必要はありません。

記事の情報

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む120人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。

カテゴリ:

他言語版:

English: Be a Good Father, Italiano: Essere un Buon Padre, Español: ser un buen padre, Português: Ser um Bom Pai, Deutsch: Ein guter Vater sein, Français: être un bon père, Русский: быть хорошим отцом, Nederlands: Een goede vader zijn, 中文: 成为一位好父亲, Bahasa Indonesia: Menjadi Ayah yang Baik, Čeština: Jak být dobrým otcem, العربية: أن تصبح أبًا جيدًا, हिन्दी: एक अच्छे पिता बनें, Tiếng Việt: Làm người Cha tốt, ไทย: เป็นพ่อที่ดี, Türkçe: Nasıl İyi Bir Baba Olunur

このページは 1,057 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?