色あせた服を復活させる方法

共同執筆者 Natalie Kay Smith

買ったばかりの色鮮やかな服が、洗濯して色あせてしまったら悲しいものです。しかし、うれしいことに、衣類の鮮やかな色を復活させる方法はあります。洗剤が衣服に残って、色あせて見えることもありますが、その場合は塩か酢で洗うと元の色を取り戻せるかもしれません。色あせが洗濯と着用によるものであれば、元の色に染めて蘇らせることができます!また、重曹、コーヒー、過酸化水素などの家庭用品を使い、衣服に色彩を復活させることもできます。

方法 1 の 4:
塩で鮮やかさを取り戻す

  1. 1
    色あせた服と洗濯洗剤を洗濯機に入れる 数回洗濯しただけで色あせて見える場合は、洗剤が衣服に残っていることが原因かもしれません。通常の洗濯に塩を加えると、衣服に付着した洗剤が分解され、元の色が蘇ります。[1]
    • 液体石けんに比べ、粉石けんのほうが衣類に石けんカスが残りやすいでしょう。
  2. 2
    塩150gを加えて洗濯する 洗濯機に衣服と洗剤を入れたら、塩150gを加えます。塩を入れると、元の色を取り戻すだけではなく、新しい服の色あせも予防します。[2]
    • 洗濯するたびに塩を加えても構いません。
    • 一般的な食卓塩、またはきめが細かいピクルス用の塩が適しています。きめが粗い海塩は洗濯機内で溶けきらないことがあるため、この用途には向いていません。
    • 塩はシミ抜き作用もあり、特に血液、カビ、汗ジミに効果的です。[3]
  3. 3
    普段通り衣服を乾燥させる 洗濯終了後、衣服を取り出して色を確認しましょう。満足な仕上がりであれば、自然乾燥するか、乾燥機に入れて乾かしましょう。まだ色あせて見える場合は、酢を加えて洗濯してみましょう。[4]
    • 度重なる洗濯で色あせた場合は、衣服を染める必要があるかもしれません。
    広告

方法 2 の 4:
衣服に残った石けんを酢で落とす

  1. 1
    ホワイトビネガー120mlを洗濯機に入れる 縦型洗濯機の場合は、酢を洗濯槽に直接入れます。ドラム式洗濯機の場合は、酢を柔軟剤投入口に入れましょう。酢が衣服に付着した洗剤や、硬水に含まれるミネラルを分解するため、元の鮮やかな色が蘇ります。[5]
    • 酢は洗剤の付着を防止するため、新しい服の色あせも防ぐことができます。[6]

    ポイント: 洗剤をさらに分解させるには、ホワイトビネガー240mlとお湯約4Lを混ぜた液に衣服を20~30分浸け、その後普段通りに洗濯しましょう。

  2. 2
    「標準コース」で水洗いする 色あせた衣服を洗濯機に入れて洗濯石けんを加え、洗濯機を稼働します。大抵の場合、酢に浸けおきしてから洗濯するだけで、衣服の色が鮮やかになります。[7]
    • 洗濯コースは、衣服の種類に合わせて選びましょう。例えば、シルクやレースなどの繊細な生地であれば、「デリケートコース」や「手洗いコース」に設定しましょう。コットンやデニムなどの丈夫な生地であれば、「標準コース」で構いません。
  3. 3
    服を自然乾燥させるか、乾燥機に入れる 酢はすすぎの段階で落ちるため、洗濯後に酢のにおいは消滅します。衣服の表示に従うか、普段と同じ方法で、洗濯物を吊るし干し、または乾燥機で乾かしましょう。
    • 酢のにおいが僅かに残っている場合は、屋外に干すか、乾燥機に柔軟剤シートを入れましょう。服が乾燥するまでには、酢のにおいは消えているはずです。
    • 衣服がまだ色あせて見える場合は、すでに色落ちしているのかもしれません。そうであれば、服を染め直す必要があるでしょう。
    広告

方法 3 の 4:
服を染めて鮮明さを取り戻す

  1. 1
    服の取扱い表示を調べ、染色が可能かを確認する 生地の種類によって染めやすさが異なるため、染める前に内側の表示で服の素材を確認しましょう。服に使われている繊維の少なくとも60%が、コットン、シルク、リネン、ラミー、ウールなどの天然繊維であったり、レーヨンやナイロンであれば、染まりやすい生地といえます。[8]
    • 服の生地が天然繊維と合成繊維の混合の場合は、天然繊維100%の服ほど濃い色には染まりません。
    • 生地がアクリル、スパンデックス、ポリエステル、金属繊維の場合、または「ドライクリーニング」の表示がある場合は、あまりよく染まらないでしょう。

    ポイント:服は洗濯してから染めましょう。汚れやシミがあると、染料が生地に均等に浸透しないことがあります。

  2. 2
    元の色にできる限り近い色の染料を選ぶ 衣服を新品のように蘇らせたいのであれば、大型小売店、手芸用品店または生地専門店に服を持参して染料を選びましょう。元の色になるべく近い色を選ぶと、色が際立って自然な仕上がりになります。[9]
  3. 3
    皮膚と作業場所への染料の付着を防ぐ テーブル、カウンター、床などの作業場所を、新聞紙、ビニールシート、ゴミ袋などで覆い、染料が飛び散ってシミが付くのを防ぎます。また、染料がこぼれたらすぐに拭けるように、古布やペーパータオルを手元に用意しておきましょう。そして、汚れても構わない古着と、染料が皮膚に付かないように厚手のゴム手袋を着用しましょう。[10]
    • 染料が皮膚に付着すると肌に刺激を与える場合があるため、手袋で手を保護することが大切です。[11]
  4. 4
    50~60℃のお湯を容器に入れる 大抵の家庭用の湯沸かし器は、最高温度が約50℃(または約60℃)に設定されています。そのため、水道から出る最も熱いお湯で十分です。それでも、さらに熱いお湯を使いたい場合は、約90℃から沸騰直前までコンロでお湯を沸かすこともできます。お湯を大きな鍋、バケツ、または桶に入れるか、縦型洗濯機の洗濯槽を最も高温のお湯で満たします。[12]
    • 布地約500gに対し、約11Lのお湯が必要です。
    • バケツや鍋は、薄い生地のトップス、アクセサリー、子供服などに適しています。セーターやジーンズなどの厚手の衣類には、プラスチックの桶や洗濯機を使いましょう。[13]
    • 大抵の衣服の重さは、200~400gです。[14]
  5. 5
    小さな容器にお湯を入れて染料と塩を溶かし、大きな容器のお湯に加える 染料の分量は説明書に従いましょう。一般的に、布地約450gに対して、染料のボトル半分を使います。染料の定着を良くするために、染める布地約450gに対して、塩150gを加えます。小さな容器に入れたお湯に染料と塩を入れ、完全に溶けるまでかき混ぜます。そして、お湯の入った大きな容器に加え、長い柄の金属製のしゃもじまたはトングでよくかき混ぜましょう。[15]
    • 小さな容器で染料を混ぜる際、割り箸やプラスチックのスプーンを使うと、終わった後に捨てることができるため、後片付けが簡単です。
  6. 6
    服を染液に入れ、時々かき混ぜながら30~60分浸ける 服を染液に浸け、全体に液が染み込むようにしゃもじやトングで押し沈めます。染液を生地に均一に浸み込ませるためには、少なくとも5~10分おきにかき混ぜましょう。こうすると、生地の折り目や重なり部分にも染料が行き渡ります。[16]
    • よくかき混ぜるほど、染料が生地に均等に浸み込みます。服をかき混ぜ続ける人もいれば、数分おきで十分という人もいて、混ぜる頻度は人によってさまざまです。
  7. 7
    染液から服を取り出し、水でよくすすぐ 所定の時間になったり、好みの色に染まったら、トングやしゃもじを使って慎重に染液から服を取り出します。服を浴槽またはシンクに移し、水がほぼ透明になるまで流水ですすぎましょう。[17]
    • 服が濡れている間は実際の色より濃く見えるため、染め上がりの色を確認する際は注意しましょう。
    • 使用後は浴槽やシンクを直ちに洗ってシミを防ぎましょう!
  8. 8
    染めた衣服だけを洗濯機で水洗いする 好みの色に染め上がったら、服を裏返しにして洗濯機に入れます。余分な染料の大半は手洗いで流されていますが、洗濯機で洗う際もさらに色が流れ出ます。他の衣類に色が移るため、一緒に洗うのは避けましょう。そして、洗濯機の少量設定で水洗いしましょう。[18]
    • 服を裏返して洗うと、色落ちを抑えられることもあります。
  9. 9
    服を乾かし、仕上がりの色を確認する 染めた服は生地の種類や自分の好みで、自然乾燥または乾燥機で乾かしましょう。どちらの方法でも服が乾いた段階で、均一に染まっていて、線や染め残しがなく、満足な仕上がりであるかを確認しましょう。[19]
    • 必要であれば、服を再度染めることもできます。
    広告

方法 4 の 4:
他の家庭用品を使う

  1. 1
    重曹を洗濯機に入れて服の白さを取り戻す 家庭にある重曹を使って衣服の色を鮮明にすることができ、特に白い服に効果的です。洗濯槽に衣服と洗濯洗剤を入れ、重曹90gを加えます。[20]
    • 重曹には服の消臭効果もあります![21]
  2. 2
    コーヒーや紅茶に浸し、色あせた黒い服を蘇らせる 簡単で安価な方法で濃い色の服を復活させるには、コーヒーまたは紅茶約500mLをきわめて濃く淹れます。洗濯機に衣服を入れ、普段通りに洗います。ただし、洗濯機のそばを離れないようにしましょう。すすぎの工程に入ったら、洗濯機の蓋を開けてコーヒーまたは紅茶を加え、洗濯を続けましょう。運転が終了したら、衣服を乾かします。[22]
    • 黒い服を乾燥機で乾かすと、早く色あせします。
  3. 3
    黒コショウを加え、服の色を明るくする 衣服を通常通り洗濯機に入れ、小さじ2~3杯の挽いた黒コショウを加えます。コショウの粒が洗剤カスを取り除き、コショウはすすぎの段階で洗い流されます。[23]
  4. 4
    白い服は過酸化水素でより白くする 白い服が数回の洗濯後に黄ばんでくると、漂白剤を使いたくなりますが、漂白剤は何度も使ううちに生地を傷め、変色の原因にもなります。代わりに、洗濯洗剤と過酸化水素240mlを使い、普段通りに洗濯しましょう。[24]
    広告

ポイント

  • 塩と酢の両方を加えて洗濯するなど、上記の方法をいくつか組み合わせて、さらに効果を高めることもできます。
  • 服を色別に分け、裏返しにして水洗いすると、色あせを防ぐことができます。

広告

注意事項

  • 上記の方法を、「ドライクリーニング」と表示された服に試してはいけません。そのような服はデリケートな生地でできており、通常はあまりよく染まりません。
広告

必要なもの

塩で鮮やかさを取り戻す

  • 洗濯洗剤

衣服に残った石けんを酢で落とす

  • ホワイトビネガー
  • 洗濯洗剤
  • 塩(任意)

服を染めて鮮明さを取り戻す

  • 染料
  • 大きな容器または洗濯機
  • お湯
  • ビニールシート、養生シート、またはゴミ袋
  • 古着および厚手のゴム手袋
  • 小さな容器
  • 割り箸またはプラスチックのスプーン
  • 長い柄のしゃもじまたはトング

他の家庭用品を使う

  • 重曹(任意)
  • コーヒーまたは紅茶(任意)
  • 黒コショウ(任意)
  • 過酸化水素(任意)

このwikiHow記事について

Natalie Kay Smith
wikiHow共著者の一人、Natalie Kay Smithがこの記事を共著しています。wikiHow共著者は、可能な限り正確でわかりやすい記事を提供するため、wikiHow編集者と緊密に協力しあっています。
カテゴリ: 衣服
このページは 1,840 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告