花を植える方法

共同執筆者 Andrew Carberry, MPH

この記事には:花壇の構想を練る花を植え付ける花の手入れをする出典

アメリカの思想家・作家・詩人であるラルフ・ウォルドー・エマーソン(Ralph Waldo Emerson)は、「花々に囲まれ、大地は微笑む」と言いました。大自然は、花々を咲かせることで幸福感を表現します。花を植えて、自宅や庭を華やかで心躍る楽園にしませんか?ここで紹介する方法で、お気に入りの場所を花々であふれる至福の花園にしましょう。

パート 1
花壇の構想を練る

  1. 1
    適切な土を用意します。花も他の植物と同様に、強く健やかに育つためには、栄養豊富な土を必要とします。鉢植えや庭植えに関わらず、良質な土は花を育てる必須条件です。育てたい花を選んだら、その花に最適な土の性質を調べ、適した区画や培養土を探しましょう。.
  2. 2
    植え付け場所を選びます。花の栽培は総じて簡単ですが、品種ごとに生育環境の好みは違います。花によって、日向を好む品種、逆に日陰を好む品種があります。植え付ける花に適した日照環境を調べましょう。
    • 植える花が決まったら、適した日照条件を調べ、それに応じて区画を選びましょう。予め決めていた区画は、条件が合わないかもしれません。
    • 複数の異なる品種を植える場合は、同じような日照条件を好む品種を選びましょう。同じ区画の花が、どれも健やかに生育します。
  3. 3
    栽培する花を選びます。近所のガーデンセンターを訪ね、庭に適した花を選びましょう。種、苗、球根、または挿し木など、栽培方法は違っても、手入れの仕方はほとんど同じです。好みの品種を選び、庭に華やかさを添えましょう。花や種に付いているラベルを見て、生育条件が庭に合ってるかを確認しましょう。
    • 生長した株の大きさを考慮しましょう。花が生長した時点での、大きさや茂り方などを想定して選びます。また、背の高さや、広がり具合(つる性か)なども考慮しましょう。
    • ガーデンセンターにあるすべての品種を見回る前に、お住いの地域の在来品種について尋ねてみましょう。地域の土壌、気候、湿度に既に適応している在来種は、栽培しやすい品種です。
    • 植える品種が一年草であるか、または多年草であるかをチェックしましょう。年に一度しか花を付けない一年草は、毎年植え付ける必要があります。一年草は、鮮やかで華やかな花を付けることで知られています。一方多年草は、毎年花を咲かせ、その都度植える必要はありません。多年草は年々生長していきます。
    • 苗に付いているラベルを見て、水やり方法を確認しましょう。品種によって、水やりの回数が異なります。複数の品種を植える場合は、水やりの頻度が同じような品種を選びましょう。[1]
  4. 4
    適切な時期に苗を植えます。たとえ良質の土、適切な区画、そして健康な花を選んでも、適した時期に植え付けなければ、せっかくの努力が台無しになってしまいます。大半の花は、気温が低すぎても、あるいは高すぎても満足に生長できません。一般的には、温暖な春が植え付けに最適な季節です。その春の中でも、特に適した時期を選ぶ秘訣があります。秋に植える球根やワイルドフラワーを除き、最後の霜から2週間経ってから、苗を植え付けましょう。毎日の最低気温が、プラスになるまで待つことも大切です。
    • 地域の栽培者が発行している植物の栽培暦などを参考に、お住いの地域に適した植え付け時期を調べましょう。地域によって温度差があるため、全国的には2月から7月まで植え付けが可能です。
    • 種が入っている袋の裏には、それぞれの地域の種蒔きの時期が掲載されています。

パート 2
花を植え付ける

  1. 1
    植え付ける穴を掘ります。花を種から栽培する場合は、通常6 mmほどの深さに種を撒きます。しかし、品種によって必要な深さが異なるため、植える花に適した深さを確認しましょう。苗を移植する際は、苗の根鉢(土と根の塊)と同じ深さの穴が必要です。茎が土に埋まらないように、適度の深さの穴を掘りましょう。
  2. 2
    鉢から苗を取り出します。この作業は、鉢花の植え替えの際に行います。苗がまだ鉢に入っている状態で、水をたっぷりやり、土に水を浸み込ませます。次に、鉢から苗を優しく取り出し、根鉢を手でほぐします。こうすると、根鉢が固まるのを防ぎ、新しい土の中で根が元気に生長します。
  3. 3
    苗に肥料を与えます。緩効性の肥料を少量与えると、苗の生長を促進します。大さじ2~3杯の肥料をそれぞれの穴の底に撒き、指で土に混ぜ込みましょう。
  4. 4
    花の苗を植えます。準備したそれぞれの穴に苗を入れます。手で苗の周りに土を入れ、根鉢の表面を土で覆います。茎が土に埋まらないように、土の掛けすぎに注意しましょう。[2]

パート 3
花の手入れをする

  1. 1
    定期的に水やりをします。毎日雨が降らない限り、定期的に水やりをする必要があります。生長中の苗を傷つけたり、周りの土を浸食しないように、土の表面付近から水やりをしましょう。スプリンクラーや自動灌漑システムを取り付けると、水やりの心配がなくなります。
  2. 2
    雑草を除去します。花壇の主役はやはり花々です。雑草にその座を奪われないようにしましょう。雑草が生えてきたら、花壇から取り除きます。雑草は景観を損ねるだけでなく、土中の栄養分やスペースも奪い、花の健やかな生長を妨げます。
  3. 3
    枯れた花を摘み取ります。枯れたり、萎れてしまった花は摘み取りましょう。枯れた花や葉を摘み取ると、苗の生長を促し、植物全体の美しも際立ちます。
  4. 4
    支柱を立てます。背が高くなる品種は、生長するにつれて重くなり、自身を支え切れなくなる場合があります。竹の支柱や二股の枝を真っ直ぐに立て、花を支柱に添えるか、支柱に撒き付けます。近くのものに巻き付く習性があるつる性の植物には、支柱を立てることは特に大切です。
  5. 5
    花の植え替えを検討します。手入れをしてきた花が生長するにつれ、最初に植えた区画が窮屈になる場合があります。さらに広い区画に植え替え、元の場所には新しい花を植えてはいかがでしょう。年月の経過とともに庭が花々で満たされ、健やかで華やかな庭に変化していきます。[3]

ポイント

  • ペットを飼っている場合は、新しく植えた花を踏まれないように、花の周りをフェンスなどで囲いましょう。
  • 苗を購入する際、白い紙を持参しましょう。紙を葉の下に置き、優しく葉を揺すります。虫や腐敗した葉が紙の上に落ちてきたら、その苗を購入してはいけません。既に庭にある他の植物に感染してしまいます。

注意事項

  • 人間やペットに有害な花もあります。確信が持てない場合は、子供や動物が近寄らないように注意しましょう。
  • 苗に付いているラベルや、種の袋の説明書に従って栽培しましょう。日陰や日向の日照環境や、その他の特別な生育条件に注意しましょう。

記事の情報

この記事はAndrew Carberry, MPHが共著しています。 アンドリュー・カーベリーは2008年より、学校の菜園や農場、そしてそれらに関する教育プログラムに携わってきました。現在は非営利団体、「Winrock International」において、地域社会に基づくフードシステム計画の開発に取り組んでいます。

カテゴリ: 園芸・ガーデニング | 住まいと暮らし・ガーデニング

他言語版:

English: Plant Flowers, Español: sembrar flores, Português: Plantar Flores, Deutsch: Blumen pflanzen, Français: planter des fleurs, Italiano: Piantare i Fiori, Русский: сажать цветы, 中文: 种花, Čeština: Jak sázet květiny, Bahasa Indonesia: Menanam Bunga, Nederlands: Bloemen planten, العربية: زراعة الزهور, Tiếng Việt: Trồng hoa, ไทย: ปลูกดอกไม้, 한국어: 꽃 가꾸는 법

このページは 1,231 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?